「ゴビ砂漠には行かなかったけど」

世界一周21日目(7/19)

 

道は
2つに別れていた。

険しい道となだらかな道。

僕は迷うことなく険しい方の道を選んだ。

 

 

僕はロシアンジープに揺られて、
ヨヒアンの谷にやってきたのだ。

IMG_6029

 

 

自然保護区に指定されているヨヒアンは
訪れる者を飲み込むかの様だ。

IMG_6059IMG_6060

 

ジープの入れない観光エリアに到着すると、
ドライバーのデンバ

IMG_6002 IMG_6116

 

僕に3時間の自由時間をくれた。

僕は肌身離さずもっている
Macやその他のノートの入ったサブバックと、
パンと水1,5Lが入ったビニール袋をぶら下げて、
黙々と進んで行った。

IMG_6065

 

途中、
何人かのツーリストとすれ違った。

だが、僕は引き返さない。

 

時間の許される限り
この渓谷を突き進んでいこうと思った。

進んでいる小川のラインを何回も変え、
流れが急なところまで辿り着いた。

IMG_6071

 

 

2キロ近くあるサブバックと一眼レフ、
KEENのシューズですら滑りやすくなった
この場所で引き返すことにした。

 

まあいいさ。
時間はあるんだ。

IMG_6095

 

 

僕は引き返す途中で、
ひとつの谷を登ろうと考えたのだ。

 

誰が言ったのだろう

 

「バカは
高い場所が好き」

 

ってー…
僕のことかッ!

IMG_6086

 

 

でも、どうしても
あのてっぺんから見える風景が
見てみたかったのだ。

 

 

プロでもないのに冗談半分で登って
滑落して死んでしまう人もいるんだろうな。

そんなつまらない事で
ニュースになるなんて死んでもごめんだ!

 

僕はサブバックを中腹に置いて
一眼レフだけたすき掛けにし
一歩一歩慎重に登っていた。

 

だが、
下から見るよりも谷は険しく、
頂上は思っていた以上に遠い。

 

しかも帰りのことを考えると、
またしても僕は途中で
引き返さざるを得なかった。

IMG_6078

 

 

夢だった世界一周を
叶え始めてまだ間もないのに、
ここで死んだら元も子もないぜ?

 

引き返すことの大切さを
身を以て学んだ。

 

 

 

 

 

僕は最後に
登りやすそうな小山を選んで
登ることにした。

 

ちょっと高度が上がったせいだろうか?
心拍数も早く、息も荒い。

僕はサブバックと一眼レフに
気をつけながら小山を登った。

 

時々休んで呼吸を整えながら
中腹程度まで登ると、

人が豆粒のように見えた。

やはり見た目以上に
この小山も高く険しかった。

 

 

 

なんとか頂上まで登ると、
自分の登ってきた地点が
相当下の方に見え、
ちょっとした達成感を味わった。

IMG_6103

 

風が強く吹く。
僕はハーモニカを取り出し一曲吹いた後、
風に向けてハーモニカをかざした。

 

今まで聴いた事のない様な
大地の音が聞こえた。

 

 

そうだ。
昔読んだ高橋歩の本の中で、
彼も同じようにモンゴルの風の音を
聞いてたんだっけ。

 

そうか。
こういう音をきっと彼も聴いたのだろう。

 

 

 

頂上にある岩に腰掛けると、
岩の間に腕時計が置いてあった。

IMG_6104

 

 

僕より以前にこの小山を登って、
ここから見える景色と同じ物を見た人がいたのだ。

 

僕はその腕時計を持って帰ろうかと思ったけど、

やめた。

その人の想いをここに留めておこう。

 

 

引き返す勇気も大切だ。

だが、
険しい山を登ることによって
見ることのできる景色もある。

僕の選んだ「山」は
一体どんな景色を見せてくれるのだろう?

IMG_6109

 

 

 

 

なんとか苦労して
反対側から下山して、
僕はデンバに

 

「ありがとう。十分楽しんだよ」

 

と言ってホームステイ先の
ゲルに向かう事にした。

迎えてくれたのはホルスさん。

IMG_6180
ホルスさん一家の他にも
他の家族のゲルもあり、子供たちが沢山いた。

IMG_6119

 

 

僕はさっそく彼らとコミュニケーションを図る。

だが、彼らは突然の来訪者に心を開いてはくれない。

 

僕は仕方なしにギターを弾くことにした。

 

するとどうだろう
突然子供たちの目の色が変わった!

IMG_6160

 

最初の観客は2人だったけど、
僕のオンボロギターに興味を示し、
弦をでたらめに弾いて楽しんでいた。

 

世界一周という旅に出てから
音楽の持つパワーを何回も感じた。

 

ちょっとイカツいお兄さんですら、
ギターの弦を振るわせるだけで仲良くなれるのだ。

IMG_5780

 

1~2曲唄うだけで、
彼らは僕に話しかけてくれ、
僕は彼らとのやりとりを楽しむんだ。

 

 

子供たちと仲良くなったあと、
まだ日の明るい草原で走り回って遊んだ。

 

3~4歳くらいの子供たちのお気に入りは、

 

 

ジャイアントスイング
だった(笑)。

IMG_6149

 

彼らの手を持って遠心力にまかせて
3回転ぐらい回してやると

 

「もっと!もっとやって!」

 

と終わる事のないアンコールに
僕もへとへとになって(ここは高度が高いんだっけ?)

 

「もう無理!もう勘弁!」

 

と逆に彼らから
逃げないわけにはいかなかった。

 

 

 

 

夕日が沈むみ、
ヤギたちが戻ってくると、

ホルスさんたちはヤギを数珠つなぎにし、
乳搾りが始まった。

IMG_6154

 

彼らの日課なんだろうな。
ホルスさんも子供たちも
みんなでヤギの乳を搾る。

IMG_6167

 

僕も挑戦してみたが、けっこう難しかった。

 

 

乳搾りを終えるとヤギたちは解き放たれ

「メ~!」

だの

「ぶっ!」

だの(マジで時々「ぶっ!」って音だすんだよ!)言って、

気ままにゲルの周辺を歩き回っていった。

 

 

まさかヤギに乗れるとはね。
おみそれいったよ。

IMG_6173

 

僕は早めにベッドにつき、
満点の星空を見ようと12時に起きた。

寒くて外には長い間出ていることはできなかったけど、
モンゴルで見える星空は格別なものだった。

 

 

それよりさっきから
お腹がピョロヒョロ言ってんだけど、
やっぱ馬のミルクはまずかったかなぁ?

 

———————————
世界一周ブログランキングに参戦してるシミです。

今は再びWi-Fiの入るUBに戻り
書き溜めたブログの編集をしております。

モンゴルにはこんなとこもあるんだね。
ガイドブックなんて立ち読み程度だったから
逆にいろんなことが新鮮です。

にしても、ここのゲストハウスは
いろんな人たちがいて騒がしいぜ。

ポチをしていただけると
日本ブログ村のページにリンクします。
ページの読み込みが完了すると
ポイントが入るみたい。

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★スマホ用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 

 

4 件のコメント

  • 始めまして、日本に暮らすモンゴル人です。

    自然も文化も、人々の習慣も日本と全く異なる土地なので、いろいろと大変だと思います。

    乾燥地では、肌の露出をできるだけ避けた方がいいでしょう。特に湿潤な環境からきた人たちには身体の水分を守る皮脂の量が少ないので、露出度が高いと脱水症状になりやすいです。

    ヨヒアン⇒Yoliin Am(鷲の谷)の永久凍土が露出している場所に行けなくてちょっと残念でしたね。モンゴル人は見た目が冷たいけど、心は優しくてお願いされると大きく妥協する人たちなので、自分のしたいことをちゃんと伝えて、理解を求めた方がいいとおもいます。

    それでは、残りのモンゴルを気をつけてお楽しみください!

    • >隼人さん
      コメントありがとうございます。

      ヨヒアンに永久凍土なんてものがあったんですね!
      ですが、アルタさんにおススメされた場所だったので
      とてもいい思い出になりました。

      それと、
      モンゴルの人々はほんとに心優しい方々ばかりです。
      と言うよりも、僕はおばあちゃんの温かさは万国共通なのかなって
      思っちゃいました。

    • >れーな★ちゃん
      星空ね〜。綺麗だったよ。
      今はちょうど満月に近づいているから、月明かりで
      ちょっとお星様が目立たなかったかなぁ…
      月も月でとても綺麗なんだけどね。

      おれが今まで見た中で一番キレイだと思った星空は
      日本で朝霧JAMの帰りに見た星空です。

      あれを超える星空に巡り会いたいぜ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です