「誰かが「それ」をやらなきゃならない」

世界一周89日目(9/25)

 

「プレアヴィヒア」
の存在を知ったきっかけは
確かカンボジア、
カンポットだったと思う。

自分のバーをオープンさせる夢を持つ
ファンキーなバイタクの運ちゃん、
レイさんの持つレビューノートに

「まこっちゃん」

という日本人の男の子の感想が
書かれていたのだ。

 

「もし、レイさんに会ったら
僕のフェイスブック宛に
メッセージを下さい」

 

最後にそう書かれていた。

 

まこっちゃんにメッセージを送った後、
残念なことにメッセージの返信は未だに返ってこない。

彼がどのような旅をしてきたのかを
覗いている時に偶然、
「プレアヴィヒア」の存在を知ったのだ。

 

国境にあるこの遺跡は
帰属をめぐってカンボジアとタイとの間で
小競り合いがあったらしく、
観光地としてオープンされたのは
ここ数年のことらしい。

そして訪れた人は
その絶景に
言葉を失うと言う…

 

 

 

タイやラオスなど
カンボジア以外にも
アクセスできるのだが、

ここからプレアヴィヒアへ行くためには
一日ヴァンをチャーターしなければならない。

一台だいたい120〜130ドル。

 

高い!高すぎる!

今までケチって旅してきて
シェムリアップで観光ラッシュに
さらされている僕は
プレアヴィヒアへ行くのを諦めかけた。

だが、
YAMATO Guest Houseへ移って初日に

「一緒に行きませんか?」という

クソありがたいお誘いが。

 

 

「これは『チャンス』だ!

これを逃したら
僕は一生プレアヴィヒアへは
行かないだろう」

 

そう思った。

こういうカーシェアは
日本人同士の方が断然やりやすい。

それに
人数が集まらない場合もあるんだ。

おれはツイてるんだ!
そうに違いない!

 

 

そのプラス思考も
打ちのめされる事態が
待ちっていようとは

その時の僕には
知る由もなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

前日の夜には
7人だった希望者も
次の日には22人になっていた。

IMG_1404

 

 

ヴァンを2台チャーターして
プレアヴィヒアへ出発する。

IMG_1407

 

 

ヴァンは4時間走り続け、

IMG_1412
プレアヴィヒアのある山の麓で
昼食休憩を取り、

IMG_1428 IMG_1423

 

 

ヴァンを乗り換え、
山を登る。

IMG_1430IMG_1431

 

 

斜面の急さから
いかに目的地が
険しい場所にあるのかが分かる。

IMG_1433

 

 

乗り換えた車を降り、
徒歩で進んでいくと、
もう僕のテンションは
最高点に達した。

IMG_1442

 

 

絶景ポイントまで続く
道は大きな石畳となっており、
間から草が生えている。

その雰囲気を
僕は一瞬で好きになってしまったのだ。

 

みんなの先頭に立って
ずんずんと進んでいった。

IMG_1444

 

 

ぬかるんだ地面を避けて
前の石に飛び移ろうとした時ー…

 

 

 

 

コケた。

IMG_1434

 

 

 

ええ。
そりゃもうギャグみたいに
「スコーン!!!と。

 

笑うみんな。

僕はもちろん笑えない。

 

 

服は泥まみれ。

僕の愛用している
CANON KissX3は泥に浸かった。

 

 

 

 

 

「ヤヴァイ….」

 

 

 

 

急いでレンズカバーを外し
中を見てみると
レンズまでは浸食していないものの、

レンズのズームとピントを調整すると

「ジャリジャリッ…」

と不吉な音と感触がする。

IMG_6272

 

テンションは一気に落ち込み、
周りのみんなとは
放つオーラが一瞬にして変わった。

 

いつの間にか
僕がみんなのあとをトボトボ着いて
いくかたちになり、

ウキウキワクワクだった僕の心は
カメラの安否にもっていかれた。

IMG_1448IMG_1449

 

 

 

 

 

だが、
遺跡を通り抜け
端まで行くと

 

 

『すげぇ…』

IMG_1453

 

その光景に目を奪われた。

IMG_1465

 

 

アンコールワットと同じ
ここも

「体感」

する場所だった。

 

 

地平線いっぱいに
豊かな自然が広がり、
風が吹き抜ける。

IMG_1455

 

 

この場所は晴れているが
遠くの方に大きな雨雲が見える。

IMG_1454

 

 

「うわぁ!

おれ、
地球におる!」

 

 

野球部くんがそう叫んだ。

 

そうだ。

まさに僕たちは今、
地球にいる。

IMG_1461

 

 

IMG_1459「はなくそ〜!×2」

 

 

 

IMG_1456

「これマジエロくねぇ?」
「え、エロいっす…!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「気をつけて!
そこ滑るから!」

IMG_1436

 

帰り道での僕の発言は
かなり説得力を持っていたと思う。

 

 

「いや、
大丈夫っすよ(サラッ)」

 

 

 

だ、誰か!
僕をフォローしてくれ!!

じゃなきゃ救われない!

 

 

一緒に来ていた
大阪のあんちゃんが
こう言ってくれた。

 

「あそこで

一番テンションの
高かったヤツが

一番先にコケなくちゃ
いけなかったんだよね。

 

そうすれば
みんな転ばないように
気をつけるじゃないか」

 

 

それはまさに
救いの言葉だった。

 

そうかぁ…

おれがコケたのには
意味があったんだー…(涙目)

IMG_6279

 

ヴァンが宿に戻ってから
僕が真っ先に向かった先は
カメラ屋さんだったことは
言うまでもない。

————————————-
世界一周ブログランキングに参戦しております。

旅の写真を残す人は
カメラが壊れたら
そうとう落ち込む事は言うまでもありません!

中古の一眼レフですらそうなんだから。

ちょっと様子見て動かしてみたら
なんとかいけそうな感じです。

まだ少しジャリジャリするんですけどね…

はぁ…

 

僕の経験が反面教師になった人はポチを。

もう既にカメラが取り返しのつかない状況に
なってしまったあなたはー…

一緒にアンコール・ビールでも飲みましょう。

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★スマホ用☟
にほんブログ村 世界一周


2 件のコメント

  • はじめまして
    penny検索でこのブログを知ったのですが毎回楽しく拝見させております
    レンズにカビがはえちゃうかもしれませんね…日本に一旦帰る予定があるのであれば、メンテナンスしっかりしてあげるべきだと思います。ついでにレンズフィルターで保護という手も(URL先はAmazonです)
    こういうのもあるんだなー程度で覚えておけば、他の国でも買えそうです。あくまでも参考に…

    • >tenさん

      コメントありがとうございます!

      せめてクリーニングは出したいと
      思っているのですが、
      なかなか時間が合わなくて…

      また、バンコクに戻るので
      その時やってみようかな?

      カビが生えるなんて恐ろし過ぎますぜ…

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!