「ここには世界で二番目の城壁がある」

世界一周348日目(6/12)

 

ハッと目を覚ますと

目の前に気の良さそうなお兄さんがいた。

話てくるのはトルコ語なのでよく分からないが、ジェスチャーで
「ここは寒いから、眠れるところへ連れて行ってあげるよ」
と言ってくれていることが分かる。

そんな、ありがたいんすけど、
ここでしばらく寝かせおいてもらえませんか…。

 

 

だが、お兄さんはその場から動こうとしなかった。

僕のすぐ隣りのベンチに座ってしきりに
僕を気にかけてくれている。

時刻は朝の4時。

でももう太陽は地平線から頭を出したのだろう。空が明るい。

お兄さんがあまりにもしつこく誘うものだから、
ついて行ってみることにした。

きっと開店前のキオスクなんかを
あてがってくれるのであろう。僕はそう予想していた。

IMG_0206

 

 

お兄さんはどんどん人気のない場所へ入っていく。

そこで僕の警戒レベルの針が一気にふれた。

 

 

「ごめん…やっぱいいや」

 

 

本当に町で野宿しているアジア人を
気にかけてくれた優しい人なのかもしれない。

しかし、悲しいことにその保証はどこにもないのだ。
どこで身を退くかは自分しだい。

僕は再びベンチに戻った。

 

 

一緒についてくるお兄さん。

な、なんなの??!!

 

 

また同じように
「ほら、ここは寒いからさ、僕について来なよ。
ちゃんと寝れる場所に案内して挙げるよ?さっ?」

とジェスチャーしてくる。

こういう時に事態が好転することはない。
自分からその場を去るのが一番だ。くっそ…。

僕は寝袋を無造作にバックパックにぶちこんで
その場を後にした。
お兄さんは今度ばかしは僕の後についてくることはなかった。

 

 

 

 

日が昇っていても、

町はゴーストタウンのようだった。

IMG_0207

 

 

そりゃそうだ。だって5時前だもん。

一部の朝の早い人を覗いて、
まだベッドでぐっすり眠っている時間だ。

見つけた公園のベンチで再び横になる。
石でできたベンチはひんやりとしていた。

IMG_0209

 

 

外で寝るのにゴールデン・タイムなる
安眠タイムがある。と思う。

たぶん、危険なのは深夜1時~3時。
まぁ、トルコは安全だけどね。

その後はさすがに誰も出歩かなくなるし、
日の出の4時、人が出歩き始める5時、6時
は安心して寝れる時間だ。

てか、変なところで起こされたな。

まったく。おかげぜ全然眠りにつくことができなかったよ。

7時前には公園内にはジョギングをする人の姿を
多く見かけるようになった。
同じおばちゃんの姿を何回も見るもの。

 

 

諦めて寝袋をたたむ。

そんな僕に声をかけてきたのはクルド人の学校の先生。
イサさんとい名前のおじいちゃんだった。
物理を教えているらしい。

IMG_0211

 

 

そんなイサさんと一緒に向かった先は
この町の見所でもある城壁だ。

気のいいおじいちゃんで一緒に話していて、
寝不足の僕の心を潤してくれた。

日曜日に干した布団みたな雰囲気のおじいちゃんだ。
たぶんイサさんの授業だったら間違いなく安眠できるな。
そんな考えが僕の頭に浮かんだ。

高校の物理の授業なんてまさにそうだった。
優しい先生だったんだけどな…。
爆睡でしたよ!

 

 

「万里の長城」は世界一の城壁なのみんな知ってる。

だが、ここに世界二位がある。。

密度だか高さは世界一らしい。
イサさんはそう自慢していた。

IMG_0212 IMG_0239

 

 

城壁の入り口でイサさんとお別れし、
僕はバックパックを背負ったまま城壁に沿って歩いた。

城壁はディヤルバクルの町に溶け込んでいた。城壁のある日常だ。

IMG_0217 IMG_0220 IMG_0213 IMG_0215

 

 

城壁の内側には人々が身を寄せ合うようにして暮らしていた。
小さくて簡素な建物が密集している。
IMG_0231

IMG_0225 IMG_0233 IMG_0236

 

 

この町で通過してきた町の風景とは一変した。
路地に入り込むとなかなか抜け出せなかった。

IMG_0226

 

 

 

 

城壁を楽しんだ僕はモスクの水飲み場で髪の毛を洗う。

IMG_0241

 

 

ついでにTシャツも水ですすで、
しぼって着てしまう。

臭いくらいだったら余裕でとれるし、
清潔さもずっと同じ物を着続けるよりかは遥かにマシだ。

濡れたTシャツはひんやりとして気持ちがよかった。

 

 

そのまま町を歩く。

IMG_0242

 

 

町のみんなが活動をし始める。
そこを歩く一人のバックパッカー。

いつものようにおっちゃんたちが
僕を呼び止めチャイを振る舞ってくれる。

IMG_0248

 

 

 

僕は吸い込まれるようにして路地に入っていった。

IMG_0257

 

 

どうしてここまで路地に惹かれてしまうだろう?

マジで「世界の路地裏から」って本
を作った人は偉大だ(僕は「2」を持ってる)

突然の来訪者に地元の人たちは興味津々。

ただのツアー客じゃなくて、
後ろにバックパック、前にサブバッグ、
手にはギター持ってるからね。
宇宙人かエリアンのように彼らの目には映っていただろう。

IMG_0259 IMG_0260

 

 

 

路地裏探索を楽しんで僕は表の通りに出た。

そこで見つけた。美味しそうな濃厚ジュース。
1.5リットルのペットボトルに入れられ、
おっちゃんが小さな鐘を鳴らしている。

IMG_0277

 

 

1リラコインをすぐに渡して、ガラスのコップについでもらう。

下先に触れ、喉を通過する黒い液体ー…

IMG_0279

 

 

 

ってまず!なにこれ??!!
クソ不味いじゃねえか!!!

IMG_0281

 

 

近くにいた英語が女のコが、
これが「メーアンキュキュ」という樹液から作られた
飲み物だということを教えてくれた。
健康飲料らしい。味が全然甘くないけどね!
しかも彼女は飲まないらしい。

IMG_0283

 

 

後からやってきたお兄さん二人は
すずしい顔をして飲んでた。
一体どんなシチュエーションで
このマズいドリンクを飲むのだろう?

 

 

ムスリムゆえの髪を隠した女のコとのお喋りの中で
興味深かったのは、シリアの内戦の影響で
この街にシリアの人々が流れてきたということだった。
ここで物乞いをやっているのはシリア人らしい。

そっか…ここでい生きていくのも大変そうだなぁと
ぼんやりそんなことを考える。

だって物乞いって、思ったよりお金入らないもん。
でも、仕事したくても簡単に就労できないんだろうな…。

 

 

 

 

 

 

Wi-Fiのあるカフェで
たっぷりネットをやった僕は、

IMG_0294

 
そのあとバスキングをして(全然稼げなかった)、

IMG_0297 IMG_0308 IMG_0301
時間消化のために再びカフェに戻って、

IMG_0309
閉店時間になると寝床を探しに公園へ行き、

IMG_0305ここは公園じゃないけどね。

 

 

『メジャーな公園は人が多くて寝れねえな』

と城壁の外側のベンチで寝た。そんくらいだ。

IMG_0306

 

 

それではみなさん、また明日。

————————————————–
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

え?なんで急に投げやりみたいな文章になったかだって?

さっき間違えて
データ消しちゃったからだよっっっ!!!

だぁクソ!間違えて新しい日記を上書き保存しちまったよ!
一体おれが1時間以上かけて書いたグダグダ日記は
どこに行ったんだ??!!誰か教えて!

なんで「取り消し」できねえんだぁ~~~!

 

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入るんだってさー。ふーん。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★Facebookページ「旅する漫画家

★Twitter「Indianlion45」

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!