「想像するとニヤケるよ」

世界一周177日目(12/22)

 

ひょんなことから
舞い込んだウォールペイントの原案依頼。

今日はネットカフェに行かずに
朝食を食べてのままDFCへ向かった。

 

いつものように25ルピー/42yenの
カプチーノだけ注文すると店員は

「50ルピーだよ。2倍量だったらね」

と言ってきた。

 

あぁ、愛すべき人懐っこいインド人よ。
このちょっとしか入っていない
カプチーノの量を増やしてくれるなら
僕は喜んで倍額払おう。

 

「そう、2倍にしてくれるの」

と僕が50ルピーを支払おうとしたら、

 

「ウソウソ!冗談だって」

とつまらないジョークをかましてきた。

 

昨日集中して下描きをしている最中に
ヒマになった店員たちが
僕のすぐ近くでジロジロ見てきたり、
テーブルの相向かいに座ってきたりするもんだから、

僕は思わず
ピリピリオーラ全開
で彼らを撃退してしまった。

 

たぶんそのことで仕返しにからかってきたのだろう。

ふふ♪
お茶目だなぁインド人は(イラッ)

 

 

「いいか?これは遊びじゃないんだ。
君たちのボスに頼まれて描いているんだ。
分かったらさっさとあっちに行ってくれないか?
集中を乱さないでくれ!」

 

そう言って近寄るなオーラ全開で
外部からのコンタクトシャットダウン。

確かに長時間テーブルを使わせてもらっているけど、
僕だってお店が混んでくれば席を外すし
お店との距離感は意識している。

でも忘れちゃならないのは
ここがインドだってこと。

IMG_8728

 

 

集中して絵を描いている時に
テーブルを揺らされたり、
肘をついてくるのが嫌い。

ミリ単位でペンを動かす作業中の
些細な振動はほんとうにイラっとさせられる。

「おい!てめえ
揺らすんじゃねえよ!」

このくらい言っちゃうくらいモードが切り替わります。

 

彼らからしてみたら
僕の豹変ぶりに驚いたことだろう。

昨日はヘラヘラと愛想のよかった僕が
急にピリピリし始めたんだから。

寄ってくる店員2人くらいに軽くキレると、
店員たちは僕の集中を乱さないように
遠くから観察するようになった。

悪いね。
でも、今日中に仕上げちゃいたいんだ。

IMG_8735

 

 

 

ここから5時間。
新しい下描き2時間とペン入れ1時間半×2。

プロの漫画家だったら
もっとずっと早いんだろうけど、
今までにない試みにけっこう時間がかかった。

原稿用紙ではなくいつもとは違う太めの色紙に
漫画を描くのに使う道具で絵を描く。

一番太い線が描けるGペンを使ったけど、
0.4ミリの耐水性のペンの方がよかったかな?

まぁこういうのも
回数を重ねていけば勝手が分かってくるんだろうな。

 

そして描いていて思ったことは

 

 

 

『これ、ウォールペイントなんて
できないだろうな』

IMG_7371

 

 

ということ(笑)。

 

オーナーのスマンスは
拡大コピーだか転写だかよく分からないが、
僕の描いた絵を映すんだと言ってきた。

だけど、転写したところで
この細かい絵を再現するには
かなり根気と時間がかかるだろう。

 

僕はフリーハンドで絵を描くことにこだわっている。
デジタル化する流れと完全に逆行している。

手で描くからこそ
その人のオリジナリティが出ると思っているし、
僕はそっちの方が好きだ。

 

いくらでも写実的に
描くことのできるアーティストはいるけど、

たとえ線がゆがんでいたとしても、
その人の世界観が出ている絵の方が好き。

日本の漫画家だと松本大洋さんの絵なんかそう。
めちゃくちゃアジがある。

香港の漫画博物館で見たステラ・ソウの影響も受けている。
今回はあんなかんじの絵が描きたかった。

 

「ごちゃポップ」とでも言おうか?
ヴィレッジ・ヴァンガードみたいな
ごちゃごちゃした雑貨屋さんが好き。

でもドンキホーテは好きじゃない。
なんだかワクワクしないから。好みの問題すね。

IMG_8732IMG_8734

 

 

 

 

 

『もらったら
嬉しいだろうな。

「これは日本の漫画家から
プレゼントされたんだぜ!」

とか自慢するのかなぁ?』

 

なんて自分の絵を受け取った時の
リアクションを想像すると頑張れる。

 

そりゃずっと同じ姿勢で
同じ紙に向かっているわけだから集中力も使うし、
時間が経てば経つほど脳ミソが疲弊してくる。

だけど、誰かが僕の描いた物を
待っていてくるから頑張れるんだ。

IMG_7372

 

 

大学生の時、1年間在籍したごみゼロナビゲーション。
周りの仲間たちが僕の描く絵に
レスポンスをくれたことが単純に嬉しかった。

誰かがいてくれるなら、僕は絵が描ける。
その気持ちで漫画家になることを決めた。

 

 

 

僕がデザインを完成させた時、
お店にスマンスはいなかった。

僕はチーフに完成させた
2枚のデザインを渡して宿に戻った。

あとで撮った写真を見返すと
至らない点の方にばかり目がいってしまう。

何事も積み重ねだ。
きっと次回はもう一歩分だけ上手くなっているはず!

 

集中力にも密度がある。今日はもうヘロヘロだ。

もっと上手く描きたいぜ…

IMG_8738

——————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております。 

Facebookページを相棒のまおに作ってもらいました!
ブログとは違うシミの旅をお届けして行こうと思います。

旅ノートに描いた落書きや訪れた町のちょっとした情報、
旅する雑貨屋「DRIFT」の仕入れ、などなど。

できたてのページですが、
よろしければ「いいね」してください♪

▷「旅する漫画家

さぁて、そろそろ次の町に進みますか!

その前に突破しなければならない
「問題」があるんですけどね…。

 

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

今日も読んでくれてありがとさんです。
ささっ!せいぜい10秒くらいの手間ですよ。
レスポンス!レスポンス!

僕のところにはにはサンタさんなんて来ませんが、
ポチくらいなら押せるよね?

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 

3 件のコメント

  • シミさんの描くものも味があると、前から思ってました。
    味があるというか…日本人離れしたタッチで、癖になる感じ…ですかね。
    あ、全然マンガ詳しくないんですけどねっ!
    失礼いたしました!

    • >ひろさん

      温かいメッセージ、
      ありがてぃよございます。ぐす…。
      ううっ…鼻水が。

      「日本人離れ」っていうか
      単に下手だからだと思います!

      フォローありがとうございます!

      ざっす!頑張ります!

      ってうのは冗談で。
      誰かがほんのちょっとでも「いいね」って
      言ってくると、本当に励みになるんす。
      だから明日も漫画描きます。

      今は絶賛製作中です!
      さぁて!カフェはどこだぁ〜〜!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!