「さぶちゃん」

世界一周63日目(8/30)

 

「日本人の方
ですよね?

漫画描いてるから
声かけずにはいられませんでしたよ!」

 

 

漫画をホステルで描いていると
外国人には何度か
声をかけられてきたが

日本人に声をかけられたのは
初めてかもしれない。

 

 

髭のよく似合う長身のお兄さんが
僕に声をかけてきてくれた。

その旅慣れた風貌から
僕よりきっと年上に違いないと
推測した。

IMG_8678

 

 

一日違いでドミトリーに
やって来たお兄さんは

余分な荷物は一切なく、
メインのバックパックにサブバッグ
旅のスタイル。

枕の脇には
三島由紀夫の「金閣寺」。

バックパックには
誰もこじ開けられなさそうな
ゴツい錠がついていた。

昼頃、僕が町歩きから宿に戻ると
扇風機だけつけたままにして
欧米人たちは常にクーラーをつけている
大きい体を窮屈そうに丸めて
眠っていた。

IMG_8630IMG_8642IMG_8664

 

 

僕が一通り自己紹介を済ませると
お兄さんはこう言った。

 

「いやぁ、
よく実年齢より
上に見られるんですよ。

 

僕、
23っす。」

 

 

 

 

 

 

 

なんと!

 

 

 

 

 

母親似の僕は
実年齢より若く見られがちだが、

世の中には
年齢の先取り的な
歳の取り方をするヤツがいる。

 

「さぶ」ちゃん

 

もそのうちの一人だ。

 

 

 

話していくうちに分かったことは

彼は
去年大学を休学して
世界一周を成し遂げた
ヤツであり、

僕にとって貴重な旅の情報を
腐るほど持っている
ということだった。

そして
付け加えると
僕と同じ大学だった。

 

地球って
こんなに狭かったっけ?

 

 

 

 

 

『ホイアンでの
滞在は2日では
長かったかもしれないな』

IMG_8570

 

 

そう思っていた。

だけど、
なんだこの出会いは!

 

「出会い」に関して言うなら
僕はめちゃくちゃ運が良い。

今回も自分の未来に影響を与える
出会いだった。

 

 

二人で話していると
同じユースホテルに泊まっている
日本人の女子大生、

「ひぐちカッター」ちゃん

IMG_8679

 

 

 

 

 

….

 

 

 

 

 

じゃなかった。

 

「ヒグチ」ちゃん

IMG_8676

 

 

も加わって、
僕たちは一緒に晩ご飯を
食べることになったんだ。

 

 

 

 

さぶちゃんのリサーチにより
僕たちはホイアン名物
ラオカイの美味い店に
行くことにした。

IMG_8683 IMG_8684

IMG_8685
いつもは
屋台のフォーばかりだけど、
たまにはこういうのもいい。

IMG_8687

 

 

自分が今まさにやっている
「世界一周」という旅を経験した
さぶちゃんの話は
どれもこれも面白いものばかりだった。

 

年齢的には下だとしても
さぶちゃんは言ってみれば
僕の旅の先輩。

 

本来だったら
知らなくちゃいけないことや

旅のティップス。

さぶちゃんの経験した旅の話は

僕に耳を塞ぎたくなる様な
ネタバラし的なものには
全然聞こえなかった。

 

むしろ、授業だった。

お金があったら払ってもいい。

 

でも、
ボられて日が浅いから
今回は勘弁して欲しい笑。

 

 

 

僕は思った。

 

旅人たちはー…

このように出会い、

そして

お互いの情報を
アップデートしていくんだろう

 

と。

 

 

 

 

1年間の休学期間の中で
130万円で世界一周を
成し遂げたさぶちゃん。

 

ネパールからインドへ
ママチャリで旅した話や、

アルメニアで
美女に囲まれながら
3回もビザの延長し
1ヶ月も沈没した話。

エチオピアから
一日遅れで仲間を追いかけて
運命的に再開し、
彼らとの4ヶ月にも及ぶ
アフリカ縦断、
キリマンジャロ登頂の話。

 

 

 

さぶちゃん自身の旅の話の他に

 

マラリアの症状の話。
(一回「がっ!」と上がって
下がったと思ったら
再熱するとヤバいらしい)

保険の申請の話。
(保険屋さん=金子さんにお金払ったけど
使う際にどうすればいいのか
分からなかった…ヤヴァイね)

アフリカ縦断に
ドルがいること。
(ケニアなどドルでおろせるとこで
いっきにおろすとか)

 

 

 

 

自分の記憶を辿るように
今こうして、
さぶちゃんが僕たちに話してくれた
ことを書き連ねているけど、

この他にも
旅の話は沢山あった。

 

さぶちゃんの出会った
危険な旅人たちの話や、

旅人の持つ映画の話。

強いて言うなら
アワヤスカ。

 

 

もちろん僕たちが話したのは
旅のことだけじゃないんだけど。

 

 

ご飯を食べ終わると
僕たちはホイアンの夜景を見に行った。

IMG_8693 IMG_8550

 

 

灯籠流しの様に
紙の台座にろうそくを
取り付けてたものが売られている。

 

僕たちはお互いの旅が
上手く行くように願いを込めて
川に流した。

IMG_8691 IMG_8546

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソッコー
船に引っかかったけど…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜が更けると
僕たちは部屋に戻った。

 

昼間、

「ドミトリーに大家族が泊まる!」

とかいきなり言われて
僕たちはダブルルームに移動させられた。

 

ここぞとばかりに
僕はさぶちゃんに
いろいろ質問する。

 

そして
さぶちゃんと出会ったことで
僕の一番の収穫はー…

 

 

 

 

 

 

 

 

荷物を
仕分ける
ことだ。

 

 

 

 

「さぶちゃん、
これいるかなぁ?」

 

「いや、全然いらないっすよ!
てかなんでこんなの
持ってるんすか!?」

 

「これは?」

 

「いや、
僕は使ったことないですね」

 

「これはいらないよね?」

 

「いや、持っていられるなら
持っていた方がいいっすよ」

 

「マジ…?」

 

 

 

 

 

日本を出る前、
30キロ以上あった
僕のバックパック

ここまでの旅路の中で
ちょっとずつ減量していき、

 

そして
さぶちゃんとの仕分けにより
大分コンパクトになった。

 

PennyboardやMartin Back Packer
原稿用紙200枚は
まだ引き続き、僕と一緒に旅をする。

 

 

だが、
高城剛さんの影響で買ってしまった
エネループやソーラーパネル、
ワイヤレスキーボード、ドライヤー、
その他諸々

日本に送り返されることになったのだ。

 

 

 

サンキュー!さぶちゃん!
またどこかで!

IMG_5976

—————————————–
世界一周ブログランキングに参戦しております。

こういう出会いって
めちゃくちゃ大事じゃないですか?

さぶちゃんみたいな人たちに
色々と情報をもらって

僕たちは旅をしていくことが
できるんだと思います。

 

シミはまだまだ
旅人1年生。

だって3年前にインドにしか
行ったことがないんですから。

毎日が冒険で全てが新鮮です。

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★スマホ用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2 件のコメント

  • >れーな★ちゃんさん

    Pennyの次はサーフィンっすかぁ!
    かっけー!

    ボードとかウェアとかお金かかりますよねー。
    貧乏バックパッカーのおれには
    ちょっと敷居が高いかもです…

    レンタルとかもありますけどね。

    まぁ、
    ベトナムをPennyでクルージングして
    楽しく旅したいと思います。

  • さぶちゃんすごーい( ´ ▽ ` )ノ♫

    関係ないですが、ペニー乗りの私はサーフボードも昨日買ってしまい、昨日からサーフィンデビューしました( ´ ▽ ` )ノ

    毎週末サーフィン予定ですw

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です