「ビーチとは関係ない」

世界一周65日目(9/1)

 

やってきました!

ビーチの街
ニャチャン!

IMG_8856

 

 

僕がここに来たのは
ハノイで会った日本人が

 

「よかったですよ〜」

 

と言っていたからだ。
これと言って理由はない。

ガイドブックなんて読まずに
「なんとかなるだろう」
面白そうな方向へ向かって。

 

 

 

 

 

 

5ドルの宿を見つけて
部屋に荷物を置くと
僕はシャワーを浴びて
町歩きを始めた。

IMG_8730

 

 

まさか
ベトナムにビーチリゾートが
あるなんて。

一体どんなところなんだろう?

 

明け方、バスの窓から見えた海には
沢山の人が朝焼けの中で
気持ち良さそうに泳いでいた。

ベトナム人にも
欧米人にも人気のビーチ。

 

 

 

僕が海に出かけた9時頃は

それらの人は
もう既に帰った後だったのだろうか?

ビーチは人で混み合うといった
感じではなく、
ゆったりとした空気
が流れていた。

IMG_8741 IMG_8745

 

 

ちょっと気になったのが
お父さんが子供と一緒に
砂のオブジェ
を作っているシーン。

IMG_8748

 

海水を含んだ砂を
ポタポタと砂の山にふりかけると
ガウディのサグラダファミリア
みたいな形を作る。

 

 

 

僕は海には入らず、
街の外へとPennyで走っていった。

IMG_8761

 

 

 

 

途中、ベトナム最安値
コーヒー屋さんに入る。

お店を構えている所のコーヒーは
ちょっと高いのだが、
こういう地元の人が飲みに来る様な
露店みたいなお店のコーヒーは安いのだ。

一杯、5,000ドン(23yen)。

ミルクは入っていなかったけど、
その代わりに砂糖がいっぱい入っており、

沢山入れた氷が夏の暑さで溶け出すと
濃いめのコーヒーが丁度良い味になる。

IMG_8765

 

僕は居合わせたベトナム人から
タバコを一本もらった。

それをゆっくり吸いながら
通りの軒下で新聞をよむおっちゃんと
足下で気持ち良さそうに寝ている犬を見て

この街の持つ別の一面を見た。

 

にぎやかで、忙しく時間のながれる
観光地化した街と
地元の人たち暮らすスローライフな街。

IMG_8760

 

 

 

 

他の旅人
どのように街を歩いているのだろうか?

バイクを借りたり、
自転車を借りたり、
バイタクをチャーターする人もいるんだろう。
中にはぶっ通しで歩き続ける人もいる。

訪れた国の道路の状態によるのだが、
スケボーに乗ることで
移動はずっと楽になった。

 

重たいバックパックを背負っては
上手く進むことはできないのだが、

一眼レフとお財布、
いつも巻いているマネーベルト、
ポケットのiPhoneで軽装になった僕は
ニャチャンの街を遠くまで行くことができた。

 

 

 

 

 

地図アプリを見ながら
ニャチャンの村の中へ。

IMG_8800

 

 

ここにも「ベトナム」が見えた。

 

途中、立ち寄ったお店で
コーラを飲む。

IMG_8804

 

 

『なんで、海外で飲むコーラは
こんなに美味しいんだろう?』

 

だれかが言ってた。

わかるよ。なんだか美味しいんだよね。

 

 

日差しを避けて
店内で椅子に座りながら
コーラを飲んでいると
中から女のコが出てきた。

 

僕が写真を撮ると

IMG_8809

「もっと撮っていいわよ!」

 

とでも言わんばかりに
ばっちしおめかしして
僕の前でポーズを決めてくれた。

ありがたい笑。

IMG_8810 IMG_8811

 

 

撮った写真を毎回そのコに見せて
お互い笑い合った後、
僕は町歩きを再開した。

IMG_8834IMG_8842

 

 

 

 

 

 

遠くま
行き過ぎて
宿に戻る頃には
Penny Boardで上手く
プッシュできないようになっていた。

 

バランスを崩して
Pennyだけ車道に走り出す。

クラクションをならす車。

僕はあわてて追いかけて
スケボーを回収した。

 

自分のコンディションを
しっかりと把握した上で
クルージングもやらなくちゃダメだな。

 

 

 

 

 

フォーとバケットでお腹を膨らませた後、
僕は宿からギターを持ってきて
海へと向かった。

 

『もしかしたら
稼げるんじゃないか?』

 

欧米人率の高いこの街で歌えば
ちょっとはお金が入るんじゃないか
そう思ったらだ。

 

 

 

 

適当な階段を見つけて
荷物を置くと
藍色に染まっていく海に向けて
何曲か歌った。

IMG_8868

 

 

すぐ後ろでは
地元の学生たちが
上半身裸でサッカーをしている。

反対側では
酒盛りが始まった。

そして
いつものように広い通りには
バイクがひっきりなしに横行し
走行音で音がよく分からない。

 

ていうか海って
音が響かない。

 

 

 

場所が悪かったのだろうか?

人通りもまばらで
誰も僕なんかに気をとめない。

 

 

 

 

自己満足的に
路上ライブを切り上げ
僕はギターをケースにしまった。

 

僕のちょっと後ろで聴いてくれていた
お姉さんが僕に話かけてきてくれた。

視覚の外だったので
ずっと聴いてくれていた人がいたなんて
気づかなかった。

IMG_8872

 

 

「こんな場所で
ストリートライブやる人なんて
初めて見たわ」

 

「あっ!そうなの?」

 

「誰もあなたのことを
気にかけないのに
良く歌えるわね。

勇気があるわ!」

 

「いや、
そんなことないっすよ照」

 

 

 

そんなお姉さんと
30分くらいお喋りした後で
僕はバケット屋さんに立ち寄った。

 

 

 

「日本人ですか?」

 

お店の前のちっちゃい椅子に
バケット片手に膝の上に
数学の教科書を広げている
女のコが僕に話しかけてきた。

発音は日本人のそれと変わらない。

 

タムニャン

IMG_8874

 

は13歳には見えないんだけど。

 

日本に5年間住んでいて
去年ベトナムに戻ってきたそうだ。

ベトナムに帰ってきた後も
日本語の勉強を続けている。

学校の勉強以外に
日本語の資格取得に向けて
勉強に励むタムニャンは
こう言った。

 

「もう、
全然遊ぶ時間がないんですよ!」

 

「遊ぶ時間がない」 なんて
今の日本にそんな子供がいるだろうか?

有名私大をお受験の子供は
勉強漬けの毎日を送っているかもしれない。

 

だけど、
タムニャンからはどこか
ハングリー精神
の様な物を感じた。

 

「日本にいる時、
よくお母さんから言われたんですよ。

『勉強しないと
私みたいになるよ!』

って。

お金がないと
生きていけませんからね。

私、将来、
同時通訳になりたいんですよ!」

 

 

13歳とは思えない。
既に将来の夢が決まっていて
それに向かって進んでいくタムニャン。

それでいて
彼女にはポジティヴなところがあった。

 

「生きていれば
まあ、どうにかなりますよ。

生きていれば
なんとかなる」

 

 

頑張れよタムニャン。
チャンスを最大限に活かそうぜ。

おれも
やるだけやってみるさ。

IMG_8858

——————————————–
世界一周ブログランキングに参戦しております。

 

ブログが何日分かたまってしましました。
一日町中を歩き回ったり、
色々な人と会ったりすると
ブログ書くのって難しいですね。

疲れて寝ちゃったりもしますし。

 

ランキング上位の人は
どういう風にしてブログ書く時間を
捻出しているんでしょうか?

教えて!
タムニャン!

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★スマホ用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
てかおれの文章量が多いのか…

 

2 件のコメント

  • ベトナムでクルージング楽しそうー♫♫♫

    日本は雨が続いててスケボーには乗れてません_| ̄|○

    私ももっとハングリー精神でいかなきゃー

    • >れーな★ちゃんさん

      いやいや!
      「ハングリー」って路面濡れてる状態で
      Pennyで滑ったら間違いなくコケますよ!

      あぁ…
      路面でスリップして捻挫して
      そのままバイトで死ぬ思いしたのが懐かしい…

      「くっ…
      靴箱が持ち上がらない…」

      って笑。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です