「元気を分けてもらう」

世界一周158日目(12/3)

 

また一人
ここの宿に日本人の方がやって来た。

12:3

 

「いやぁ、
タイなんて5年ぶりだよ!」

長髪を後ろで束ね、
動きやすそうな旅人パンツに

山小屋で仕事をしているのだろうか?
山荘の名前が入ったネイビーのTシャツ。

暑くないのだろうか?
その上にベストを合わせている。

目尻には人生の歴史を
感じさせるシワがあった。

 

 

 

 

軽快に喋るその人からは
どこか人好きする何かが感じられた。

 

 

 

なにやらインドビザを取得するために
ASOKまで行きたいらしい。

iPhoneやパソコンなどの
電子機器はひとつももっていないどころか
クレジットカードすら持っていないらしい。

「まぁ、なんとかなるっしょ!」
というお気楽な感じが僕を少し元気づけた。

 

 

 

さてと!
あと2日でインドへ出発だ。

 

仕入れた雑貨を
相棒のもとへちゃちゃっと郵送し、
(やっぱタイの方が安かった!)

IMG_7265 IMG_7268 IMG_7267

 

 

 

ここで手数料をかけずに
お金をおろしておきたいところだ。
インドのATM、ちょっと信用できないしね笑。

チェンマイでも使った

「キャッシュウィズドロー」

を使って
ここでもお金をおろすことにしよう。

 

 

 

 

 

僕はさっそくカオサンロードの近くにある
チェンマイで使ったのと同じ銀行に行ってみたのだが、

キャッシュウィズドローができるかと訊くと
饒舌な係員がよく分からない理由をつけて
お金をおろさせようとはしなかった。

 

でたよ!
手数料を稼ぎたいからって
変な理由つけて
ATMを使わせようとするんだ!

 

 

尋ねてもいないことを
ペラペラペラペラ喋るヤツは信じられない。

僕は窓口のお姉さんに訊いてみたのだが、
お姉さんは最初「はい。できますよ」と言った。

だが、横からさっきの
ペラペラ男が割り込んできたせいで
結局は「できない」ということにされてしまった。

 

 

 

チェンマイが親切だったのだろうか?

僕は他にも何件かあったってみたのだが、

 

何回もクレジットカードをスラッシュして
「読み込みができないから無理だ!」というヤツもいれば
あの時はカードのチップが擦れてしまったのか、かなりヒヤっとした。

用件を聞いた上でわざわざ窓口に並ばせておいて
「ピンコードを打ち込む機能が備わっておりませんので」
とかいう理由でお金をおろせないところもあった。

ってか、機能がついてなくて
お金がおろせないんなら並ばせんなっつーの!

 

 

 

 

諦めの悪い僕は4件目の銀行で
最初から「ピンコードを打ち込む機械があるか?」
と訊いてみたのだが、

お姉さんは「NO」と言う。

IMG_7271

 

 

「はぁ…
そうですか…
わかりました。ありがとうございました…」

と帰りかけた瞬間、

 

「お金おろすことができますよ」

とすぐ隣りのブースに座っていたお姉さんが
サラッと言った。

 

なにそのツンデレ的展開!!!

 

「あぁ、そんなお金のおろし方あったんですね」と
僕のを担当しているお姉さんは
さっそくどこかに電話をかけ始めた。

 

 

IMG_7276

「はい…
そうなんですよ。
日本人のバカが『お金をおろしたい』って
言ってきて。素直にATM使えっての!」

 

 

IMG_7274

「はは!それ超ウケますね。」

 

 

IMG_7275

「はぁ…今日お昼ご飯何食べようかな?」

 

 

3万円分までしかおろすことはできなかったが、
今回は書類を書くだけで
お金を手に入れることができた。

IMG_7278

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう3万円分
10,000バーツおろしておきたいところだ。

何やらAEONのATMでは
150バーツの手数料がかからないと聞いた。

僕はその真相を確かめるべく
2番のバスに乗り込み、
日系のお店が入るデパートへと向かった。

IMG_7281

 

 

 

 

赤と白のバスはバス代がかからない。
エアコン付きでも8バーツだ。

IMG_7311

 

 

こんな安上がりな交通手段があるのに
なんでタイの人はスカイラインとか使うんだろう?

IMG_7310IMG_7308

 

 

だが、そんな疑問も
バスに乗るうちにだんだんと分かってきた。

デモの影響を考慮しても、
タイの町の渋滞はひどい時がある。

IMG_7294 IMG_7293 IMG_7295

 

 

その上信号待ちなんかにひっかかっちゃうと
ちっとも前に進まない。

バスだって待っても来ない時もあれば
いつ着くかも分からない。

 

『電車を使ってる人は
時間を買っているんだ』

 

ちっとも進まないバス。
窓の外、道路の上を走るスカイラインの
高架下で僕はそんなことを思った。

IMG_7314

 

 

 

 

 

 

 

AEONのATMのある
日系のお店が入ったデパートで
無事お金をおろし、

IMG_7324

IMG_7316
(150バーツの手数料は
レシートに書いてなかったんだけど、
取られてないよね…?)

 

 

インドに行く前に
ギターの弦もセットで購入した。

IMG_7320IMG_7322

 

 

 

 

そして僕が向かった先は
ASOK駅前。

行きと同じ2番のバスに飛び乗り
沢山の人が歩いているのを見て
僕は『ここでやってみよう!』
と途中下車を決めた。

大型デパートの前、
警備員がまわりにいないことを確かめて
唄いだす。

ギターの音をかき消すような騒音は
ここまで届かない。

自分の出す音を聞きながら気持ちよくー…

IMG_7328

開始10分で
ストップがかかる。

 

 

うむ…
やぱっり難しいのかなぁ?

いやいや!
まだ諦めないぞ!

 

ASOK地下鉄駅へ向かう階段の脇。
今度はそこで唄った。

目の前には大きな道路が走る。
人通りはあるけど、
さっきの場所に比べたらうるさく
声届いているのか分からない。

唄いだしてすぐに
『場所を間違えたかな』
と思った。

3曲ぐらい唄って
レスポンスがなかったら他へ行こう。

 

だが、
じわじわとレスポンスが入るのだ。

『そろそろやめようかな?』
『次の一曲で終わりにしようか?』
と思っていても

まるでアマチュア歌手がプロを目指す番組で
審査員からパフォーマンスの時間延長を与えられる

そんな感じだった。

 

一緒に写真を撮ってレスポンスをくれて
去って行く人もいれば、

ちょっと離れたところで聴いていて
去り際に「グッド!」とか言って
レスポンスをくれる人もいた。

 

切り上げようと思った頃に
警備員からストップがかかった。

いやいや、
ここで楽しいひと時を過ごさせていただき
ありがとうございます。

 

 

 

ギターを抱えて帰ろうとすると
ASOKタワーの近くで
バスカー?

というかアーティスティックな集団にであった。

IMG_7340

 

 

ギターやタンバリン、手を叩いたり
お面をかぶって踊ったり、
体中にメッセージカードを貼付けて
カホンを叩くヤツ。

思わずからんでしまう僕。

IMG_7333よくわからないけど
ラップファイトをした笑。

 

デモが一部過激化しているのもあってか
彼らは「No Violence!」
と書いた紙が置いてあった。

一応、レスポンスを入れる箱があったので
僕は2バーツコインを入れて
一緒にStand by meを唄った。

この音楽の持つパワーはすごいよ。

IMG_7336

 

 

メンバーの女のコが描いた絵を
僕にくれた。

僕もおかえしに
即興でみんなの絵を描く。

IMG_7338

 

人類共通のコミュニケーション。
音楽と絵。

IMG_7339

 

 

 

そんな楽しいひと時を終えた僕の一日は
まだ終わらない。

IMG_7342 IMG_7345 IMG_7346 IMG_7350

 

 

前回もバスキングをやらせてもらった
デモの歩行者天国的な場所で
唄わせてもらった。

ここでもいい感じの感触だ。

IMG_7353

 

 

あぁ、カバーだけじゃなくて
もっと自分の歌を増やしたいな。

そんなことを思う今日この頃です。

 

誰かがね、
ちょっとだけ元気を分けてくれるんだ。

IMG_7285 IMG_7286

—————————————–
★世界一周ブログランキングに参戦しております!

落ち込んだ後の切り替えも大事です!

どうしても上がらない時もあるけど、
こうしてタイのみんなに
元気を分けてもらうこともあります。

タイなぁ…
いればいるほど好きになるよ♪

 

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★スマホ用☟
にほんブログ村 世界一周 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です