「アローさんの苦悩」

世界一周127日目(11/2)

 

Pai行きの
ミニバスのケットは
もちろん朝イチのものだ。
片道160バーツ(507yen)。

早く着いた方が
その分行動できるしね!

IMG_4332

 

 

インドビザの受け渡しが
一週間後とのことなので
それまでチェンマイを離れて
別の場所に行ってみることにした。

同じ宿に泊まっている
フランス人のおっちゃんが言うには

「パーイは
アーティスティックな町」

らしい。

 

夜な夜な音楽が流れ、
沢山のミュージシャンがいて、
オーガニックな食べ物や
路上ペインターもいるとかなんとか。

「バスキングするのに
向いてるんじゃないかな?」

フランス人のおっちゃんはそう言った。

 

 

他の人のブログで
パーイがどんな町なのかは
ちょっと知っていた。

「女のコが絶対好きになる
カワイイ町」

ブログから得た印象はそうだった。

 

でも、
こうして他の国の旅人から得た情報で
パーイの町を違った見方で見ることができる。

 

 

 

 

 

朝8時にやってきた
ピックアップのドライバーのおっちゃんは
ファンキーなヤツだった。

IMG_4343

 

 

「ほれ!行くぞ!
さっさと乗り込め!」

 

笑顔で乗客たちをせかす。

簡単な挨拶くらいの日本語を知っていたし、
後から乗り込んできた中国人の女のコたちとは
中国語で会話していた。

 

そして、
隙あらば女のコの体をペタペタ触る
彼のスケベっぷり
を垣間見た時、

そのフランクなキャラ作りに
感心せずにはいられなかった。

 

だって
あんなドライバー
今までみたことないもん笑。

IMG_4341

 

 

 

 

 

 

 

 

パーイまでの道のりは
くねくねとしたカーブの連続、
曲がる度に「G」のかかる山道だった。

そしてなぜか、
ミニバンの全ての座席には
頭を支える部分がなかたった

 

アクシデントとか
壊れてしまったとかで
座席の頭の部分がないとか
そんなんじゃない。

ミニバンの中は比較的綺麗だったし、
どう見ても
意図的にはずされているのだ。

 

寝ようとすると
ミニバンが山道に揺られる度に
頭を支える部分と座席をジョイントする
プラスチックの部分に
「ガチガチ」とぶつかり
とてもじゃないが眠る事なんてできない!

 

 

これはあれか!?

 

「パーイに
着くまでは

一瞬たりとも
寝かせない!!!」

 

っていうドライバーの
意思表示かぁッ!

 

確かに
頑張って運転しているのに
乗客がぐーすか寝てたら
「誰が運転してやってると思ってるんだ!」
ってなるかもね。

 

ふふ♪

まったく、
寂しがり屋さんなんだから。

 

 

 

 

 

 

 

ま、普通に寝たんですけど(笑)

 

あんなに「ぐぁわんぐわん」横に揺られたら
吐きそうになってしまった。

 

ううぅ…
お腹の中で今日食べた物が
シェイクされているのが分かる…

 

 

出発前に
30バーツ(95yen)
頼んだトースト

バターオンリーの味付けだったばかりか
それはそれはチンケなもので

その値段に納得できなかった僕は
近くのセブンイレブンで
13バーツ(41yen)の
カップヌードル
を食べた。

IMG_4338

 

 

それに加えて
途中休憩で停まった小さなレストランに
10バーツのリンゴが売っていた。

IMG_4347

 

 

昼飯を食べないつもりだったので
お腹をふくらませるためだけに
買って食べてみたところ

適度な甘さ
「シャキシャキ」とした触感!

 

思わず2コ喰った。

 

 

 

 

やばい!

このままでは
僕のあだ名が

「ゲロ夫」

になってしまう!

 

 

 

欧米人A:

「いやぁ〜〜…
パーイ、
マジクソ楽しかったよね!」

 

欧米人B:

「うんうん!
でもさぁ

行く途中のゲロ夫”がさぁ〜…」

 

欧米人A:

「”ゲロ夫”なっ!
マジでなかったよなっ!」

 

欧米人:A&B

「はっはっはっはぁ〜(笑)」

 

 

ピスタチオの殻を向きながら
ビールを飲むヤツらの顔が
ありありと浮かぶ!

 

 

 

 

そのような事態は
絶対に避けなければ
ならない!
絶対に!!!

 

 

 

僕は一番後部座席に座っていたんだけど、
横の席には誰もいなかったので
足を伸ばして横になった。
ちょっと申し訳ないなと思いながら

 

iPhoneからマイナーな
サーフミュージシャンの音楽を聴いて
窓の外の景色を見る。

 

チェンマイの町とは全く違う。

豊かな自然。

こんな場所に
アートの町があるのだろうか?

 

そうこうしているうちに
ミニバンはパーイの町に到着した。

そこまで広くはない路上には
沢山の観光客の姿があった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミニバンを降りると
チェンマイのゲストハウスで会った
フランス人のおっちゃんの
おススメの宿を探した。

シングルで100バーツ。
部屋にはWi-Fiもシャワーもついているらしい。

 

だが、
辿り着いたその宿では
値段が上がっていたばっかりか、
100バーツの宿はすぐ隣りの宿だと言う。

しかも
隣りの宿(100バーツ)にいたっては
予約が入ってしまっているので
泊めてあげれるのは2日間だけと言う。

 

むう…。

 

 

この
「重たいバックパックを背負って安宿を探す」
がお決まりのパターンになっているなぁ。

 

だが、そのすぐ後に
衝撃的な看板
僕は見つける事になる。

 

 

 

「ドミトリー80バーツ(253yen)

IMG_4352

 

 

タイに来てついに
100バーツを切る宿を発見した。

僕は迷わずそこにチェックインして
荷物を置くとパーイを歩き始めた。

 

IMG_4361 IMG_4373IMG_4372IMG_4409

た、確かに!

 

IMG_4402 IMG_4395 IMG_4396

 

カワイイぞ!ちくしょー!

IMG_4369IMG_4389

 

 

もはや雑貨があり過ぎて
何を買っていいのかわからないくらい
雑貨屋さんがあるし、

カフェやバーも沢山ある。

バイクなんて100バーツで借りられるし、
保険とか別にかかるみたいよ。

周辺の温泉や滝へのツアーも充実している。

 

モロにアートというわけではなかったが
パーイという町を売っていこうとする
熱意のようなもは感じる事ができた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そろそろへばってきたし
宿に戻ろうかというところで
日本語のレビューが書かれた看板
を見つけた。

IMG_4416

「貧乏な旅人、
学生には超オススメです!」

IMG_4417

 

 

なんてそんなことが書いてある。

 

おれじゃん。

 

 

 

ぽけっと突っ立って
レビューを呼んでいると
中から愛想のいいタイ人が声をかけてきた。

 

アローさん
はここで日本人向けのゲストハウスを営んでいる。

IMG_4411

 

 

日本には2回訪れたことがあり、
日本のことが大好きなアローさん。

日本人の旅行者を見かけると
ついつい世話を焼きたくなってしまうと言う
ホスピタリティーの持ち主だ。

 

宿には最近訪れた日本の学生たちの
レビューノートを読ませてもらったが
宿泊からツアーからまで
いろいろと充実しているみたいだ。

僕はツアーにはあまりいかないけど。

 

 

 

アローさんは「コーヒーを飲むか」と訊いてきた。
「いや、いいっすよ」と僕が遠慮すると、
「問題ナイ♪問題ナイ♪」と
世話焼きのおばちゃんみたいに
インスタントコーヒーを作ってくれた。

 

 

 

眠くなったら
そっこー宿に戻ろう(笑)

 

睡眠薬が入っているなんてことはなく
アローさんと楽しくお喋りして
僕はいったんゲストハウスに戻った。

アローさんが言うには
今日はローカルなお祭りがあるらしい。

IMG_4421

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕方の町を
プラプラぶらついて
僕がギターケースを置いたのは
セブンイレブンの前。

IMG_4425

どこもかしこも露店が出ていて
人通りもそれなりにある。

 

 

楽しくやること!

今の僕にできることはそれだけだ。

 

歌のうまい棒立ちシンガーとか
僕はイマイチ惹き付けられない。

下手でも、
アジがあって、
「おれはここにいるんだぞ〜!」
って魂込めて歌うヤツの方が
僕は好きだ。

 

曲に気持ちを込めて。
音楽に合わせて体を揺らしながら
僕は歌う。

 

 

 

子供連れのお父さんとかが
ニコニコしながらこっちを見ていると
なんだかこっちまで笑っちまうよ。

 

なかには
水とジュースを差し入れてくれる
あんちゃんもいた。

 

「いや!いいよ!」

と僕が言うと、

「plesent for you」

と笑顔で去って行った。

 

ありがとうです。

 

 

観光客のリアクションは薄いけど、

ようは「どこまでバカになれるか」
だと僕は思う。

やらなきゃ始まらない。

一歩下がったら、次の一歩が遠のく。

 

アガリ276バーツ(873yen)。

目の前をパレードが横切って
僕の路上は終了した。

タイのみんなが
銅鑼をじゃんじゃん鳴らし、
楽しそうに踊っている。

 

楽しいのが一番だ。

IMG_4427IMG_4428IMG_4437

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰り道
アローさんに呼び止められた。

IMG_4446

 

 

ガールフレンドの美容院の
椅子に座りながら

さっき会ったときよりも
ちょっとオシャレな服を着ている。

お祭りで踊って、
足が疲れたなんて言っている。

 

 

アローさんは「何か飲むか?」と
言って、僕の遠慮なんて気にせず
セブンイレブンで
タイのお酒を買ってきてくれた。

 

お酒を飲みながら話したのは
日本とタイの人当たりの違いだ。

オープンマインドのタイに比べて
日本人は内にこもり、
なかなか心を開かないだとか。

 

まぁ、よく聞く話なんだけど、
アローさんの宿に泊まった
日本人の旅行者たちの話を聞いて
だんだんと
アローさんの苦悩
の様なものが見えてきた。

 

 

日本人の旅行者たちの中には
僕の様に長期の貧乏旅行をする人もいれば、

ツアーなんかにお金を使って
めいいっぱい楽しむ旅人もいる。

 

そして
なかにはもちろん
ヒッピーのようなライフスタイルを実践しに
ここでアローさんのお世話になるヤツもいるようだ。

言ってしまえば
「きのこ関係」。

 

そして皮肉な事に
お金を落として行く人間は
ソイツらなのだ。

 

アローさんと話していると
やっぱりお金のためには仕方ないのかな
とも思わなくはなかった。

そういうのを聞くと
いいとこだけ利用されてる気がするよ。

 

お互いリスペクトを持って
通じ合えたらいいのにな。

IMG_4453

——————————————–
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

もちろん昨日はお酒のんで
そのままベッドにバタンキューでした。
ブログなんて書けません。

瓶の半分しか飲んでないのに。
くっそ弱いです。
ブーズィーです。

「うひぃ〜…眠い…
ブログマジしんどい…」

って笑。

でもさ、やっぱり自分の旅を形にしたいのさ。

 

そんな僕は巻きタバコに手を伸ばしてしまいました。

タイに来たらタバコやめられると思ったのになぁ。

 

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★スマホ用☟
にほんブログ村 世界一周

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!