「右手に持ったPennyが重い」

世界一周62日目(8/29)

 

ホイアンに
やって来たのは
旅先で出会った人たちや
ベトナムを旅したことのある友達が
おススメしてくれたからだ。

 

ガイドブックでは
何も調べていなかったし、
ここに何があるのかも
分からなかった。

 

 

昼過ぎにオープンバスは
ホイアンのバスターミナルに到着した。

IMG_8504

 

 

周りの旅行者たちは
ターミナルで待ち構えていた
バイタクやタクシーに連れられて
自分たちの予約した宿へ散っていった。

IMG_8505
ターミナルに一人残された僕は
とりあえず
ベンチに腰を下ろし、
タバコを一本吸ったあと、

ギターが壊れていないか
だって乱暴にバスの下にぶち込まれてたんだもん
確かめるために数曲弾いた。

客引きのおっちゃんたちは
あらかた勝負を決め終え、
運転手といっしょに
ベンチに座ってくつろいでいる。

IMG_8507

 

 

さっきまでターゲットを僕に絞っていた
バイタクのおっちゃんの話では

 

「街の中心地まで
けっこうあるぞ!

おれが連れてってやる!
チープ!チープ!」

 

らしい。

オフラインのマップからして
歩けない距離じゃないと思うんだよな。

 

バスの運転手さんに
宿のかたまっている場所を聞き出し
僕は重たいバックパックを背負って
ホイアンの路上に出た。

 

 

 

 

 

この街は
どこかのどやかな空気が流れる。

IMG_8519

 

 

夏の太陽が照りつける中、
子供たちは校庭ではしゃぎ、

露天のおばちゃんたちは
木陰でおしゃべりをし、

バイタクのおっちゃんたちは
暇そうにタバコを吹かす。

 

 

目測通り、
宿は近い場所にあった。

もはやベトナムのふっかけ具合に
可愛さすら感じなくもない。

決して油断してるわけじゃないけど、
手口が分かっていれば
ある程度対策も立てられるし、
彼らとのやりとりにも余裕が出てくる。

 

 

中国で馴染みがあった
ユースホステルの看板を見つけて
僕はチェックインした。

一晩6ドル。
ユース会員は朝に無料のコーヒーが飲める。

 

 

自分に割り当てられたベッドの脇に
荷物を置いた後、

ためこんだ洗濯物を
シャワーを浴びるついでに洗濯した。
僕はいつもシャワーを浴びる時に洗濯をする

 

さて、
このホステルに屋上はあるのだろうか?

 

「洗濯物干したいんだけど、
屋上へはどうやっていけばいいのかなぁ?」

 

「?

そんなもんなわいよ」

 

面倒くさそうに
ホステルのおばちゃんは言う。

 

オイオイ。
こんな天気がいいのに
室内干しかよ?

 

 

僕は洗濯物を
Scrubba Wash Bagに入れ、
どこか干すのに最適な場所を探した。

見つけたのは
貸し自転車場。

ここなら乾くだろう。

IMG_8508

 

 

だけど、
洗濯物をそのままにして
町歩きに出ることに抵抗があった。

もしこれで
衣類が盗まれてしまったらどうしよう?

 

3年前に
初めての海外旅行で行ったインド。

安宿の屋上の日陰で
欧米人が本を読みながら
洗濯物が乾くのを待っていたシーンを
僕は思い出した。

 

これも旅の一コマだよな。

 

僕は洗濯物を
柵にかけたあと、
パラソルの下に腰をおろした。

向かいには
ちょっとリッチなホテルがあり、
旅行者が楽しそうに出入りしている。

そんな彼らを横目に
僕は何をするでもなく
ただ、ぼうっとしていた。

 

 

 

 

 

 

….、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

てか、
暑くないっすか!!?

IMG_8508

 

 

 

 

 

太陽に照りつけられ
熱を帯びたコンクリートは
僕のおしりを蒸らす。

 

あぢぃ…。

 

洗濯物番って
ほんとヒマだな…

この暑さじゃ本読む気にもなれいし、

しかたない
ギターでも弾こう。

 

 

手早く
宿に戻りギターを持ってくると
バイクの走行音にかき消されながらも
CARAVANの「CAMP」を練習した。

 

 

 

 

 

 

 

….。

 

 

 

 

 

 

てか
ヒマだな…

IMG_8508

 

 

 

『おれ、
ベトナムに来てまで
何やってるんだろう?』

 

ノービザで15日間の滞在
っていうリミットもあるのに
ここで何もせず、
ただぼうっとしてていいのか?

これで一日終わっちゃうの
すげえもったいないぞ?

 

 

 

 

 

 

1時間半もすると
空には大きな雲が群れをなし
洗濯物に太陽が届かなくなった。

僕は諦めて
生乾きの洗濯物を両手に抱え
ドミトリーの絶妙なとっかかりに紐を通し、
洗濯物を掛けた後

町歩きをすることにした。

 

 

 

 

ベトナムに来てから
それまで邪魔でしょうがなかった
PennyBoardを使う機会が増えた。

IMG_8517

 

バイクだらけのこの国では
道路がある程度舗装されているので
スケボーで街を移動することができる。

 

どんな国にも
スケートボーダーはいるけど
スケボーで移動している
旅人なんて
今のところ会ったことがない。

 

僕がホイアンの街を
Pennyで駆けると
みんな面白そうに見てくる。

僕は笑顔で返す。

 

 

 

 

途中スコールに遭ったので
近くのフォーの屋台で
早めの夕食を食べたあと、

IMG_8536

 

雨が弱まるのを見計らって
町歩きを再開した。

 

 

川を渡ると、
いっそうのどかな場所に
辿り着いた。

IMG_5948

 

 

イメージしていたベトナム。
ココナッツやバナナの木が生える中
田んぼが広がる。

IMG_5958

 

 

日が沈みかけて
夕焼けが綺麗だ。

IMG_5955

 

 

 

『なんかー…

いいな…

 

みんなこれを見て、
ホイアンが好きになるのかもな』

IMG_5953

 

 

そんな風にのんびり構えていたら
あっという間に日が暮れた。

IMG_8512

 

ここでは電灯も少なくまばらで
民家の明かりも
木々に遮られて通りが薄暗い。

 

 

 

 

そして
村のはずれにいる僕。

IMG_5960

 

 

 

デジャヴ!!?

このシチュエーション
モンゴルでも経験したかも〜!!!

 

 

夜になるのを
待っていましたとばかりに
吠えだす犬。

ベトナムの犬たちは
小型犬くらいのサイズで
愛嬌のあるヤツらばっかりなんだけど、

暗い夜道で
道端で遭遇するとマジで怖い。

ていうか
狂犬病怖い!

 

あれでしょ?
予防接種接種してても
24時間以内に病院で
ワクチン打って
もらわないと

アウト
なんでしょ?

 

犬怖ええええええええ!!!

 

 

 

 

僕はオフラインのマップを頼りに
命からがらベトナムの集落から逃げ出した。

 

途中なんて、もうジョッグ。

 

 

「やおおおぉおい!
やおいっ!」

 

 

とか言って
生田高校ハンドボール部
かけごえで怖さをぬぐい去る。

 

「ヘイ!
モーターサイコォ!

チープ!」

 

うさんくさそうなおっちゃんが
僕と並走して
ふっかけてくる。

 

 

そんな客引きがいるんだ。
ここまでくれば安心だろう。

泥水がたまるデコボコ道から
舗装された道に入った。

 

 

「I CAN RUN!!!」

 

 

体育会系の精神
バイタクの誘惑を振り切り

残された自分の先には
道路が延々と続いていた。

 

ビニール袋に入れ、
右手に抱えたPennyが重い。

 

 

ベトナムの夜は長い。

 

———————————-
世界一周ブログランキングに参戦しております。

おれはさぁ、

『世界を旅してる人はどんな風に
日々を過ごしているんだろう?』

って思ってたんだよね。

だから書くんです。

ガイドマップばりに詳しい情報を
書くブログではないので
間違えないでね!

今日も読んでくれて
ありがとう。

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★スマホ用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です