「レイニー・マカオ」

世界一周46日目(8/13)

 

ちょっと
落ち込んでいた

IMG_5618

 

 

あれ?
デジャブ?

 

 

 

僕は些細な事で
すぐに落ち込んでしまうのだ。

シングルに泊まってる
アメリカ人のおばちゃんが言うには
台風が近づいているらしい。

外から聞こえる
車が雨で濡れた路面を走る音が
より一層僕の気分を憂鬱にさせる。

 

 

 

今日はマカオに行こうと思っていた。

別の国に入る際の勝負服として買った
パタゴニアの白いシャツを着ていこうと
思ったのだが、

圧縮袋の中身を全部出しても、
バックパックの中身を全部出しても
見つからないのだ。

 

かなり薄い素材なので
それほどかさばらないし、

冷房の効き過ぎた列車用に
すぐに羽織れるように
サブバッグに入れていた。

 

 

でー…

 

 

 

どうしたんだっけな?

広州に着いた時、

『もう硬座には乗らないから
圧縮袋にしまっちゃうか!』

って思って出してたんだけど、

そのことすっかり忘れてて

『やべっ!圧縮袋に入れ忘れちゃったよ!

めんどくせーから
バックパックに突っ込んどくか』

 

ってバックパックの中に丸めて
放り込んでおいたのは覚えてる。

 

 

それでも見つからないのだ。

四次元ポケットかなんかに繋がってるのか?
僕のバックパックは。

 

 

 

 

 

 

『もうマカオなんて行かないで
今日は引きこもってようかな…』

 

そんな考えさえ浮かんだ。

 

お気に入りだった
パタゴニアの白シャツ…

カガヤンさんごめんなさい。

 

 

それでも
マカオに行く機会は
今日しか残されていないのだ。

僕は明日の朝再び中国に入り、
深圳(シンセン)を目指す。

 

 

 

 

そこで僕はどうしたかと言うと、
高級ブランド店が立ち並ぶ
Cantonロードのビルの一角にある
無印良品で
白いシャツを
買うことだった。

IMG_5617

 

 

「おい!てめえ、
何が『お金ない』だよ?
節約はどこ行ったんだよ?」

 

 

 

いや、だって!
テンションガタ落ち
だったんだも〜ん!!!

 

 

なんてったってマカオですよ。
マカオ!

 

「金太、マカオに着いた♪」

 

マカオ!!!

 

 

こういう時に
白いシャツでバシッとキメて
乗り込まなきゃ!

ね?高城さん?

 

 

 

 

僕は日本価格3,990円の
オーガニックコットンの白シャツを
香港価格4,890円で手に入れた。

 

よしっ!
これでマカオに行けるぞ!

 

シミさんの
白シャツに対する思い入れ
ハンパないっす。

 

 

 

 

 

 

159香港ドル(1992yen)で
マカオ行きのチケットを手に入れ
僕はフェリーに乗り込んだ。

IMG_7633

 

 

小さなフードコーナーでは
電子ポットがおいてあった。

それを見て僕は
昨日スーパーで買っておいた
2,5香港ドルの袋入りのヌードルを
食べようと思い、

Sea to Summitの折りたたみボウルに
麺と粉末スープの元を入れ
フードコートのおばさんに訊いた。

 

「Can I use Hot water?」

 

 

おばさんは
困った顔でこう言った

 

「NO.

No water!」

 

 

 

いや!そこにあんじゃん!

えっ?
お前みたいな薄汚いヤツに
使わせるお湯はないってこと?

 

おばちゃんに

「そこにポットあんじゃん!
使わせてようっ!」

って言っても、
全然交渉に応じてくれない。

 

僕は仕方なく
乾燥したままの状態の麺を
ポリポリとかじるしかなかった。

 

 

フードコートを見ていると

カップヌードルをお湯を入れた状態で
販売していた。

 

なんだそのサービス!!

 

てか、日本なら
コンビニでタダでお湯が入れられんぞ!

香港のセブンイレブンでさえ入れられたのに
なんだ?この安っちい高級志向は?

 

 

 

 

 

 

約1時間で
フェリーはマカオに到着した。

IMG_7641

 

 

簡単に入国手続きを済ませると
僕はフェリー乗り場の無料Wi-Fiで
カジノの無料バスの概要を読んで
適当に乗り込んだ。

IMG_7646

 

 

 

カジノか….。

僕は賭け事のセンスがない。

 

楽してお金を稼ごうとすると
大体は上手く行かない。
(もうけてる人は頭を使ってるんだろうけど)

 

そんなわけで僕はカジノを
プラプラと見てまわるだけだった。

最低の掛け金が200ドルだったこともある。

一体そんなお金どこから捻出すればいいのだ?

IMG_5629

 

 

何万円分ものお金を
感情に任せて賭けられる人は
何を考えているんだろう?

IMG_5627

 

 

 

それにしても
僕よりデカい
おねえさんが多かった。

フェリー乗り場での送迎もそうだったけど、
綺麗で背もデカい女の人が
あっちこっちにいるのだ。

日本でもあんなに大きな女性はみたことない。

何か薬でも使ってるのかしら?

 

 

 

そしてこの国は
カジノで収益を上げている。

カジノには観光客が押し寄せ、
その需要に合ったディーラーたちがいる。

 

この国に生まれ育った人は
どんな人生を送るんだろう?

 

容姿に恵まれればフロアレディーに

頭が良ければ
ホテルのマネージャーに

そうでない人は
ディーラー養成学校で勉強し
カジノに就職するのだろうか?

 

 

 

 

 

 

そんなことを考えながら
僕は別のバスに乗り、
ポルトガルの統治時代の跡が見られる町へ
向かった。

 

 

丘の上に教会があった。

IMG_7668

 

カジノの喧噪とは反対に
ここには人が少なく、静かだった。

IMG_7669

 

僕は汗と雨に濡れたアウターを脱ぎ、
曇った一眼のレンズを拭いた。

 

 

 

 

 

カジノで無料で
配布している水を飲み干すと

僕は町歩きを再開した。

IMG_7664

 

こういうちょっと狭い
ごちゃごちゃした路地を見ると
ワクワクするのは僕だけだろうか?

 

 

規模の差こそあれ
カジノはかたまっていたが、

ここにも
それとは関係ない人の生活があると分かると
ちょと安心した。

 

だけど、

この小さな国で、

カジノがメインのこの国で生まれた人は

何を感じて暮らしているんだろう?

IMG_7649

 

観光客からしてみたら
カジノは確かに面白いだろう。

だけど、地元の人たちはどうだ?

そんなんいっつも見てたら
飽き飽きしちゃうんじゃないか?

 

この国には僕は住めないな。

そう思った。

IMG_7712

 

 

 

 

 

 

IMG_7704

町の端っこまで来ると、

バス代を浮かすために
僕は行きとは別のルートで
フェリー乗り場を目指した。

 

静かな町の周りをつたって

IMG_7701

 

再び喧噪の中へ戻る。

IMG_7718

 

日が沈むと
ビルのネオンが光りだした。

IMG_7717

 

意外と遠いフェリー乗り場。
足が痛い。お腹も減った。

 

雨も降ったり止んだり。
物価が高いので食欲を押さえ込んだ。

 

それでもあまりに腹ペコだったので
250円くらいのラーメンを食べた。

でも、日本でだったら
もっといいものが食べられるんじゃないか
と思った。

 

 

 

カジノの国、マカオ。

ここへ来て僕が考えたのは
彼らの人生だった。

 

台湾人や香港人、
中国人の旅人には出会ったけど
マカオ出身の旅人には出会ってないな。

 

雨の振る中
フェリーはゆっくりと香港へ引き返した。

 

 

 

 

——————————————
世界一周ブログランキングに参戦中です。

いいさ。おれは賭け事には向いてない。
それはよく分かってるんだ。

 

雨か…

晴れた日に行ったらまた別の見方が
できたのかなぁ?

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★スマホ用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2 件のコメント

  • メールしようかと思ったのですが、さっき旅行の準備してたら、うちのソファーのクッションの間から白いシャツが出てきました。まさにそのパタゴニアです。
    自分もスマホをすられて落ち込み中です。

    • >ヤムチャさん。

      はは。やっぱりなぁ。

      教えていただき、ありがとうございます。
      ヤムチャさんもスマホをスられて
      さぞお困りだと思います。

      ま、前向きに行きましょう笑。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です