「モハーの断崖」

世界一周462日目(10/3)

 

 

「やばっ!
足濡れてんじゃん!!!」

 

 

がばっと上体を起こして、
濡れた足下がどうなっているのかを確認した。

テントのフライが風でズレて、
今も降り続いている雨が
中に浸透してきてしまったようだ。

テントの中はほとんど濡れてはいなかいが、
寝袋がしっとりしている。

朝からテンション下がるなぁ。

今日は晴れて欲しかったんだけど…。

IMG_6590

「しとぉ〜〜〜ん…」
このナメクジみたいなテントが僕のマイホーム!
畳むときよく裏側にお友達がついているので、
優しい気持ちで「こらこら」と
デコピンで吹き飛ばします。

 

 

 

ここはアイルランド、エニスという町

そして今日の目的地は
”Cliffs of Moher(モハーの断崖)”
という場所だ。

昨日調べ物をしていたら、
たまたま発見したモハーの写真。

しかもここからそう遠くない。

 

 

サブウェイで少し雨宿りをしたあと、

小雨の中、僕はラウンドバウトまで歩いた。

IMG_6593 IMG_6591

 

 

 

 

アイルランドの人たちは
ヒッチハイカーに優しいけど、
こんな雨で車が止まってくれるのだろうか?

バックパックとサブバッグには
レインカバーが装着されている。

ギターはケースのみ。
土砂降りだったら対応できないだろう。

パタゴニアのアウターを着て、フードをかぶった。
髪を後ろで束ねているので、フードは
頭をすっぽりと覆うことができない。

 

 

しゃあ!
今日も気張って行こうぜ!

 

 

向こうから速度を落として
やって来る車にニコニコしながら親指を立てた。

時度、小躍りも混ぜる。

こんな中で悲壮感満載の
やる気のないバックパッカーになっちゃダメだ。

もっと楽しそうに!
ヒッチハイクを楽しむくらいの気持ちでなきゃ!

 

 

「ブロォォォ…、」

「途中の町までだったらいいわよ?」

「ありがとうございます!
よろしくお願いします!」

 

 

わずか10分足らずで止まってくれる。

ほんとうにここには優しい人たちがいる(涙)

 

 

 

 

ドライバーのアンさんも
バックパッカーの経験があり、
ヒッチハイクでヨーロッパ中を
旅したことがあると言っていた。

IMG_6597 IMG_6595

 

 

 

アイルランドでヒッチハイクをしていると、
こういう「元バックパッカー」の
ドライバーさんに乗せててもらうことが多い。

僕も日本に帰ったら、
この輪を途切れさせないようにしたい。
車持てたらだけど笑。

 

 

「ここはほんとうに静かでいいところよ。
ただ、若い人たちがダブリンや
オーストリアやイギリスへ
行ってしまうことが問題ね」

 

 

そうアンさんは言っていた。

この国も若者の減少の問題を抱えている。

たぶん、若いうちは
自然の豊かさっていうのが
分からないんだと思う。

僕がもし、もっと若いうちにここを旅していたら、
『アイルランドって何もないな』と
感想を抱いたかもしれない。

 

 

だけど、今の僕の目には
アイルランドの自然はとても魅力的に見えた。

なだらかな草原、羊や牛の群れ、シンプルな家。

僕がここに住むとしたら、
あとはどうやって毎日を楽しく過ごすかだ。

それは日本に帰ってから、還元できるだろう。
今はいろんなことを吸収したい。

 

 

アンさんの住む、
Ennistimon(エニスティモン)の町に
到着するころには、雨はほとんど止んでいた。

小さなビーチのある町はサーフィンができるらしい。

IMG_6596 IMG_6598

 

 

 

お礼を行って、アンさんとお別れしたあと、
僕は少しこの町を歩いてみることにした。

町の防波堤の上には
小さなサーフショップとオリジナル・Tシャツを
販売するお店が向かいあって建っていた。

IMG_6601 IMG_6599 IMG_6603 IMG_6604

 

 

周辺にもエスニック系の服屋さんなんかもある。

ここに住む子たちは
サーフィンをするのだろうか?

もしかしたら、ここのTシャツショップで
服を買うのかもしれない。

でも、H&Mみたいなファスト・ファッションの
お店の流れていくのかなぁ?

 

 

 

 

あいにくの天気で町には人の姿を
ほとんど見かけることができなかった。

僕は売店でディスカウントされた
60セントのパンを4つ買った。

歩きながら食べたが、全然美味しくなかった。
まさに売れ残りだ。

 

 

 

モハーの断崖は観光地として開かれており、
ここから一本道でアクセスすることができる。

アンさんはすぐここからヒッチハイクして
次ぎの車をつかまえればいいわと教えてくれたが、
肝心の車がほとんど通っていなかった。

僕はヒッチハイクの見込みがないまま、
一本道を歩き出した。

IMG_6606 IMG_6610

 

 

 

海沿いの草原はゴルフ場になっており、
雨の上がったタイミングで何組かの
ゴルファーたちが練習している姿を診ることができた。

なんで、ゴルフやる人って
あんなに真剣なんだろう?
こんな風の強い天気なのにさ。

 

 

後ろから来る車に何度か親指を立ててみたが、
レスポンスはまったく無かった。

モハーの断崖まで4km近くある。
まぁ、一時間あれば着くだろう。

 

 

海沿いに建てられた家々は
人が住んでいるのだろうか?と
心配になるほど人気がなかった。

 

 

海沿いをカーブするようにして道は続いている。

砂漠のような砂地で犬を放して
遊んでいる人の姿が見えた。

IMG_6611

 

 

 

一軒の家を通過すると
背中を丸めたおばちゃんと目があった。

こんなところで、前にもバックを装着して、
ギターを持っている変なヤツが
目の前を歩いていたら、どう思うだろうか?

訊かれてもいないのに
「モハーの崖に行くんだよ!」と大声で叫んだ。

おばちゃんはニッコリした。

 

 

「何?モハーに行くの?」

「あ、そうです」

「ちょっと、待ってなさい。
車で連れていってあげるわ♪

 

 

家に停められたMINIの車のトランクに
バックパックとギターとサブバッグを置いた。

IMG_6612

 

 

 

「ちょっとあなた、
そこに座ってなさいね。
これから友達にパイを渡しに行くところなの。
スペースがないから持っていてね」

 

 

そう言っておばちゃんは僕の膝の上に
鍋掴みのグローブを置いて、その上にパイを置いた。

シラーさんの運転するMINIは
快調に海沿いを走り出す。

IMG_6613

 

 

 

 

「友達の名前ですか?
GAS GREENって?」

 

 

パイにはそのように文字が刻まれている。
切れ間から黒いジャムみたいなのが見えた。

 

 

「そうなのよ。
彼はとってもいい人でね、
私の仕事を引き受けてくれたりするの。
だから、私もお返しに、ね♪」

 

 

こういうささやかな日常のひとコマを
見させてもらっただけで、
僕はシラーさんにぐっと親近感が湧いた。

お返しにパイってー…♪

 

 

来るまで3分もかからない少し離れたところに
ガスさんの家はあった。

パイを持ってシラーさんはガスさんを尋ねたが、
外にいたガスさんは作業中で手が離せないようだった。

あぁ、こういう時って
直接本人の驚く顔が見たいよね。ちょっと残念だ。

シラーさんはガスさんのワゴン車の運転席にパイを置いた。

車を再び走らすと、
作業中のガスさんが大声でお礼を言っていた。

 

 

 

 

車の中ではジャズがかかっていた。

スムースジャズとでもいうのだろうか?

ボーカルは入っていないけど、
なんだかゆったりできる曲調。

シラーさんの二人の息子さんは
ジャズ音楽をやるらしい。

 

 

 

「そろそろ大きなストームが来るのよ」

IMG_6615

 

 

 

去年のストームはかなり大きかったらしく
一部の壁は崩されていた。

だから、今、雨が振っていないことは
とてもありがたいことだと思う。

 

 

 

 

「それじゃあ楽しんでね♪」

車を降ろしてもらうとき、
シラーさんは僕の頬にキスをした。

よくヒューマンドラマの映画で見る、
親しい者への挨拶。

 

 

たった15分くらいのヒッチハイク。

だけど、こういうヒッチハイクで
僕はとても優しい気持ちになれる。

 

 

そうだよ。

そうだよな。

IMG_6618

 

 

 

 

「今、目の前にいる人を
愛さなくてどうするんだよ?」

 

 

 

インドでお会いしたヒデさんの言葉が
今も僕の胸の中に残っている。

ヒデさんはそう言って旅の途中に
電子機器を含むほとんどの荷物を日本に送り返した。

目の前にいる人たちと過ごす時間を大切にするために。

僕にはそこまではできそうにないけど、
いい言葉だなと思う。

IMG_6627

 

 

 

 

 

 

 

モハーの断崖は、

そこにリアルに広がっている
光景なのか分からくなるほど、壮大だった。

IMG_6628 IMG_6629

 

 

 

雨上がりで、
海からの冷たく吹き付ける風を感じる。

波が少し断崖に当たる音が聞こえた。

 

 

 

バックパックを背負ったままでいる僕の姿を見て、
中国人っぽい女のコが何か話しかけて来た。

英語がペラペラで
「荷物ならクロークに預けられるわよ?」と
言っていることくらいしか分からなかった。

IMG_6619

 

 

 

「ん~、荷物は預けなくていいかな?
もう、ここには戻って来ないから」

 

 

適当な表現が思いつかなくて、
「I will never come here」
って言っちゃったけど、
どこか寂しい表現だな。

もう二度と戻って来ないか…。

世界にはそんな場所ばかりだ。

 

 

 

 

 

 

バックパックを背負ったまま崖沿いを歩いた。

こんな天気だってのに、
観光地のここでアコーディオン弾きの
おっちゃんがバスキングをしていた。

そんなシチュエーションもあって、
メロディーは物悲しく聞こえた。

 

 

 

しばらく歩くと、柵がなくなった。

IMG_6633 IMG_6634

 

 

 

轍が続いており、その上を注意して歩いた。

IMG_6636

 

 

 

 

落ちたら間違いなく死ねる。

IMG_6637

 

 

 

こういう所から落ちて死ぬのって
たぶん一瞬のことなんだと思う。
テレビの電源が切れるみたいに。

IMG_6639 IMG_6640

ひょえぇぇぇ〜〜〜〜…

 

 

 

 

ただ、この崖沿いを歩いて行けば
どんな光景が見られるのだろうかと、
期待を抱いてしまう。

IMG_6635

 

 

 

 

 

「Cliffs can kill」

IMG_6643

 

 

と書かれた看板もあった。

不思議と頭は冷静なままだ。
アドレナリンも湧かない。



 

 

一歩一歩集中して、崖沿いを歩いて行った。

 

 

 

 

気づいたら観光客は僕一人だけになっていた。

IMG_6645 IMG_6647 IMG_6642 IMG_6648

 

 

 

『もうそろそろ戻らないとマズイな…』

それほど遠くもない距離に
バスが通過するのを見た。
あそこに道路があるみたいだ。

崖沿いを離れて、
雨水をたっぷり吸い込んだ地面に
足を濡らしてなんとか車道まで
出ることができた。

IMG_6650 IMG_6652

 

 

 

 

一応、今日の予定では
隣り町で一泊する予定だ。

だけど、9kmくらいある。

道は一本道。バス停すらない。
5分に一台くらい車が通るくらい。

 

 

それなのに、道沿いには「B&B」と
書かれた宿があった。
こんな場所に観光客は来るのだろうか?

そんな光景を横目に歩いていると
後ろから来た車が僕を通り過ぎた。

そのまま速度を落として、停止すると、
ゆっくりとバックで戻って来た。

 

 

ふふっ♪ありがとうございます。
みんなの優しさに思わず顔がニヤけてしまう。

 

 

 

 

車を運転していたのはイギリス人だった。

IMG_6653

 

 

 

ドライバーのマーロゥと、
アイルランドに住む妹のロンダ。
しかも行き先がGalway(ゴールウェイ)という
町のすぐ近く。

今日中にそこまで行けるとは思ってなかった!

車の中ではクイーンズ・イングリッシュが
全然聞き取れなかった。

助手席に座ったロンダが時々、
何か話しかけて来て、ケタケタ笑っているけど、
ペラペラってか
『それ英語なの?』って感じ。

 

 

途中、ウトウトしながら
ゴールウェイへ続く道へと切り替わる
ラウンドバウトで車を降ろしてもらった。

 

 

「これ、残りの旅も楽しんでね♪」

そう言って渡されたのは
20ユーロだった。

 

 

一度は断ったが、
丁寧に折りたたんで財布の中にいれておりた。
ありがとうございます。

 

 

やっぱさ、愛を信じたいよ。

 

IMG_6654

 

 

 

 

 

 

 

さーってとー、あと16kmか…

 

 

向こうからやって来る車を横目で見送った。

目が合ったので
とびっきりのスマイルを送っておいた。

 

 

車が止まった。

マジか。

 

 

車の中には教養のありそうな
綺麗な白髪のお母さんと
その息子さんが乗っていた。

IMG_6655

 

 

 

「あなたは運がいいわね♪」

というお母さん。

 

 

何やら4人の子持ちのようで、
隣りに座っている息子さんは
4ヶ月の中国の留学経験があるのだとか。
しかも少林寺っていう笑。

 

 

「それって、
すっごいレアですよね」

「そうだね。
そしてとても価値のある経験だね!」

 

 

ここにはいない別の息子さんは
8ヶ月もインドを旅しており、
今もインドにいるとかいないとか。

 

 

もう、なんなんだ!

旅人に対する理解がハンパないぞ!

 

 

ゴールウェイの中心地から
少し離れたところで僕は降ろしてもらった。
二人を乗せた車はスマートに
その場から去って行った。

 

 

 

 

 

降ろされた場所は
“DEANS STORES”という
マルエツのお上品みたいなスーパー?だった。
食品も安く買えるんだけど、
服も売ってるっていう。そんなお店だ。

僕はトイレに行くと温水でタオルを濡らした後、
個室に入ってそれで体を拭った。
もう3ヶ月もこんな生活してるんだよな。

でも、それも終わりかな?

IMG_6656

ブレてるけど、子供に犬みたいなリードがついているんだよ。

 

 

 

さっぱりした後、
そのままゴールウェイの中心地を目指した。

バスキングできそうな歩行者専用の
ストリートがあったが、
既に地元のバスカーが
アンプとマイクの弾き語りをしていた。

音の届かないところで僕もギターを弾いた。
もう時間も遅いというのにパラパラとレスポンスが入る。

 

 

僕はそのいただいたコインでー、

マクドナルドで2ユーロのコーヒー片手に作業して、

24時には閉め出され
IMG_6672

IMG_6660(あれ?24時間って書いてあるけど?)

 

 

 

 

 

 

通りに出ると、
辺りは若者たちで
にぎやかになっていた。

IMG_6661

 

 

 

夜になってぐっと気温が下がったってのに、
女のコの何人かは見てるこっちが
寒くなるような格好をしていた。

ライブをしているバーが何軒もある。
ここはライブバーの町なのかもしれない。

IMG_6662

 

 

 

 

どこもお店は人でにぎわっている。

バックパックを背負って
入れそうなお店を見つけると、
そこでゆっくりギネスビールを飲んだ。

じわっと体にアルコールが染み込んで行く。

IMG_6669

 

 

 

 

今日の寝床は遊具の上。

久しぶりのテントなしだ。

アルコールで体が火照る。

IMG_6673——————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

ほとんどすれ違いに近い、旅での出会いの連続。

だからこそその一つ一つを
大切にしなくちゃいけないんだなって、改めて思いました。

いつも僕なんかを車に乗せてくれるドライバーのみなさん、
ほんとうにありがとうございます。
もらってばかっかです。
おれもいつかは誰かにまわします。

ピース♪

 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★「旅する漫画家
(Facebookページ)

★Twitter「Indianlion45」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です