「ここはケチャプリ。森の中」

世界一周254日目(3/9)

 

どういうわけだか
ペーリンから、ケチャプリへ行きの
ジープは出ていない。

ケチャプリへ行くために
一度ゲイジンへとジープで戻った。

IMG_2389

 

 

洗濯物が乾かないがために
一日長く滞在したペーリン。

ここへは洗濯をしに来たんだと思う。
笑い話だよ。まったく。

 

ゲイジンに着いて、
僕はさっそくジープ乗り場で
(ちなみに乗っている車はジープだけど、
一応「taxi」と上に書いてある)
ケチャプリ行きを探した。

IMG_2395

 

 

だが、分かったことは
ケチャプリ行きのジープは
12時半にならないと出ないということだった。

 

時刻は9時半。
近くのメシ屋でチャイをすすりながら
ブログの下書きをする。

IMG_2392 IMG_2391

 

 

ここへ来てからWi-Fiにありつけていない。

ネット屋があっても
一時間60ルピー(99yen)と
アホみたいに高い金額だ。

君がこの数字を見たら
『安い』と思うかもしれない。

だけど、いいかい?

60ルピーもあればモモが
2~3プレート食べられるし、
大好きなクッキー「Parle-G(150g)」が
6袋買えてしまうんだ。

シッキムには一週間そこらの滞在予定。

ブログが書きたまってしまっても、
ダージリンに戻って
まとめてアップすればいいさ。

気楽にいこう♪

そうじゃないと旅が楽しめないからね。

 

 

 

 

 

さて、
そろそろジープの時間だな。

僕は荷物を持ってジープ乗り場へと向かった。

「KHECHEOPALRI」と書かれたジープに
一番に乗り込み、ウトウトとしていたんだけど、
しばらくして別のドライバーがやって来て

「このジープは
ケチャプリに行かないぞ!
こっちだ!」

と乗り換えをさせられた。

おかしいな。
まぁ、こういう時もあるのかなぁ?

乗客は他に誰も乗っておらず、
僕一人を乗せたジープは走り出した。

IMG_2397

 

 

運転席の後ろに座っていた僕に
運転手のおっちゃんは言う。

 

「おい。おれの横に座れ」

IMG_2400

 

えっ?何でだろう?
寂しがりやさんなのかな?

それとも、谷側に僕を座らせて、
僕を谷に落とすつもりか!!??

IMG_2427

 

 

おっちゃんと適当な
お喋りをしながらジープは走る。

念のため値段の確認をしておく。

ペーリンで仕入れた情報によると
50ルピーでケチャプリに行けるらしい。

 

「あのさ、ケチャプリまで
50ルピーだよね?」

「いや、乗客が一人の場合は
80ルピー
(132yen)だ」

 

う~む…、
高額な運賃を請求されるとかじゃなく、
50円くらいの値上がりだからいいけど、
僕としてはできるだけ安い方がいい。

途中にヒッチハイクしている
シッキムの人たちを拾った際に
僕はいたずらっぽくおっちゃんに言った。

「これで50ルピーだよね♪」

おっちゃんは『やれやれ』という顔おして
「オーケー」と応えた。

 

 

 

 

乗り合いになる人たちも
何回か入れ替わった。

僕はその度に値段を
問いただし念を押した。

しつこいヤツなのだ。僕は。

 

そんなやり取りが3回ほど続いた後、
おっちゃんは路肩にジープを停めて僕に言った

「結婚式があるんだ。
ちょっと寄っていっていいか?」

「ん?ああ。全然構わないよ」

 

シッキムの結婚式ってどんなんだろう?
興味はある。

そしてバックパックを
車に残しておくことに若干の抵抗があった。

IMG_2403
これで車上荒らしなんかに遭遇したらどうしよう?

 

 

服なんていらないだろうし、
電子機器はアダプターとかだし、

貴重品はー…、

あっ!サブバック軽くするために
MacBook Proはバックパックの中に
移し替えたんだった。

不安はあったが、
結婚式は本当のようだった。
他にも道端に何台も車が止まっていた。

 

 

 

坂の上にある式場へ、
おっちゃんは知り合いと
挨拶を交わしながら登っていく。

IMG_2407 IMG_2409

 

 

おっちゃんと僕は
大きなテントのような場所に入って行き、
テーブルに案内された。

IMG_2412

 

 

各テーブルにはお菓子が並び、
2.5Lのコーラやスプライトの
ボトルが置いてあった。

席に着くと甘くないミルクティーが出された。

IMG_2416

 

 

勧められるままお菓子をほおばり、
15分ほどしたあと
おっちゃんと僕は席を離れた。

IMG_2424 IMG_2425

 

 

花嫁と花婿の首に
スカーフのようなものをかけるのが
シッキム・スタイルのようだ。

IMG_2429

 

 

二人の両親にも挨拶した後、
封筒に入れたご祝儀も渡し、
僕らは再びケチャプリへと向かった。

 

結婚式なんて行ったことないよ。
そう考えたら初めて行ったのかもなぁ。
どこの国でも結婚式って
一大イベントなんだろうな。

あれだけの人を招いて、食べ物を用意して、
その他にも色々準備しなくちゃ
いけないことがあって、大変だよなぁ~。

IMG_2419

 

 

 

 

 

 

 

 

2時間のドライブを経て
到着したケチャプリ・レイク。

ジープの振動で
タマが痛い。

村上春樹的に言うなら
睾丸が痛い。

IMG_2431

 

 

パタゴニアの速乾性のある
薄い生地のパンツを履いて来たのだが…。

うぅ…、誰か背中トントンしてくれないか?

 

近くの売店のベンチで一本5ルピーのタバコ、
「FRAKE」を買って一服し、
5ルピー分のお菓子を食べて休憩した。

IMG_2441

 

とりあえず今日は、
湖を見渡せる山の頂上までトレッキングして、
そこにある宿に
チェックインすることになるだろう。

腕時計に目をやる。
15:30か。間に合うだろう。

 

 

 

 

 

「トレッキングの魅力が分からない」
「疲れる

だの
ネガティヴなことばかり言ってきた僕だが、
やっぱり山登りが好きなのかもしれない。

重たい荷物を背負って
山を登っていくことに少しずつだが、
慣れて来た気がする。

IMG_2443

 

 

歩く道によっても、
転ばないように足下に意識を集中させる箇所と、
辺りの景観を楽しむ余裕のある箇所がある。

IMG_2448

 

 

木々の間からケチャプリ・レイクが見えた。

IMG_2480

 

 

大きな木を前にして思わず立ち止まった。

IMG_2455

 

 

幹の周辺には栗の
いがのようなものが沢山落ちていた。

気の遠くなるくらいの年数を経てきた物を
目にすると畏怖の念に近い物を感じる。

IMG_2457

 

IMG_2453

 

 

そして僕は山道を登り続けた。

IMG_2452 IMG_2472

 

 

看板もなければ舗装された道もない。
誰かがかつて通った
道らしき跡を辿っていくだけだ。

日の光の届かない木々を間を抜け、
2~3軒から成る小さな集落に出た。

IMG_2478

 

 

番犬が職務を全うすべく、
僕が集落を抜けるまでずっと吠えてきた。

『あと少しで頂上かな?』

そう思った。

 

 

 

 

時々道らしき物は
2つだったり、3つもあったりする場合がる。

どっちに進んだらいいのか?

僕はそれっぽい道を
選んできたつもりだったのだが、
気づいた時には山を下っている。

 

 

それに湖の北東にあるはずの頂上
を通り過ぎている気がするのだ。

頂上の向かう様な道は他にない。

何度か行き止まりに遭遇した。
道ではない場所を登っていて
引き返さなければならない場所もあった。

IMG_2482

 

 

そして、辺りは暗くなり始め、
僕はメガネをかけた。

17時を過ぎると、僕は焦りだした。
このままでは頂上に向かうどころか
山で遭難だぞ!

 

かろうじて見えた別の集落。

IMG_2486

 

 

そこで現在地と山頂までの
道を尋ねたのだが、
信じられないことに
僕はケチャプリ・レイクを
ほぼ一周していたことが発覚した。

民家のおばさんは
「今日は遅いからうちで
クッキーでも食べていきなさい」
とホームステイさせてくれるような
セリフを言ってくれた。

僕は家の外で待っていたのだが、
中から聞こえて来たのは
旦那さんと言い争う様な声。

 

「うちにあの薄汚い
バックパッカーを
泊めさせるっていうのか!」

「いいじゃない!
もうこんな時刻だし!
かわいそうよ!」

 

僕の勝手な妄想だが、
ここは空気を読もう。
日本人らしく(笑)

 

「あの~…大丈夫っす。
今晩は山を下って
ゲストハウスに泊まります」

 

 

 

だが、集落を抜けることができない。

暗過ぎてどこが道か分からない。

なに!この気持ち!
RPGで次のステージまで
進めない時の焦りよう!

 

 

 

 

集落から少し離れた場所。

IMG_2487

 

ブルーシートを敷いて、
僕はバックパックから寝袋を取り出した。
たき火を起こそうと、
木の枝やら落ち葉をあつめて、
持って来たファイアー・スターター(火打石みたいなもの)
着火を試みたが、何回やっても成功しなかった。

諦めてライターで火をつけたが、
すぐに種火は消えてしまう。
しまいにはライターはあっけなく壊れた。

僕はなんとかして、
ファイアー・スターターを使って
火をつけようとしたが、
落ち葉どころかトイレットペーパーにすら
着火できない始末。
夜の湿気を吸ってしまったのだ。

どうやら僕は
ベア・グリルスにはなれないようだ。

 

 

 

夜が深け込むとぐんと寒くなった。

たまらずバックパックから
衣類を取り出して重ね着する。

上半身は寒さをしのげても、
足の指先がどうしようもないくらい
冷えてしまって眠ることができない。

僕の持って来た寝袋はプロモンテの最軽量の型だ。

15℃までの温度しか対応していない。
それにテントもなしで野外で使うことは
想定されていないのだろう。

寝袋はもう少しまともな物を
買ってもよかったかもしれないな…。

 

 

茂みがざわつくと意識が研ぎすまされる。

ずっと同じリズムで鳴く鳥の鳴き声が
まるで何かの警報装置のように聞こえた。

雲はゆったりと流れる。

夜空は少しの間だけ僕に星空を見せてくれた。

IMG_2493

—————————————————
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

シッキムには沢山のトレッキング・ルートがあります。
けっこうツーリスト・インフォメーションも見かけますし、
情報収集してトレッキングしてみるのもいいかもしれませんね。

でもー…これが果たしてトレッキングかどうかは、
僕はわかりません。毎回汗ボタボタたらして歩いて、
時には山の中を軽く遭難するっていうー…。

お母さん、遭難するってどういうことか、
ちょっとだけ分かった気がします(笑)

 

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★相棒のまおくんが作ってくれたFacebookページ
旅する漫画家」もよろしくです。

★Twitterのアカウントは「indianlion45」です。
「世界のWi-Fiから」Wi-Fiつかまえ次第つぶやきます!

 

今日も長い文書におつき合いいただき誠にありがとうございます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です