「朝の6時から僕は歩き出す。ただひたすら」

世界一周339日目(6/3)

 

鳥の鳴き始めた。

腕時計を見ると5時前。

ここはグルジア、ウシュグリの村にある
復讐の塔の内部。

僕は昨日、外で寝ようとしたら
雨に降られここに逃げ込んできたのだ。

 

 

外はほんのりと藍色がかったっていた。

僕は生乾きのサブバッグの中身を
圧縮袋の予備に入れて、濡れたサブバッグにつっこんだ。

濡れたジーンズやスイムタオルも同じようにして
圧縮袋の予備に畳んでいれた。

湿気をたっぷりと吸い込んだ寝袋を
なんとか収納し、ブルーシートを畳んでビニール袋に入れた。

IMG_9605

 

 

荷物を全て持って外に出ると、雨は止んでいなかった。

そう言えばサブバッグのレインカバーを
昨日設営場所から撤退した時に落としたんだった。

ベトナムのハノイで6ドルで買った
ノースフェイスのパチもののレインカバー。
防水せいはほとんどないけど、
あるとないとでは全然違う。
ここまで旅してきた仲間じゃないか。

探しにいこう。

 

 

 

雨が冷たい風に乗って
僕の顔に叩き付けられた。

IMG_9625

 

 

外は一面白く曇り、吐く息が白い。

おれは一体なんでったって
こんな修行じみたことをやってるんだ??!!

ウシュグリは天候に左右されると
情報収集をしたブログに書いてあった。

まさにその通りだ。
だが、これほヒドい天気はないんじゃないか??

 

 

風は強かった。

サブバッグのレインカバーなんて吹き飛ばされてしまうだろう。

設営場所まで引き返したが、
レインカバーの姿は見当たらない。

やっぱりダメだったか…。

諦めかけて道を引き返したその時、

 

 

あった…!

IMG_9624

 

 

「うわ~~~!
あったよ!あった!
お前を捜してたんだよ!」

ついつい声が出てしまう。

雨でぐっしょりした黒いレインカバーは
力なく道の途中で僕に拾われるのを待っていてくれた。

「またよろしくな!」

サブバッグのペットボトルホルダーに
はずれないように結びつけて僕は村に向かって歩いた。

IMG_9626

 

 

朝から牛を放すおっちゃんを見かけた。

おっちゃんはこんな雨の中を歩く僕の姿を見て、
驚いた顔をしていた。

僕は力なくおっちゃんに笑いかけた。
おっちゃんも大変だよね。
こんな雨の中で仕事だなんてさ。

 

 

「グッモーニン。
メスティアまで帰りたいんだけど、
マルシェとかってあるのかな?」

「マルシェ?8~9時だな。10ラリだよ」

とジェスチャーで僕に教えてくれる。
そうか。メスティアまでだったらマルシェに乗れるんだな。

時刻は6時。あと2時間以上も待っていられない。
こんな朝早くからどこもお店なんてやってないし、
じっとしていると体温が下がる。

僕はメスティアまでの道のりを歩くしかできなかった。

幸いにも雨脚は次第に弱まっていった。
またどこかでヒッチハイクできるだろう。

IMG_9627

 

 

 

 

 

 

自分の体が

思っていたよりも丈夫だなと
関心せずにはいられなかった。

一晩凍えて一睡もしなかったっていうのに、
体調の悪さは感じない。

こういう時は母親に感謝すべきかもしれないな。
丈夫に生んでくれてありがとう。

二日前にロザさんの家でしこたま
ご飯を食べたのもよかったのかもしれない。
エネルギーが蓄積されてたんだろう。

 

 

帰りの道のりは景色を楽しむ余裕があった。

低い場所を雲が流れ、山にかかっていた。

むき出しの岸壁は僕を圧倒した。

わき水は上の方から流れ、
そこを越えた時、僕に冒険心を与えた。

眼下に流れる川は濁流で覗き込むと僕を畏れさせた。

IMG_9630 IMG_9631 IMG_9632 IMG_9633

 

 

2時間半くらいぶっ通しであるき続け、
景色が変わるごとに前に進めている実感を僕に与えてくれた。

IMG_9634

 

 

前からやってきた欧米人のチャリダーの姿を見て
僕は思わず手を振った。

こんな道のりを一人で進む彼に
仲間意識のようなものが湧いた。

 

 

「やぁ、ウシュグリ行くんだろ?
僕は朝の6時から歩き始めて
2時間半かかったんだ」

「そうかい。
そっちはメスティアだろ?

あと25kmだ。がんばれよ」
徒歩と自転車じゃ距離の目安とまでは行かないが、
どれくらの時間がかかるかそんな会話を交わした。

ウシュグリからメスティアまで46km。

ということは僕は11km歩いてきたんだな。
その25kmが僕に勇気をくれた。

けっして辿り着けない距離じゃない。
時刻は9時前。まだまだ時間はある。

IMG_9635

 

IMG_9636

 

 

途中にある売店で
おばあちゃんに呼び止められ、
僕はそこで休憩することにした。

おばあちゃんもお客を呼び込むのに成功して
上機嫌なようだった。
ハチャプリと紅茶で朝食を済ませた。

IMG_9637 IMG_9639

 

 

しばらく歩くと
やっと後ろから車がやって来た。

マルシェルートカだったが
条件反射のようなもので自然と親指をあげてしまった。

運転手に値段を訊くと10ラリだと言う。
ウシュグリから出発するのと同じ料金だ。一律なのかぁ。

「じゃあいいや」と言うと
マルシェは走り出したが。すぐに停車して僕を呼び込んだ。

乗客は一人もいない。
向こうも1ラリでも多くお金を稼ぎたいのだろう。

「10ラリだったら乗らないよ。悪いね」
と僕が言うと、
ドライバーは「わかったわかった」と
ジェスチャーし僕を乗せてくれた。

 

 

そこからドライバーと会話することなく、
僕は生暖かい車内で目を閉じた。

左に座っているのはガタイのいいお兄さんだったが
BGMはクラシックのような心地よい音楽だった。

しばらくして目を開ける。

僕の歩くはずだった25kmがいかに
長い距離であったかが分かった。

これはお金払った方がいいな。
もともと払うつもりだったけどー、3~5ラリでいいかな?

 

 

メスティアに到着したのは12時半。

IMG_9642

 

 

運転手の細かいお金がなかったので
お兄さんに10ラリ札を渡して、
「途中まで歩いてきたんだからまけてくれないか?」
と言うと、

お兄さんは「こっちも手持ちがないんだ」と
運転手が使う見え透いた嘘で僕を煙にまいた。

まぁいいさ。

あの「わかったわかった!」っていうサインは
なんだったんだろうと思わなくもないが、
そこまでしつこく食い下がる様なことはしなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

荷物を預かってもらった

ロザさんの宿に僕は戻った。

IMG_9649 IMG_9643

 

 

パンを買ってきて、ロザさんにハチミツをいただいた。

ロザさんは「よかったらスープも飲む?」と
パクチーの効いた温かいスープを僕に振る舞ってくれた。

IMG_9644
ここで出会ったカナダ人のカップルが
僕に「もう戻ってきたの?!」と少し驚いていた。

彼らは僕がハイキングオンリーで
ウシュグリに行ったと思っている。
「ああ、ヒッチハイクが
うまくいったんだよ」

「あぁそうなの。そうよね」
そうだ。46kmも歩き通すなんて
タフもいいとこだ。とりわけ雨の中ではね。

部屋は満室で離れの別棟に僕は案内された。

別棟は娘さんだか息子さんだかのご夫婦が
一組くらしている家だった。

5歳くらいの娘さんはどこか障害のある女のコだった。
ずっと足でリズムを刻んで
言葉にならない何かをずっと言っていた。

 

 

僕はバックパック、サブバッグの荷物を
全て部屋に広げて、ロザさんに洗濯機をお借りして、
雨水をたっぷり吸い込んだ衣類やら寝袋やらを洗濯した。
IMG_9640

IMG_9641

 

 

明日にはここを出たい。バトゥミに行こう。

ベッドの上で昼寝をし、
洗濯物を宿の暖房器具に乗せて乾かした。
日記も書きたまっていたし、
僕としてはここで一気に日記を書いてしまいたかった。

疲れ切った心を元気にさせるために
パソコンに入れた「ビーチボーイズ」を2話分観て、
僕は日記の下書きをした。

そして夜中の3時にベッドに入った。

IMG_9645—————————————————
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

まぁ、そんな感じでした。

アドベンチャーでした。
自分のミスっていうのもあったけど、
人に話すのには面白い話ができたかなぁ~って…

にしても雨の中でキャンプってキツい!
テント持ってなければなおさら!

よくあれで風邪引かなかったなぁって思います。
やっぱ喰うことだよね!喰っとけ喰っとけ!

ちょっとでも楽しんでいただけたら僕も幸いっす。
バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★Facebookページもね!
バイト時代の漫画も公開中「旅する漫画家

★Twitter「Indianlion45」


2 件のコメント

  • 面白いことやってるね。読むのはいいけど体験はしたくないかなw
    またどこかで会えるのを楽しみにしときます。

    • >さとし兄さん

      はっはっは..。
      これからもっと楽しくなってきますよ笑。

      まぁ、雨の中で野宿するのは
      止めときます笑。

      現在トルコっす♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「旅する漫画家」を目指す、清水陽介(シミ:24歳)の世界一周ブログです。