「ビーチよりカフェ」

世界一周66日目(9/2)

 

朝焼けに
包まれながら
海を泳ぎたかった。

 

明け方、
ちょっと涼しくなった頃に
東の空から昇ってくる朝日を見ながら
一人で海を泳ぐ。

 

めちゃくちゃ
気持ちいいんだろうな。

僕はiPhoneのアラームを
5時にセットして前日は
眠りに就いた。

 

 

 

 

明け方5時。
耳元でやかましく鳴るアラーム。

部屋は夜遊び組のために
カーテンが閉め切られている。
朝日なんてこれっぽっちも入らない。

 

『うぅ….

眠い…

 

 

 

寝よう..』

 

 

 

 

まぁ、
海なんて
入らなかったよね笑。

 

 

 

そんなもんです
シミさんは。

 

いや!
カーテン開けて朝日が拝めれば

『頑張っても海行かなきゃ!』

ってなるよね。

 

でも、
部屋の中は昼でも薄暗いし、

仮に海に行ったとしよう。
濡れた水着はどうすんのさ?

前日にサイゴン行きの列車のチケット
買っちゃったし、
いくら速乾性に優れていても
乾かないんじゃ意味ないもん….

 

 

早い話
めんどくさかった
んですね。

 

 

 

 

 

 

結局、
8:30に二度寝から覚醒し、
お気に入りの
金丸さんのブログを
読んだ後、

僕は身支度を整えて
True Friend Hotelから歩いて
30メートルのところにある
カフェに向かった。

IMG_8862 IMG_8864

 

 

昨日もこのカフェで
漫画の下描きを3時間させてもらった。

僕がお店に行くと
昨日と同じ店員さんがいた。

 

「Can I use table today?」

 

と訊くと
お姉さんは「全然大丈夫よ!」とでも
言うようにニッコリ笑ってくれた。

 

「いいカフェ」ってのには
素敵な店員さんがいるもんだ。

 

僕は昨日と同じ風景を見ながら
原稿用紙にインクを入れていった。

IMG_8860

 

 

朝10時過ぎから始めた漫画製作は
割と順調に進んだ。

時々僕はGペンを置き、
通りを眺めた。

IMG_8879

 

 

向かいのカフェでは欧米人が
日差しから逃れるように
テーブルに腰を落ち着け
ダルそうにタバコを吸っている。

IMG_8881

 

 

安そうなパチもんのサングラスを売る
おじちゃんたちに
何度も声をかけらそうになる。

目を合わせたら
『商機!』と見て
絶対こっちに来る!

そんなのいらないよ…

 

キャンディーからタバコ、ボールペンなど
様々な小物を売るおばちゃんは
テーブルの上に置いてあるタバコの箱を見て

「タバコもっとどう?」

と訊いてくる。

もう持ってるから。
悪いけどいらないよ。

 

 

 

おばちゃんたちも
こんな暑さの中でも観光客を相手に
物を売るって大変だよな。

食べ物や雑貨なら
まだ買っていく人はいるだろう。
僕もタバコを買い求めた。

だけど、サングラスの需要は
どれだけあるんだろう?

 

それくらいこの街には
サングラス売りが多い。

 

 

 

 

 

5時間くらい
カフェのテーブルを占領した頃
ついに同じテーブルの
お向かいのチェアに
欧米人のおっちゃんが座った。

僕は急いで原稿用紙をどかし、
おっちゃんのスペースを作った。

 

うーん。
そろそろ引き上げ時だな。

IMG_8866

 

 

僕は店員さんに
長い時間テーブルを
使わせてもらったことでお礼を言うと
店員さんはニッコリと返してくれた。

 

「いいカフェ」には
素敵な店員さんがいる。

 

 

 

 

 

よたよた
バックパックを背負って
僕はPennyでニャチャンの路上に出た。

 

ホイアンで
さぶちゃんに荷物の仕分けを
手伝ってもらったことにより

今までよりかは
バックパック、サブバッグを身につけたまま
Pennyに乗りやすくなった気がする。
それでもまだ重いんだけどね

 

 

 

 

IMG_8887

ニャチャン駅に到着すると
僕は時間を持て余し、
ギターを取り出した。

夕暮れに似合う歌。

CARAVANの
「Feed Back」。

 

僕の一番大好きな歌だ。

 

 

出だしの
Eコードを鳴らした瞬間ー…

 

 

 

 

 

 

 

 

一弦が
切れた…

 

 

えぇぇぇぇぇぇ〜〜〜〜〜….

 

フエで買って、
まだ一週間も経ってないよ…

中国の弦もそうだったが
ベトナム製の弦も
すぐ切れてしまうようだ。

ちゃんとしたメーカーの
買わなくちゃダメだね。

 

駅のホームでコーラを飲みながら
僕は一弦のないギターで
静かに歌い、

いつもどうり
遅れてやってきた列車に
乗ってサイゴンを目指した。

IMG_8892

 

 

 

指定された座席に着いて
しばらくすると僕の隣に
チケットなしのヤツが座って
貧乏ゆすり
をし始めた。

 

 

 

 

浪人時代ー、

IMG_8899

 

入試が近づいてくると
不安やプレッシャーから
些細なことにも
イライラすることがあった。

 

 

コンビニ袋から
食べ物を取り出す音や

イヤホンから漏れる音楽。

ヒソヒソと話す声。

本をせわしくめくる音。

そして
貧乏ゆすり。

 

あの

「サワサワサワーーーーー!!!」

ってのがダメなんだよね。

 

隣のヤツが

「貧乏ユスラー」(名づけてやりました!)

だと
音よりも振動がくるんだよね!

 

っていうか
ルックス的に
許せない。

 

 

 

 

「僕の席はここなんだけどさ。

君さチケット持ってんの?」

 

「ん?
ないけど?」

 

「他の席空いてるよ」

 

 

僕は日本人に備わった
婉曲表現で
彼を隣の席から閉め出し、

ベトナムスタイルで
列車の狭い木製の椅子に横になった。

IMG_8898

—————————————–
世界一周ブログランキングに参戦しております。

 

貧乏ゆすりねー。
許せないんだよね。

浪人時代の負の遺産とでも
いいましょうか。

そんなシミのベトナムデイズでした。

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★スマホ用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です