「国境をめぐる冒険」

世界一周300日目(4/24)

 

「ここが
タブリーズだよ」

IMG_5913

 

 

バスを降ろされたのはハイウェイ脇。
バスターミナルでさえなかった。

時刻は5:30。日も昇っていない。

待ち構えていたタクシー運転手たちが
「ホテル!チープ!」
なんて声をかけてくるけど、
僕はその誘いにはのらなかった。

とりあえずマップアプリで
自分の現在地を確認する。

そして、のそのそと
バスターミナルと思わしき敷地内に入っていった。

幸い降ろされた場所が
バスターミナルの外だった。

トイレもある。有料だったけど…。

IMG_5914

 

 

 

土地勘のない、なにもない場所で
降ろされるのは正直キツい。

それも太陽の出ていない時間なんかだと。
僕には考える時間が必要だ。

温かい飲み物をすすりながら、

『これからどうしようかな?』

という時間が。

IMG_5920IMG_5921

 

 

バスターミナル内には僕と同じように
夜を明かす人たちが他にもいた。

係員はここで寝ることにそこまで厳しくないようだ。

朝までもう一眠りしようかと
ベンチに横になった。

今日なにするかを考えるのはそれからにしよう。

だが、どういうわけか眠れなかった。
バスの中である程度睡眠が
取れていたのかもしれないな。

IMG_5918

 

 

バックパックを担いで
がらんとした売店へと移動する。

テーブルに座って角砂糖をかじりながら
紅茶を飲んで日記を書いた。

にしても、朝方のタブリーズは寒いなぁ。

バスターミナルの外へ出ると
風が吹き付ける。

patagoniaのアウターは風を
シャットダウンしてくれるのがありがたかった。

目指すアルメニアは
もうすぐそこなのかもしれない。

IMG_5916

 

日が昇っても僕は
しばらくバスターミナルにいた。
パソコンやiPhoneの充電もしておきたい。

売店の外にあるコンセントに
変換プラグと延長コード、
差し込み口を増やすタップを駆使して
電気を補充する。

野外で充電する場合、
そこを動けないのが悩みの種だ。

IMG_5923

 

 

暇つぶしにギター練習していると
ここでも物好きなイラン人が
何人か集まってきた。

 

警察までもやって来て、僕に
『パスポートを見せろ』
と言ってきた。

なぜ?

朝からご苦労なことだよ。まったく。

制服を着た警察は
バイクにまたがったままだった。

もしこれで持ち逃げされたら
おしまいだなと考えて、僕は
「WHY?」と訊いておいた。任意ですよねと?

 

「いいから見せなさい」

「だから何でですか?理由は」

「いいから」

 

まぁ、形だけの職務なんだろうけど、
バイクにまたがったまま
手を差し出してくる警察に
僕は意味のない抵抗をしたかった。

サブバッグの底から
マネーベルトに入れたパスポートを、
警察の手の届かない位置で見せる。

ほら。なにか問題はありますか?と。

 

「渡しなさい」

「見せたじゃないですか?
渡す意味はあるんですか?」

自分の顔写真の貼られた
1ページ目も開いてみせてやる。

 

そんなやり取りが数回続いて、
諦めた警察官はどこかへ行ってしまった。

ほんとうだったら夜に
バスターミナルで一泊しようかと考えたけど、
ここに戻ってくるとめんどくさそうだな。

 

 

充電も途中で切り上げて
僕はタブリーズの中心地を目指すことに。
距離にして2kmちょい。
歩きとPennyで行ける。

それにタブリーズにはバザールがあるらしい。
そこでもバスキングができるんじゃないか?

ビザも残すところ今日を入れて2日だ。

一日ここに滞在するのもありかもしれないな。

IMG_5925 IMG_5926

 

 

 

 

 

首都のテヘランから来た僕は
この街に落ち着いた雰囲気を感じた。

IMG_5931 IMG_5939

 

 

交通量はあるけどそこまでうるさくはない。

IMG_5953 IMG_5954

うん…いい表情だ

 

 

街の大きさも中規模だが、
ベーカリーやカフェ、
どこでも見かけるような飲食店、
洋服屋、お店もそろっている。

IMG_5942

なんか人形が乗っとる!!

 

IMG_5943

そのまま乗るんかーーーいっ!

 

 

若いヤツらはアジア人が珍しいのか、
ニヤニヤしながら僕を見てくるが、
絡みもしつこくない。

IMG_5951

 

マップを見ながら「BAZAR」と書かれた
通りを目指すことにした。

 

 

 

「Hello! How are you?」

と声をかけてきたのは
イーマンとモースンという
医大生二人組

普通に英会話できる。

IMG_5961

 

 

イラン人日常英会話集27ページに
書かれているやり取りをした後、

眼鏡をかけたモースンは

「よかったら、ついて行っていい?」

と僕に尋ねてきた。

「ん?別にいいよ」

 

物好きなヤツらだよ(笑)。

何が好きで僕なんかと一緒に行動したいんだか。

 

 

「他の国の人たちとは
話したことは会っても、
日本人に会ったのは初めてなんだ」

と言うモースン。

ちなみに友達のイーマンは
スマートフォンで誰かと喋ってる。

こっちは全然英語を話さなかった。
外国人に興味があるのはモースンだけなんだな。

 

 

「どこに行こうとしてるんだい?」

「バザールに行こうと思ってるんだ」

「ちょっと待ってて訊いてみる。
あ、バザールってどこにあります?」

道行く人に尋ねるモースン。

IMG_5955

 

 

「えっ?
君たちこの街に住んでるんじゃないの?」

「いや、ここじゃないんだよ。
ここから5時間離れたところに住んでるんだ」

「5時間!!??」

彼らは何しにタブリーズに来たんだろう?

そして5時間もかけて
ここに来たってのにも関わらず、
僕につきあうって…(笑)

ちなみに週2で大学は休講だそう。

 

 

 

 

バザール自体は
デパ地下のような場所にあった。

入り口を見ただけで狭そうなのが分かった。

適当な通りで荷物を置いて
通りを見定める。人通りもある。
道もそこまで広くない。
後が車道だけど演奏できないほどじゃない。

よし!ここで一回やってみるか。

 

「これから2時間ぐらい
路上演奏するけど、どうする?」

一応モースンに言っておく。

「いや、僕たちも見てるよ」

 

 

まわりの反応は好感触だった。

すぐにひとだかりができて
道が埋まる。チラホラとレスポンスも入る。

バカノリの男たちが「おひょーーー!!!」と
はやし立てたが、演奏できないほどじゃない。

IMG_5958

 

 

だが、人が集まり過ぎて
道を混雑させてしまったため、
前のお店のおっちゃんから一発退場を命じられた。

うぅ…、反応はいいんだけどな…。

IMG_5959

カメラを向けた途端キメるおちゃめなお兄さんだった。

 

 

それから近くで
何回かトライしてみたが、
周囲のお店の人から同じように
ストップをかけられてしまう。

別にお店の前で
やってるわけじゃないのになぁ。
まぁ営業妨害に思えるんだろう。

モースンいわく、
どこそこと言う公園でやれば
もっと稼げるかもよ?とのことだったが、

マップで確認すると
そこそこ離れた場所にあった。
バスで行かなくちゃいけない距離。

オーケー。
ここはバスキングに向かない街なんだな。

バザールも想像していたものとは違ったし。
ここに滞在する必要はないな。

僕は駅に向かうよ
そう言ってモースンたちとはここで別れた。

 

 

 

 

 

「ジョルファー」
という国境の町を僕は目指すことにした。

そこにアルメニアのボーダーがあるのかな?

IMG_5966

 

 

列車の方が安そうだから、
とりあえず駅に行ってみよう。

もしチケットが手に入らなかったら、
乗り合いタクシーでジョルファーを目指せばいい。

どうやったら国際バスを使わずに
アルメニアに入国で来るか調べておいた。

今の僕に一抹の不安もない!

IMG_5969

 

駅までの道のりは、
どのバスに乗っていいのか
分からなかったので、
徒歩とスケボーで向かうことにした。
タブリーズの中心地から駅は3kmくらい。

ちょっとナメてた…。

道のコンディションがいい車道を
Pennyで滑っていたのだが、
マップで確認しても一向に距離が稼げない。

道路は三車線で真ん中が
バス専用車線となっていた。

バスの車線だけフェンスで囲われている。

なんだよ?バス、超スムーズじゃん。
バス乗ろうかなぁ…?

 

そんなとき
後ろからやって来た一台の
NISSANが僕の斜め前方で停まった

これはっっっ!!!???

 

 

 

「ジャポン?」

「イエス!イエス!ジャポン!
NISSAN!ベリーナイス!」

「どこまで行くの?」

「ジョルファーまで
列車で行こうと思ってるんです」

「乗ってきなよ」

IMG_5973

 

 

きたぁああああああ~~~~~~~っっっ!!!!

 

 

そこからファニーなイラン人のお二人と
20分ほどのドライブを楽しんだ。

降ろされたのは駅ではなく
アゼルバイジャン・スクエアー。

IMG_5976

あれ?ま、まぁいいか。

 

 

仕入れた情報によると
ここで乗り合いタクシーで
ジョルファーを目指すんだとか。

タクシーの運転手たちがお客を集めている。
90,000リエル(360yen)とのこと。
情報より少し値上がりしていた。

その後ろにある数台のバス停まっていた。
これってバスでも行けるんじゃねえ?

 

 

バス乗客の乗客に「ジョルファー(まで行く?」と
尋ねてみると
あっさりうなずくではないかぁああ!!

50,000リエル(200yen)っしゃあ!
これでお金浮いたぁ!

バスの隣りのクソアーミーが「
チーン?」とか言って僕をイラつかせたが、
一応「ジャパン」と間違いを訂正しておいてやったが、
その後はいくら喋りかけられてもまるきり無視。

バカにかまってらんねぇわ。ムシムシ!寝よ寝よ!

IMG_5980

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこから2時間くらいの
ドライブだっただろうか?

周りの景色は荒涼した大地と
てっぺんに雪のかぶった山々が囲んでいた。

なんか中央アジアっぽい!
今回はいかないけど!

 

 

ジョルファーに到着した僕に
タクシーの運転手たちが声をかける。
ボーダーまで200円~300円くらいだという。

僕はアルメニアに入国する前に
このリエルをアルメニア・ドラムに
両替しておきたかったのだ。

話によるとアルメニアでは
イランリエルのレートが
アホみたいに悪くなってしまうらしい。

50ドル分が
40ドル分になっちゃったんだとか。

とりあえずどっかに両替できる場所ねえかなぁ~。

タクシー運転手を適当にあしらっていると、
バイクに乗った青年が僕に声をかけてきた。

 

 

「乗ってく?」

「いくら?」

「いいよ。お金は」

マジかぁああああああ~~~~っっっ!!!!

 

 

タクシードライバーたちを横目に
『悪いね!』と青年の後ろに乗る僕。

バイクは軽快にジョルファーの町を走り出した。

青年に銀行を探してもらったが、
銀行はどこも閉まっている。

えっ?まだ17:00にもなってないぜ?
どういうことだよ?

青年のお姉さんの家に一旦立ち寄る。

IMG_5981

 

 

お姉さんは英語の教師をしているそうだった。

もう一度僕のしたいことを青年と確認して、
再びバイクを走らせてもらう。

見つけた両替屋はお店の人が不在だった。

IMG_5983

両替の需要がないのか…?

 

 

両替屋の近くにある
他のお店の人が電話して、
両替屋と話をしてくれたよだったが、
ドルやユーロなどの他の通貨を
イランリエルにしか替えられないという。

IMG_5982

 

 

困った…。

 

マップアプリで確認すると、
ここはジョルファーではない
ことが発覚した。

「とりあえずジョルファーまで言ってみるよ」
という僕に青年はジョルファー行きの
タクシーを探し出してくれた。

値段交渉までしてくれて
20,000リエル(80yen)。ありがとう。

IMG_5985

 

ただ、タクシーは乗り合いで、
乗客が集まらないと出発しないという。

両替ができないことに
若干の焦りを感じた僕は
倍額の40,000リエルを払って
タクシーをジョルファーまで走らせてもらった。

IMG_5988

 

 

これならさっきいたタブリーズの
アゼルバイジャン・スクエアで
乗り合いタクシーで来たのと
値段変わらないな。

IMG_5989 IMG_5996
ま、そんなもんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてボーダー。

IMG_5998

 

 

さっさとお金を両替してしまおう。

タクシー運転手たちをはねのけて、
僕はボーダー前の両替屋に声をかけた。
手持ちのお金は4,650,000リエル(18,606yen)。

提示されたアルメニアドラムは
56,000ドラム(13,839yen)。

 

はっ??????

 

な、なにそれ?
今イランで流行のギャグかなにかですか?
すいませんね、僕イランのエンタメ情報、
全然知らないんですよ。

 

 

 

 

 

 

いやいやいやいやありえない!ありあえない!

 

 

その差額の40ドル分以上は
どこに消えるんだよ!マージンか!!?
まったくもって話にならん!

どうする?試しにアルメニア行ってみるか…?

 

「ここってアルメニアの
ボーダーですよね?」

ボーダーの職員に声をかける。

「何言ってるんだ?
ここは
アゼルバイジャンの
ボーダーだ

 

 

ほあっっっ….!!!!????

 

 

マップを確認すると
なんか国境を示す赤い点線が
いびつな四角形を作っている。

き、聞いたことあるぞ、
アゼルバイジャンとアルメニアは
領土問題でイザコザを起こしてるって。

 

てかアルメニアの国境どこだぁあああああああ!!!!

えっ?おれ間違えてアゼルバイジャンの
ボーダーに来ちゃったってこと?
でも、ここまでの道のりは情報通りだぞ?

アルメニア・ドラムへの両替をするために
両替屋を探している最中、
周りにいるイラン人たちの中に
かろうじて英語が喋れるおにいさんがいた。

彼はしきりに
「ノルドスへ行け」
と言っていた。

 

 

そ、そういうことか…。

 

タクシーの運転手と値段高所をすると、
ジョルファーからノルドルという
アルメニアへの国境の町に行くまでは
8~9ドルと言ってきた。

ここで余計な出費はしたくない!
くっそう!バスとかねえの?バスとか?

一応、近くにあった高そうなホテルで
トイレを借りたついでに
国境までいくらで行けるか確認しておく。

 

 

「12ドルくらいですね」

 

上がってるし…。

 

 

ど、どうする?
国境まで50km以上。

ヒッチハイクしかねえだろ。

だが、この時間で停まるのか?

時刻は18時を回った。
日照時間の長いイランは
あと2時間明るい

 

 

国境までの方向をトボトボ歩いていると、
さっきのホテルのスタッフが
車で僕のことを追いかけてきた。

 

「タクシーは私たちが手配できます。
よかったらそれまでホテルで待ってては?」

「や~~~…いいっす」

 

 

「どうしたんだい?」

と声をかけてきたのは別のおっちゃん、
ホテルのスタッフと何やら喋っている。

 

 

「この方々もノルドスへ向かわれるそうです」

「えっ!乗せてってくれるってことですか?いくらですか?」

「もちろんお金はいらないよ」

IMG_6000

 

 

後光が射したぁあああああああああ!!!

 

 

「あ、ありがとうございます!」

トランクにはバックパックが入らなかったので、
膝の上に乗せるようにして車の中に入った。

ドライバーさんしかカタコトの
英語を喋れなかったが、
とりあえず最初はテンションを上げて
楽しい雰囲気作りを心がける。

車の中でごちそうになった
紅茶は漢方チックな味がした。

IMG_6005 IMG_6012

 

 

 

 

 

国境を作る山々の間を通り抜け、
20:00前にアルメニアの国境へと
着くことができた。

IMG_6014「ピユゥ〜〜〜〜…」
漫画だったらそんな感じだ。 

 

 

まずは両替だな。

IMG_6013

 

 

だが、国境前の両替屋は閉まっていた。

近くにいた札束を持ったおっちゃんが
「ここはおれの見せだ」と言ってきた。
まず嘘だろう。

そして案の定レートも最悪。

さっきのジョルファーといい、
ここといい、40ドルは損が出る。

もうこれって糞詰まりじゃん。
もうここで両替するっきゃないってことかよ?

アルメニア側で両替だと
もっとレート悪そうだもんだぁ。

 

 

なんとかおっちゃんに
もっといいレートで両替できないかと
辛抱強く交渉したが、

「こっちのレートで
両替したくないのであれば
どうぞご勝手に。
さっさとアルメニア行きやがれ!」

とジェスチャーしてきた。
ふぁっく。

イミグレーションの中にも
両替所があるらしい。
僕はそこに最後の望みをかけた。

 

 

だが、結果は同じ。
40ドル分の損失。
マジふざけてる

てか、ここでパスポートに
出国スタンプもらったらアルメニアなんだな。

ウダウダしていると日本語の
喋れるおっちゃんが、

「これが今、イランで使ってるレートなんです。
どこにも損はありませんよ」

と言ってきてくれたので、
僕は覚悟を決めた。

レート計算アプリはリアルタイムの
レートを教えてくれている。
でもここはイランなんだ!

ああいいよ!
40ドル分くれてやるよ。このくそったら!

 

 

そもそも、米ドルを両替した時に
多く戻ってきたもんな。

結局はここでその分を回収されたってわけだ。

涙をのんで両替した
アルメニア58,000ドラム。
14,338円分。

 

 

僕はちゃっちゃと出国を住ませ、
アルメニアビザを3,000ドラム(741yen)で取得した。
21日分とスタッフは言っていた。

外はどっぷりと暗い。

IMG_6020
明日の朝7:30に首都エレバン行きのバスが
メグリという町から出るらしい。

でも、こんな暗くちゃ無理だ。
ヒッチハイクもできやしねえ。

 

アルメニアのイミグレーション。

僕はトイレで頭を洗い、
出入り口にあるベンチに寝袋を広げた。

——————————————————–
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

旅に出てから300日が経過しました。
あっという間、そう思えてめちゃくちゃ密度の濃い300日。

300日目にふさわしいアドベンチャーだったと思います。
国際バスがどんなに便利か身にしみました。楽しいけどね。
 

さて、これでイラン遍終幕でございます。
14日間。駆け足だったね。

そして向かうは美女の多いアルメニア。
ほんとかっっっ!!??

 

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

けっこう長く書いたけど、
読んでくれた人、マジでありがとね。

うひぃ~、書く方も疲れるぜ。

 

★旅する雑貨屋”Drift”のロゴができました!
デザイナーのやすおには感謝っす!
見てみてね!
Facebookページ「旅する漫画家

★Twitter「indianlion45」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」を目指す、清水陽介(シミ:24歳)の世界一周ブログです。