「HongKong」

世界一周44日目(8/11)

 

「なぁっ!

東莞の女とヤったの?
あぁ〜〜〜!
おれもトウカン行きたかったなぁ〜!!」

 

 

 

まさか初対面の旅人
そんなことを訊かれるとは
思わなかった。

 

僕はここである人と
待ち合わせをしていたのだが、

どうやらその人が
僕がトウカンからやって来ることを
言ったみたいだ。

 

 

「やぁ〜!

マジでヤバかったっすよ!

もう何がヤヴァイか
分かんないくらい

ヤヴァかったっす!!」

 

 

 

ここで

 

「いやぁ、
僕なんもやってないっすよ〜!」

 

なんて正直に言ったところで
相手は勘ぐって

 

「なに言い訳してんだよ!?

ヤったんだろ?
なっ?なっ?」

 

と返してくる事は分かっていた。

 

僕は相手と声のトーンを合わせ、
同じボリュームで言い返してやった。

 

 

 

「でっ?

どうだったんだ?」

 

 

 

このループから抜け出すには
どうしたらいいのでしょうか?

 

 

ていうか
そこまで有名なのかトウカン!?

っていうか
この人がエロいのか!?

 

 

 

 

 

 

ここは歴史ある日本人宿

 

ラッキーゲストハウス

IMG_7391

 

香港のジョーダン駅から
徒歩4分の距離にあるらしいのだが、

 

僕は案の定
この宿をなかなか見つけられないまま
猛暑の中汗だくになって、
何回も人に道を訊き
ようやく辿り着いたのだ。

IMG_7448
この日の朝、

僕はバスで国境の町、深圳まで行った。

 

IMG_7384

 

日曜日だということもあり、
中国から香港へ入る旅行者の数は
尋常じゃなかった。

 

 

その後
僕は外国人用のゲートから
出国/ 入国の手続きを済ませ、

元を5000円分くらい香港ドルに両替して

メトロに乗り込んだ。

IMG_7390

 

 

 

 

香港に入って急に
物価が上がったような気がする。

IMG_7468

 

今まで100円くらいで
安く食べる事のできたラーメンも
ここでは300円近くする。

 

 

 

道路には2階建てバスが走り、

街は日本の繁華街並みの人で
歩きずらさを感じ、

痰を吐く

 

 

「カァァアアァァ….

ペッ!!!」

 

 

っていう音は聞こえなくなった。

 

 

 

 

 

 

ここ香港に来て
行きたかった場所がある。

 

漫画博物館だ。

 

 

最近できたらしく
ここでは香港の漫画の歴史を
見る事ができるのだ。

IMG_7408

 

Googleマップでルートを調べて
番号を確かめて乗り込んだバスは

案の定…

 

 

 

 

 

 

 

 

逆方向に
走って行った。

 

 

 

 

 

分かった。

これは何かの呪いなんだと思う。

 

どこかでこの呪いを解いてもらわないと
僕は一生道に迷い続けるだろう。

タイあたりに
除霊師いないかな。

 

 

 

 

 

 

 

漫画博物館は
古い建物を改装した作りになっており

周りをビルが囲んでいた。

 

入場無料で、清掃員のおっちゃんたちが
ガラスをくまなく磨いている。

建物の新しく、落ち着いた感じが好きだ。

 

 

 

香港の漫画の歴史は

「のらくろ」のような
コマ割りの単純なものから

日本で手塚治虫がディズニーを真似して
漫画を描いたように

似た様な漫画の成長過程を辿っていた。

IMG_7409 IMG_7416

 

日本の漫画の影響もそこには
あったのだろうが、

単なる真似にとどまらず
オリジナリティのあるところまで
昇華させていることに僕は驚いた。

 

よりリアルに近づけて漫画を描く人もいれば
デフォルメが上手い人もいた。

IMG_7414

 

 

漫画に決まりなんてねえんだな。

どんなに絵が上手なものよりも
僕は味がある方が好きだ。

 

 

Stella So 

IMG_5583

 

という人の絵が
めちゃくちゃ好きになった。

 

絵はもちろん上手いんだけど、
独特のペンタッチや色使い、
見ていて楽しくなる絵。

 

 

 

 

僕の絵はまだ

「下手の域」

に留まっている。
自分のオリジナリティを出すためには
やっぱり描くっきゃない。

 

香港の漫画家たちの歴史に触れると
僕は漫画が描きたくなった。

 

 

 

IMG_7426

 

4回のギャラリーを見終わった後
ビルに囲まれて四角形の空を見上げて
思った。

 

 

『香港にこんな
アーティストたちがいたなんて』

 

 

旅に出なかったら分からなかったよ。

自分の知らなかった物を
知れた喜びは大きい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宿に戻ると

IMG_7475

 

さっきの日本人旅行者の方々は
今日の夜帰国されるようで

パッキングや
空港までのルートを調べていた。

 

自分が24歳の漫画家志望(無職)の旅人
であることを話すと
僕と同い年くらいのあんちゃんがこう言った。

 

 

「24かぁ〜…
若いね。
最近若い旅人に会わないなぁ〜。

 

20代か…

 

おれは20年前に
ここに来たんだよなぁ〜…

 

 

「えっ!?今おいくつなんですか?」

「36」

 

 

 

 

話によるとあんちゃんは

中学卒業後、飲食店で働き
16歳で世界に旅だったと言う。

24歳の時はワーホリで
オーストラリアの新聞の広告スペースを
売っていたとか

砂金にまつわるビジネスをしに
アフリカに渡り、
現地人を雇って金の採掘をしたり

ミャンマーの国境に迷い込み
兵士たちに銃を突きつけられて
200ドルの賄賂を要求されて
交渉の末、一人2ドルまで落とし、
町まで送ってもらったり…

 

 

ほんの15分の話のなかで
あんちゃんがいかに
波瀾万丈の人生を
送って来たかが分かった。

 

漫画そのもの。

 

 

漫画じゃ表現できないのか?

 

 

いや!
おれは挑戦してみたい!

 

 

 

 

 

「旅漫画」

 

 

 

 

どんな形になるかは分かんねえけど
やってみようじゃねえか!

 

 

 

自分が知らないだけで

世界にはすごいヤツらが
ごまんといるぜ。

 

 

—————————————–
世界一周ブログランキングに参戦してます。

以前は「南京(虫)ゲストハウス」と呼ばれたラッキーも
今ではエアコンが入り、Wi-Fiも使い放題。
ホットシャワーも使えるし
情報ノートからは歴史の重みを感じます。

ちょっとすっぱい臭いがするけど
慣れちゃえばそんなことないな。

 

けど…

さっきみたコックローチは
きっと慣れることはないでしょう笑

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★スマホ用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です