「フエで振るわす6弦」

世界一周61日目(8/28)

 

 

「はいはい
それじゃありがとね〜!
さよなら〜!
バイバ〜イ!」

 

これでようやく厄介者を
追い出せるとでも言わんばかりに
ホテルのお姉さんに
僕はバスに乗せられた。

 

夜通し大音量で
ベトナム音楽がかかるバスの中で

いつも肌身離さず持ってるいる
サブバッグが自分に割り当てられた
寝台に収まりきらず、

枕代わりにして
夜を明かした。

IMG_8399

 

中に入っている一眼レフやら
本やらゴツゴツしたもののせいで
安眠することはできなかった。

 

 

 

 

そしてやって来たのは

フエ。

IMG_8429

 

日本で言う、
京都、奈良的な街らしい。

 

 

僕は5ドルの部屋があると言ってきた
客引きのあんちゃんのバイクに
二人乗りし、

とりあえずは今晩の宿を確保した。

IMG_8402

 

 

あんちゃんは
一日で街をまわれるツアーを
熱心に僕に勧めてきたが

僕は節約するために断った。
もちろん
先日ボられたことを言い訳にすると
あんちゃんは残念そうな顔で
退き下がってくれた。

 

僕はレセプッションで
明日のホイアン行きの
バスのチケットを7ドルで購入し、

さっそく町に繰り出した。

 

 

 

 

IMG_8436

観光地化し、
欧米人で溢れ
ひっきりなしにバイクが行き交う
ハノイと比べると
フエの街はいくぶんか
落ち着いた印象を受けた。

 

Googleマップを頼りに
まずは駅へと向かう。

 

 

 

 

 

ボられてないか
確かめるためだ。

 

 

いやはや
ここまで行くと
疑心暗鬼ですね。

 

『もしかしたらホイアンまで
もっと安く行けたんじゃねえか?』

 

自分の足を使って
確かめるのも重要だ。

だって!
だって、ここは

戦場なんだから!

 

 

 

 

持ってきたPennyBoardで
バイクのクラクションに
ビビリながらも車道を飛ばし、
駅に到着すると

僕は運賃表を探した。

IMG_8407

 

 

だが、見たところ
ホイアンの文字は見えない。

 

親切なおっちゃんが言うには
フエからホイアンに電車で行くためには
ダナンと言う駅からタクシーを
使わなくてはならないらしい。

だから、バスの方が安いのだと
僕に教えてくれた。

 

 

 

ボられていないことに安心した僕は
近くのカフェで
1万5千ドン(69yen)のアイスコーヒーを注文し、
もちろん練乳入りだ
持ってきたMartin BackPackerで作曲をした。

IMG_8414

 

 

列車が駅に到着すると
乗客やタクシーの客引きたちで
駅はにぎわうが、

それが過ぎ去ってしまうと
のんびりとした空気に変わる。

 

しばらく気持ちよく歌っていると
さっき僕にホイアンへのアクセスを
教えてくれたおっちゃんが
やって来て、

にっこり僕に向かって親指を立てたあと、
細長いタバコを僕にくれた。

 

「これ、日本製なのかい?」

 

「いや、メイドイン・メキシコだよ。
すげえボロギターだけどね」

 

ベトナム人の英語は
時々何言ってるかわからないんだけど
そんな感じのやりとりをした。

 

 

「どっかでコイツを
修理したいんだけどさ、

いい場所ないかな?」

 

 

「何を言っているんだ?

そんな必要はないだろう?

 

音楽を奏でるのは
お前さんの

『手』であって、

『ハート』であって、

『ソウル』だからさ。

 

つまり、

お前さんは
どこにいても
音楽が奏でられる
ってことだ」

IMG_8422

 

 

おっちゃんの言ったことは
すごい詩的だった。

 

なんだろう?

 

ここで話したのは
僕がギターを弾くことだったのに
おっちゃんの言葉は
普遍的なことのように思えた。

 

持ってきた山盛りの装備品や
1年4ヶ月かけて貯めたお金。

ペンとインクと200枚の原稿用紙。

PennyBoardにMartin Backpacker…

 

自分の持っている物に
固執しがちだけど、

 

大事なのは物じゃない。

 

僕が
世界を
旅することだ。

IMG_8425

 

 

 

 

 

1時間ほど
カフェに居座った後、
僕は町歩きを再開した。

 

川を渡ると城壁が見えた。

IMG_8431

 

 

 

IMG_8441

中に入ると
街はまた違った姿を
僕に見せてくれた。

壁内といことで道幅は狭くなり、
通りによって交通量が異なる。
緑が多く、道端ではサトウキビのジュースが
売られている。

IMG_8444

 

 

 

「バカ!」

 

 

突然、カフェで暇そうに
コーヒーを飲んでいるおっちゃんたちに
声をかけられた。

IMG_8453

 

 

 

えっ?
もちろんそれは
シミさんに向かって
言ってるんですよね?

よくわかりましたね。

 

 

 

『からんできたことを
後悔させてやるぞ!』

 

と言わんばかりに
僕はギターを取り出し
お気に入りのCARAVANの歌を
思う存分歌うと、

お店の人が僕に
アイスコーヒーをもちろん練乳入り!
出してくれた。

 

本日2本目のアイスコーヒー。

 

親父ゆずりの甘党の僕は
断る姿勢を見せつつも
しっかりアイスコーヒーで
喉を潤し、

今度は得意げにハーモニカも披露した。

 

 

 

歌うことに疲れると
僕はカフェのおっちゃんたちに
別れを告げ、

フエの壁内の散策を再開した。

IMG_8465

 

壁内には池があって、水路があった。

IMG_8455 IMG_8462

 

歴史を感じさせる街だ。

 

 

 

 

 

 

壁のすぐ外
フォーを食べた時、
バッグにハーモニカが
入っていないことに気がついた。

IMG_8476

 

 

ヤバい!

あれは僕が旅立つ前
相棒のまおくんからもらった
大事なハーモニカなんだ!

 

きっとカフェに
忘れてしまったに違いない!
道路のサイドに目を配りながら
来た道を辿って、

方向音痴の僕は
奇跡的にさっきのカフェに
戻ってくることができた。

 

 

「ハア、ハア…

あのさぁ、
さっきここにハーモニカ
落ちてなかったかなぁ?」

 

すると
お店の人が
半ギレ気味でこう言った。

 

「はあ?

何寝ぼけたこと言ってんだよ?
お前さっき、
自分でバッグに入れてたじゃないか!」

 

 

 

いや、別に
疑ってるわけじゃないんだけど…

 

「ごめん、
もしかして置き忘れちゃったんじゃ
ないかなと思ってさ。」

 

お店の人は
自分にハーモニカを盗んだ容疑が
かけられていると勘違いしたのだろうか?

 

僕だって
彼が盗んだなんてこれぽっちも
思っていなかった。

だって人のハーモニカなんて
盗っても意味ないでしょう?

 

 

 

 

ごめん、まおくん。
ハーモニカなくしちゃった。

あれ、すげえ役にたったんだぜ?

言葉は通じなくても
色んな人たちと仲良く慣れる
コミュニケーションツールだったのに…

 

 

 

 

僕は
すっかり元気を失くし
トボトボとホテルまで引き返した。

近くの川沿いで
沈む夕日に向かって

CARAVANの
『Feed Back』を弾いた。

IMG_5934

 

 

周りの人たちが
ニコニコして聴いてくれた。

 

 

そして、
最後のワンフレーズに
さしかかってー…

 

 

 

 

 

 

 

一弦が
切れた…

 

 

 

 

 

 

「ふああぁああああっっっっっく!!!!」

 

 

ちくしょー!
なんだってんだよ!?
おれが何をしたって言うんだ!?

って言うか
チャイナ!チャイナの弦ぞ!

一ヶ月ももたんかった!

 

 

はぁ…
もう、おうち帰ろうかな…

 

 

 

 

僕のギターを聴きながら
釣りをしていたおっちゃんが
僕の方までやってきてこう言った。

 

「いや!
まだ行ける!」

 

根性と気合いで
切れた弦をわっかにして
ピンに固定し、
慎重に弦を張っていく。

 

「お、おっちゃん…」

 

「あと少しだー…」

 

 

 

 

 

 

 

 

「ペーーーーーーンッ!!!」

 

 

 

無惨にも
切れる一弦。

 

 

 

「楽器屋、
すぐそこなんだけどー…
行くか?

バイクに乗せてってやるよ…?」

 

「い、いいんすか!?」

 

 

HONDAのバイクに股がり、
僕たちはフエの路上を走り出す。

 

ベトナムでのバイクの二人乗りが
妙に楽しかった!

バイクは風を切り、
僕は叫んだ。

 

 

 

 

「I WILL GET STRRRRRRNG!!!」

IMG_5938

 

 

 

歩くとあんなに時間のかかった距離が
バイクだとあっという間だった。

お店の人に手際よく
弦を交換してもらったあと、
僕たちは
再び元の場所に戻り、

IMG_5941

 

 

街の明かりが
ゆらゆらと反射する
フエの川沿いでギターを弾いた。

IMG_5940

 

 

—————————————
世界一周ブログランキングに参戦しております。

 

この後

「おれにも弾かせてくれない?」

ってやってきたヤツが
一緒にいた彼女に向かって

 

「I love you baab〜♪」

って

「CAN’t TAKE MY EYES OFF YOU」
(「君の瞳に恋してる」)

を歌った時は
僕も思わずソイツに恋しちゃいそうになりました!

フエの川沿いは
かなりロマンチックです。

 

ハーモニカ…
なくしちゃったけどね…

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★スマホ用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!