「僕はバックパッカーをやめられない」

世界一周423日目(8/25)

 

夜には近くのスタジムから
歓声が聞こえた。

ドコスカと音楽が流れていた。

そして12時以降、
グングン気温が下がって行った。

靴下を持っておらず、裸足で寝袋に入るため、
足先がコチコチになっていた。
僕の寝袋は15℃までしか対応していない。

ただ、誰もここにはこなかった。

近くを人が歩く気配さえ感じなかった。
絶好の寝床だった。

 

 

 

この二日間、寒さのあまりよく眠れない上に、
夜中の4時に盗難にあって、
警察署に行く日々を繰り返したため、
僕が目覚めたのは朝8時半だった。

テントの出入り口のファスナーを開けると、
そこには清々しい朝の空が広がっていた。

IMG_4248

 

 

 

ここはチェコ、プラハ。
中心地から6kmほど離れた川沿いの原っぱ。

僕は二日連続で盗難に遭い、
バックパック、ギター、雑貨、一眼レフ、眼鏡を失った。

持っているのはパスポートやパソコンなど
貴重品の入ったサブバッグ、愛用の寝袋、
マット代わりの段ボール、
そして昨日手に入れたばかりのテントだ。

 

 

テントで寝ることはベンチで寝るのに比べて
格段に居心地がよかった。

ベンチで寝るのもすっかり慣れてしまったけど、
これなら何かに怯えるこもなさそうだ。

テントから出ると、近くで小便を済ませ、
のんびりとテントをたたんだ。

近くには乗馬をする場所があり、
原っぱの横にある道からは
馬に乗った人の姿が見えた。

 

 

 

 

 

今日もやることがあるぞ。

まずは日本大使館に行ってみよう。

もしかしたらー、
もしかしたら
僕のバックパックが見つかって、
連絡が行っているかもしれない。

IMG_4249

とりあえずいつもの朝メシだ。

 

 

連日マクドナルドで
メールはチェックしているけど、
先に日本大使館に連絡が来ている場合もある。

 

 

ダメもとで日本大使館に向かった。

周りの人たちと同じように
トラムにチケットを買わずに乗り込む。

IMG_4252

 

 

 

こういう時に僕は損得勘定で物事を考える。

お前は十分おれから持って行っただろう。
だからこのくらいはして当然だ。と。

自分がクソヤローなのは十分わかっている。

因果応報ならそれでいい。
だったら僕の荷物をごそっと持って行ったヤツは
どうなっちゃうっつーの。

 

 

 

 

日本大使館は
ただいま絶賛工事中だった。

IMG_4254

 

 

 

鉄パイプで足場が組まれ、
力なく垂れた日本国旗からは
赤い日の丸は見えなかった。

マップアプリが示さなかったら
ここが日本大使館であることは分からなかっただろう。

 

 

受付時間は午前と午後に別れており、
午前の業務が終了する12時半前に滑りこむ形だった。

チェコの日本大使館はこじんまりとしており、
中には英語の喋れる優しそうなおばさんがいた。
僕の他に来訪者の姿はなかった。

 

 

僕は自分の盗難被害を簡単に説明し、
向こうの警察から連絡が来ていないか訊いてみたが、
連絡大使館のおばさんは
申し訳なさそうに首を横に振った。

バックパックは諦めよう…。

日本大使館でiPhoneを70%まで充電すると、
僕は別の場所へと向かった。

IMG_4255IMG_4257IMG_4260IMG_4262IMG_4264IMG_4265

 

 

 

 

 

僕にはバックパックが必要だ。

 

 

荷物はほとんど失ってしまったけど、
サブバッグを背負い、寝袋が入ったビニール袋と
3kgのテントを両手にぶら下げながら
移動するのは手が疲れてしまう。

荷物を入れて背負える物が必要だ。

そして、

やっぱり僕は
バックパッカーを辞められない。

IMG_4256

 

 

 

プラハの観光地を抜け、
MacBook Proのアダプタを
クレジットカードで購入した。

アダプタに100ドルもかかった。

だけど、パソコンがないと僕は日記が書けない。

写真の整理だってある。
情報収集の時にはパソコンの方が便利な場合がある。

だからこれも必要経費と割り切ってアダプターを買った。

 

 

アダプターを購入した後は
再びパタゴニアへ向かい、
どこでバックパックが手に入るのか
情報を手に入れておく。

パタゴニアのスタッフさんに対する僕の信頼は厚い。

日本で世界一周の資金を貯めたバイト時代、
給料日ごとにパタゴニア行っては装備品を手に入れ、
いろいろとスタッフさんに相談していた。

IMG_4269

 

 

 

さすがアウトドアメーカーで
働いているスタッフさんだけあって、
プラハの街でどこに行けばバックパックが
手に入るかよく知っていた。

IMG_4268

あ、クリシュナさんだ。

 

 

 

まずは昨日のショッピモールへと足を運んでみた。

だが、売っていたのは安くて、
すぐにダメになってしまそうな、
どこのメーカーか分からないバックパックだった。

ここは違う。

IMG_4270

ですよね。

 

 

ここでは10ドルくらいの
ミニUSBプラグを買っておいた。
iPhoneのポータブルバッテリーの充電のためだ。

 

 

 

 

僕は別のアウトドア用品を扱うお店へと向かった。

そこには有名なマンモスのロゴの
無骨なマムートやめちゃくちゃ高いアークテリクス、
スマートなブラックダイヤモンドなんかのメーカーの
バックパックがずらりと並んでいた。

もちろん僕がこの間まで使っていた
ドイツのメーカー、ドイターのバックパックもあった。

今まで自分が使っていたのと
同じ型を見てみたのだが、値段が5万円近くもした。

他のバックパックも3万円以上する。

IMG_4274

 

 

 

 

予算はせいぜい2万円。

そしてバックパックを手にとって分かったのは、
いかに自分が使っていたバックパックが
優れたものだったかってことだった。

 

 

日本で世界一周の準備をするのにあたって、
僕はドイターの85リットルのバックパックを
ネット通販で2万3千円で買った。

これを選んだ理由は容量と機能と価格だった。

ドイターは「エアーコンタクト」という
背中に熱がこもらないシステムを採用していた。

 

 

店頭で実際に見ていなかったので、
このバックパックが家に届いた時は、
正直このバックパックのデザインが好きじゃなかった。

他の旅人はデザイン的にも
かっこいいバックパックを背負ってたけど、
僕のはなんだか”フツー”のバックパックに思えた。

サイドポケットに物を入れると
横に膨らんで不格好に見えた。

 

 

だけどー、

旅を続けるに従って、
このバックパックの使い方が
だんだんと分かって来た。

どうすれば重たいコイツを
背負えるかも自分なりに考えた。

上部のポケットにはすぐに取り出せる
スペースブランケットやビニール袋を。

サイドポケットには洗面用具や速乾タオルが入っている。

反対側はあまり使わないので
パックセーフとレインカバーを入れておいた。

外のアタッチメントには
Penny Boardが取り付けてある。

背中の部分には書きかけの原稿用紙。

バックパックの底には細かい電子機器や
お裁縫セットなんか。
下のジッパーからすぐに取り出せるように。

衣類の詰まった3つの圧縮袋は
上から押し込むように入っている。

その上に、
ふたを開ければすぐに取り出せるように、
KEENのシューズ、野宿用のブルーシート、
パタゴニアの水着、nudie jeans、寝袋、
空いたスペースに食糧を入れたビニール袋が入ってる。

旅の途中で仕入れた雑貨は
ふたの裏ポケットにぎっしり入っていた。

 

 

これだけ入って容量はマックスじゃなかった。
バックパックの巾着状の縛り口がついている余白を
伸ばせばもっと荷物が入れられた。

長旅でいい感じに年期が入った、
世界にひとつしかない僕の相棒だった。

僕はそれを背負って、色々な国を旅した。

 

 

 

 

店頭に並んでいたバックパックはどれも、
以前使っていたバックパックには及ばなかった。

そのくせどれもそれ以上の値段がした。

僕は諦めて別の店へと足を運んだ。

 

 

次の店ではオスプレーのバックパックを
メインに扱うお店だった。

見本用に浮き輪の様なビニール袋を入れて
パンパンになったバックパックが目についた。

IMG_4278

 

 

 

 

 

『これ、いいじゃん!』

IMG_4277

 

 

 

どういうわけか一番容量の大きい
68リットルがセール価格で21,000円くらい。
これなら予算内だ!

何度も背負って、バックパックが
僕と一緒に旅する場面を想像する。

 

 

これなら行ける!

 

 

ここでもクレジットカードで支払いを済ませた。

ショッピングだったら
15万円までの上限がある。

そして、寒さをしのぐために
筒型になったサバイバルシートのような物も買っておいた。
こちらは2,000円くらいだった。

 

 

新しく手に入れたバックパックに
寝袋と代えのTシャツとテントを入れてみたが、
68リットルの新しいバックパックは
まだまだバックパックらしい形にはならなかった。

IMG_4275 IMG_4280

 

 

 

 

まだまだこれからだ。

もうどこかに行っちまうなんてなしだぜ。

 

 

 

荷物を失って2日後に僕は
再びバックパッカーとなった。

IMG_4287

 

 

 

 

 

そして靴も新しいものを買うことにした。

今履いているズタボロのKEENのサンダル。
コイツももう限界だ。

IMG_4282

 

 

 

くるぶしを固定する部分は
幾度となくぶち切れてきた。
その度に僕は何度も修理に出してきた。

今ではかかと部分はすり切れて穴が空いている。
長い距離を歩くと足が痛んだ。そして臭った。

IMG_4286

 

 

 

手に入れたのは
同じメーカーの違う型のサンダルだ。

トレッキングもできるような
底がしっかりしたやつだった。11,000円。

IMG_4284

 

 

サイズが少し大きいのしかお店にはなかったが、
紐で絞れば問題なく歩くことができた。

 

 

 

これが最低限の装備かは分からない。

服だってまだまだ必要だと思う。

だけど、バックパックやサンダルを
手に入れるだけで、大分安心感があった。

また新しいスタートだ。大丈夫。
おれならやっていけるさ。

IMG_4289 IMG_4290


 

 

 

 

いつものマクドナルドで作業して、
日の沈んだ後に寝床へと向かった。

IMG_4292 IMG_4298

 

 

 

 

 

 

昨日の場所とは違ったが、
静かな公園の茂みの中にテントを張った。

街灯のない真っ暗な公園だったが、
ジョギングしている人や、
犬を連れた人が時々横切った。

 

 

 

誰かが近くにいる気がする。

足音みたいなのが気になって眠れない。

相手もこちらが何者であるか分からない以上、
下手に踏み込めないはずだ。

足音みたいなのは時度「ザッ…」と聞こえた。
次の一歩をためらっているようにも思えた。

 

 

これは単なる枝や葉がこすれる大人なのだろうか?

それとも公園内の小動物が動き回る音なのか?

僕は相手を威嚇するために、
テント内で地面をバシッ!っと叩いて音を鳴らした。

ゴリラが威嚇する際に胸を叩く
ドラミングの意味が分かった気がした。

 

 

 

 

 

そんな硬直状態の中。

ポツポツと雨が振り出し、
だんだん雨脚は強まって行った。

 

 

 

 

気づいたら外は明るくなっていた。

———————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

テントに寝ていても怖いものは怖い。

そう言えば小学生の時、一人で寝るようになって、
夜中に幽霊に殺されやしないかと変に怯えてました。

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★近況報告などはこちら。
Facebookページ「旅する漫画家

★Twitterもねー「Indianlion45」


2 件のコメント

  • いろいろあったようですが、
     林檎さんの  ありあまる富 
    かなって。

    価値は生命に従って付いている
    ほらね君には富が溢れている

    ブログの更新、楽しみにしていますよ~。

    • >あっきーさん

      椎名林檎の歌唱力は日本の女性ヴォーカルで
      一番上手いと思っています。

      なんであんなに変化の幅があるんだ…?

      しかも歳を重ねても綺麗な方ですよね〜♪

      っておれは
      何を話してるんだ???

      そうっすね。
      なんだかんだで、僕たちに必要な物は
      バックパックにおさまってしまうのかも。

      いい歌詞だ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!