「ここでは苦情はこない(はず…)」

世界一周247日目

 

広場で
無料のWi-Fiを発見した。

IMG_1979

 

 

ここがツーリストに対して
開けているのことが分かる。

みんなベンチに座って5ルピー(8yen)の
朝のチャイを飲んでいる。

僕も周りの人たちと同じようにチャイをすすりながら、
ベンチに座ってブログのアップをして過ごした。

IMG_1978 IMG_1982

 

ここはウエスト・ベンガル
(なんで東に位置するのに「west」っていうんだろう?)
ダージリン。

そう紅茶で有名な土地だ。

IMG_1974

 

 

確かにここはインドだ。
だが、今まで旅してきた
「インド」という感じは全然しない。

IMG_1976

 

 

ネパールで見たような僕たち日本人と
とてもよく似た顔の人たちの姿を
ここでも見ることができる。

それにインドのガツガツした雰囲気や、
人で溢れたカオティックさもない。

まるでどこか違う国にやって来たようにさえ感じる。

IMG_1999IMG_1992

 

 

僕が泊まっている宿
「HOTEL NOLING」の下にある
(この宿は2階にレセプションがあるのだ)
カフェのおっちゃんが僕に周辺マップをくれた。

それを頼りに栄えた方向とは
反対へと行ってみることにした。

IMG_1985

 

 

 

サブバッグにギターを抱えて、
アップダウンを歩いて行く。

IMG_2031

 

 

すぐ真横には大きな山が。
その山肌に沿うようにして家が建っている。

IMG_2016

 

 

これはもしかしたら
トレッキングなんじゃないかな?

ネパールから来たばかりの僕は
そんなことを思った。

IMG_2025

 

 

山で暮らすのは大変だろうと思う。
寒いし、移動も不便だろう。

ここで暮らす人の気持ちとは別に、
よそからやって来た僕は
山の暮らしを見るのが好きだ。

IMG_2029

 

 

住居が寄せ集まったごちゃごちゃした感じや、
ベランダに置かれた鉢植え。
狭い通りでビー玉をはじいて遊ぶ子供たち。
ニワトリとヒヨコがせわしく餌をついばんでいる。

IMG_2022

 

 

 

 

 

山道は一方通行。

IMG_2024

 

 

どこかで戻る道があればいいんだけど。
来た道を戻るのはちょっと面白くないな。

「ここからぐるっと回って
宿のある場所まで戻りたいんだけど、
この先の道で戻れるかな?」

と訊きたいのだが、
微妙なニュアンスではどうも英語にしにくい。

身振り手振りでガキんちょたちに尋ねてみたが、
返ってきた答えは

 

「Can you speak english?」

だった。

 

地図まで見せて、
なんなら地面にUターンの矢印まで
描いてみせたのに、彼らは僕の質問の意図を
分かってくれなかった。

「戻るんなら
来た道を引き返すんだよ?
お兄さん、バカ?」

とでも言うように。

 

僕とガキんちょたちの
平行線をたどるやりとりを見かねた、
旅人のロマンを少しは
理解してくれるであろうお姉さんが

「この道を一時間以上歩かないと、
戻る道にはぶつからないわ」と教えてくれた。

IMG_2043

 

 

 

のどかな人のいない静かな山道。

自然と鼻歌が出る。
いや、ふつうに唄っている。

 

おっ!なんかいい感じの曲ができそうかも!

と途中に見つけた休憩所のようなところで
思う存分大声を出して唄った。

IMG_2033

日本だったら
間違いなく苦情のくるレベルで。

 

 

しばらくして、
自転車に乗ってやって来たあんちゃんたち。

IMG_2032

 

 

最初は近くから僕のノートやら
ギターを面白そうに眺めているだけだった。

僕がギターを貸してやると、
もうそこにコミュニケーションが成立する。

たぶん、僕がここでギターも持たずに
ぼっとしているだけだったら、
彼らは素通りするだけだっただろう。

ギターという楽器を持っているだけで、
コミュニケーションのチャンスが
ぐっと広がるのはどこの国だって同じだ。

彼らはたどたどしい英語を喋ったが、
そんなことは関係ない。

 

音楽が人を繋ぐ。

平和を訴えたアーティストたちは
音楽のこの可能性に懸けたのかもしれない。

 

 

彼らが去っていった後、
しばらくギターを敷いていたが、
歌詞もコードも思い浮かばなくなってしまったので、
僕は来た道を引き返すことにした。

IMG_2035

 

雲が山の間を流れ、
太陽が覆い隠されてしまうと一気に寒くなった。

 

 

 

 

 

チョーラスタ広場
にも冷たい風が吹き抜け、

バスキングのレスポンスも全然なかった。

IMG_2044

 

そうだよな。こんな寒くちゃ
誰も音楽なんて聴きたがらないもんなぁ…。

 

寒い場所に来るとシャワーを浴びる気になれない。

どういうわけだか、
部屋に干したスイム・タオルがなかなか乾かない。

山の暮らしも楽じゃあない。

毛布を膝にかけてブログの下書きをすると、
僕はさっさとベッドに横になった。

IMG_2041

————————————————
★世界一周ブログランキングに参戦しております!

まぁ、このインドの特殊な地域では
色々と他のこともやってみようと思います。
漫画はバラナシでがっつり描く予定。

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入るんだってさ。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 

★そんな活動報告をさくっと知りたい人は
Facebookページ「旅する漫画家」をよろしくです!

★Twitterもやっとります。
「世界のWi-Fiから」をテーマに。
アカウント名は「indianion45」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!