「ノールーム・ノークライ」

世界一周191日目(1/5)

 

ホテル・カーニャ
チェックアウトしてバスで向かった先は

ナーガコイルという町。

IMG_9704 IMG_9705 IMG_9707

 

 

 

カーニャクマリは観光地ということもあり
安宿が全然なかったけど、
隣町のナーガコイルまで行けば
安宿があるんじゃないだろうか?

 

ここがどこだか分からないバスターミナルで降ろされて、
とりあえず近くにあったロッジに入って行った。

IMG_9714

 

 

ドミトリーが一泊いくらか尋ねる。

IMG_9716

 

 

 

「150だよ」

 

やすっ!

 

「でも満席だよ」

 

くそぅ…

 

 

ナーガコイルの滞在は
一日でいいかなと思っていた。

IMG_9719

 

 

とりあえず、この町がどんな雰囲気を
持っているのか感じられればいいなと。

IMG_9732

 

 

 

これからやらなければいけないことは
列車のチケットを取ることだ。

宿が確保できても
次の町に進めないんじゃ意味がない。

 

駅に向かいながら
安宿を探すも、シングルは満室。

ダブルしかないとか
もうやってらんないっすよ。

何を好き好んでベッドを
二つ使わにゃならんのだ?

 

宿にありつけないまま駅に到着した。

IMG_9726

 

 

もう、次の町に
進んでしまおうかな?

IMG_9724

 

 

駅のインフォメーションで
次の町までの列車はあるかと尋ねると
「10:50」とスタッフは教えてくれた。

 

お~!夜まで全然時間あるじゃなか!
それならこの町をプラプラ散策できるぞ!

 

肝心のチケットも主要都市じゃない小さい駅なので
余裕でゲットすることができた。

寝台で155ルピー(260yen)。

IMG_9722

 

 

 

「あれ?車両と座席の
ナンバーが書いてないけど」

「あ~、うん。
3番か4番の車両だよ」

 

超テキトー…。

チケットには列車の発車時間も書いていなかった。

 

 

 

駅を離れ、売店でタバコを吹かしていると

IMG_9734

 

 
「嫌な感じ」がした。

IMG_9736

 

 

現在の時刻は10:30分。

果たしてこのチケットは
22時の列車のものなのだろうか?

 

自分はてっきり夜の便だと思い込んでいたが、
これがあと20分後の列車だったら不味いことになるぞ…

でもここからまた駅まで戻るのはダルい…

だが、リスクは最小限にしておいたほうがいい。

 

だぁ~~~っっっ!!!
くっそう!

 

僕は駅までもう一度引き返した。

 

 

 

インフォメーションのスタッフに
このチケットが夜の便か尋ねると

 

「もう列車が到着するぞ!急げ!」と言われた。

IMG_9738

 

 

マジで危なかった…。

 

 

 

時間通りにやってきた列車に乗り込む。

 

念のため他の駅員にチケットを見せ
自分の車両がどこか尋ねると
「あ~そこらへん」と超曖昧なことを言う。

乗り込んだのは6番の車両。
きっとそこまで乗客がいないんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

走り出す列車。
3秒以内に横切っていく景色たち。

IMG_9740

 

田園にいる牛と白サギ。

 

川で泳ぐ子供たちや

 

線路沿いの小さな家の庭で
ボロボロのサッカーボールを蹴る子供たち。

 

線路脇にぼうっと立たずむ巻きスカートの老人。

 

踏切ではバイクやトゥクトゥクが
列車が通過するのを待っている。

IMG_9741

 

 

 

カメラを構える前に
あっという間に通り過ぎていってしまう
愛おしき風景たち。

これらの景色をいつまでも頭に残しておきたいけど、
それはきっと無理なんだろうな。

 

 

 

 

 

「その席はリザーベーションだ!」

 

と4時間くらい経った頃、
座っていた寝台を追い出された。

こういうインドの列車のテキトーさが厄介!

 

 

あと2時間どうしたもんか…。

すると近くの席に座ったお兄さんが
僕に席を分けてくれた。

ありがとうございます…。ほっ。

ヴァダイも分けてくれたり優しい人だったな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6時間の
列車の旅を終え、やってきたのは

Ernakulam(アーナクラム)という駅。

IMG_9747

 

 

 

目的地はKochi(コチ)という町なんだけど
直接アクセスはできないので隣町にやってきたのだ。

 

 

現在の時刻は5時過ぎ。

微妙な時間だ。

たかだか半日分のために
宿に泊まりたくはないのだがー…

とりあえず探してみるか。

IMG_9750

 

 

ここには安宿はあった。

ドミトリーで150ルピー。

IMG_9753

 

 

 

だがどこも満席。

 

駅周辺には至る所に
「LODGE」の文字が書かれた看板があるのだが、
安宿とは到底呼べない。

400ルピーならままだいい方で、
500~600とかザラにある。

 

こんなこと言ってたら
この先の旅に「安宿」なんかありつけないよ?と
思われるかもしれないが、

インドの宿のクオリティで
東南アジア以上の値段の宿には泊まりたくない!

 

仕入れた商品で重たくなったバックパックを背負って
何軒も何軒もあたる。

肩にずっしりくるバックパック。

おかーさーん!もう泣きそう!

IMG_9756 IMG_9767

 

 

 

『おっ!ここにも
YMCAがあるじゃないか!』

 

マップアプリ先生が僕に教えてくれた。

方向音痴の僕は
GPSの精度の落ちたマップアプリを頼りに
同じところをぐるぐる回ったりして
ようやくYMCAに辿り着いた。

IMG_9769IMG_9771

 

 

 

「は、ハウマッチ、
シングルルーム?」

「あっ?満室だよ。」

 

愛想のないおっさんスタッフが放つ一言。

 

も、もう嫌だ!!!!

ここから一歩も動きたくないよぉぉおおお!!!

 

 

「一晩だけでいいので
レセプション前のソファで
寝かせてもらっていいですか?」

「なにを言うとるんだね?
無理に決まっておるじゃないか」

 

ふぁ、ふぁっきゅ~~~~…

 

 

 

 

時刻は20時。駅までの道を引き返す。

ど、どうする!!?駅で野宿するか?

いや、このベトベトの体をどうにかしたいし、
ブログの下書きもやっておきたい…。

 

駅付近の当たっていなかった宿もトライする。
当然のようにドミトリーは満席。

わかった…。
安宿にはインド人がいる。

 

 

「はぁ、は、
ハウマッチ?」

「まぁまぁ、
とりあえず部屋見ていきなよ」

「僕の予算、
250ルピーなんですよ」

「え~!そりゃないよ!
だってうち500だもん!」

「わかりました…。帰ります…。」

「待て待て!400でどうだ?」

「いやぁ~…
300でどうっすか?」

 

最後に当たったロッジで
いつもの駆け引きを繰り返した。

350ルピー(588yen)までしか向こうも折れず、
最終手段の「帰るフリ」をもってしても
効果を発揮しなかった。

「あっそう。じゃ~あね~」的な!

ぐぬぬぬぬ…

 

「ひ、一晩お世話になります…」

IMG_9776

 

 

一日散々歩き回って疲れたからだろうか?

この日の夜、僕は熱が出た。

体が火照って、額が熱い。

明日の朝から移動できるのだろうか…?

———————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

旅で熱が出ると大変ですよね。
衛生面の悪い国とかだとデング熱とかもありますし。

幸い今は熱も引いたのですが、
いつもより体に力が入らない状況です。

インドの薬に頼っちゃえばいいのかなぁ?
でもそれも違う気がするし…。

 

★バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 

★Facebookページできました!
☞「旅する漫画家

どうぞこちらもよろしくお願いします。
インドのネット環境の悪い中、ちょっとずつ更新していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!