「ロシアは今日も雨」

世界一周4日目(7月2日/火曜日)

 

梅雨が
長引いた今のロシアは
一日中霧に包まれ、
雨が降ったりやんだりの天候だ。

IMG_4725

 

ホステルに引きこもってても
仕方がない。

とりあえず、外に出よう。

IMG_4755

 

 

ウラジオストクの街をあてもなく歩いた。

 

海辺の公園と遊園地。

IMG_4738

こんな天気だ。
人がいないのも無理はない。

 

街の至る所に同じ売店がある。
働いてるおばちゃんも雨具を着て
こんな雨の中でも働かなくちゃいけないなんて
大変だよな。

IMG_4775

 

 

ここで売ってる
ホットドッグ(50ルーブル/¥150)が
クソ不味かった。

ウインナー、ケチャップ、
かけ過ぎのマスタード…

はあ…
こんなんじゃ滅入っちゃうよ…。

 

 

3人家族がケバブを食べてるのを見て
つられて僕もケバブを買った。
100ルーブル(¥300)。

IMG_4756

 

おっちゃんは

IMG_4758

 

「日本の包丁は切れ味が抜群だが、
オーストラリア製と中国製はイマイチだな」

とジェスチャーで教えてくれた。

こんなことでも日本のことを褒めてくれると
嬉しいのはなんでだろう?

 

 

 

 

 

 

改めて、
カメラのレンズを向けがたい状況
があることを知った。

IMG_4773

 

公衆トイレを住居とするホームレスたち。

隠れてクレープにかぶりつく子供。

地下路地の物乞い。

暇そうにしているカフェのお姉さん。

IMG_4789 IMG_4805 IMG_4787 IMG_4786

 

 

そういう人たちをみてるとね、
この国の生きにくさを感じるよ。

この国に生まれた人たちは
一体どんな一生を過ごすのだろうか?

IMG_4774

 

 

日本に生まれ、日本で育った僕は、
20歳を過ぎると
なんとなく日本人の走る

『人生のレール』

のようなものの存在に気づいてしまい、
それに反発してきたつもりだった。

こんなんおれの人生じゃない。
自分の人生を生きるんだと。

 

 

 

なんて高慢な考え方なんだろう。

どこの国だってそうだ。

与えられたチャンスの中で
生きていくしかないんだ。

 

 

ただ、
僕はそのチャンスを

最大限に活かしたい。

リスクを背負って
レバレッジをきかせるんだ。

夢や希望、理想と現実。

自分が自分であるために
僕は旅をする。

IMG_4730

 

 

 

旅する漫画家、シミの
今日の執筆場所は

駅カフェのテーブル。

ショッピングモール5階のカフェ。

IMG_4729 IMG_4731

 

描きやすさは高さに左右されるんだけど、
平らなテーブルと椅子さえあれば

僕は漫画を描ける。

 

 

 

 

 

 

今泊まっているホテルに
もう一泊することに決めた。

だって駅チカなんだもん。

 

 

上のベッドに日本人がやってきた。

内田さん。

 

昨日アスカさんとアキコさんと行った
レストランが美味しかったですよ。

とおススメすると

 

「おごるんで
一緒に行きましょう!」

 

とおっしゃってくれた。

 

最近色んな人から
ごちそうになり過ぎだなぁ

と思いつつも、
一緒に行く事にした(笑)。

 

 

 

 

 

 

だがしかし

 

外は鉄砲水が吹き荒れ
大雨に変わっていた。

 

 

やむなくホステルに退散。

おごってもらおうとするから
バチが当たったのかもな。

 

 

代わりに
一本100ルーブルのビールを
ホステルでごちそうした。
2本目はごちそうされたんだけどさ…

 

 

「内田さんも、
次に会った人に
返してあげて下さい!」

 

 

そういう良いサイクルが続けば

僕らの旅は
より良いものになっていくはずだ。

 

 

 

 

ホステルの談話室で
中国に関する色んな話をした。

内田さんは中国の日系企業で
営業のお仕事をされていたそうだ。

今は旅人なんだって。

 

 

それでね、
僕は決めたんだ。

 

 

 

 

 

テントはここに
置いていくことにするよ。

 

 

 

 

色々理由はあるんだけど、

一番の理由は

 

死んだら意味ない

 

んだってこと。

 

今年も野宿した日本人が
どこかで殺された話を聞いたんだって。

テント越しにブスッといかれたらしい。

 

そうだよ。

死んだら終わりなんだよ。

 

 

 

世界一周の旅に出る僕を、
漫画家になる夢を持った僕を

いろんな人が応援してくれた。

 

それに応えなくっちゃ
だめなんだ。

 

だからテントはここに置いて行きます。

 

6,800円の安物テントに固執する
意味もないしね。

 

そんな風にして
人との出会いが僕を変え、
また別の道へと導いてくれるんだ。

 

———————————-
世界一周ブログランキングに参戦してます。

ポチして元気を分けてください。

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★スマホ用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 

この雨で
僕の文体もしっとりしてますが、
そんなロシア、ウラジオストクの雰囲気を
感じていただければ幸いです。

雨はますますひどくなって
外を出歩けないくらいなんだ。

明日の19時の電車で
12時間かけてハバロフスクへ向かいます。

太陽が恋しいや。

6 件のコメント

  • 初めまして!
    何ヶ月か前からずっと読ませていただいております。
    きっかけは「Peny」でのオーリーを調べていたらシミさんのブログに辿り着きました。w
    最初は
    「旅の備品集めて、結局旅は行かないオチの人」
    だと思っていました。(かなり失礼ですがw)

    でも、今こうして歩み出したシミさんの一歩。
    この「一歩」に凝縮されたシミさんの「生き様」
    すごい素敵です。

    楽しい事から辛いことまで色々ある旅になると思いますが
    シミさんの世界一周になるべく多くの「Lucky」が訪れますように。

    日本はいつでもシミさんを待ってます。
    思う存分世界を踏み倒してやってきてください!!!

    P.S
    YouTubeに僕の動画があるので、暇な時に見てみてください。w

    • >TJさん
      元気の出る様なコメントありがとう。
      「世界を踏み倒す」ってすげえ表現っすね…!

      おれは散々「世界一周に行く!」って周りに宣言してたからね。
      自分を行かざる得ない状況に置いてたんだ。
      出発前とかかなりビビってて、パッキングも直前まで何回もやり直したし、
      忘れ物も何点かあったくらい。

      まあどんなことが起こるか分からないけど、
      とりあえず、ぐるっと世界を見てくるよ。
      Youtube見させてもらうね。

      p.s.
      バックパックを背負った状態でPennyに乗るのはかなり大変です。
      せいぜい下りと平らな道。
      しかもさっき下りでコケて擦り傷できたから!

    • >まおママ
      そうですね。これで野宿はないですね(苦笑)

      安全に旅を続けたいと思います。

  • ウラジオストク、前々から行ってみたいと思っているのですが、なかなか実行できずにいます。物乞いの子供を見てしまうとなんともやりきれない思いですね・・。
    世界一周旅行記、これからも楽しみにしています。くれぐれも気を付けて頑張ってくださいね。

    • >ルークさん
      コメントありがとう。
      おれも、地球の歩き方にビビっててロシアそのもが怖かったけど、
      普通に一人で街を散策できるな(雨だったのもあるけど)
      というのが感想です。

      今日はようやく晴れました。良い旅立ちだ..。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!