「アンプリファーはどこに繋がる?」

世界一周88日目(9/24)

 

近くの
お寺からスピーカーにのせて
お経が聞こえる。

 

僕はすぐにチェックアウトできるように
荷物をまとめ、歯を磨いて着替えた後
一階におりた。

外ではリシィとトゥクトゥクが待機しており
僕の姿を確認すると
笑って手を振ってきた。

 

5時になって
僕とホヌマさんと歯科医にいさん
を乗せたトゥクトゥクは
アンコールワットに向けて走り出す。

IMG_1198

 

辺りはまだ真っ暗で
風がひんやりと心地よい。

 

見上げると
月と星が夜空に輝く。

 

「うわぁ…!

今日はアタリや!」

 

歯科医にいさんは
ちょっと興奮気味に言った。

ホヌマさんはまだ眠そうだ。

僕は睡眠時間が
短かったのにもかかわらず
ちっとも眠くなかった。

 

ここまで「タメ」た
アンコールワット。

誰もが知っている世界遺産。

カンボジア人の心のよりどころ。

 

 

前日買ったチケットを見せ、
アンコールワットに近づくころには
遠くの方の空の色は
ほんのりと明るくなっていた。

 

夜明けが近づく。

 

 

トゥクトゥクを降りた後、
アンコールワットへ続く橋を渡る。

IMG_1211

 

 

僕たちの他にも
多くの観光客の姿があった。

アンコールワットから朝日を見るために
沢山の人が
こんな日の昇る前から
この場所を訪れるのだ。

 

橋を渡り終えると
湿った空気と共に
アンコールワットのシルエットが
僕たちを待っていた。

IMG_1227

 

 

「左の池からやと

綺麗に見えるみたいですよ」

 

歯科医にいさんが言うように
左側の池の周りには
人が集まっていた。

僕たちもそれに習い
池の前で朝日を待った。

IMG_1216

 

 

後ろから昇る太陽に照らされ
徐々に白ろくなっていく空。

 

朝日を待つこの時間が
最高に幸せだった。

 

 

本やテレビ越しにしか
知ることのなかった
アンコールワット。

知っているのは
名前と形とほんのちょっとの知識。

 

それを
「世界一周」という旅路の途中で
見られることの喜び。

 

朝日を待つ今の状況は
「体感」だった。

 

僕は今、
アンコールワットを
体感している。

 

 

時間的な余裕を感じると
僕はアンコールワットに近づき
その規模の大きさや
装飾の緻密さを感じることができた。

IMG_1229

 

 

大昔、ここに
これだけの建造物を遺し、
それを見るために
多くの人間がこの場所を訪れる。

それだけの物が
この場所にはある。

 

 

 

太陽は

ゆっくり、

ゆっくりと顔を出し、

うっすらと見えていた
アンコールワットは
黒いシルエットになった。

IMG_1236

 

 

綺麗だ…。

 

IMG_1252

 

 

同じ場所から
一歩も動けなかった。

 

ここにこれて良かった。

心からそう思った。

やはり、
ここを最後にして正解だった…。

IMG_1261

 

 

 

 

 

 

アンコールワット
朝日を十分に味わった後、

別のツアーに申し込んでいる
歯科医にいさんとは別れ、

僕はホヌマさんと一緒に
バイロンとタプロームの遺跡をまわった。

IMG_1296IMG_1295IMG_1360IMG_1364

 

 

歴史の重みを感じさせる遺跡たちからは

 

「すごい…」

 

の言葉しかでてこなかった。

 

ほんとにそれしか言えなかった。

IMG_1294

 

男二人で遺跡を巡るなんて
会話が途切れて気まずくなりはしないか
と変な心配をしていたが、

ホヌマさんも僕も
遺跡たちの圧倒的な姿に
感動する他なかった。

だからそこに
空気を読んだり、気を遣ったり
そういう心配は
全くいらなかったんだ。

IMG_1374

 

 

 

 

 

 

宿に戻ると
僕はサンドイッチとコーヒーを
オーダーし、

忘れられたのか心配させられて、
挙げ句の果てには
モムさんとスタッフともめるくらい
待たされた朝食を
2分で完食し、

バックパックを背負い
タケオゲストハウスを後にした。

 

 

そして
何件か宿をまわって
僕が次にチェックインした宿は

 

YAMATO Guest House

 

 

案内された2ドルのドミトリーは
さっきまでの広々としたものとは違い、

なにより、

水道水から
鉄の臭いがしなかった。

IMG_1377

 

 

 

そしてここで
旅ならではの

「出会い」

に遭遇する。

 

 

宿のカフェで
アイスコーヒーを注文し
漫画を描いていると
スタッフさんとお話する機会があった。

IMG_1379

 

 

最初は何の変哲もない
些細な会話だったのだが、

段々とこの人が
いかにアツい人
であるかが分かってきた。

 

 

「旅する音響家」
ネコジローさん

 

 

ネコジローさんと話にあまりに夢中で
写真を撮っていないのが悔やまれるが、

文章だけでネコジローさんが
いかにアツい人であるかを
僕はここに書きたいと思う。

個人のプライバシーもあるので
どこまで書けるかわからないけど。

 

 

ネコジローさんは
音楽の専門学校を卒業した後、

コアなスピーカーを作る会社に就職した。

 

最初は社会人を
やる気はなかったそうだが、
社長から

 

「最初は
どこの会社でも使う
金の計算の仕方を覚えろ。

後はお前の好きなようにしていい。」

 

との言葉を受け、
社会人を3年やったあと
会社が立ち行かなくなり、
お世話になった社長を顧問に迎え
同じ企業名で
相棒と2人で独立。

 

前の会社から引き継がれた
スタイリッシュなデザインと
音響にこだわったクオリティ
環境に配備したシステムが認められ、

なんとか二人分の給料を
まわせるようになる。

 

それと同時に
ネコジローさんたちの会社で
働きたいというアツい新人入社。

 

だが、
3人分の給料は払えない現状で
ネコジローさんは

インドに
向けて
旅に出た。

 

 

しかし、
インドまでお金が持たず、
やけっぱちになって
飲みまくっていたところ

カンボジアで
パズルのピースが
ピタピタとはまるように
奇跡的な出会いが起こる。

 

ヤマトゲストハウスの
オーナーとの出会いや

バーでの商談成立。

 

「それ、おれに売ってくれ!
いくらでも出すから!」

 

 

空間を演出するために
音響が注目されるようになった最近、

ネコジローさんたちの作るスピーカーは
フジロックのクリスタルパレスのブースに
導入されたり、
ストリップとかやってて、ライブの終わったアーティストが踊りにくるとこ

アウトドアメーカーのイベントでの音作りや
アーティストから指名されて
ライブに設置されてきた。

 

そんなスピーカーの
オリジナルをネコジローさんは
旅をしながら持ち歩いていた。

それがビジネスに繋がった。

 

 

『これで
インドに行ける!』

 

 

日本への部品の発注や
取引先での機材の取り付け、

インドへ行く前に
何度か日本戻ったりと

インドへ行くためには
まだまだ時間がかかりそうだが、

1年かけてインドを旅する計画らしい。

 

 

そんなエピソードを
淡々と語るネコジロ=ーさんは
僕の目には輝いて見えた。

 

「いやぁ…
アツいっすねぇ〜…」

 

の連発。

 

 

旅してなきゃ
こんなカッコいい人には
出会えない。

 

 

 

「旅の魅力のひとつは
『出会い』だ」

IMG_1386

 

 

どこかの世界一周を終えた旅人が言った。

そうだ。

まさにその通りだ。

 

 

僕の世界が
また少し広がった。

———————————————-
世界一周ブログランキングに参戦しております。
バナーをポチしてリンク先ページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

出会いも旅です。

出会った人がどんな人なのかを語りたかった。

日本にいたら絶対、
会うこともない。

そういう方々と
お話しさせていただいて、
自分の世界が広がっていくんです。

 ★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 ★スマホ用☟
にほんブログ村 世界一周

2 件のコメント

  • 自分の写真が載ってるー!!
    いまはタイですか?
    シェムリアップでは、お世話になりましたー☆
    旅がんばってねー!マンガはどこで見れるんだろ?例の出来事が出てくるの待ってるわー笑

    • >ホヌマアニキ

      いやー、アンコールワットの時は
      素晴らしいひと時をありがとうございました!

      漫画はカテゴリーの「Tabi-Manga」で見る事ができます。

      それと「例の出来事」ってなんでしょう?
      オーダーした朝食がなかなか出てこなくって
      僕がタチの悪いクレーマーになりかけたことでしょうか笑?

      あさって(10/15)にはラオスに向かいます。
      タイの漫画も近日中にアップしますので
      詳しくはウェブで笑!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です