「Food and Bed」

世界一周370日目(7/3)

 

イスタンブールに行くつもり
だった。

IMG_1962

 

 

 

そのつもりだったんだ。

いや、ほんとさ!うそじゃない。

 

 

「おれもイスタンブールに行くから
一緒にヒッチハイクで行こう!」

 

 

とサジュークが誘ってくれたから
僕はそうすることにしたんだけどー…

 

 

 

時刻は14時をまわった。

小柄で芸術家みたいに頭がモジャモジャで
ギターの上手いクルド人のサジュークはまだ起きて来ない。

き、きっと彼に名案があるのだろう。

僕は彼のことを起こさずにテーブルで
ずっと日記を書いていた。

 

 

 

 

「グッモーニン…」

「あ、出発、明日にする?」

「そうだねー…」

 

 

 

ここはトルコ、イズミルの街。

IMG_1963

 

 

 

偶然会ったクルド人のサジュークの
シェアルームに居候中。

サジュークが作ってくれた
遅めのご飯を二人でもそもそと食べる。

 

 

シェアルームのある建物に入るためには
入り口の鍵と家の鍵の二本が必要だ。

だから僕だけ個人行動をとる分けにはいかない。
仮にも泊めてもらっている身だし。

キッチンと食べ物は自由に使っていいと言ってたけど、
やっぱりそれは遠慮してしまう。
てか僕料理できねーんだわ。

泊めてもらうと、
ホストの生活リズムに合わせることになる。

それなりに気を遣うし、勝手な行動はできない。
なんか飼い猫みたいだ。

それでもありがたいっす!
タダメシィィィィ!!!

IMG_1965

 

 

 

サジュークは近々このシェアルームから
別の場所へと引っ越すようだ。

大学まで1時間以上かかるらしく、
もっと近くの部屋を見つけたんだとか。

 

 

ご飯を食べ終わってギターの練習なぞしたあと、
僕たちはようやく街へと繰り出した。

デイパック二つと衣類の入ったビニール袋3袋。

ギターとバイオリンとトルコの民族楽器、
バララマを二人で持って市バスに乗り込む。

IMG_1964

 

 

サジュークはお金を受け取ろうとしない。

僕の分の料金も払ってくれる。

ご飯だって、材料を買う時に
さっさと会計を済ませてしまい、
こっちがお金を払う隙を与えない。

ホスピタリティーがあるのは嬉しいんだけど、
こっちにもお金払わせて欲しいだよなぁ。

 

 

 

車内に荷物を一カ所にまとめると、
僕たちは空いた席に座った。

窓から海が見えた。

夕日を反射して波打つ。

逆光で乗客の姿が黒くシルエットになった。

IMG_1967

 

 

 

海に沈む夕日を見るたびに
なんとも言えない気持ちになる。

 

 

「夕日が好きなんだね」

「ああ。綺麗だ…」

「あと一時間半ほどすれば
空がもっと綺麗な色になるんだ」

IMG_1970

 

 

 

 

バスを乗り換えた。

海は建物で見えなくなり、反対側に山が見えた。

 

 

「イズミルは海と山があるのがいい。

それなのになんでったって
自然を壊す様な町づくりをするんだろう?」

 

 

山の一部には建物が建っていた。

イズミルの街自体、海沿い以外の山々には
それを埋め尽くすように建物が建ち並んでいる。

将来、故郷の村で暮らしたいと言っているサジュークは
街の暮らしが好きではないらしい。

もっとナチュラルであるべきだと言っている彼は
ベジタリアンで甘党だ(笑)。

 

 

 

 

サジュークの次の家は彼の大学のすぐ近くにあった。

建物のひとつに入っていき、最上階まであがる。

迎えてくれたのは同じくクルド人の
気の良さそうなユサフというヤツだった。

IMG_1972

 

 

次のシェアルームからも海が見えた。

サジュークに割り当てられた部屋は
その反対側で山が見える。

 

 

「ほら、前の家は全然光が
入って来なかっただろう?
ここなら毎日気持ちよく朝を迎えることができるよ!」

二日連続で爆睡をかましている彼には
ちょっと説得力にかけた言葉だったが、
気分がよさそうだった。

 

 

ルームメイトのユサフはサジュークのことを
「ケケ」と呼んだ。

クルド語で「兄弟」という意味らしい。

二人でギターとバララマで
お互いに知っている曲をセッションした。

音楽は時に人との結びつきを強固にする。

IMG_1975 IMG_1982 IMG_1984

 

 

サジュークがここに来るのはまだ2回目だと言う。

いいルームメイトだ。

てか、トルコもクルドも気さくで
フレンドリーなヤツらばかりなんだよな♪

 

 

 

 

 

 

 

 

22時をまわり

僕たちは大学へ行った。

IMG_1987

 

 

大学はこの時間だというのに開いていた。

他にも数人敷地内に生徒の姿を見れる。

この大学の自由な感じ。

僕の大学もこんなんだったら、
もっと楽しめたかもしれない。

IMG_1986

 

 

サジュークは僕に映像関連の仕事に就く友達や、
アニメーターの友達を紹介してくれた。

みんな日本人の僕に対してとてもフレンドリーだ。

 

 

「なあ、もっとここにいろよ!
おれたちがメシも寝床も用意してやるよ」

「ははぁ!みんなシミに同じこと言ってるよ。
「Food and Bed」って!」

 

 

旅が一年を経過し、旅の期限を考えるようになった。

何もしがらみがなければ、
僕はここにビザで滞在できるめいいっぱいの
3ヶ月いたかもしれない。

それでも間もなくトルコを旅して一ヶ月が経とうとしている。

どこに行ってもトルコは楽しい♪

名残惜しいときもあるさ。

でもそれも旅なんだと思う。

IMG_1996

 

 

 

バスに乗ってシェアルームまで帰った。

IMG_1999 IMG_2006

 

 

就寝前のチョコプリンが沁みた。

—————————————————
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

トルコで嫌なことあったっけなぁ?と考えた時に、
思い浮かばないです笑。国によって相性みたいなのはあるかもしれない。

もちろん訪れた国どれも素晴らしい経験を僕にさせてくれたけど、
トルコの楽しさは一番かもしれません。
毎日知らない人とあって、すぐに仲良くなれてしまうそんな国。

 

バナーをポチしてページの読み込みが完了するとポイントが入る仕組みです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★相棒のまおが作ってくれたFacebookページ
旅する漫画家」もよろしくお願いします。

★Twitterもね!
写真はiPhone4Sのクロームで撮ってます。
「Indianlion45」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です