「おさまる食欲」

世界一周181日目(12/26)

 

はぁ…
どうしよう?

IMG_8908

 

 

このウザい街であと3日も
どうやって過ごせばいいんだ?

だけど列車のチケットはもう取ってしまった。
WLだけど(笑)。

 

 

4日前の状態で順番は「119」

さすがに4日もあれば
一気にキャンセルが出ると予想したのだが、
今のところ変化は見れない。

昨日ネット屋(てかネットカフェの「カフェ」って感じのお店はインドにはねえ)
自分の順番を確認したところ
「94」番だった。

全くキャンセルが出てないけど…
大丈夫なのかな?

 

 

 

 

『明日には絶対ここから
出てってやる!』

と心の底から思っていた宿に
気づいたら今日の分の宿代を払っていた。

IMG_8883

 

 

理由のひとつはネット屋が近くにあること。

もうひとつは画像が荒いせよ、
監視カメラがついていることだ。

これなら盗難の恐れもないだろう。
油断は禁物だけどね。

ロッカーには自分の錠でロックをして
貴重品を保管する。

 

 

 

てかパックセーフってドミトリーじゃ
あんまし役に立たないな。

ここに来てパックセーフを使ってみたけど、
荷物を取り出し忘れるとめんどくさいし、
そういう時は金網の隙間から
ジッパーを動かして中の荷物を抜く。

 

そういう動作を自分でしてみて、
これは意味ねえな
と実感した。

IMG_8939

 

 

宿でパックセーフを使うのなら
レインカバーをかけてさらに
その上からパックセーフをかけるか、
中には金網の隙間から抜き取れないくらいの
大きさの貴重品を入れておく場合に限る。

 

今のところここでは
パックセーフを使う必要性はなさそうだ。

充電器やポータブル・ハードディスクとかあるけど
盗られた時はしょうがないか。

 

 

 

 

 

 

『こんな店
二度と来るか!』

と固く心に誓っていたはずなのに
気づいたら同じ店に足を運んでしまった。

IMG_8892

 

 

サービスは最低だが、
提供しているフードのバリエーションが豊富なのだ。

ここ以外でメシにありつくことはできるのだが、
どこもいまいちパッとしない。

それいつからそこにあるの?
ってくらい冷たそうなサモサや
どこでも見かけるプリーなど。

お店を構えているところのご飯は
露店に比べてちょっと値段が高いのだが、
このお店は比較的ご飯が良心価格なのだ。

 

僕は25ルピー(42yen)の
ベジ・フライド・ライスのハーフサイズを頼んだのだが、
クソジジイ店員は「一時間半だ!」とか
アホみたいなことぬかしてきやがった。

うん。さっき作ってる人に訊いたら
「13分でできる」
って言ってたよ♪

 

ソーサーにチャイがこぼれているのなんて当たり前で
店員たちに愛想のかけらもない低サービスのお店なんだけど、
ご飯の味とボリュームはかなりあった。

出てきたハーフサイズのフライド・ライスに
思わず「これ?ほんとうにハーフサイズなの?」と
訊いてしまったくらいだ。

IMG_8894

 

とりあえず、
僕は漫画を描く道具一式を持って街に出る。

もしかしたら街を探索しているうちに
作業場にぴったりなカフェが見つかるかもしれない!

 

 

 

 

 

 

ヴィシャカパトナム
お腹を壊して以来、

今までパクパクパクパク
安い物を沢山食べてきた食欲が
驚くほど落ちついた。

IMG_8873

 

 

あれだけ『我慢しなきゃ!我慢しなきゃ!』と
自分をコントロールしようとしても難しかったのに、
今は全く『食べたい』と思わなくなったのだ。

漫画製作に時間を割くようになって
あまり動かなくなったからかもしれないな。

 

 

僕の食欲が爆発したのは
モンゴルで馬のミルクを飲んで下痢になってからだ。

モンゴルだから旅を始めて一ヶ月くらい。
7月の終わり頃だ。

ここから「食べること」に
意識がもっていかれるようになった。

 

僕の使っているモレスキンの手帳には
7月25日(世界一周25日目)の欄に

「今回は体力回復!
精のつくもの食べると決めた!

それと漫画完成の自分へのごほうび!」

無駄な出費に言い訳するように
書き込みがしてある。

 

この時はなんとか体調を元に戻さなくてはと
カップヌードルなどの加工食品を食べるようになり、
中国に入ってご飯の美味さに
バクバクバクバク食べまくり、
4キロ体重が増えた。

その後、
東南アジアでもっと安くご飯が食べられるようになり、
一日3食は欠かさず食べていたし、
それに加えてアイスやらクッキーも
毎日と言っていいほど食べていた。

『食べ過すぎて気持ち悪い』
なんて何回経験したことか笑。

IMG_8936

 

そんな5ヶ月も続いた食欲が今はだいぶ収まった。

日本でもがっと食欲が沸き起こる時があれば、
ピタッと収まる時もあったんだよね。
そういうバイオリズムがあるのかなぁ?

 

 

 

 

 

漫画道具一式を持って
向かった先は昨日とは反対方向。

IMG_8870

 

 

線路を越えてマップアプリを頼りに
お寺が複数まとまっている場所を目指す。

 

線路を挟んで街の反対方向に行くと
宿のある側の様にごちゃごちゃした感じはしなかったが、

道路はまだ工事途中だったり
未舗装の部分があったり、
何台も通り過ぎる車が絶えることなく
モクモクと砂煙をあげている。

IMG_8922

 

 

 

歩きながら思った。

『おれー、
そんなにお寺に興味ないや…』

てかなんで僕こんなロンリープラネットの
隅っこに載ってるような街でトボトボ歩いているんだろう?

いや!それはインドの、世界中の
色々な景色を見てみたいからだよ。

 

でも、ガイドブックでの扱いの小ささは
「見所があまりないよ」ってことなのかもしれないな。

かと言って、旅人が必ず訪れる様な
メジャーな場所を巡礼的に旅しても面白くない。

 

 

 

自分の旅の在り方を考える。

IMG_8905

 

 

僕の旅はもっと身近にある物を
拾い上げて行く旅なんじゃないか?

IMG_8924

 

 

見所なんてなくたっていい。

自分の旅アンテナがどれほど感度を上げているかだ。

ただ、このウザい街では
めちゃくちゃ下がっているのだけど…。

 

そう言えばサンダルのかかとの部分が
また壊れちゃったよ…。ウゼェ…。

 

 

日本で買った1万3千円のKEENのサンダルは
温かい国では常時履いているようなサンダルで、
Penny Boardにもガンガン乗れるような
頼れるサンダルだったのだが、

機動性の要でもある「かかと留め」が
どんどん痛んでいき、
一度コルカタで修理してもらったんだった。

丈夫な糸で縫ってあるんだけど
今度は別のところが壊れた。

今のところ歩くのに支障はない。

 

 

 

テンションも上がらずに
デコボコ道を歩いていると道路の脇に一見のカフェ。

 

「か、カフェだ!!!」

IMG_8919

 

 

目の前に大きな病院があるが、
まわりにお店なんかないし、
カフェのあるような立地ではない。

ガラス戸の向こう側では空調で
温度が調整されているのが分かる。

IMG_8909

 

 

貼られたポスターには
オシャレな都会の若者の雰囲気を感じさせる。

こういうモデルさんってインド人にしたら
浅黒くないよなぁ。

きっと裕福で学力とかもあるんだろうな。

 

 

 

カフェのメニューはもちろん高い。

IMG_8910

 

 

ちょっとお腹を満たそうと思ったら、
宿代なんて軽く越えてしまう。

15ルピー(25yen)のチョコチッップクッキーを
2袋買ってテーブルについた。

 

「注文はこれだけでいいの?」

「う、うん。とりあえず今はね。
もしかした後で頼むかも!」

 

ここにやってくるのは
そういうお金を何の抵抗もなく使える人たちだ。

だが、ここはそんな彼あらが集まる様な場所ではない。

じゃあ何でこんなところに
カフェなんか作っちゃったの?

病院の先生たちがくるのかな?

 

 

いずれにせよ店内にテーブルは10台以上ある。
お店にお客さんも2組しかいない。
これなら3時間くらいいても追い出されることはないだろう。

3時間くらいいて2ページの短編の主線までペン入れした。

IMG_8913IMG_8915

 

 

 

 

 

サンダル修理屋を
駅の近くで見つけた。

IMG_8959

 

 

大きな街だったらこういう修理屋さんが必ず一人はいる。

インドの人たちはサンダルがメジャーだからね。

 

「サイドをもっと補強して!」と
修理代20ルピー、加えて10ルピーで
壊れそうな部分を補強してもらった。

これでまたしばらくは使えるはずだ。

 

 

自前のパソコンを使える宿の近くのネット屋で
2時間で列車のチケットを
2つ先の予定分まで購入しておいた。

今のところWLではない。
やっぱり5日以上前じゃないとダメなのかもな。

 

それにしてもあさって乗る列車のWLが
ほとんど動かない。順番は「86」だった。

これって「どばっ」とキャンセル出るかのか!?

 

 

 

 

2日目のバスキングで宿代分のお金を稼いだところで
3弦が切れた。歯欠けのギターじゃ全然しまらない。

宿に戻って稼いだお金で翌日分の宿代を払うと、
スタッフは20ルピーディスカウントしてくれた。

300ルピーボッておいて…。ってまあいいか。

 

 

薄明るい星空の下、
屋上でタバコを吹かしながら宿泊客のおっちゃんと話した。

こんな街でも星は見える。

IMG_8963

———————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております!

おれは痩せる!痩せるぞぉおお!!!

まぁ、そんなに太ってないとは思うんだけど
日本にいた時の自分の写真を見ると今より痩せてるなぁと思います。

あの時は毎日バイトだったし、
嫌でもカロリー消費してたからね。
それに食べ過ぎにも気をつけてたし。

いずれにせよ食欲が収まってよかった。
このメカニズムは一体どうなっているんでしょう?

体重増加が顕著なのに「する」っと
元に戻る俳優さんいますよね?
逆に食べることに努力してそう…。

 

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★Facebookページできました。
こちらもよろしくお願いします♪
☞「旅する漫画家

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!