「出会いは繋がる」

世界一周323日目(5/17)

 

「おい!
こっち来て
ビール飲めよ!」

IMG_7418

 

 

朝ご飯を買いに近くのお店に入ると
昼間っからビールを飲んでいる
おっちゃんに声をかけられた。

IMG_7417

 

 

お店の中には小さなテーブルが二つあり、
カウンターにはビールサーバーが置いてある。

IMG_7427 IMG_7424

 

 

別のお店でチーズの詰まったパンと
ビン入りのイチゴ色したファンタを
飲んでしまったのが、
おじさんと相席させてもらうことに。

IMG_7419

 

 

このお店で買った豆の詰まったパンは
宿に持って帰ろうと思ったが、
おっちゃんに誘われたこともあって店内で食べた。

もちろんビールは飲まない。

昨日、ワイン飲みまくって
結局宿から出なかったってのもある。

ビールのお誘いを丁重に断った僕だったが、
おっちゃんは
「大丈夫だって!おれおごってやる!」
と言ってガラスボトルのコーラを
ぼくにごちそうしてくれた。

IMG_7421

 

 

今日は土曜。

休日の労働者は自分への
ご褒美のために朝からビールを飲むらしい。

イラクリさんとはほんのちょっと
お話しただけだったが、
たいそう機嫌が良かった。

どこの国にも陽気な人はいる。

そういう人に会うと、
一日の始まりはなんだか
こっちまで元気になるぜ。

IMG_7411

 

 

 

 

さて、
観光的なものもやってみたい。

宿の裏手に大きな建物があったので
僕はそこに行ってみることにした。

宿から直線距離にあるその建物。

裏山を登る感じで僕は道を登っていった。

IMG_7430 IMG_7429

 

 

天気のいいトビリシ。

IMG_7433

 

 

道を登っていると体が汗ばむ。

建物の近くは松林となっており、
松の独特の臭いが香った。

IMG_7436

ハァ、ハァ、いいピクニック日折だぜ…。

 

 

見えた建物はまるでゲームの
「ICO」
(女のコの手をひっぱりながら
遺跡をアドベンチャーするゲーム。PS2)
にでも出てきそうな
立派なモニュメントだった。

IMG_7438 IMG_7440

 

 

教会でもないし、これはなんなんだ…???

像と柱が一体化しており、
その中心部に立ってあたりを
見回すととすごい迫力だった。

まるで映画かゲームに出てきそうだ。

世界にはこんな場所もある。

IMG_7454 IMG_7449IMG_7460

 

 

 

 

 

建物の裏手、
松林の隙間から大きな湖が見えた。

そこへ向かう途中、
悲鳴に似たブレーキ音を響かせて
車がドリフトの練習をしていた。

IMG_7467

 

あれ、事故んないのかなぁ?
動画がなくて残念だよ…。

 

 

河原にあるような
まるっこい石に足をとられながら
辿り着いた大きな湖。

IMG_7469 IMG_7470 IMG_7475

 

 

一部は遊泳場として開かれており、
人々は水着になって日差しの下で
楽しそうにしている。

IMG_7474

 

 

もっと暑ければここに
泳ぎに来てもいいかもしれない。

監視員のお兄さんたちは
暇そうに日陰の下で番号が書かれた
ドミノの様なプレートをテーブルの上で
がしゃがしゃかき混ぜている。

IMG_7471

 

 

「お前もやらないか?」
と誘われたが、ルールも知らないし、
僕は賭け事には弱いんだ。

足下には5リットルくらい入る大きな容器。
中に冷たい水が入っているのが分かる。
表面には結露ができていた。

「それ?水?」

「ああそうだよ。
グルジア・ウォーターさ!」

それが一体何をさすのかは分からなかったが、
その冷たい飲み水を分けてもらった。

日差しは初夏のよう。

持って来た水はここに来る前に飲み干してしまった。

分けてもらった水は美味しかった。

そう言えば、アルメニアあたりから
お腹壊してないな。
水道水も何気に飲んでいる。

 

 

「今日も平和」

そんな言葉の似合うトビリシの湖だ。

僕はそんな彼らにカメラを向け
写真を数枚パシャパシャと撮って、
湖を後にした。

 

 

湖の近くでは牛たちが放し飼いされている。

牛飼いのおばあさんが棒を持ってかけ声をかける。

IMG_7478 IMG_7480

 

 

草地には色とりどりの野花が咲いている。

春から夏へ。生命が一番のびのびする時期だ。

IMG_7487 IMG_7490

 

 

誰も聴いていないだろうと、
大声でthe HIATUSの
「Tales Of Sorrow Street」のサビの部分を
シャウトしていたら、突然誰かに笑われた

人が入って来なさそうな場所でシートを敷いて、
水着のお姉さんたちが日光浴をしている。

IMG_7493

 

 

「ははは」

と照れ笑いをして続きを唄う僕。
ダメなんだよ!
ここは開き直らないと!

お姉さんたち爆笑だったけどね(笑)

 

 

 

 

 

 

観光もあっという間だ。

IMG_7500

 

 

確かに行った時は
「うわぁ~~~!!!」ってなるけど、
それでおしまい。

1時間も同じ場所に留まるのは性に合わない。

とか言っておきながら
宿に戻ってテーブルにつき、
パタパタとキーボードを叩いて日記を書く。

文章書くのは好きだけど、
なかなかリアルタイムにおっつきやしねえ。

 

 

「シミ今日はどうするの?」

宿のみんなが尋ねる。

ここはもはや韓国人宿と
言ってもいいかもしれない。

アルメニアのリダさんちで出会った、
チャンソクとチュニ夫婦も
ここにチェックインしていた。

 

 

「今日こそはバスキングに行くよ」

そうだ。今日はなんてったって土曜日なのだ!

カナダ人のマイクおじささん曰く
「みんな酔ってお金をいれてくれるさ!」
らしい!

や、別にお金じゃないんだよ?

でも、レスポンスもイマイチのまま
ここを去るわけにはいかないぜ!

 

 

16時半になり、
作業が一段落ついたところで僕は外に出た。

IMG_7501

 

 

どういうわけだか、
日差しは衰える気配を見せない。

こんな真っ昼間から唄ってもしょうがないけど、
まぁ、何かしらの発見もあるかもしれないな。

 

 

メトロに乗って向かった先は
「Marjanishvili」という駅。

マップアプリで確認すると
飲食店やアパレル店が沢山あることに気づいた。

降りてみるとビンゴ!

IMG_7504

 

なんかいい感じだぞ!
土曜日ということもあって人通りもある。

 

 

隅っこの方で控えめに
アコーディオンを弾くおじいさんのケースに
コインを二枚入れて親指を立てると
僕は離れた場所でギターケースを広げた。

IMG_7506

 

 

まだまだ太陽は頭上にあったが、
道の片方は建物のおかげで日陰になっている。

そのおかげか、こちら側の方が通行人が多い。

『しゃーーーっっ!
稼いじゃうんだからっっっ!!!』

と意気揚々に唄い始めたが

レスポンスはここでも
同じようなものだった。
まぁ僕なんてそんなもんさ。

IMG_7512

 

 

まぁ、本番は夜!夜!

適当なところで切り上げて
Penny Boardをプッシュして
フリーダム・スクエアを目指す。

IMG_7522

え?なんでメトロに乗らないからって?
お金がもったいないから笑。

 

 

 

 

肝心の
フリーダムスクエアに来たものの、
どこに行けば人がいるのかわからなかった。

IMG_7527

 

 

てかバーってどこにあるんだよ?

そりゃいくらかバーは見かけたよ?

でも僕が探しているのは
「バーのある通り」なんだ。

周辺をウロウロして時刻は21:00。

しかたない。メトロの前でやって終わりにしよう。

メトロの前でシャウトする。
人々と目さえ合わない。

はぁ、ノらねえなぁ…。

 

 

 

「何してんの?」

二人の男が僕に声をかけてきた。

片方はメガネをかけて
くしゃくしゃした髪をしている。
もう一人は背も高く屈強は感じだ。

「えっ?何って、
バスキング?」

「よかったらおれらと
メシ行かない?」

えっ!!??何を突然?
時刻も時刻だしな…。
もしかして
騙されるんじゃないか?

 

 

「なぜ?」

「なぜって?さあ?」

メガネをかけた方が応える。

ははは(笑)

その一言を聞いて
僕は彼らについていってみることにした。

 

 

 

ついて行った先が
僕の探していた「バーのある通り」だった。

バスカーはいないまでも、
店の前でマイクを通して
唄っているミュージシャンがいる。

なんだ。こんなところにあったのか。

 

 

お洒落なバーがいくつあった。

お酒の飲めない僕でも思わず入っていきたくなる。

歩きながら二人が何をしているのか
さぐりを入れた笑。

背のデカいお兄さんはグルジア人で
エレバンと言った。
アーティストをまとめて
イベントをしかける
アート・マネージャーだと言っていた。
9月頃のイベントで
日本人のアーティストが二人出るらしい。

メガネの方はアメリカ人でダスティン。
グルジアに2年住んでいるらしい。
僕と同じ25歳だった。

しばらく歩いて二人が入っていたバー。

IMG_7537

 

 

外のテーブルにはお客さんでいっぱいだった。
見た感じで分かる。ここは僕の好きなバーだ!

IMG_7534 IMG_7535 IMG_7536

 

店内のテーブル席はなぜか空いていた。

店内にはジャズやエレクトロが
うるさくない程度に流れ、
内装や小物の効かせ方に
思わずテンションが上がってしまう。

地元の行きつけのバー、
「Chit Chat」
を思い出す。

相棒とよく行ったバー。
そこの雰囲気とどこか似ていた。

そこのバーにしかない
オリジナルな空気が流れるお店だ。

 

 

 

「今日はおれらが誘ったからね。
好きなの頼んでいいよ」

IMG_7529

 

 

えっ?マジで!!??でも、悪いなぁ~。

「じゃあラム・コークと
ツナ・サラダで(笑)」

IMG_7528

だって野菜摂んなきゃじゃな~い♪

 

 

先に来たドリンクで乾杯し、
軽く自己紹介をする。

ぺちゃくちゃとお喋りすると
すぐに酔いがまわった。

いい気になって名刺を二人に書く。

やっぱアルコールが入ると
名刺も面白いのが描けるな♪酔拳だ!

IMG_8970 IMG_8969 IMG_8973 IMG_8971

 

 

 

「いやぁ~!これいいな!
よかったら俺の名刺も
デザインしてくれないか?」

 

マジで!!??

 

「えっ?こんなわけの
わからないのでいいの?」

「そこがいいんだよ」

 

 

と、スルスルと商談が成立した。

ギャラはもちろん
今回のラム・コークとツナ・サラダ笑。

バトゥミに住むという
エレバンに出来た名刺を届けるという
ミッションも成立した。

なんだか一気に面白くなってきたぞ!

 

 

クリエイティヴ・マネージャーの
エレバンが今度のイベントで招いている
日本人アーティストの音楽を聴かせてもらったが、
プロのものだった。

音楽と漫画じゃジャンルはもちろん違うけど、
おれみたいなペーペーとじゃ
全く比べ物にならないクオリティ。

 

 

 

「じゃ、そろそろ出ようか」

一時間もしないでエレバンがお会計を済ます。

「クラブ行くけど、一緒に行く?」

「い、イエス!」

 

ライブはあってもクラブなんて
行ったことがない。ましてや海外のなんて。

あ、taico clubとwairは
ボランティアで参加したことあるかな?
そんくらい。

 

 

街灯の少ないトビリシの街を歩く。

建物の外には警備員が待機していた。
ここなら大丈夫そうだ。

IMG_7550

 

入り口のフロアではMacを開いたDJが
無難な音楽を鳴らしていた。

僕たちは屋上に出た。

ダスティンたちの知り合いがそこにはいて、
彼らはここでもビールを飲んでいた。

遠くの方に夜景が見える。

IMG_7546

 

夜のトビリシってこんなだったんだ…。

 

 

終電が気になった僕は
23:15には彼らにお礼と別れを告げて
メトロに乗って宿まで戻った。

アルコールが回って火照った体に
夜風が気持ちよかった。

IMG_7554

 

 

毎度のことだけど、
バスキングからこんなに繋がるなんて。

やっぱおれは持ってる??!!

IMG_7555

————————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

にしても不思議ですよね~。
おれもアーティストの持つオーラ的なのを
身につけ始めたのでしょうか?

なんなんだ!この偶然!

こんな感じで出版社の人と知り合いになれね~かな~笑。
「君の漫画を出版させてくれ!」ってさ。
調子乗り過ぎか笑。でも、そんなこともあるかもね。

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★今、バイト時代に書いた漫画、
7本くらいアップしてん。Facebookページ
旅する漫画家」もよろしくぅ!!

★Twitterもね「Indianlion45」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!