「ここでの日々が愛おしい」

世界一周360日目(6/23)

 

「今日は何をする
予定なんだ?」

スタッフのリーダー的存在のユノスが僕に尋ねた。

 

 

「えーっと、
とりあえずキリムが見てみようかな?
その後、モザイクランプ買って、
日本に郵送しようと思ってる」

「キリムを買うんだったら、
おれが安くてしっかりした品質の友達のお店に
連れて行ってやるぞ?」

「そう?お願いしようかな?」

 

 

ここは観光地として有名なカッパドキア、ギョレメの町。
泊まっている宿はごきげんな宿
「HAPPYDOCIA(ハッピドキア)」。

ハッピドキアの名前の前に
「ホテル/ペンション」と書かれているが
イマイチ違いが分からない。

ここの宿はオープンしてまだ一ヶ月も経っていないらしい。
僕が初めての日本人のお客さんなんだと。

今のところ泊まっている宿泊客は僕の他に、
パキスタンから来た4人家族はがいる。

 

 

今日も豪勢な朝食を食べてお腹を満たした。

IMG_1274

 

 

これなら朝食はいらないな。
ほんとにそのくらいの量なんだよ。

IMG_1272 IMG_1271 IMG_1273

めちゃくちゃいい笑顔の映像担当、フィケット!

 

 

 

 

キリムというのは、
遊牧民が起源のカーペットのような厚手の布だ。

ウールで編み方が絨毯とは異なるらしい。

トルコやイランで手に入れることができる。
トルコだったら、どの家庭にも置いてあるポピュラーなものだ。

日本で買うとなると何万円以上もするのが当たり前。
品質の良いものは100年もつらしい。

 

 

せっかくトルコに来たのだから僕は
このキリムとやらを仕入れておきたかった。

だけど、どこのお店で買えばいいのか?

どれくらいが相場なのかは分からない。
こういう時にスタッフのアドバイスは本当に助けになる。

 

 

 

ユノスの案内で向かった先は友達のキリム・ショップ。

IMG_1290

 

 

僕が入ると、中国人の観光客相手に
ユノスの友達がキリムを広げて、
英語でプロモーションをしていた。

「隣りお土産屋さんで待っているよ。
別にここで買う必要はないんだよ?
他にもキリム・ショップはあるからね」

と言ってユノスはキリムショップから出て行った。

中国人の観光客はさらっとお店から出て行ってしまった。

残されたのは僕一人。

果たしていいキリムを仕入れることがー…、

 

 

 

 

 

目の前にあったキリムに僕は心を奪われた。

 

なんかこのキリムが僕を呼んでいる気がする…。

IMG_1276

 

 

 

 

ざっくりとしたシンプルなカラーリング。
ちょっとポップに見える散りばめられたデザイン。

自分の家の床に敷いておくだけでも、
なんか雰囲気変わるだろうな…。

一応お店にあった他のデザインも見せてもらった。
長さは180cm×150cm。大きすぎず小さすぎず。

そしてこれは「一生もの」になるんだろうな。
もしかしたらその人が自分の子供に渡すかもしれない。

そんなことを考えると無性にワクワクした。

IMG_1279 IMG_1278 IMG_1277

 

 

「どうする?あ、アップルティー飲むかい?」

「あ、はい。お願いします…。」

 

 

アップルティーを飲みながら、
僕はお店の床に広げられたキリムをじっと眺めていた。

IMG_1280

興奮して指切った。

 

 

 

今まで仕入れてきた雑貨の中で
もちろんダントツで値段が高い。

でも僕がどうするかは決まっていた。

 

 

「これ、買います!」

 

 

クレジットカードだと18%も
追加でかかってしまうので論外。

今まで大事に残しておいたアメリカ・ドルで潔く支払った。

お店の人はキリムをバッグにしまい、
証明書も中に入れてくれた。

これを手に取った人が
どこで買ったものなのか分かるように、
もらった名刺の一枚をバッグの中に同じように入れておいた。

IMG_1283 IMG_1284 IMG_1285 IMG_1288

 

 

 

 

「で、どうだった?キリム買ったのかい?」

ユノスと隣りのお土産屋さんにあるソファに腰をかけて、
コーヒーを飲みながら僕は満足感に浸っていた。

 

 

「ほんとうに!ありがとう!
やー、自分のものじゃないけど、今すげー嬉しいよ!」

「それは良かった♪
シミもハッピーでキリムを手に取った人もハッピー。
もちろんおれも嬉しい。
そしてそれがハッピドキアなのさ♪」

 

 

相棒のまおと企画している「旅する雑貨屋”Drift”」

何回も書いてるけど、これはビジネスじゃない。

世界一周に出発する前に僕が相棒に
「2万5千円づつ出し合って、5万を10万円にしようぜ?」
ともちかけた企画だった。

それが僕が旅先で雑貨を仕入れ、
何回も雑貨に対するやりとりを相棒としていくうちに
だんだんと僕たちの雑貨屋が形になってきた。

 

 

ストーリーが人から人へ渡っていく

そんな意味も込めてつけた「Drift」。

このキリムを手にする「誰か」は一体どんな想いで
このキリムを買ってくれるんだろう?
そしてどんなストーリーを
このキリムに詰めこんでくれるんだろう?

僕たちがいつの日か出会う「誰か」のことを想うと
嬉しくてたまらない。きっと喜んでくれるんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

仕入れは
キリムだけじゃない。

次に仕入れるのはモザイクランプだ。

まぁ、モザイクランプはイスタンブールでも
手に入るんだけどね。

仕入れ先はユノスの友達のお店。
僕がギョレメに来た時にギターを弾いた場所だ。

IMG_1295

 

 

この「友達のお店」という響きに、
若干の胡散臭さを感じなくもない。字面だけ見たらね。

もしかしてマージンとか取られちゃうんじゃないか?
知らないだけで、別の場所だったらもっと安く
売っているんじゃないか?

東南アジアを通って来た僕は本来の値段よりも
高くふっかけてくるお店だったり、
値切って買ったのに別の場所だったら
もっと安く売っていたりするシチュエーションを
たくさん経験してきた。

だけどここで大切なのは信頼関係だと思う。

もちろん自分の知識があれば
それに越したことはないんだけども。

 

 

 

お店の天井には様々なモザイクランプが
つり下げられていた。

IMG_1291

 

 

電球に被せるだけで幻想的な灯りを漏らすモザイクランプ。
スタッフのお兄さんに言って
ひとつひとつをチェックさせてもらう。

IMG_1293

 

 

「あ!じゃああのブルーのやつ、
ん~、カラフルなのも捨てがたいなぁ~。
ピンクってのもありかなぁ~」

ここにある全てのモザイクランプを
仕入れることはできない。
別に本職じゃないし、僕のお金にだって限りがある。

だけど、その制限の中で買えるものを
チョイスしていくことも面白いのだ。

 

 

仕入れたのは一番小さなタイプをカラー別に5色。
もちろんハンドメイド。

モザイクランプには何種類か形があるけど、
同じのに絞ったのは相棒との相談したから。

IMG_1292

右二つはカラフルなモザイクが散りばめられております。

 

 

お兄さんはモザイクランプが
割れないようにバブルシートで包み、
さっき仕入れたキリムも一緒に入る
大きめの段ボールまで用意してくれた。

IMG_1294

 

 

昨日「ここでランプ買うからね」と言った
別のお店で、小物入れとマルチバンドも仕入れた。

IMG_1296 IMG_1298

 

 

 

へっへっへ♪一体誰が買ってくれるんだろうな?

顔を始終緩めっぱなしで段ボールを抱えて
ハッピドキアまで戻った。

IMG_1303

 

 

少し休んだ後は、
ついに郵送!

 

 

 

 

 

 

 

 

何やら

「PTT(なんの略だろ?)」って場所で
安く日本に遅れるらしい。

スタッフのユノスとエリカンと宿泊客の
アリーと一緒に郵便局へ向かった。

このパキスタン人のアリーなんだけど、
イギリスに留学してたこともあって英語がペラペラ。
そんで15歳ってんだから驚きだ。
僕より10コ下なんだぜ?まいっちゃうよ。

てかスタッフの二人がデカくて写真に写ってないや笑。

IMG_1309 IMG_1311 IMG_1313

 

 

 

日本への郵送の際はいっつも緊張する。

IMG_1317

 

 

どんどん物価が高くなっていくからだ。
今回は一体いくらかかるのだろう?

グルジアで仕入れた雑貨も含め、
段ボールはけっこうな重さになっていた。

 

 

渡された紙に相棒の家の住所を書き込んでいく。

中身のチェックはユノスの顔パスだった。
実質ノーチェック。

ギョレメは大きな町じゃない。
ここで暮らす人たちはほとんどお互いのことを
知っているんだろうなぁ。

ガムテープで巻かれた段ボールが計量器の上に乗せられる。

 

 

 

「10.645kg」

IMG_1318

 

 

 

そして気になるお値段は~

 

 

 

 

153リラ!!!
80ドルぅぅぅぅぅ!!!

 

 

 

だ~~~!!!やっぱ高ぇよぉぉおお!!!
はい!赤字決定!

えっ???安い???

1kgあたりー、そかそか800円だもんね。

 

 

値段を下げられたのは僕が船便を選んだからだ。

船便で日本に送る場合、
雑貨が届くまでけっこう時間がかかる。
飛行機ならあっという間だが、
船便の二倍ちかくの料金だった。

また料金設定だが、重ければどんどん割安になっていく
システムのようだった。
だから今回10kg以上でここで送ったのはベストな選択♪

まぁ、まおくん、気長に待ってください。

IMG_1305

 

 

 

 

 

その後、エリカンとアリーで近くを散歩した。

IMG_1321

ちょっ!ナンパて!!!(ウソです笑)

 

 

足場の悪い所をズンズン進んでいくエリカン。

さすが地元の人間。
きっとこの道に慣れ親しんでいるんだろう。

IMG_1323 IMG_1325

 

 

 

「ここに住んでる人間はタダで気球に乗れるんだよ」

IMG_1324

 

 

エリカンがそう言った。

さっきも友達に
「よぉ!バルーン乗らねえのか?」みたいに訊かれてたな。

 

 

「だけどおれは乗らない。
高いところがダメなんだ。
ここに住んでいるのに一度も気球に
乗ったことがないんだよ。
だからみんなおれに
「バルーン乗らないか」って訊くのさ」

 

 

ははは。高いところがダメだなんてね。
もったいない。僕は気球に乗らない分、
雑貨にまわしたけどね笑。

 

 

 

 

 

カッパドキアと言えども、
ギョレメの町の中心部から離れると
観光地という感じが全くしなくなった。

道の奥の方で
『こんなところにお客さんが来るのだろうか?』
と思ってしまうような簡素な売店があった。

おじいちゃんがパラソルの下でチャイを売っている。
周りには砂をかぶったお土産や乾燥したフルーツが売っていた。

IMG_1327 IMG_1326

ちょっ!耳に綿棒ぶっ刺さったまま!

 

 

 

エリカンとおじいちゃんは顔なじみのようだった。

僕とアリーとで日陰に腰掛け、チャイをごちそうしてもらう。

なんだかこんな時間の止まったような場所があるんだなぁ。
なんだか映画のワンシーンみたいに見えた。

IMG_1328

 

 

チャイを飲み終えた後、もと来た道を引き返す。

エリカンが乾燥した枝豆のようなものを掴んだ。

おじいちゃんが後ろの方で何かわめいている。
そりゃお金払わないで持ってくんだもん。

 

 

「あのじーさんが何て言ってたか分かるか?
「もっと持ってけ」って言ったんだよ。
でもおれ、これあんま好きじゃないんだよな」

 

 

そう言って僕とアリーに
その枝豆みたいなものを分けてくれた。

かじってみるとほんのり甘かった。

「これがバイアグラになるんだぜ!」
と冗談混じりに言うエリカン。
そのままハッピドキアへ戻った。

IMG_1332

そんなぶすっとしてスイカ喰ってんじゃねえよ笑

IMG_1334

「クロスカウンター!」

IMG_1336

 

 

 

 

 

 

 

 

夕方になると

「夕日を見に行くぞ!」とユノスに誘われた。

パキスタン一家と一緒にユノスの車に乗り込む。

アリーは疲れて眠っているため、
アリーの両親と姉と僕の4人で夕日を見に行った。

 

 

ユノスの車はとてもレトロな車だった。

IMG_1338

 

 

 

「この車がどこの国の車か知ってるか?

「いや、どこ?」

「アメリカだよ」

アリーのお父さんが教えてくれた。

 

 

「この車を買うのがおれの小さい頃からの夢だったんだ」

ユノスがそう言った。
なんか、そういう子供の時からの
夢を叶えるっていいなと思った。

 

 

 

 

夕日の見えるポジションには他にも多くの観光客がいた。

端の方でいい感じのムードになっているカップルがいたり、
ウエディングドレスを着た花嫁がやって来たり、
さっきからずっとムードもクソもない
弾き語りをやってるヤツがいたり。

IMG_1350IMG_1354 IMG_1355

 

 

くそう!僕だって唄いたいぜ!

とりあえず彼らのギターケースにコインを入れ、
「一曲だけいい?」とStand by meを熱唱してやった。

風がビュービュー吹いて、
顔にかかる髪に気が散ってしまった。

 

 

日が沈んでしまうと、
観光客たちはどんどん町へと戻っていった。
僕も歩いてハッピドキアへと戻った。

 

 

カッパドキアかぁー。

ここでの日々がこんなに楽しいものになるとは
想像できなかったな。

気球に乗らなくたって、ツアーに参加しなくたって、
僕はここでの日々が愛おしい。

IMG_1340

———————————————
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

カッパドキアで日本へ郵送するのはお得!って感じでしょうか?
他にも安く荷物が送れるところがあったら教えて欲しいっす。

ほんでカッパドキア好きです♪や、ハッピドキアがいいんだ。

 

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★Facebookページ「旅する漫画家」もよろしくです。

★Twitterも「Indianlion45」。
ちなみに写真はiPhone4Sでエフェクトに「クローム」使ってます。
なんかフランス映画っぽい感じで撮れるから好き♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!