「マザーベイビー・スクール」

世界一周273日目(3/28)

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 |

バナーをポチしてページの
読み込みが完了するとポイントがー…

って、たまには読む前にお願いよ。

 

 

ようやく
漫画も描き終えたことだし、
僕はある場所に行こうと思っていた。

IMG_3740

 

四年前にも訪れたことのある場所だ。

 

僕はもったいつけて話すのが好きなんだ。
そんな単刀直入にどこに行くか話しちゃったら
面白くないじゃないか。

英語の文法構造とはまるっきし逆。
日本人ならではのストーリー・テリングだ。

 

 

 

当時の大学生2年生だった僕は
旅に対して漠然とした憧れを抱いていた。

周りの大学生たちが長期の休み明けに得意顔で
「おれ、東南アジア一人で旅してきたんだぜ!」
というのを横目に、一人で小説を読みながら
心の中では羨ましがっていた。

そして彼らは旅の資金を
一体どうやって貯めているのか疑問に思ったものだ。

時給850円のうどん屋さんのバイトでは
なかなかお金なんて貯まんなかった。
(というより無駄な買い物ばかりしていた)

 

ビレッジ・ヴァンガードで
高橋歩の本を買って読んでは

『あぁ、おれも何かデカいことを
やらかしてみたいなぁ』

と空想したものだ。

 

そんな折、僕は相棒の提案で
インドに行くことになる。

高橋歩のサイトを見ていた僕は
そのとき「その場所」を発見したのだ。

『インドに
こんな場所があったのか!
おれって運がいい!』

 

 

 

 

 

 

 

シバ・ゲストハウス
の前で集合した。

IMG_3737

 

 

スタッフのリカさん、ヒロヨさん、コハルさん、
そして昨日会ったシンスケさんと一緒に
トゥクトゥクへ乗り込む。

IMG_3743

 

 

なんせ4年ぶりだ。ワクワクしてたまらない。

IMG_3746

 

「その場所」はガンジス川の向こう側にある。

ゲストハウスの集まる場所を抜けると
舗装された平らな道が続いてた。

IMG_3754 IMG_3762

 

 

 

だが、ガンジス川にかかる橋は
4年前と同じだった。

IMG_3767 IMG_3770 IMG_3771

 

 

その隣りには工事中の橋の柱が建っており、
ゆらゆらと水面が朝日を反射して輝いていた。

IMG_3772

 

ガンジス川の対岸は今でもローカルな場所だ。
砂煙が舞い、観光地とはかけ離れた
生活を人々は送る。

IMG_3780

 

 

トゥクトゥクはどんどんローカルな
場所へと入っていく。
舗装された道からデコボコの轍を辿るような道へ。

そして看板が見えた。

IMG_3782

 

 

 

 

 

 

「マザーベイビー・スクール」

IMG_3784

 

 

高橋歩さんとその仲間たちが、
学校に行けない子供たちのために建てた
フリー・スクール。

IMG_3786

 

 

授業前、校舎の外では子供たちが
ドロケイのようなことをやって遊んでいた。

IMG_3797

 

 

僕とシンスケさんは
2階に上がって荷物を置いた。

IMG_3787

 

以前、ここは
ゲストハウスだったんだよなぁ。
ふとそんなことを思う。

IMG_3789IMG_3791IMG_3793

 

リカさんから簡単に
オリエンテーションを受けた。

IMG_3788

 

 

マザーベイビースクールが
どのようにしてできたのかはもちろんのこと、
学校の時間が進んでいくのかや
注意事項までを伝えられた。

そして学校が今後
どんな未来像を描いているのか。

前回ここを訪れた時は
こんなオリエンテーションなんてなかった。

以前よりももっと学校らしく
なっていることが分かる。

IMG_3798

 

 

 

 

 

10:00になって
授業が始まった。

 

シンスケさんは一階の教室で、
子供たちの邪魔にならないように
後ろの方で授業を見学していた。

僕は2階のテーブルでコハルさんが
まだ勉強をする前の年齢の子供たちとのやりとりを
見学させてもらった。

写真を撮ると子供たちの集中力を
削いでしまうので
授業中の写真撮影はしないでほしいと
お願いされているので写真がないのが残念だ。

 

 

勉強を受ける前の年齢の子供たちがやることは
ブドウの絵が描かれた紙に
クレヨンで丸を描く練習だったり、
粘度で遊びや積み木遊びだ。

全校生徒が一度に
学校に集うわけではないようだ。

親の手伝いをしなければならず、
毎日学校にこれない子もいる。

今日、一番下の年齢のクラスに
出席していた子供の数は二人だった。
女の子と男の子。

 

 

コハルさんと子供たちの
やり取りを見ていて思ったのは、
この年齢の子供に物を教えるのは
本当に難しいということ。

女の子の方はブドウの丸を
クレヨンで細かく描いたり、
ヒンディー語をなぞる練習をしているのだが、

男の子の方ときたら
まるっきし集中力が続かない。
丸なんてかかないし、
クレヨンのケースで遊び始めてしまう。

小さな子供を叱り過ぎるものよくない。
彼らの可能性をダメにしてしまうからだ。

コハルさんは適度に男の子にヒンドゥー語で

「バス!バス!(ダメ、もう結構!)

と言うのだがー、いたずらっ子は
なかなか言うことを聞こうとしない。

この年齢の時、僕は一体
どんな子供だっただろうか?
自分が幼稚園に通っていた時を思い出す。

 

 

 

お昼ご飯の時間になると、
子供たちはそれぞれの家に帰っていった。

マザーベイビー・スクールに見学に来た人は
ここでランチをいただくことができる。

昼食はリカさんの手作りだった。
少し揚げたナスにとろみのある甘いソース、
白米にサラダ。

IMG_3802

 

日本人が作る料理は
やっぱり日本料理なんだと思う。
インドにある素材を使っているはずなのに、
僕は日本の味を感じずにはいられない。

 

 

 

ご飯を食べると僕は急激に眠くなった。

ここが学校だからかな?
子供たちと積み木遊びをしながら
僕は睡魔と戦っていた。

睡魔と戦うこの感じは
浪人時代の代々木ゼミナール。

昼ご飯を食べるともう眠くて眠くて。
授業の大半はサテライト授業。
緊張感に欠けるところがあったからかもしれない。
気づいたら授業がすっとんでたなんて度々あった。

あの眠らないように起きているのって
けっこうキツかったな(笑)。

 

 

 

 

 

 

そして、授業が終わった後は
特別授業だ。

僕はギターを持ってきていた。
最強のコミュニケーション・ツール。

リカさんが朝のオリエンテーション時に僕に尋ねた。

「もしよかったら、
最後に唄ってくれませんか?」

よろこんで!

 

 

唄ったのは自分のオリジナル曲と
鉄板の「Stand by me」。
そして奥田民生の「さすらい」。

教室にいい感じで声が反響する。

IMG_3804

 

 

一曲が終わるごとに、
子供たちは僕に向かって拍手を送ってくれた。

カメラマンを引き受けてくださった
シンスケさんには感謝です!

IMG_3815IMG_3805

 

 

「「上を向いて歩こう」
唄ってもらえます?」

ヒロヨさんが僕に言う。

もう、ドンピシャじゃないですか。
これで違う曲とか言われたら、

「(調子のって)ごめんなさい」

ってなってたけどね(笑)

 

ヒロヨさんは黒板にヒンドゥー語で
「上を向いて歩こう」のサビの部分だけ書き、
子供たちと一緒に練習が始まった。

IMG_3820

 

 

ここに立ってみないと分からないけど、
インドの子供たちが日本語の歌を唄っている姿は
どこか僕を嬉しい気持ちにさせてくれた。

IMG_3821

 

 

 

 

学校を建てることは簡単だ。

IMG_3823

 

 

お金さえあれば。

IMG_3824

 

 

だけど、
運営していくことが難しいのだ。

 

僕が分かったような
口をきくのははばかられるが、

こうやってマザーベイビー・スクールが
運営できているのはスタッフさんたちの
努力があるからだと思う。

だからこそ、力になりたいという方々が
表れるのだと思う。

 

2013年には子供たちに
卒業証書を与えることができる
ライセンスを取得したらしい。

そして今年中にゲストハウスの工事を
着工する予定なんだとか。

ゆくゆくは地元の人たちを巻き込んで
衣類やアクセサリーを作ってもらい、
それを地域活性化に繋げたいのだと、
リカさんはオリエンテーションの時に僕に話してくれた。

 

 

来てよかったよ。

IMG_3829

 

 

僕にできることはなんだろう?
今こうしてブログを書いて、
誰かに伝えることくらいしかできないけどー、

また、いつか
マザーベイビー・スクールに
行ってみたいと思う。

たぶんその頃には高学年の子供たちは
次の学校へ行き、下の学年の子供たちは
かわいい後輩を持っていることだろ。

そしてマザーベイビースクールは
もっともっと学校として充実しているに違いない。

 

 

行けばきっと何かを感じられるよ。

マザーベイビー・スクール。

バラナシに来た時はぜったい行ってみてね。

IMG_3831

————————————————–
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

この後、マザーベイビー・スクールの
スタッフさんのブログを読むと、気持ちがまた一層高まります。

見学に行っただけじゃ子供たちの名前を
全て分かることなんてできないけど、
ヒロヨさんが子供たち一人一人を紹介しているブログを読むと、
彼らをちゃんと見てあげてるんだなって伝わってきます。

にしても、高橋歩さんってすげーよなぁ。
そこで終わりじゃなくて、
今もこうして、子供たちが勉強できる環境があるんだもんなぁ。

アユム的に言うなら「マジ、リスペクト」です(笑)

 

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★旅する雑貨屋Drift、企画が水面下で着々と進んでおります。
スタッフのまおが作ってくれたFacebookページ
旅する漫画家」もよろしくお願いします。

★Twitter☞「indianlion45」

2 件のコメント

  • シミさんお久しぶりです。
    お元気ですか?
    ブログ今更ながらですが、拝見させていただきました。
    本当にありがとうございます。このように、ブログに取り上げていただいたことに感謝しております。
    今、私は日本に帰国中ですが、8月頃にまたインドに戻る予定です。
    上を向いて歩こう、イージーライダーを思い出しては鼻歌を歌っていますよ!!
    シミさんの漫画、楽しみに待ってますね!!
    また、インドでお会いできる時を楽しみにしております。
    本当にありがとうございました。

    • >リカさん

      たった一日だけの学校訪問でしたが、
      あたたかく迎えてくれてありがとうございました。
      4年ぶりに訪れて、
      学校として充実していたことには驚きました。

      リカさんやヒロヨさんコハルさんたち、
      スタッフさんがいるからこそだと思います。

      マザーベイビーの生徒のみんなを
      紹介しているブログも見学に行った次の日に
      見させていただきました。

      先生が生徒のことを
      しっかり見ているんだなって
      ほっこりしましたよ♪

      インドは何回だって行きたい国です。
      ゲストハウスが完成した時には
      沈没させてください笑。
      (きっと完成までにまた
      ドラマがあるんだろうなぁ…)

      それではまた♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!