「モンサンミシェル行きは16:45」

世界一周494日目(11/4)

 

 

まもなく
ヨーロッパに冬が訪れようとしている。

IMG_9731

 

 

 

連日降る雨は季節の変わり目に降る雨なのだろう。

宿をとらずに外で寝ている僕だが、
サバイバルシートがあるおかげで
なんとか生き抜くことができている。

撤収の時にサバイバルシートに発生した
結露を拭き取るのがめんどくさいけどね。

 

 

 

 

朝露で濡れたテントを乾かさないでしまった。

ここはフランス、レンヌ。
モンサンミッシェルへとアクセスできる町

 

 

昨日テントを張ったのは
マンションのすぐ目の前のの草むら。

テントから顔を出すと、
3階のベランダに出ている
お向かいさんと目があった。

フレンドリーに手を振ったのだが、
おもいっきし無視された。

そんなぁー…、傷つくなぁ。

 

 

まぁ、サクサク動きましょう。

長いし過ぎて警察を呼ばれない前にね。

 

 

 

 

 

 

モンサンミッシェルを見るのに、
自分の中で条件のようなものがあった。

 

 

「満潮になり、海に浮かぶ
モンサンミッシェルのシルエットが
夕日に照らし出される」

 

 

そんなシチュエーション。

今からモンサンミッシェルに行っても
時間を持て余すだけだろう。

午前中は日記でも描くことにしよう。

 

 

 

 

昨日の夜に行った
マクドナルドへ僕は向かった。

IMG_9736

 

 

 

いつものようにコーヒーだけ注文して、
テーブルに荷物を置くと、
トイレにささーっと髪を洗いに行く。

朝の時間帯は店内にほとんど人がいない。
トイレを利用する人もね。

 

 

12時になると店内は
お昼ご飯を食べに来る人たちで込み始めた。

テーブル席を一人で占有しているのも
気まずくないわけではない。

それに外を見るといい感じで人が歩いていた。
モンサンミッシェルに行く前に
バスキングしてもいいかもしれないな。

 

 

マクドナルドをあとにして外に出たが、
僕がやろうとしていたポジションには
既にクラリネットを持ったバスカーがいた。

目の前に置かれたケースには
そこまでコインが入っていない。

ここもそこまでレスポンスが
いいわけではないのかもしれないな。

 

 

 

僕は彼に
「1時間だけでいいから
ここでやっていいか」と尋ねてみた。

意外にも彼は
「どうぞ。やりたきゃやりな」と
すんなりオーケーしてくれた。

 

 

「じゃ、じゃあ、一時間だけ、ね?悪いね!」

そうお礼を言ってすぐに
ギターを取り出したのだが、
僕が準備している最中に
ソイツの演奏が始まった。

IMG_9743

あんにゃろう…!!!

 

 

 

 

「えーーーー…???」

クラリネットのヤツの顔を見たが、
僕のことなんて気に留めていない。

あぁ、そうかよ!
「やれるもんならやってみろ」ってか。

話し手も無駄だな。他行こっと。

 

 

 

 

ヤツの音が聞こえない位置まで離れると
僕は路上演奏を始めた。

人の通行量もよし。

近すぎず遠すぎず、
目の前の建物にいい感じで音が反響する。

 

 

 

聞いていた通り、フランス人の
レスポンスはよくないように思われた。

オランダやベルギーにくらべれば
圧倒的に素通りする人の数が多い。

そんな中でもポツポツと
レスポンスが入り始めると、
こっちも嬉しくなってノることができる。

IMG_9744

 

 

 

どこからともなく足を引きずった
浮浪者みたいなおっちゃんは、
コインを入れてくれると僕から離れた所に座り、
エアギターならぬエアドラムを披露してくれた。

ほとんどの人が素通りする昼下がりのレンヌ。

音は聞こえないけど、
おっちゃんとセッションするのが楽しかった。

IMG_9745

 

 

 

 

1時間ちょっとのバスキングで
16ユーロぐらいが集まった。

ここから食費としてはまずまず!

僕は食費さえ稼げればいいからね。
ありがとうございます。

さてと、そろそろ
モンサンミッシェルへと行こうとしよう。

 

 

 

僕はバスターミナルへと向かった。

時刻は14時過ぎ。

まぁ、一時間くらいで着いて、
中をブラブラして、夕日見て戻ってくる。完璧だ!

 

 

 

「すいませーん。
モンサンミッシェルまでのチケットください」

「次のバスは16時45分だよ。」

 

 

 

 

はっ???!!!

 

 

窓口のおじちゃんは
『行くんなら明日の方がいいんじゃない?』
みたな訊き方をしてくる。

うぅ~~~~…、
なんでこんなに本数が少ないんだよ?

でも、せっかくここまで来たんだ。買うよ!

 

 

 

時間まではサブウェイで
ノートに絵を描いて時間を過ごした。

IMG_9748

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バスターミナル
に戻る頃には空が
オレンジ色に染まっていた。

IMG_9750

 

 

 

今、モンサンミッシェルを見たら
さぞ綺麗だろうな。

IMG_9751

 

 

 

 

2番乗り場からやって来たバスに乗った。

モンサンミッシェル行きのバスに乗る乗客は
僕一人しかいなかった。

IMG_9752 IMG_9754

あぁ、日が沈むなぁ。

 

 

 

 

 

「モンサンミッシェル」と書かれた
停留所でバスは停まった。

だが、ここにはモンサンミッシェルはない。

ここから無料のシャトルバスが出ているというのだ。

IMG_9755

 

 

 

太陽は既に沈んでしまっていたが、
夜景も綺麗というので、
僕はシャトルバスに乗り込んだ。

この時間でもシャトルバスの中には
何人か観光客の姿があった。
中には途中のホテルで降りる人もいた。

 

 

 

 

シャトルバスを降りると
海からの風が強く吹き付けた。

パタゴニアの薄手のフリースを
凍てつく風が突き破る。
うぅ…。さみぃ~~~…。

 

 

 

 

闇夜にライトアップされる
モンサンミッシェル。

IMG_9757

 

 

 

おぉっ、これもこれでいいじゃない!

でもさみいっっっ!!!

 

 

一応、中にも入ってみたのだが、
行けるのは途中までだった。

IMG_9763 IMG_9770

 

 

 

 

一瞬ここで野宿しようかと考えたが、
僕はさっきのシャトルバス乗り場まで
戻ることにした。

シャトルバスの乗り場には大きな駐車場がある。
ここに車で来る人もいるんだろう。

どこかカフェのような場所で
時間をつぶせやしないかと付近を歩いてみたが
ここには特に何なかった。

シャトルバス案内の黄色い服を着たスタッフが
寒そうにしながらお喋りしている。

駐車場は広いため、
自転車に乗って見回りしているスタッフもいた。

 

 

 

やることもないし、今日はもう寝よう。

多きな駐車場の脇にある草むらにテントを張った。

 

 

さすがにこんな場所で襲われる心配は無い。

駐車場内にキャンピングカーが停まってたけど、
彼らは明日モンサンミッシェルを観るのだろう。

 

 

テントの中でパソコンを開くことにも抵抗はなかった。
日記を一本書くとテントの中でギターを弾いた。

風に吹かれて擦れる草木のざわめき。

時折やってくる車の走行音。

車が駐車場の前のカーブを
曲がるとライトがテントを照らした。

 

 

同じギターを弾いているのにも関わらず、
テントの中で弾いたギターの音は
今まで聞いたことのない音がした。

僕がドイツで買った三本目のギターは
エピフォンというメーカーの
ハミングバード」という名前のギター。

 

 

まさにね。いいギターだ。
150ユーロでセールだったけど。

IMG_9772

————————————————
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

150ユ0-ロかぁ~。もう元とったかもなぁ。
稼いでも食費に消えるんだけどね。

最近のんびり更新してます。
あれもしたいこれもしたいで、アップもおっつかないや。

まぁ久しぶりにバナーポチしてってよ。
しなくてもいいけどね。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントでレスポンスあると
『あぁ、おれのブログなんて読んでくれてるんだ』
って嬉しいです。

そっちのがいいかな?

 

 

今日も呼んでくれてありがとうね♪

★Facebookページ「旅する漫画家

★Twitter「Indianlion45」


2 件のコメント

  • モンサンミッシェルが見えるところで
    テントってロマンチックですね~。
    いつもは、宿に泊まって熟睡すればいいのに、
    なんて思っていますが今回ばかりは、
    ちょっと隅っこにいれてくれないか、
    って思いました。

    • >あっきーさん

      コメントありがとうございます♪

      でも、あの駐車場は
      今まで野宿してきた中で、
      かなり上位にランクインする
      ロケーションでした!

      あの場所なら
      僕も他の人にオススメできます!
      (しないですか…。残念)

      そして、もし仮に
      あそこで野宿していたとしたらー、
      きっと見つかってこっぴどく怒られて、

      最終的には日本人として
      かなり居心地の悪い思いを
      するはめになっただろうと思います(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「旅する漫画家」を目指す、清水陽介(シミ:24歳)の世界一周ブログです。