「海で民生」

世界一周168日目(12/13)

 

格子の向こう側、
インドの朝が見える。

IMG_8007

 

 

外に出ている人はまだ少ない。
7時半。空気は少し冷たい。

 

寝袋の中でiPhoneをいじり
アメブロのマイページの更新リストを
チェックして旅人たちのブログを読む。

ここは海沿いの町プリーにある
日本人宿「サンタナロッジ」

IMG_8011 IMG_8021IMG_8017

 

 

 

8時になると
部屋までチャイが運ばれて来る。

熱いチャイを少しずつ飲む。
これがないと一日が始まらないな。

 

 

朝食の時間までに洗濯物を済ませて屋上に干す。

IMG_8035

 

 

ここからは海を臨むことはできないが
近隣に住む人々の暮らしぶりが少しうかがえる。

IMG_8032

 

 

同じように洗濯物を屋上に干す人も入れば、
どこへ向かうのだろうか?
バイクに乗って駅の方へ向かう人の姿も。

他の人にも同じように新しい一日が始まるのだ。

 

 

 

 

手作りパンと野菜スープの朝食をいただいて
思ったことは、この宿の「食」に対するこだわりだ。

ただでさえ安い宿泊費に加えて
朝食と夕飯の2食が提供されるのに加えて
それらのクオリティが抜群に高いのだ。

 

もちろん食事を提供するのに
お金がかかっているはずだ。

やろうと思えば
近くの売店で売られている
食パンにバターなんて朝食も出せる
(僕にとってはそれだけで十分嬉しいんだけど)

宿のスタッフ、しょうさんが
「ここでインドの疲れを癒してくださいね」と言った。

僕はインドにやって来たばかりで
旅の疲れを感じてはいないが、
間違いなく旅人の胃袋は癒されることだろう。

 

それだけサンタナロッジで出される食事はおいしい。

メニューも充実しており、
お金を払えば様々な物が食べられる。

IMG_8027メシの写真アップし忘れたよん♪ 

 

 

 

 

 

朝食を食べた僕は海に向かった。

IMG_8044

 

 
集落を抜けると人々は明るく「ハロー」と挨拶をし、
子供たちは「フォト!フォト!」と写真をねだってくる。

IMG_8049 IMG_8052

 

 

僕が撮った写真を見せてやると
嬉しそうにキャッキャとはしゃぎ去って行く。
特にお金をねだってくるようなこともない。
かわいいじゃないかコンチクショー♪

IMG_8054

 

 

 

集落を抜け視界の先に見えたのはプリーの海。

IMG_8056 IMG_8060

 

 

 

いくつも漁船が浮かび、
浜辺には獲られたばかりの魚が
網の上に並べられていた。

IMG_8064

 

 

少し強めに響く波の音。

IMG_8068 IMG_8078

 

 

 

ここでしか見られない風景。

IMG_8074 IMG_8083

 

 

 

新しい光景を見る度に思う。

『世界にはこんな場所があったんだ』って。

IMG_8070

 

 

 

砂に足をとられながら浜辺を進み、
再び集落の中に入って行く。

IMG_8085

 

 

漁村に済む人々からしてみればちょっと驚きだろう。

だって外国人がいきなり日常生活に顔を出すんだもん(笑)

 

『うっわ!
なんか変なヤツおる!』

IMG_8094

 

 

わかってるって!
なんでみんながそんなに僕に食い付くのか。

僕の毛穴から滲み出るエンターテイメント性
隠しきれていないんだろう?ははは。照れる。

IMG_8089

 

 

という冗談はスルーするとして、

う~ん…マップアプリじゃ
海辺付近はそんなに詳しく出てないんだよね。

IMG_8104 IMG_8098

 

 

 

 

 

次に向かった先はプリー駅

どこまでも続く列車。

IMG_8109

 

 
整備士たちが陽気にホースで車両を洗っている。

体まで洗ってる(笑)

IMG_8114

 

どこがメインのホームなんだろう?

プリー駅にはあまりごみが落ちていなかった。
きっとこまめに掃除しているのかもしれないな。

 

『それでもインドだろう』と
空いたクッキーの袋を灰皿代わりに
タバコを吸おうとしたら、
バッチし注意されたけどね!

 

「次やったら200ルピーの罰金だぞ!」
って言われた。
すんまそん。

 

 

 

駅のツーリスト・インフォメーションで
情報収集をする。次は一体どこへ行けるのかと。

10ルピーで買ったオリッサ州の地図は
地味にクオリティが高かった。

IMG_8121

 

 

 

いつもはGoogleマップや
アプリの地図を使っているけど、
アナログな地図も好きだ。

インドの地図を集めてみるのも面白そうだな♪

 

 

 

 

 

プリーの町は
なにも海だけしかないわけじゃない。

地図に載っていた
JAGANNATH Temple
へ行ってみることに。

手に入れた地図や駅構内に
宣伝されていたので思わず行ってみたくなったのだ。

 

 

行く途中に見つけたちっぽけな
時計屋とも言いがたいジャンク屋を発見した。

IMG_8132

 

 

 

1ヶ月前にタイとミャンマーの国境で手に入れた
1000円のCASIOのパチモンの腕時計。

 

最近サボり癖がつきはじめたのか
目を話すとすぐに止まってしまう。

針を調整するつまみを引っ張って
時刻を合わせると再び動き始めるのだが、
またしばらくすると止まってしまうのだ。

 

お店のおっちゃんは時計の裏蓋をはずし、
作業机から道具を取り出し、
色々とチェックをしていく。

IMG_8126 IMG_8131

 

 

どうやら電池が切れたわけではなさそうだ。
僕はおっちゃんが時計を直す様子をじっと眺めていた。

戻って来た時計は元気よく秒針を前に進めていた。
かかったお金は70ルピー(116yen)。

 

 

「お~!ありがと~!ダンニャワード!」

ちょっとオーバー気味におっちゃんにお礼を言うと、

 

「Glad to see you」

おっちゃんが言った。
へへへ。なんだか嬉しくなっちまうよ。

IMG_8133タブラ屋さんだよん♪ 

 

 

 

プリーのメインロードへ出て
目的地までの行き方を尋ね、
5ルピーのバスに乗った。

IMG_8134

 

見るからにローカル。

IMG_8140
こんなバスもあるんだね。

 

 

バスの窓から見えるJagannath Templeは、
少し離れて見ても存在感を放っている。

IMG_8157

 

 

『てか!プリー!やるな!』

上から目線の物言いで
靴を脱いで境内に入ろうとした。

 

 

「ヒンドゥー教?」

「いや、違うけど…」

「悪いけど、
“ヒンドゥーオンリー”
なんだよね」

IMG_8153

 

 

しこたまいるヒマそうな警備員たちが
ここぞとばかりに職務に取り組みやがる!

 

いいじゃないかよ~!
入れてくれたって!
ちょっと見るだけでいいからさ~!

なんて言っても、
宗教がからんでくると全くの意味がない。

 

おれ、ヒンドゥー教になろうかな?
でも牛肉喰えないの嫌だな…。

「地球の歩き方」のスタッフは
どうしてるんだろうか?
ヒンドゥー教のスタッフがいるのかなぁ?

いやー…現地でスタッフ雇った方が早いか。

IMG_8135

 

 

 

 

 

宿に戻って
体勢を整えて向かった先は
浜辺。

 

気分はカフカくん。

あれ?「海辺のカフカ」って
どういう話だったっけ?
ジョニー・ウォーカーが出てくるんだよね。

 

 

昼間とは違い、直通へ浜辺に出る道。

そして夕日。

IMG_8185

 

 

綺麗過ぎて自然と顔がにやける。

急いでギターを取り出し
奥田民生の「さすらい」と
「イージュー★ライダー」を唄った。

IMG_8191

 

夕日は水平線に沈まず、その少し手前で溶けていった。

強めの波音が響く。後ろには白く輝く月。

 

 

「さすらいもしないでこのまま死なねえぞ」

 

 

日本にいる時は
この歌詞に心を引っ張りあげてもらい、
今僕は旅をしながらこの歌を唄っている。

IMG_8197

———————————————–
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

ネットカフェに行かないとブログが更新できない生活が
やってまいりました!

それでも僕は元気に旅をしています!

そろそろ漫画の製作に入ろうと思うので
生活も単調になっちゃうかな?

でもカフェが、いい感じの作業机が見当たらないんだ…

 

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★スマホ用☟
にほんブログ村 世界一周
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!