「ロシアの漫画教室」

世界一周8日目(7月6日)

 

「シミズサァン、
迎エェニキマシタ」

 

 

あれ?
ビタリィくん、
昨日は漫画のクラスは夜にあるって
言ってなかったっけ?

 

いきなし停まる
ロシアのWi-Fiに苦戦しながら
ウランウデのことを調べようと思っていたら
ビタリィがホステルまで迎えに来た。
今日は日本の漫画に興味のある
ロシアのみんなに
日本の漫画家(志望)の代表として
「漫画」って日本の文化を伝える
授業が開かれるのだ。

ここハバロフスクに来たとき
列車のチケットを買うのを手伝ってくれた
こともあるし、
これでお返しができるね。

 

 

 

にしても、
急だよなぁ。

おれ、授業内容全然考えてないー…

 

けど、

 

ま、なんとかなるだろう。

 

口からのでまかせにかけては
自信のあるシミです。

大まかに
日本の漫画文化の歴史
漫画の描き方講座みたいな
2本立てでいいんじゃないかな?

 

「で、ビタリィ
今日のおれの持ち時間って
どのくらいあるの?」

 

「2時間デス」

 

 

 

わ〜お…

ぜってー巻いちゃうよ…

 

 

ロシアで輸入業を営む

大橋さん

と合流し授業の開かれる場所へ向かった。

 

途中、シャルマ(っていうのかな?)
って言うケバブのようなものを
ごちそうになりました。

IMG_5081

ボリュームがあって美味しいです。
100rub(300yen)。

 

 

 

 

 

12時10分。

IMG_5109

あのでっけえ教会の前にある
建物の地下の
多目的ルームのような場所で
シミの漫画講座は開かれた。

おぼつかない英語で一生懸命話す。

IMG_5091

 

今の漫画の原型は
手塚治虫がアメリカの映画に影響を受け
その独自のスタイルを発展させて行ったこと、

今の日本の漫画が抱える
商業優先の問題点、

デジタルの漫画の登場によって
漫画の在り方が変わって来ていること。

 

頑張って話したけど、
ここまで40分。

 

やべえ…

時間が!
時間が経たないよぉっ!

 

 

 

お互いに質問したり、
ディスカッションしたりもしながら

次はいよいよ漫画の描き方を
披露する番だ。

 

持って来た原稿用紙に

『こんな感じで描くんだぜ!』

って実演するんだけど…

 

 

漫画って

どこで描くか

に左右されることがよく分かった。

 

『おれってこんなに絵が下手だっけ?』

ってくらい
低いテーブル、ソファに座っての状態じゃ
まともな絵は描けない。

 

くそうっ…
おれのレベルはこんなもんじゃねえんだが…

 

 

 

それでも、
日本の漫画に興味を持って
集まってくれたみんなは温かかった。

IMG_5085

IMG_5086

 

 

「漫画」という共通の話題があることが
僕たちの理解できないところを補強し合い、

たとえ英語で表現できなくても
なんとなく伝わるし、
言い直してくれる。

 

それに、
おれの持って来た漫画の道具や初めて見る
日本スタイルの漫画の描き方に興味津々。

中には
自分の描いた漫画を持って来てくれた人もいて
どこの国にも漫画を描くのが
好きなヤツがいるんだなぁと思った。

IMG_5089IMG_5090

 

 

 

「シミズサン、
サッキハ2時間ッテ言ッタンデスガ

6時マデェ、

ダイジョウブデスカ?」

 
無理っ!!!!

 

 

 

 

 

おれひとりのトークだったら
(日本語だったらどうにかなったかもしれんけど)
4時間も喋り続けるのは不可能だったろう。

 

でも、
漫画好きのロシアのみんなの
質問や興味の対象、
ロシアの漫画事情など

自分のもっている知識、情報を
フィードバックさせ合うことによって、
時間なんて関係ないものになっていた。

 

ロシアには漫画そのものがあまりないこと。

たったひとつの漫画関連の出版社がモスクワにあって
ハバロフスクとのリアルタイムの共有ができてないこと。

日本の紙媒体の翻訳された漫画は値段が高いこと。

 

 

“Manga is a tool.
You can make them understand something easily.
And make them interested,entertained,surprised…”

 

かっちょよく英語は使いこなせないけど、
おれが言いたいのはそういうこと。

別に日本のスタイルが
一番良いわけじゃないんだぜ?

IMG_5106IMG_5103

 

 

 

イベントそのものは
6時までは開かれなかったものの、
(いつもは大橋さんのお茶会なんだって!)

6ページのショートストーリーを
一人が1ページを担当して描いていく

「マンガ・ジャムセッション」

が企画された。

 

 

シミの担当は1ページ目。

インターネット上で出会った2人が
初めてのデートをする…
というページを
ホステルのめちゃくちゃ高いテーブルと椅子に
かじりついて描きあげた。

(次のページでコメディあり、ファンタジーあり、
ラブロマンスありのストーリーになっていくのだ!)

IMG_5017

おれは明日の夜、ここをここを発つけど
みんなの漫画が合わさるのが楽しみだ。

 

 

 

 

 

イベントが終わって、

今日は十数人のロシア人が
集まってくれたんだけど、

 

 

ビタリィの

顔の広さというか、

人望の厚さというか、

人徳というか、

 

彼の器のデカさに関心した。

 

 

日本で同じ様なイベントを開いたとしても
おれは人を集められる自信ないよ。

2日前に企画したのに
こんなに人が集まってくれるなんて
すごいヤツだったんだね。

ごめん、2日前は変に疑って。

 

 

そんなことをビタリィに伝えたら

 

 

「人ニ親切ニスルコトデスカネ…」

 

 

とポソリと言った。

 

 

 

ハバロフスクには
マイペースでチャラいけど
こんなに良いヤツがいます。

大橋さんっていう相棒と
一緒に仕事をしている23歳の青年。

IMG_5101

 

なんだかハバロフスクの街が
急に好きになったよ。

 

 

 

 

 

ホステルで
自分の担当ページを描いていると、

誰かが突然僕の肩を叩いた。

 

 

「Hey!

I’m Jason!!!」

IMG_5110

 

って!

ジェイソン!!?

 

えぇぇぇえええ!!!?

IMG_5095

 

 

ハバロフスクには来ないって言ってたじゃん!

 

 

 

Jasonは上海の近くに住む中国人。
おれと同じく世界一周の旅に出てるんだ。
出発したタイミングもほぼ一緒。

この前カウチサーフィンのスレッドで
ウラジオストクのホストを
お互い探してたんだけど、

お互い見つけられず終いで
ウラジオストクではタイミングが合わずに
すれちがい。

ルートはウラジオストク以降で違った。

 

 

「どこかで会えたら面白いね!」

 

とか言ってたんだけど、

まさかここで出会えるとはね。

 

ちょっと感動しちゃったよ。

 

 

 

今、僕の後ろのテーブルで
ロシアンカジノが開幕中です。

IMG_5111

 

Jason、カモられんなよw。

 

——————————
世界一周ブログランキングに参戦中です。

漫画のワークショップが開けたら面白いだろうな
と考えていた矢先に叶いました!
英語でのクラスは骨が折れましたが、

やっぱり
人と会うことはとても楽しく
そして素晴らしいことだと思います。

そんな僕に共感して下さる方がいらっしゃたら
ポチしてくださいな。
今日も読んでくれてありがとう。

ロシア、来てみるとすごい温かいところです。

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★スマホ用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


「ロシアの漫画教室」” への2件のコメント

  1. なんだこれ!神回だな!
    すてきなことが続きすぎて、いつかどんな不幸なことがくるんだろうかと
    怖くなるわ!w
    うそうそ!いい感じだね!
    国境も人種の壁もぶちこわせ!
    こちらも学ぶこと多し。
    日本の常識が世界の常識ではないことを痛感させられるよ。

    • こうたつくんの言う通りの出来事が起こっちゃったよ!

      まったくもってその通り。
      いい事ばかりじゃないね。

      でも、それが旅なんだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>