「Macは保証期間内。nudie jeansはジャストフィット。あれ?この間まで僕って運が悪かったんじゃなかったっけ?」

世界一周430日目(9/1)

 

もう朝早くに
移動することもない。

IMG_4657

 

 

 

 

僕はやっとベルリンにやって来たのだ。

 

 

 

ここでアイツを待たなくちゃいけない。

約束の日は5日の金曜日

ということは、ベルリンで
4日野宿しなくちゃいけないってことか。

だか、その4日間を
何もせずにすごすわけではない。

僕にはやらなくちゃいけないことがある。

IMG_4658

 

 

 

 

 

まず
MacBook Proの修理だ。

 

 

最近僕の愛用のMacちゃんがご機嫌斜めで

「Wi-Fi ハードウェアなし」

とか言って、僕に心を開いてくれないのだ。

色々と彼女の機嫌を直す方法を
ネットで(iPhoneを使って)探し出し、
試してみたいのだが、
彼女の機嫌が直ることがなかった。

思えば一年以上もサブバッグに
コイツを入れて旅をしてきたもんな。

ガタがくる時期なのかもしれない。

ちなみに保険は外部からの要因で
故障されたことが証明できればカバーされるそう。

 

 

ベルリンにはAppleストアがある
今日はそこに行ってみることにしよう。

修理に数日はかかるだろうから、
良い日程消化にはなるはずだ。

 
ホームレスやっておいて
パソコンなんて持っているなんて
随分と生意気だと思う。

しかもブログはパソコンからじゃないと
書けないっていう、なんたる贅沢。

スマートフォンでブログを
更新されている方々には頭が上がらない。

だって、iPhoneのバッテリーって
消耗するの早くないですか?
ずっとiPhoneで日記書いてたら、
一日にどれくらいバッテリー消費するんだろう?

ポータブルバッテリーがなけりゃ
やっていけないだろうな。

 

 

 

 

 

 

僕は前日調べておいたストアの住所を
マップアプリと照らし合わせて
歩いてそこまで向かった。

IMG_4660

 

 

 

アップルストアの近くは
新宿のような感じがした。

ちょっとバックパッカーには似合わなさそうな。

IMG_4663

 

 

 

アップルストアは日本の
渋谷にあるものよりもずっと大きかった。

月曜日の朝10時だと言うのに、
お客さんが何人もいる。

IMG_4666 IMG_4665

 

 

 

スタッフの人に訊いて、
MacBook Proの列に僕も並んだ。

スタッフさんはApple製品を手に
一人一人に予約があるかどうかを
尋ねて回っている。

 

 

もちろん僕に
予約なんてする余裕はなかった。

ヒッチハイクもうまくいくかなんてわからないし、
まぁ、朝から行けばその日中に
受け付けてもらえるだとうと思ったのだ。

 

 

 

僕の順番がまわってきてお兄さんは
「リザーベーションはありますか」と尋ねた。
僕は「ないです」と言った。

 

 

「それでは、
予約可能な最短の日は
来週の月曜日ですね」

はっ??!!!
一週間後!!??

 

 

どんだけApple製品の需要あるんだよ!
マジで信ジランネェ…。

 

 

 

「えっ!ちょっと待って下さい!
僕は旅をしているんです。
ここに住んでるわけじゃないんです。

どうにかなりませんか?
一週間も滞在するなんてできません」

 

 

スタッフのお兄さんは困ったような顔で言った。

「う~ん。
予約が無ければダメなんだよ。
ここじゃなくても、
別の場所なら修理してもらえるかもよ?」

マジかーーーー…。

 

 

だいたい
修理に3万円くらいかかる
らしい。

もう最近、アホみたいに
お金がすっとんでいく。

 

 

はぁ…、でもパソコンないとなぁ…

調べものとかするときも
断然パソコンがあったほうがやりやすいし、
ブログも書けない。

くっ、ここは背に腹は代えられないか…。

 

 

 

 

修理できる場所を訊き、僕はそこに向かった。

最近歩きっぱなしで、
右脚の筋だか筋肉だかが
ピンピンに張りつめている。

そんな脚をかばうように
ベルリンの街を歩いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

「GRAVIS」

と書かれた大きなビル。

パソコンを修理できる場所は
Apple製品を扱う綺麗なショップだった。

 

店員のお姉さんに整理券を発券してもらい、
僕は順番を待った。

IMG_4667 IMG_4668

 

 

 

 

自分の番が回って来て、
パソコンが修理できるか尋ねた

早口で英語を喋る、眼鏡をかけた
小顔のスタッフが僕の対応をしてくれた。

 

 

「はぁ、なるほど。
それで、あなたのパソコンは
保証期間内なんですか?」

「えっ?いやー、あのー、
たぶん切れてると思います。」

 

 

僕はこのパソコンを大学卒業目前の
2012年に買った。

確かその時に、勧められて
長めに保証期間をとったが、
確か1年ちょっととかそんなんだった。

カタカタとフォームを埋めて、
僕の保証が適応されるのを勝手に調べだすスタッフ。

まぁ、無理だと思うけどー…

 

 

「保証ー、適応されますね。
2015年の3月までになってますよ」

ってなんですとぉぉぉおおおーーーーーーー!!!!

 

 

思わずガッツポーズ、
隣りに並んでいたカップルがニコっと笑った。

ってマジかーーー!
保証されるっておれはなんて
ラッキーじゃあないかぁああああーーー!

 

 

「あ、ありがとうございます!」

「2、3日には修理は
終わると思いますので」

僕の喜びなんてそっちのけで、
スタッフは淡々と仕事を終えた。

 

 

僕は一人祝杯を上げるため、
店内の二階にあるカフェで
カプチーノを飲みながらノートに漫画を描いた。

IMG_4675 IMG_4674 IMG_4681

 

 

 

 

 

 

よし。一番の不安要因は消え去った!

そしたらもう
あそこに行くっきゃないでしょう!

 

 

ベルリンに着たら行きたかった場所。

 

 

nudie jeansの
リペアショップだ。

注)マジこっからは僕がいかに
このブランドが好きかをアツく語るブログになるので、
まぁ、読飛ばしてください。
っていつもとかわらないか。

 

 

 

 

 

日本にいる時から穿き続けて、
1年7ヶ月愛用した僕のnudie jeans

本社のあるスウェーデン、
ヨーテボルグに連れて行こうと
心に決めていたっていうのに、
アイツはチェコでバックパックごと盗まれてしまった。

アイツの遺恨を次がなくちゃならない。

リペアショップは
なにも破れてしまったジーンズを修理するだけじゃない。
もちろん新品だって帰るし、
セカンドハンド(中古)のジーンズも手に入るのだ。

 

 

ここで新しいジーンズを買って
スウェーデンに行くのは何か違う。

僕は誰かの「想い」が詰まったジーンズを引き継いで
スウェーデンの本社へと行きたいと考えた。

 

 

 

 

時間はある。

徒歩でリペアショップまで向かった。

IMG_4684 IMG_4686 IMG_4687

 

 

 

 

リペアショップは
ほんとうにひっそりとした場所にある。

IMG_4698

 

 

 

マンションの中庭へ行くためには、
工事現場を通り抜けなければならなかった。

一応、建物の前に看板は立っているのだが、
事前に調べておかなければ
ここにリペアショップがあるだなんて
分からないだろう。

まだオープンして一年も経っていないらしい。

IMG_4693

 

 

 

昨日は日曜日ということもあり、
お店は閉まり電気は消えていた。

工事現場を通り抜けると、今日は店内は明るい。

顔のニヤケを抑えられないまま店内に入った。

まず目についたのは修理台だった。

IMG_4688

 

 

 

ピアスとタトゥーだらけのパンクな兄さんが
裁縫用のハサミを使ってジーンズを修理している。

 

 

「ハーイ!」

と声をかけた。

僕はいかにこのブランドが好きかを
誰かに聞いてほしくてたまらなかった。

だって日本にいる誰も僕の気持ちになんて、
これっぽっちも共感してくれないから。

相棒ですら「へ~」って上の空だし!

 

 

5分間くらい自分のnudie jeansに対する愛を
プレゼンしたのだが、お兄さんは

そこそこに
興味があるくらいのリアクション
しかしてくれなかった。

IMG_4696

「フ〜ン。それは大変だったねー」

 

 

 

あぁ!もう!

なんでここにあの履きつぶした
ジーンズがねえんだ!
くっそ!もどかしい!

 

 

 

「ーというわけでね、
新しいジーンズを買いに来たんだよ」

オープンしたばかりのリペアショップには
そこまで中古のジーンズは置いてなかった。

ここに履きつぶしたnudie jeansを持ってくれば、
それと引き換えに20%の割引で
新しいものを代えるらしい。

並べられたジーンズには、
修理の跡の目立つボロボロのものから、

『これまだ全然穿けるじゃん!』
っていうくらい綺麗なジーンズが置いてあった。

 

 

そこで僕が見つけたのは、
オーガニックコットンを使った、
Average Joeという型。

 

 

 

 

『これだ!』

IMG_4691

 

 

 

ディズニー映画の主人公が
岩に刺さったサーベルを引き抜くあの感じ。

ハリー・ポッターが魔法の杖を
手に取ったあの感覚とも言える。

 

 

文句なしにジャストサイズだった。

ウエスト30インチ。
タグには「6months,one wash」と書かれていた。

6ヶ月間穿いて、
一度だけしか洗濯していないってことだ。

にもかかわらず全然色あせていなかった。

そして気になる値段は40ユーロ。約6,000円。
日本で買ったら19,000円するやつがだぜ?

きっと以前の持ち主は、
期待していたような色落ちが出ずに、
新しいのと引き換えにこれを置いていったのだろう。

 

 

ジーンズはすぐには買わずに、
試着したまましばらく店内でブラブラしていた。

どれだけこのジーンズが僕に馴染んでくれるか。

ベルトをしないといくぶんか心もとなかったが、
ベルトはスケーター用の20ドルくらいの
ガチャベルトをまた新しく買えばいい。

 

 

かなり迷惑な客なことは十分承知。

だって、これは僕の旅の仲間を
増やす大事な局面なんだから!

スタッフのお兄さんに修理キットが
余っていたらもらえないだろうかと尋ねると、
お兄さんは2セット分の生地が詰まった
リペアキットを僕にくれてた。

店内にいたもう一人の年配のスタッフは、
最初のうちは僕をめんどくさそうな顔で
見ていたのだが、ジーンズを買うのを見届けると、
僕にトートバッグをプレゼントしてくれた。

 

 

想いは伝わる!

またよろしくね!nudie!!!

IMG_4699

 

 

 

 

 

そのまま僕はショッピングモールで
スケートボーダーがつける様な
汗で痛まないベルトを
クレジットカードを切って手に入れた。

IMG_4700 IMG_4701

「ウチに着くまでが旅だからね!」
たぶんそう言ってるに違いない。

 

 

 

最近クレジットカード使いまくりだけど、

こういうのはノリと気分だ。

気持ちよく旅できねえんじゃ意見ねえよ!

 

 

 

今まで、必要以上に節約してきたけど、
これで僕の帰国が早まったことだろう。

物欲を満たし切ると、(いや、まだまだ満ちてねえ)
僕は駅のアーケードでバスキングを始めた。

買ったばかりのギターを鳴らしたいってのもあった。

IMG_4702

 

 

 

 

外は気づいたら雨がパラパラと降り出していた。

こんな湿った空気の中じゃ誰も財布を抜かないだろう。
これは自己満足みたいなもの。

 

 

できるだけ、顔を上げる。

目があったら、笑い返す。

 

 

自分が楽しくなくちゃ意味が無い。

1時間ほど唄って、自転車に乗った
日本人らしき男性が
僕のことを見ているのに気がついた。

近づいてきて話しかけて来てくれた。

 

 

「日本人の方ですよね?
旅してるんですか?」

IMG_4706

 

 

というところから話は始まり、

「え!大学4年生!!??年上かと思った!
てか釣りしながら世界を旅してるって面白ぉぉおおお!!!」

とテンションが上がった僕はー、

 

 

 

気がついたら彼の泊まっている
ホステルのロビーで発泡酒を飲みながら、
日本語の喋れる医大生スイス人を交えて
楽しいひと時を過ごしていた。

IMG_4707

 

 

 

 

深夜1時。外は相変わらず雨。

もちろん僕はホステルなんかに泊まらない。

「じゃあ、おやすみなさーい」と
旅する釣り人とハイスペックなスイス人は
自分たちのドミトリーへと引き上げて行く。

 

 

 

僕は雨の中公園でテントを立てた。

はー、9月5日までまだ遠いぜ…。

—————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

こういうことにアツくなってしまうのが男の子なのかもしれません。
小学校の時に普段は冴えないけど、
特定のカテゴリーに饒舌になつ子、いませんでしたか??

それってー、オタクとも言われてたりしますが、
僕は純粋にこのブランドが好きなだけなんだよぉ~~~!
わかって~~~!

 

 

愛は伝わらないものです。
韓国ドラマみたいに。

 

 

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★Facebookページ「旅する漫画家」も
よろしくお願いします。

★Twitterもね!「Indianlion45」


「Macは保証期間内。nudie jeansはジャストフィット。あれ?この間まで僕って運が悪かったんじゃなかったっけ?」” への4件のコメント

  1. 俺もヌーディー好きで良くはいてるな〜

    thin finnがカッコイイ!
    ヌーディーをはいてるって知って親近感わいた〜

    いいな〜そこの店行きたいな

    • >まゆげさん

      僕も初めて買ったのThin Finです!!

      あのスキニーな感じと、
      ちょっと腰履きっぽくなるところが
      カッコいい!

      そう思って買ったのですが…、
      広告のようには穿きこなせなくて、
      結局は足の短い大学生でした笑。

      ちなみにご本家、スウェーデンの
      イェーテボリにも本店が2店舗あります。

      誰か僕より先に行っていないか
      あれこれブログを探したんですけど、
      あまりなかったり、『期待はずれだった』
      みたいなレビューが多かったですね。

      最新の商品がぶわっと置いてあったのですが、
      僕としてはちょっと昔のヤツも
      置いておいて欲しかったです。

      直前までカーキ・レギュラー買おうかなって
      迷ってましたもん。

  2. 「へ~」って上の空だった相棒は、今では2着所有してるよーん笑。

    • >まお

      えっ!!?
      Tight long Johnだけじゃなかったの?

      人とは分からないものですね。

      うん。
      じゃあ六ヶ月後にもう一着行ってみようか笑?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>