「僕は今、無責任なことを言っている」

世界一周359日目(6/22)

 

辺りは明るい。

時刻は4時半。

 

キャンプ場の隣りにあるバルーン・ツアーの
オフィスからは朝も早くから
従業員がツアーの準備をしていた。

意外にブルーシートの保温性があることが分かった。

もう少し寝よう。

 

 

二度寝から目を覚ますと、

ひとつ、またひとつと
向こうの岩山から気球が飛び上がって行くのが見えた。

IMG_1117 IMG_1119

 

 

もう少しここにいよう。

ブルーシートを体に巻き直し、
気球が飛び立って行くのをじっと眺めていた。

IMG_1125 IMG_1127

 

 

ここはトルコ、観光地として有名な
カッパドキア、ギョレメの町。
そこにあるキャンプ場の隣りにある
岩山のひとつが僕の寝床だった。

IMG_1126

 

 

だって、キャンプするのに
お金とられるなんてあんまりですよ!

てかカッパドキア寒い!寒いぞ!

こんなところで
キャンプやってるヤツは変態だ!
おれかっっっ!!!

 

 

 

 

 

あ~、さすがにカッパドキアで
野宿二日連続はできないわ。

ここには見所があちこちにある。

フル装備のままその全てをまわることはできないだろう。

7時からやっているカフェで早めの朝食をとる。

トーストサンドみたいなのが7リラ(333yen)。
観光地というだけあってそこそこの値段だった。

IMG_1135

 

 

カフェの店員さんに、一応ツアーの料金も尋ねておいた。

ツアーに参加して、ツアー会社に
バックパックを預かって、
見所をびゃびゃっとまわるのも一つの手かもしれない。

カッパドキアにはエリアによってツアーが別れている。
「グリーン・ツアー」とか「レッド・ツアー」とか
そういう名前で3区分くらいされているのだ。

そのお値段120リラ(5,711yen)。

若干のディスカウントはしてくれるようだが、
ツアーに50ドル以上も払うなんて…。

IMG_1129

 

 

去年の情報ではツアーの料金は
60リラから80リラだった。この一年で値上がりしたようだ。

ツアー内容ははメジャーな観光地をざっと回るものだけど、
僕はその全部を見たいとは思わなかった。

自分の見たいものだけ。
ミニマムでいいのだ。

だけど、そんなツアーはないという。

やめやめ。
お金を浮かすためにも自分で
バスを乗るなりしてまわることにしよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

その前に

宿を見つけるのが先決だ。

カフェのWi-Fiで他の人のブログから情報収集をする。

分かったことは今、僕がいるギョレメの町に
ドミトリーに安く泊まれるホステルがあるらしい。

10リラ(476yen)だなんて破格の値段じゃないか!!!

しっかりと住所まで調べ、
僕は重いバックパックを背負って歩きだした。

 

 

だが、あるはずの場所に目当ての宿がない。

IMG_1141

 

 

おかしいな。確かにDora Motelって言う名前で
ここにあるはずなんだけど。

新しい名前の下に
うっすらと前の名前をはずした跡があった。
場所は間違っていないはずだ。
もしかしたら宿の名前が変わったのかもしれない。

ホテルに入り、授業員にドミトリーはあるかと尋ねる。

ここにもドミトリーはあったのだが、
値段は25リラ(1,190yen)。
朝食つきみたいなんだけど…。
うーむ。やっぱり10リラだよなぁ。

話によるとドーラ・モーテルは移動したと言うのだ。

異動先を教えてもらっただが、やっぱり見つからない。

ギョレメの人たちはあっちだと言ったり、こっちだと言ったり、
一体どこにドーラモーテルがあると言うのだ!

僕はギョレメの町を行ったり来たりした。

IMG_1145

 

 

 

日本人旅行者の間で安宿として親しまれた
ドーラ・モーテルはいっちょまえに
「Dora cave hotel」という名前になっていた。

「以前は向こうにあったドーラ・モーテルですよね?」と尋ねると、
スタッフは「そうだ」と言う。

ドミトリーはあったのだが、値段は上がっていた。
25リラだ。どうやらギョレメの宿は軒並み値上がりしたようだ。

一応ドミトリーを見せてもらったのだが、薄暗く、
気持ちが沈んでしまう様なものだった。

スタッフの対応ももへっとしていて、好感が持てなかった。
これが人気のあったドーラ・モーテルの成れの果てか…。

ここに泊まる必要は無いな。
どうしようさっきの場所に戻ろうかな?

IMG_1147

 

 

 

 

ふらふらと歩いていると、
昨日仲良くなったお土産屋さんのスタッフとお店の前であった。

 

 

「グッモーニン」

「ようおはよう。
昨日キャンプしたんだろ?どうだった?」

「やー、寒くて全然寝れなかったよ。
宿に泊まろうと思うんだけど、
安いどこも値上がりしてるね。
どこか安いとこ知らない?」

「ドミトリーでいいのか?」

「もちろん」

 

 

スタッフさんはどこかに電話をかけている。
「そうそう。昨日ギョレメ
で野宿をかますアホな日本人がいてさー。あははは」
みたいな会話をしているに違いない。

 

 

「よかったら、
おれの友達のやっているホテルに行ってみなよ。
9ユーロだよ。
楽器の弾けるヤツがいるからすぐに仲良くなれるさ」

 

まぁ、これも何かの縁かもしれないな。
マップアプリでちゃんと場所まで確認して
僕は教えてもらった宿へと向かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HAPPYDOCIA(ハッピドキア)

というご機嫌な名前がその宿の名前だった。

のっぽなスタッフたちがヒマそうにしている。

IMG_1148 IMG_1156

 

 

「え~っと、さっき電話きたと思うんだけど。
ドミっていくら」

「9ユーロ。25リラだよ」

「オーケー。
じゃあ2泊くらいいいかな?」

 

 

もうここでケチってもしかたない。
カッパドキアを楽しむためには宿が必要だ。

案内されたドミトリーには他の宿泊客はいなかった。

ということは僕の貸し切り!

しかもさっきの宿なんかよりもずっと綺麗だ。

 

 

 

荷物を置いてスタッフに訊いてみた。

 

「もしかして、
今日の分の朝食とか食べれたりする?」

「それはどうだろうかぁ〜???」

わざとらしくしぶるスタッフ。

 

 

「ふふ。ついて来な」

 

 

と宿の三階はテラスになっており、
5台くらいのテーブルが置いてある。

「ここに座りな」と椅子に座らせられ、
出て来た朝食はー…

 

 

 

最高です。

IMG_1151

 

 

え???何??!!ツンデレなの?
この一見ぶっきらぼうに見えてこのおもてなし!

テーブルには豪華な朝食が並んだ。
それをスタッフたちと一緒になって食べる。

 

 

「いや~!キャンプのあとだから
めちゃくちゃうめぇ~~~!」

「だろう?ハッピーか?」

「ハッピーっす!」

「ふっふっふ♪これがハッピドキアなのさ!」

「ほらほら!どんどん喰いな!」

IMG_1153

 

スタッフと話していると分かったのは、
ハッピドキアはオープンしてまだ一ヶ月も経っていない
新しいホテルだということだった。
どうりでベッドがあんなに綺麗なわけだ。

それに僕が初めての日本人のお客らしい

 

 

おいおい。なんなんだよこれ?

きっかけは昨日のお土産屋さんだ。

そこで弾き語りして、スタッフと仲良くなって、
今日、目当ての宿が見つからなくて、
お土産屋のスタッフの友達が経営している宿に僕は今いる。

なんだこの繋がり???

ツイているとしか
言いようがないっ!

 

 

 

 

ご飯を食べて後は僕もギターを披露した。

IMG_1154 IMG_1160

 

 

即興で3つのコードから成るアホみたいな曲を唄う。

頭の中にある英語の歌詞をテキトーに当てていき、
できあがったのはハッピドキアのテーマソング笑。

 

 

「そんな難しく考えないでさ、
仕事なんて辞めちゃいなよ。
ここに来れば最高だぜ?
ハッピド~~キア~~♪
ご機嫌な場所だぜ~!」

とかそんな歌。

 

 

陽気なスタッフたち。

リーダーでミュージシャンのユノス。
中東でテロリストやってそうなキャップのエリカン。
自称映像監督でヒッピーみたいなお団子ヘアのフィケット。

そしてそこにいる旅する漫画家。日本人の僕だ。

漫画みたいなキャラクターたち。

 

 

なぁ、音楽って素晴らしくないかい?

音楽が僕たちを引き合わせてくれたんだぜ?

 

 

 

 

 

 

 

 

エリカンは

日本語学校の教師をしていた韓国人の彼女がいたらしく、
簡単な日本語は知っていた。

 

 

「前はもっと喋れたんだけどな。
もうすっかり忘れちゃったよ。
なあに、話していれば思い出すさ」

 

 

と言って「トモダチ!」と僕に
フレンドリーに接してくれる。
(会話の内容のほとんどは下ネタだけどね笑)

そんな彼は点在する観光名所に
ギョレメから徒歩でどれくらいかかるかを教えてくれた。

まぁ2、3日滞在するとして、そうだな。
まずはウチサルとやらに行ってみようじゃないか!

 

 

 

 

朝食もたっぷり食べたので運動がてら歩いた。

バックパックのない移動がこんなに楽だなんて。

途中にあるパノラマビューの見れる場所へ行ったりして
のんびりとウチサルを目指す。

IMG_1163 IMG_1166 IMG_1168

 

 

ウチサルってのは岩のお城みたいな場所だった。

ギョレメの町からでもその姿を見ることが出来る。

徐々に近づいて来るウチサルの城はまるで
ファンラジーかゲームの世界みたいだった。

IMG_1173

 

 

城の前まで行くと僕は眠くなっていた。

キャンプすると睡眠時間が短くなって、
その分活動時間が増える。眠くなるのも無理ないか。
入り口脇のベンチで昼寝をした。

IMG_1182 IMG_1188

 

 

 

目を覚ますと、6リラの入場料を支払って中へ入った。
ここへは観光しに来たんだ。お金を出す所では出そう。

ウチサルは高台から臨む景色は綺麗だったが、
それっきりだった。別にお城の隠し部屋が見れるとか
素晴らしい壁画が描かれているとか
そんなのはなかった。ちょっとがっかりだ。

IMG_1190 IMG_1194これが5リラ…
他の町なら1リラちょっとで買えるよ…。がっかりだ。 

 

 

 

 

 

 

時刻は14時。

まだ一カ所行けるかもな…。

マップアプリで行けそうな場所を探しす。
少し離れているがデリンクユと言う
地下都市がある場所に行けそうだ。

そう決めると、僕は道路まで歩いていき親指を立てた。

道路はそこまで広くない。
車が止まるスペースもそこまでない。

こりゃダメかなと思ったが、
フレンドリーに一台の車が止まってくれた。
ほんとうにツーリストに寛容な国だよ。


「ネブシェヒルまで行きます」

「ああ」

 

 

とお兄さんたちに乗せてもらい、
ネヴシェヒルの中心地へ入っていく前に
降ろしてもらった。

そこからデリンクユへの続く道まで歩き、親指を立てた。
だが、今度も簡単には止まらない。

IMG_1196

 

むう…。やっぱ観光地ではキツかったかなぁ…。

 

 

だが、そこでも止まってくれるのがトルコなのだ。

しかもツーリストバス。

IMG_1198

 

おい!なんなんだよ!
なんでそんなに優しいんだよぉぉおおお!!!!

IMG_1199

 

デリンクユ行きのバス。5リラ(238yen)。
こんなにもスムーズに移動ができるなんて。

 

 

 

 

 

デリンクユについた僕は地下都市へと入っていく。

IMG_1201 IMG_1204 IMG_1205 IMG_1211

 

 

入場料は15リラから20リラ(952yen)へと
値上がりしていた。この一年で何があったんだろう?

ちょうど韓国のツアーとかぶっており、
なかなか先に進むことが出来なかった。

まぁ、急ぐわけでもないけど、
韓国語の説明だから何言ってるのかわからないんだよね。

持て余した時間でここぞとばかりにセルフタイマーを切る。

IMG_1209 IMG_1210 IMG_1213 IMG_1220

 

 

ツアーが進むに従って内部はどんどん複雑になっていった。

2つ先の部屋まで行ったら
ツアー客の姿が見えなくなってしまう。
たよりは声のする方角だけ。

ビビリの僕は真っ暗闇に一人でつっこむ勇気がなかったので、
ツアーから一旦離れては合流するのを繰り返した。

地下都市内は他のツアー客の姿もあった。

ここはツアーに参加しなくても
ついていけちゃう場所だったな。ラッキー♪ラッキー♪

地下都市を楽しんだ僕はそのままバスに乗って
ギョレメまで戻ることにした。
バスの中ではすぐに眠ってしまった。

IMG_1230

 

 

 

 

 

 

 

「ほら、ここで降りなよ」

と添乗員お兄さんに起こされた。

ん?もうギョレメっすか?!

荷物を持って降りると、そこはギョレメではなく、
隣町のネブシェヒル。
どうやらここでバスを乗り換えなくちゃいけないらしい。

バスの時刻を確認して、僕はこの街で
バスキングをやってみることにした。

 

 

そこで見つけた一人のバスカー。

しゃがれた声で英語の歌詞の歌を唄っている。
自分と同じことやってるヤツを見ると
嬉しくなってついつい声をかけてしまう。

お互い一曲づつ披露すると僕たちは
すっかり仲良くなってしまった。

IMG_1233

 

 

「なあ!よかったら
おれたちのうちに遊びに来ないか?
コーヒーごちそうするぞぜ?」

「帰りバスもあるから40分くらいなら」

まわりにいたルームメイトといっしょシェアルームへと向かった。

 

 

トルコ人のバスアカーの名前は
ルーズベルトと言った。まぁニックネームだろう。
僕も「シミ」って名乗ってるし。

IMG_1238

 

 

かなりのアメリカ好きで、部屋には
アメリカのシンガーたちのポスターが貼ってあり、
アメリカの星条旗が壁にかかっていた。

IMG_1240

 

 

てかスリッパが
シンプソンズって…。

IMG_1242

 

 

「おれは絶対シンガーになってやるんだ!
いつかはこんな場所抜け出してやるのさ!」

「なぁ!なんでおれは一体
こんなクソったれな場所にいるんだ!!??
ああ!ここはおれの居場所じゃない!
いつかはアメリカに行くんだ!」

 

 

ルーズベルトは流暢な英語で自分の夢を語った。

ツアーの仕事に従事してないで
留学もしていないルーズベルト。

よっぽどアメリカン・カルチャーに惚れ込んで
英語を練習したのだろう。
その熱意が彼の話っぷりから伝わって来た。

 

 

「でも、アメリカに入国するのは
なかなか大変だぜ…」

 

 

どこか自分の夢が叶わないと
諦めているように彼は言った。

お互い25歳ということもあり、
「夢」というものに向き合う気持ちみたいなのも
痛いほど理解できた。

 

 

「ほら、この曲知ってるか?マジで最高なんだぜ?」

 

 

とコピーされた何十枚もの英語の歌詞と
コードの書かれた楽譜の中から、
ルーズベルトが選曲して唄ってくれる。

さっきは屋外で歌を聴いていたけど、
室内で聴く彼の歌声は僕の心を揺さぶった。

その唄い方から彼の想いを感じることができた。

IMG_1243

 

「あぁ!ったくなんでおれは
ここにいるんだよ~!
アメリカに行きてぇ!」

「なぁ、ルーズベルト、バスキングって知ってるか?
さっきみたいに路上で唄ったり
ストリート・パフォーマンスをしてお金を稼ぐことなんだ。
君に勇気があればアメリカまでとはいかないまでも
旅をすることは可能かもしれない。

旅人の中にはね、バスキングをしてお金を稼いで
外に寝泊まりしながら旅を続けるヤツらもいるんだぜ?
まずはイスタンブールからでもいい。
挑戦してみたら何か得られるんじゃないか?」

 

 

きょとんとした様子のルーズベルト。
僕もバスキングの存在なんてブログから知った。

彼はきっと、ただ黙々と英語とギターの練習を
続けて来たんだろうな。

 

 

「それにね。インターネットさえ使えれば
「カウチ・サーフィン」っていうホームステイの
サービスもあるんだ。
お金がなかったらそれを使ってみるのも手だろう」

今僕は無責任なことを言っている。
だけど、現実だけ見てても何もできないのも分かってる。

 

 

 

「勇気はあるか?」

と伊坂幸太郎は「モダンタイムス」の冒頭に書いた。

ここでは新しい何かに挑戦する勇気を問いたい。
失敗することを恐れていては何もできない。
家に忘れたならとってくればいい。

 

 

僕はルーズベルトにエールの意味を込めて名刺を描いた。
ギターを背負った彼がニューヨークの町に立つ絵を。
ファッキンアメイジングだぜ!と渡した名刺を
大事そうにしまうルーズベルト。

IMG_1235 IMG_1237

 

 

「どれがいい?」

彼の手にはピックが並べられている。

「ん~、じゃあこれ」

「おれのこと絶対忘れないでくれよ。このピックを使った時、シミは絶対おれのことを思い出すはずさ」

「ああ。忘れるわけなんてないさ」

IMG_1250 IMG_1251

 

40分と言ったはずが2時間近く経っていた。

バス停で彼らと別れる。

頑張れよルーズベルト。アメリカに行けよ。

ただ、アメリカに行かなくても、お前の未来は輝けるはずさ。

IMG_1252

 

 

アツくなる胸。バス停でギョレメ行きのバスを待った。

近くにいたおねえさんが教えてくれる。

 

「ギョレメ行きのバスなら
もう終わったわよ」

 

と。

 

 

 

えええぇぇぇぇぇ~~~~~….

IMG_1256 IMG_1257 IMG_1262

———————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

結局ヒッチハイクを駆使してギョレメに戻ったシミでした。

てか長え!自分で日記書いてても長ぇ!
トルコで一日のボリュームが増えました。好きです。トルコ。

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入るしくみです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★Facebookページ「旅する漫画家」もよろしくです。

★Twitter「Indianlion45」

2 件のコメント

  • 俺もシミに無責任な事をたくさん言って、シミの世界一周の後押しをしたからなぁ。良いじゃない?それで。俺は良いと思う。

    • >まお

      あれ?そうだっけ?
      全然そんなの覚えてないや笑。

      まぁ世界一周はおれの夢だったからね。

      親にも言わないで温めてた企みだったから。

      似た様な夢を抱えて、動けないヤツには
      動いて欲しいんだよ。
      とりあえず「何か」してみなよって。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です