「あっさり塩味ポテチ」

世界一周539日目(12/19)

 

 

手始めに

僕は作業ができるカフェを探した。

必要なのはテーブルと
潮風を遮る壁のふたつ。

Wi-Fiが使えれば申し分ない。

IMG_3208

 

 

 

 

ダハブの町は橋を挟んで
ふたつのサイドに別れている気がする。

閑古鳥の巣食う死ぬほど暇だが、
ちょっと行けばローカルな
ご飯屋さんもあるっちゃあるディープ・サイドと
ほどよく観光客に向けのセブン・ヘヴンサイド
に別れているような気がする。

 

 

両者は対立しているわけではないが、
僕たちが今泊っているディープ・ブルーは
部外者がやって来ることに対してそこそこ厳しい。

セブン・ヘヴンは誰でもウェルカムなのだが…。

きっとWi-Fi目当てで関係ない日本人が
やって来るのが嫌なんだろう。

ダイビングのライセンスもセブン・ヘヴンの方が
人が多いのも理由のひとつなのだと思う。

 

 

 

 

とりあえず、
ディープサイド(と言えば分かりやすいだろう)
でひとつのカフェを見つけた。

潮風に晒されたレストランやカフェが多い中、
ちゃんと窓ガラスの入った壁があるようなカフェだった。

お店の名前は

Every Day」

IMG_3209

 

 

 

15メートル離れた場所に同じ名前の店がある。

きっとここに住む人たちは名前が被るとか
そういうことは気にしないのだろう。

てか、なんでこんな近くに、
しかも同じサイドにあるのかはよくわからないが。

 

 

僕はとりあえずメニューを見せてもらった。

同じ名前のカフェのくせして、
ネスカフェのブラックコーヒーが8ポンド(135yen)と安い。

向こうは15ポンド(252yen)もするのだ。
しかもエジプトのコーヒーなので、
どこか草っぽい味がする。

 

 

 

 

テーブルも絵を描くのに
丁度良い高さだった。

IMG_3214

 

 

 

 

なにより内装が良かった。

 

IMG_3210 IMG_3211 IMG_3212

 

 

 

入り口はこじんまりとして目立たないのに、
中に入ればそこそこ広いことが分かる。

シーシャも頼めるようだし、
ちょっと小腹がすけばケーキなんかも食べれる。

 

 

 

オフシーズンも手伝って、
店内には僕に他に客の姿はなかった。

潮風で紙が湿気らないように窓を閉めて、
僕は久しぶりにノートに絵を描き始めた。

トルコで買ったこの手帳サイズのノートも
ようやく終わりそうだ。

 

 

 

 

波の音が途切れること無く聞こえる。

自分が今、世界一周という旅を
していることさえ忘れさせてくれる。

ダハブはそういう場所だなぁと思った。

 

 

 

海から吹く風のせいで曇った窓ガラス越しに、
空がオレンジ色に染まっていくのを手を止めて眺めた。

IMG_3194

 

 

 

 

そしていつの間にか、
カフェに電気が灯った。

暖色系のぼんやりとしたライト。

海沿いのカフェということもあって雰囲気が出る。

ただし、絵を描くには向かないな。

 

 

 

ノートをパタンと閉じて僕は帰路についた。

また、明日も来よう。

 

 

いいカフェを見つけた♪

IMG_3215

——————————————
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

っていうか…、うん。

読んでくださる人たちからしてみたら
同じ様な毎日を日記に書く必要はないんだと思います。

でもさー、
せっかく「◯月×日(世界一周△日目)」って
書いちゃってるからさーー!
ねーー?

あっさりしていてすいません。

でも許してね!

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★Facebookページ「旅する漫画家

★Twitter「Indianlion45」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です