「ロシアの車窓から」

世界一周5日目(7月3日水曜)

 

覚めると
朝日が射しこんでいた。

IMG_4811

 

ウラジオストクに着いてからというもの
霧と雨ばかりだったが、
ここきてようやく晴れたのだ。

旅立ちには申し分ない。

 

ハバロフスクへの列車は
19時(モスクワ時間で12時)だったので
チェックアウトしたあと7時間は自由に動ける。

IMG_4813

 

内田さんから聞いた話なのだが、
一晩泊まったホテル(ホステル)なら
チェックアウトしたとしても
その日のだけなら荷物を預かってくれるらしい。

テントを捨てたとしても、
あのクソ重たいバックパックを背負って
町中歩き回らなくてもいいと考えると
気持ちが楽だ。

列車の出る7時前に取りにくることにしよう。

 

 

 

今日
漫画の製作ではなく、
外にPennyboardとギターを持って行った。

IMG_4814

 

ウラジオストクに着く前に
カウチサーフィンに登録し、
ホストの人たちとやりとりをしたのだが、

時間がなかったため
彼らの家に泊まることはできず、

せめてフリーな時間だけでも会いましょうと
メッセージが送られてきたのだ。

 

だから原稿用紙は必要ないね。

 

 

しかし、
キャリアとの契約を解消し、
フリーのWi-Fiに頼らざるえない僕のiPhoneで
彼らとコンタクトを取るのは
非常に困難だということが分かった。

チェックアウトを済ませると、
途端にWi-Fi難民だ。

 

おととい、
アスカさんたちの泊まっていたホテルが
フリーのWi-Fiだったのを思い出し、
ホテルの前でスカイプのメッセージを送った。

 

 

しかし、連絡がこない。

 

宿泊客じゃないのに
ホテルの前に突っ立ている気まずさもあって、
別の場所へWi-Fiを求めに。

 

 

ウラジオストク駅前にあるレーニン像の側で、
近くのカフェから漏れている
フリーのWi-Fiをキャッチした。

だが、未だに連絡はこない。

 

スカイプで連絡するよって言ったのになぁ…
仕事中なのかな?

 

 

 

昨日と打って変わって今日はかなり暑い。
日差しから逃れるために木陰に逃げ込む。

IMG_4819

 

僕はおもむろにギターを取り出した。

ここへくる前のフェリー以来、
コイツを弾いてない。

 

やっぱりここでギターを弾くと
悪徳警官がやってきてお金をせびりにくるのかな?
ストリートライブでお金稼ぐわけじゃないし、
いいよね….?

 

ちょっとビビりつつも
CARAVANの曲を思い出すように弾く。

 

 

 

 

「これ、お前のスケボーだろ?
ちょっと触っていいかい?」

IMG_4829

 

的な感じで僕に話しかけてきたのは

ロシアのスケートボーダーだった。

 

なんか僕より上手いのが気に喰わないが…
気の良いヤツだ。

IMG_4832

 

「やっぱり、やりにくいなぁ…」

 

と友達と合流して去って行った。

ロシアにもスケートボーダーはいるんだね。

 

 

 

 

カウチサーフィンのホストとは
一向に連絡がつかない。

何回もメッセージを送っているのだ、
しかたない。

きっと仕事が忙しいんだろう。

 

 

そうなると手持ち無沙汰だ。
ギターだけじゃ時間をつぶせない。
漫画を描く事にしよう。

IMG_4840

 

バックパックも背負い込んで
ホステルの横のカフェで
アメリカーノ(100rub/300yen)をすすりながら製作。

 

港町だから風がすごかった。
ちょっと気を抜くと紙がぶっ飛んで行くぞ!

背景を描き終えたので、
次回はベタ塗りに入ります。

 

 

 

 

ここから次の街、ハバロフスクへ。

IMG_4846

電車のホームは30分くらい前にならないと
どこのホームに停まるか分からないシステム。

IMG_4845

 

掲示板の前で確認。暑いぜ。

IMG_4848

 

 

 

 

 

今、
僕はハバロフスクへ向かう列車の
コンパートメントから
このブログを書いています。

IMG_4852

切符は1432rub(4296yen)。
12時間の列車の旅です。

 

 

まさか自分の目を通して

「世界の車窓から」

が見れるなんて思わなかったよ。

IMG_4862

 

こっちの車窓からは
あんなに綺麗な景色は見えないけど、
僕はこっちの方が好きだ。

自分にしか見れない自分だけの景色。

 

 

僕のバックパックはでか過ぎて、
車掌さんが

「上に乗せろ!」

的なことを言ってきます。
無理言うなよ…

 

ですが
ここで退いては日本男児の恥…!!!ですよね?

気合いで持ち上げました。

IMG_4857

 

腰が逝くかと思たよ。

 

隣のじいちゃんが
「おぉ!ストロング!」的なことを
言ってくれました。

それと、ご飯を買い忘れました。

12時間の断食です…。

ーーーーーーーーーーーー
世界一周ブログランキングに参加しています。
ポチして応援して下さい。

 

 ★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村
★スマホ用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 

列車に乗って歯を磨いてしまった後、
車内販売で食料が手に入る事が分かりました。
もういいです。
断食してやろうじゃないのさ!

今現在はハバロフスクのホステルに
汗だらだらで辿り着き
ブログの編集をしております。


2 件のコメント

  • やっぱり、レックスあげて正解だったね。ブログの良いマスコットになってる笑。引き続き良い旅を‼‼

    • レックスくんがいると写真にアジが出るよね!
      ありがとう。
      レックスくん、世界一周する。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「旅する漫画家」を目指す、清水陽介(シミ:24歳)の世界一周ブログです。