「アジア・サイドからヨーロッパ・サイドへ」

世界一周373日目(7/6)

 

みんなで

朝食をとったあと、
僕とサジュークはお父さんの車で
近くのバスターミナルまで送り届けてもらい、
そこからバスに乗った。

IMG_2136 IMG_2137

 

 

 

行き先はイスタンブールの中心地。

国内外から観光客が集まる
トルコで一番大きな都市だ。

 

 

サジュークは人がどんどん増えるに従って
顔をしかめた。

IMG_2140

 

 

もともと彼はイスタンブールに住んでいたのだ。

都会の生活に嫌気が差してイズミルに引っ越した。

イズミル自体もまぁ、十分大きな街だと思うけど。

 

 

「ここでバスに乗っている人たちは羊さ。
みんな自分がどこへ行くかなんて分かっていないのさ」

 

 

ちょっと比喩めいた言葉をサジュークは口にした。

もちろん僕たちと
一緒のバスに乗っている人たちには
それぞれ自分たちの目的地がある。

彼が言っているのは

「都会で生きる」

ということなのだろう。

 

 

クルド人にゆかりのある自分の故郷へ戻り
自然に寄り添った村の生活を送りたいというサジューク。

毎日毎日単調な生活サイクルの中で生きる。

ここに住む彼らに明確な生きる目的はあるのか?

たぶんそういうことだと思う。

IMG_2139

 

 

 

 

 

「さぁ、

ボスポラス海峡を渡れば
アジア・サイドからヨーロっパ・サイドだ」

IMG_2142

 

 

トルコはアジアとヨーロッパの中間地点。

ボスポラス海峡を挟んでそのような
区分分けみたいなのがされているらしい。

僕たちはバスを降り、連絡船へと乗り込んだ。

IMG_2150

 

 

 

船に乗るとワクワクする。

IMG_2148 IMG_2151

 

 

 

そんなに乗る機会がないからだろう。

カモメが気持ちよさそうに空を飛んでいる。

空は快晴。遊覧船が見える。

連絡船のデッキの上でアコーディオン弾きのおっちゃんが
ふいっとやって来て、お金が稼げないと分かると
またすぐに別の場所に移動していった。

IMG_2149

 

 

 

 

 

連絡船を降りてすぐ左にガラタ橋が見えた。

IMG_2158

 

 

 

あぁ、あれが有名な…

とガラタ橋を横目にそのままトラムに乗って
カラキョイからベヨギュル駅まで向かう。

ここにサジュークの元カノが
僕たちのことを待っていてくれているというのだ。

 

 

 

元カノ…。

 

 

 

えっ…??

ちょっと気まずくないかい?

だって「元」ってことは、
今はつき合ってないってことなんでしょ?

しかも元カノさんとは初対面。

お、おれどんな顔して会えばいいんだ???

IMG_2165

 

 

 

元カノの姿を発見して
サジュークは軽く手を振った。

 

 

「美人だろ?」

IMG_2176 IMG_2177 IMG_2178

 

 

やるじゃねえか。

 

 

 

彼女も音楽をやっているらしく、
サックスを吹くらしい。

軽く自己紹介して思ったのは、
彼らが恋人たちのようにフレンドリーだということだ。

トルコで親しい友達と挨拶をする際に
交互にお互いのこめかみ同士をくっつけて
キス(のように唇を鳴らす)するのが普通だ。

サジュークは友達と会う度に
そんな風にして挨拶を交わし合った。

初対面の人でもそんな風にして挨拶する場合がある。

トルコに住む人たちがいかに
フレンドリーなのかは分かるが、

サジュークと彼女を見ていると
久しぶりの再会を味わう
カップルのような印象を受けたのだ。

 

 

 

元カノの名前はペリンと言った。

IMG_2162

 

 

 

ペリンの知り合いのカフェに
荷物を置かせてもらいに行く。

ここは「イスティカル通り」
という名前の通りらしい。

スターバックスやトルコのチェーン店などの
飲食店や高そうなアパレル店が列をなし、
その間をトラムが走る。

IMG_2167

 

 

そしてバスカーの姿を目にすることができた。

IMG_2170

 

 

サックスとギターのセッション。

バスカーをしている人間を見ると
コミュニケーションをとるサジューク。

こういうフレンドリーさで
友達がどんどん増えていくんだろうな。

IMG_2174

 

 

 

 

ペリンの知り合いのカフェは
イスティカル通りの路地裏にあった。

IMG_2183 IMG_2186

 

 

ブックカフェとでも言うのだろうか?

本棚の前にあるソファでペリンの友達たちがくつろいでいる。

カフェのスタッフは素敵なトルコ髭を
たくわえたおっちゃん。

ひとこと言うたびに僕にウィンクしてくる。

や、僕はそういう趣味はないんだからな!

くっそ!トルコに来てからこればっかだよ!
最近髭剃ってないんだけどなぁ…。

 

 

まぁ、そういう被害妄想は置いておいて、
僕は一旦サジュークと別れた。

最近Wi-Fiにありつけていない。

僕のブログなんざぁどうでもいいのだが、
今回は「ある人」と会う約束をしているのだ。

サジュークもバイクの免許取得のために
テストを受けにいった。

 

 

 

 

 

話は遡ること、2013年の11月3日。

タイのパーイでアホみたいに唄っていた時の話だ。

そこでたまたまお会いした
ワールドカップに向けて世界一周中のコモン夫妻

Facebook上で僕がイスタンブールに行くと話したら、
「その人」を紹介してくれたのだ。

イスタンブールにお住まいで、
かなり面白い素敵な人だから
是非会ってみてはどうだろうか?と

 

 

最初はどうしようか迷った。

だって僕の旅はとてもマイペースだし、
夜型マイペースのサジュークと一緒に行動してると
会うのはちょっとめんどくさい。

が、これは何かの
チャンスなのでは
ないだろうか?

僕はすぐにFacebookのメッセージを送った。

 

 

イズミルで会っていただく約束は取り付けたが、
連絡ができていない。
イスタンブールに来たことを伝えて
日程調整をしなくちゃ!

「それでは明日」ってな具合で
そんなすぐには会えないだろう。

 

 

Wi-Fiが使える知り合いのカフェで
僕はiPhoneをいじくった。

IMG_2198

出て来た大きなコーヒーに感動した。

 

 

そして、わざわざペリンが
僕につき合ってくれたのはありがたかった。

長い時間僕につき合わせるのも悪いと思ったので、
さささーっと連絡を取ったり、
調べものしてカフェをあとにした。

しかもお代も持ってもらうって、うう…。

あざっす!大人だよ!

 

 

 

 

 

 

 

ペリンに連れられて

向かったのは
屋上にあるバーだった。

IMG_2201 IMG_2203

 

 

 

屋上からはイスタンブールの街並が
断片的に見えた。

IMG_2212

 

 

時々カモメが上空を飛んでいるのが見えた。

日の当たる席で深くソファに沈み込む。

バーのすぐ隣りはダンスフロアーになっており、
ジャズっぽい音楽に会わせて
数人がレッスンをしている。

IMG_2199

 

 

 

果たして僕が一人でここに来たとしたら、
この場所に来ることができただろうか?

そう考える。

一瞬一瞬の出会いに感謝したい。

そしてその出会いが
僕をここに運んで来てくれたことにも。

「ティシュケレデレム」と言うと、
ペリンはニッコリ笑った。

 

 

日の沈むまでそのカフェで時間を過した。

ギターを持って来ていたので、
すぐに周りの人たちとコミュニケーションが
取れるのもありがたい♪

IMG_2210

 

 

 

 

 

「さぁ行きましょ」

とペリンと再び最初に行ったブックカフェへと戻る。

さっきのはなんだったんだ?

一日で3つもカフェを梯子するなんて。
僕としては嬉しいけどね。

 

 

相変わらずにウィンクをかましてくる
カフェのおっちゃんに笑いながらサジュークを待った。

ニコニコして戻って来たサジューク。

どうやらテストに受かったようだ。

 

 

街には沢山の彼の知り合いがいた。

IMG_2215

 

 

昨日会ったサジュークのいとこたち。

そして沢山のバスカー仲間たち。

夜の街をのんびり歩く。

いつまでもにぎやかなイスティカル通りだ♪

IMG_2228 IMG_2234

 

 

 

 

 

さきほどの屋上にあるバーで時間をつぶした。

時刻は24時。

相変わらずサジュークとペリンはいちゃいちゃしている。

Wi-Fiのパスコードが分からなかったので、
僕はただただまったりしていた。

ソファに寝っころがって夜空を見上げる。

オープンテラスのバーの屋根の向こうに小さな星が見えた。

 

 

 

今日の寝床はバーのマスター、ビギンの家。

IMG_2258

 

 

サジュークとは出身地が一緒らしい。

二人を見ていると、彼らが
初対面のようには見えなかった。

それくらいフレンドリーなんだ。

 

 

僕たちをアパートの時分音部屋に案内したあと、
ビギンのおっちゃんはまた仕事へと戻っていった。

ペリンも今日はここに泊まるらしい。

ソファの上で楽しそうにお喋りする二人。

深夜2時をまわり、僕は空気を読んで
二人におやすみを言ってベッドに横になった。

今日もいろいろあったな。

やっとイスタンブールに来たんだ。

ヨーロッパはもう目前。

IMG_2259

——————————————–★世界一周ブログランキングに参戦しております。

ふはぁ~~~!!!全然日記が追いつかないし、書きたまっていくよぉぉぉ~~~!そのくせ日記はグダグダと長い。3行日記とかでいっすか???

いやよくねーな。せっかくの人生かけた世界の旅だもんな。

これからイスタンブールでの日常編が始まります。

バナーをポチしてページの読み込みが完了するとぽいとが入る仕組みです。

★Facebookページもよろしく!「旅する漫画家」

★Twitterもね!「Indianlion45」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です