「ここでは自分から動かないと何も起こらない」

世界一周45日目(8/12)

 

ちょっと
落ち込んでた

 

中国の出費を計算したら
思っていたよりも
無駄遣いしていたことが判明し
そのほとんどが「食費」だったんだけど…

今の調子でお金を遣っていったら
1年半の旅ができるのか
不安になったことがひとつ。

 

それと

 

自分の旅ができているのか
不安になったこと
がひとつ。

 

 

 

モンゴルと中国の国境で偶然お会いした

先輩

は世界を4週半した旅人で、
その後もご一緒させていただく機会があり、

中国では連絡を取り合い、
ちょくちょく再会していた。

 

先輩は僕たちが旅する
この世界に対する知識量がはんぱなく、

一緒に町を歩いていると
様々な事を僕に教えてくれた。

 

この街ができた時代的背景や

旅での役立つ情報の数々。

Googleマップの使い方。

安いご飯が食べられる場所。

ちょっとした旅人の笑い話。

 

 

 

先輩はフィールドワークと
情報収集能力に長けている。

 

そして、
持っている知識を惜しみなく
僕に伝えてくれる。

 

お互い離れた場所にいても

先輩から送られてくるメールを頼りに
僕は予約したホテルを見つけ出し、

先輩から送られてくるメールで
僕は中国を旅することができた。

 

ここまで人をサポートできる
器のデカさに
僕は先輩の事を尊敬している。

 

心が広い。

 

なんでここまで
人の力になれるのだろうか?

 

 

 

 

僕は先輩に会う事ができて
すごく運がよかったと思ってる。

こんな凄い方に会えることは
そうそうない。

 

 

 

 

だけど、
ここまでサポートしていただいているのに、

僕はだんだん自分が旅をしている
実感がなくなってきたのだ。

 

先輩におんぶやだっこ。

旅のルートだって先輩に決めてもらった。

黙って待っていれば
餌を運んでもらえるひな鳥の様。

 

そして同時に
僕の旅に対する鮮度も失われていった。

既存の知識を
僕はなぞっているみたいだ。

 

「はいはい。そこねー。
おれ、行った事あるわ。

どこそこがこうで、
ああなんだよねー!」

 

映画のネタバラし的な。

 

先輩には大変お世話になっているし

僕は感謝してもし足りない。

だから失礼にあたることを
書いているのは分かっている。

 

でも、葛藤を感じているのだ。

 

「これは果たして
僕の旅なのだろうか?」

IMG_7573

 

 

 

そもそもブログってなんなんだ?

時に僕は旅の情報を
誰かが親切に書いてくれたブログに求め、

時に僕は情報ではなく
彼らのストーリーを求める。

 

 

そりゃ、
こんだけネットワークが
張り巡らされた時代だ。

「自分が初めて」

ってわけにはいかないだろう。

 

でも、
自分の物語を生きるのは
自分しかいないのだ。

IMG_7539

 

 

 

朝食に入った、
統治時代の名残を持った西洋風料理屋で
出て来た2枚のトーストは
19香港ドル(236yen)だった。

IMG_7480

 

僕らはてっきり
コーヒーもつくと思っていたが、
店員はそんな気配さえ感じさせなかった。

 

これが今の香港なのだ。

インフレの香港には
中国とはまた違った高層ビルが何本も立ち、
街と人からはエネルギーを感じる。

IMG_7522

 

 

中国で安くご飯が食べられた僕としては
とてもじゃないが
香港で旅人をやっていけそうにない。

満ち足りないお腹を引きずって
僕はセブンイレブンに入り、
8香港ドルのカップヌードルを食べた。

IMG_7493

 

 

 

ガイドブックに頼らない
天の邪鬼の僕は

とりあえず
2香港ドルで乗れるスターフェリーで
香港島を目指した。

IMG_7532

 

 

 

「面白い方へ」

IMG_7565

 

 

と自分のアンテナを信じて
あてもなく街を歩くわけだが、

目的もない
町歩きはただ単に辛い時もある。

特に猛暑の時には。

IMG_7543

 

両方足の親指に
でっかいマメを作って
僕は歩き続けた。

 

 

 

 

 

 

発見と言えば途中見つけた

輸入雑貨のお店のセンスがとてもよかった

くらいだ。

IMG_7564

 

 

扱っている商品は
反則的にかわいい雑貨ばかりで
真剣に買うかどうかを悩んだが

IMG_7556 IMG_7555

 

香港の物価の高さと

旅人の僕が
香港に来てまで輸入商品を買うのが
ちょっと馬鹿らしくなってしまい、

 

やむなくお店を後にした。

 

接客してくれたおねえさんが
めちゃくちゃ可愛かった。

 

ポソポソと呟くように喋り、
時々何を言ってるのか聞き取れなかったが、

簡単な日本語を喋る事ができて、
好印象を僕に与えた。

 

僕は危うく
クレジットカードを
抜きそうになった。

 

お金使い過ぎてヘコんでたのに、
おれは何やろうとしてたんだ!

 

 

 

 

 

 

IMG_7518

夕方、
ラッキーゲストハウスに戻ると

昨晩ここへ中国ビザの
リセットのためにやってきた
日本語講師の方も
ちょうど戻って来たので、

僕たちはソファに座って話をした。

 

 

どうして
中国で働こうと思ったのか。

危険だと感じた事はなかったのか?

そこまで中国に惹き付けられるのは
なぜなのか?

 

 

 

 

お互いの人生のバックグラウンドを
シェアし合った後、

 

先生がこう言った。

 

「ねえ、
今から夜景見に行こうよ!」

 

 

 

 

僕の父親と同い年くらいのおっさんと
二人で夜景を見にいくことに
ためらいを
感じなかったわけではない。

 

できることなら
女のコと一緒に
見たかった…

 

 

 

 

でも僕は
先生と一緒に
夜景を見に行く事にした。

 

 

ここにいても
何も変わらないだろう。

せっかく香港に来たんだ。

夜景くらいは見ないとな。

 

 

 

 

歩いてフェリー乗り場まで行き
2香港ドルを払い
スターフェリーに乗り込んだ。

IMG_7601

 

夜風が心地よく
潮風の匂いがする。

 

 

僕は手すりに捕まって
無数の色の光を放つ夜景を
黙ってみていた。

IMG_7583

 

 

2ドルで100万ドルの夜景を見た。

きっと
お金を出した分だけ
綺麗な夜景を見られるんだろうな。

でも、今の僕には
このくらいが丁度良いのだ。

 

対岸の香港島で
夜景を見ながらハーモニカを吹いたあと、

同じフェリーに乗って戻った。

 

 

 

 

フェリー乗り場の入り口で
ストリートライブが行われている。

ギターケースの中には
しっかりとお金が入っていた。

 

 

「僕もギター持ってくるんだったな…」

 

 

そう呟くと

先生はストリートミュージシャンの方へ
歩み寄って行った。

IMG_7609

何を訊いているのだろう?

 

 

 

 

 

 

 

 

「ギター弾かせて
くれるってよ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

はっ!!!!?

IMG_7526

 

 

 

 

 

先生は勝手に彼らと話をつけ
急遽僕は、フェリー乗り場の入り口で
路上ライブを行うことになった。

 

「Can I sing here?」

 

ためらいがちにもう一度訊く。

 

「Sure!!!」

 

 

 

 

 

って
いいんか〜〜〜いっ!!!

 

 

 

 

よしっ!
やってやんよ!

 

 

僕はアンプに繋がれた
アコギのストラップに腕を通し、
目の前に置かれたマイクの高さを
確認した。

 

そして
一息ついて
周りを見渡した。

 

 

最初っから聴いていた3人を除いて
誰も僕に注意を向けなかった。

 

 

 

それでいい。

場は暖まってない方がいい。

それが今のおれには丁度良い。

 

 

 

 

 

自分の歌

 

「Departure」

 

を歌った。

IMG_7616

 

 

通り過ぎる人と目が合う。
ニヤッとする。

僕もニヤッと笑い返す。

 

 

お金は入らない。

 

 

だけど確実に
僕と言う存在がその場にいることは
アピールできている。

その実感があった。

 

 

 

 

僕は今香港にいる。

 

 

 

 

 

 

お気に入りの
ELLEGARDENの「風の日」と
奥田民生の「さすらい」を
ワンフレーズ歌って
僕のライブは終了した。

 

途中から聴いてくれたちっちゃい女のコが
お父さんからコインを2枚もらって
ギターケースに入れてくれた。

僕は

 

「しぇいしぇい!」

 

とお礼を言った。

 

 

 

 

帰り道、先生が言った。

 

「今日と同じ日は
二度と来ないんだねぇ…」

 

 

そうだ。

同じ日は二度とやって来ないのだ。

IMG_7617

 

 

——————————————
世界一周ブログランキングに参戦しております。

香港滞在中はしっかり編集できるので
がっつり書きたいと思います。

香港の後は再び中国に戻り
深圳(シンセン)で一泊した後
桂林に向かいます。

そしたら
またチャイニーズスタイルのブログだね。

 

今日も読んでくれてありがと。

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★スマホ用☟

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2 件のコメント

  • 現在の日本はam12:30なので、とりあえずこんばんは。
    僕があなたを知ったのは、ちょうど一年前くらい、僕がペニーを買って、なんとなくペニー関連でネットサーフィンしていた時です。そこから、勝手に君のブログに一喜一憂していた読者です。
    私は現在29歳の独身男。マイノリティにずっと憧れて生きてきたけど、結局多数派な生き方しかできないし、なんだかんだそれで良かったなんて思いもしています。だからこそ、日本の社会で見たら確実にマイノリティな君に、年下の君に憧れと、勝手な期待を抱いています。
    今日は少々酔っていて、普段なら閲覧して終わりの私だけど、応援と言うか、こんな風に思って見ている人間がいるよと、それが知れただけでも君の僅かばかりの力になればと思い立ち、まとまらない文章ではあるけどエールに代えさせてください。がんばって!

    追伸 
    もし新しい音楽を探していたら、野狐禅(やこぜん)をおすすめします。聴く機会があるなら、歌詞も見ることをおすすめします。
    Good luck.

    • >村上のジャイアンさん

      Pennykから読んでくれてたんですか…
      嬉しいっす。

      そして、エールありがとうございます。
      確かに響いてます。

      おれは、メジャーに馴染めなかった人間です。
      最初はの頃はなんとかして
      輪っかの中に入ろうと思っていたのですが

      入れなかったし、
      それも違うよなって思うようになりました。

      人の生きる人生は、ほんとにその人それぞれです。
      正解なんてないっす。

      旅に出て色々な方に出会います。
      そして結局はこう思います。

      『ま、それも人生だよな』

      比べてもしょうがないんだなって。
      おれにはおれの生き方しかできないみたいです。

      コメントありがとうございます。
      雨のせいでちょっと気持ちも暗いかもですが、
      嬉しかったです。
      こんなブログでよければまた遊びにきてください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です