「”diarrhea”につて話そうか」

世界一周26日目(7/24)

 

タイトル通り
先に断っておくけど、

当たり前だけど、
みんな触れたがらないこと

IMG_6365

を書いておきたい。

 

 

そう。

「diarrhea」
(下痢:ダイアリーア)

ね。

 

 

 

僕はここ数日間
コイツに悩まされている。

原因は言うまでもなく
食事だろう。

 

 

ダランザドガドで
ゲルにホームステイした際に飲んだ
馬のミルク以降、
僕のおなかは

とてつもなく
弱っているのだ。

 

 

たまに

 

『あっ!回復したかな?』

 

って思うときがあるんだけど、

またすぐにおなかが

 

「ピュルピュル」

 

鳴りだすのだ。

 

そんなに重度じゃないんだけど、
なかなか治らない。

一応正露丸は持って来たんだけど、
極力薬には頼りたくない。

だって僕の旅は始まったばかりなんだぜ?

 

 

 

 

 

モンゴルに入ってから
初めてトイレットペーパーを買いました。

バックパックとサブバッグに
1個づつ入っている。

 

『あっ、
今日はヤバいな…』

 

って時は携帯ウォシュレットを
サブバッグに忍ばせるのだ。

 

 

そして、
旅を始めてから疑問に思った。

ダイアリーアってどう治すのだ?

 

日本にいた時はそこまで考えなかった。

『ほっときゃ治るっしょ』

って。

 

だがここは日本じゃない!
いくら食事が体に合わないからと言っても、
食べなきゃ
生きて行けないのだから。

 

まあ中には

「ちゃんとした場所で
外食すればいいんじゃない?」

っていう正論を吐くヤツもいるだろう。

 

だが待ってくれ!
おれは
貧乏バックパッカー
なんだ!

 

 

 

 

 

UBを
朝9時半の列車に乗って離れた。

IMG_6364

 

 

今回はコンパートメント。

IMG_6367

 

IMG_6368

 

 

前回は「sitting」で
かなりの地元感を味わたが、
今回は見るからに快適そのものだった。

 

僕は若い夫婦と同室になった。
ギターをうるさくない程度に
ポロンポロン弾くと、
彼らは僕に温かく接してくれた。

IMG_6373

 

時に音楽は
人と人を結びつける些細なきっかけになる。

 

 

 

10時半になって
夫婦は遅めの朝食を取り出した。

IMG_6369

 

 

長距離列車のある国の
みんなの準備ってすごい。

ロシアでも見かけたパンに
ソーセージ、トマト、キュウリ、ゆで卵に
モンゴルならではのボーズ。

 

奥さんは小さい折りたたみナイフを
器用に使って材料を切っていく。

僕は感心して見ていると、
彼らは僕にも朝食を分けてくれた。

ありがたい。
これで今日の朝飯代が浮いたぞ!

IMG_6372

 

 

 

前回、チョイルまで
8時間もかかったのに対して、

寝台列車で行くと
6時間で到着した。

 

列車は20分くらい停車する。
僕は駅に降りて
アイスを買って食べた。

IMG_6397

 

 

車内に戻ると、
奥さんが僕に何か
パッケージングされた食べ物
をくれた。
アイスだ。

 

本日2本目のアイス。

にこやかにそれを薦める奥さん。

断れない日本人。

そして僕のおなか…

 

 

 

僕は

『う”っ…』

という困惑の心境
悟られないように
満面の笑みで

 

「バイヤルララー!」

 

と言い、
アイスを30秒で完食した。

そして、遅めの昼食を
彼らは僕に分けてくれた。

僕が断らなかったのは
言うまでもない。

喰える時に喰っておくのが旅人なんだ!

 

 

 

 

それから
しばらくは大丈夫だった。

隣のコンパートメントの
ガキんちょたちと遊び、

IMG_6400
(最初は表情が硬かったのに、ギターとハーモニカのおかげで
最後の方はしょっちゅう僕たちの部屋に遊びに来てた)

気分がノって来たその時に

 

 

「ヤツ」

 

 

が来た。

 

 

 

 

僕は急いで車内のトイレに駆け込む。

 

だがしかし!
扉が開いてない!

 

くっそー!
誰か入ってんのかよ!

 

日本のトイレと違い、
ドアノブに赤いマーク
(ほら鍵を閉めると切り替わるじゃん)なんてないし、

入ってるのか、
意図的に閉められているのかわからない。

 

僕はやや感情を込めて
ドアを2回ノックした。

うんともすんとも言わないトイレ。

 

沈黙…

IMG_6376

 

テメェ!
もう「ヤツ」が
そこまで来てんだよ!

入ってんなら
ノックで返事せーや!

 

 

 

別のコンパートメントのおちゃんが
苦笑しながら僕に向かって言う

 

「just one minute」

 

空かないトイレ。
僕の顔は苦悶の表情に歪む。

 

 

 

 

「just one minute!」

IMG_6391

 

 

おっちゃん
それさっきも言ってたから!
もう10分くらい待ってるんですけど…

 

 

これで中から人が出て来たら、
頭をおもいっきりひっぱたいてやろうか?

忍耐が殺意に変わりつつある…

 

沈黙を守るトイレ。
列車は停車していた駅を離れ
速度を上げる。

 

 

 

 

 

 

どれくらい待っただろうか?
1秒が長く感じられる…

あっ、添乗員さんが向こうからやって来た

 

 

「I”m sorry!」

 

 

遅いよ~~~~~っっっっ!!!

 

 

 

ロシアやモンゴルのトイレは
汲取式ではなく
そのまま線路に流してしまうため、
駅が近づくとトイレが施錠されてしまうのだ。

知ってたけど…キツかった。

 

 

その後の僕は横になるだけだった。

仲良くなったガキんちょが
せっかく遊びに来ても、
笑顔をつくるので精一杯だった。

IMG_6399

 

 

にしても、
なんでキミお腹出してんだよ?

IMG_6398

 

おれへの当てつけかぁああぁ!!?

 

そうか…
モンゴルのガキんちょ共は
こうしておなかを鍛えてるんだな…

 

 

 

 

 

20時に列車はサインシャンドの町に到着した。

IMG_6409

 

夫婦が僕に下痢止めの薬をくれた。

IMG_6413

 

これは試練か。

はたまた天罰か…

IMG_6405

 

—————————–
世界一周ブログランキングに参加しております。

でも、それでもやっぱり僕は
お腹レベルを上げたいのです。

ほら、自然治癒力ってやつ?

 

はっ、はうぅ….
お腹が….

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★スマホ用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」を目指す、清水陽介(シミ:24歳)の世界一周ブログです。