「壮行会」

世界一周506日目(11/6)

 

やべぇ、日記書くの超絶ダルい…。

IMG_0901

 

 

 

みなさん。そんな日がありませんか?

 

 

 

僕は頻繁にあります。

 

 

しかもノってないと
日記の内容自体も微妙なのになっちゃうし、
ノリノリの気分で書く
「時間帯」みたいなのがある。

僕の場合は起きて、コーヒー飲んで、
「よっしゃ、日記書くか!」ってなる
10時か11時くらいでしょうか?

 

 

寝る前はダメね。
睡眠欲の方が勝っちゃうから。

「あ~、ダルい。明日にしよ!」って
寝るのはいいんだけど、
その次の日、サクサク書けることは
まずないような感じがします。

 

 

でも、コメントもらうと嬉しいんですよね♪

漫画家志すようになったのも
『自分の漫画を楽しみに
待っててくれる誰かのためなら描ける』
って思ったからです。

 

 

それと、自分の書いた
昔の日記を読み返すのも
いいモチベーション上げになります。

自分で言うのもなんですけど、
自分のブログ面白いと思ってますから(笑)

 

 

なんだかんだで、
自分のしたいような旅ができているし、
これだけクドクド書いていると、
その時の一日を
ありありと思い出すことができるからです。

 

 

 

 

最近、旅が楽しくてしょうがない。

 

 

 

 

なんでこんないいことばかり
起こるんだろう?

と言うより、些細なことに
敏感に反応できるようになったな。

『あ、これいいじゃん♪』って。

幸せを意識すると
脳みそが幸せを感じやすくなる
「幸せ脳」になるんだそうです。
細美さんがラジオで言ってたっけ。

それにそういう「流れ」は
次の「流れ」を引き寄せる。

ネガティヴよりかは
絶対ポジティヴの方がいい。
その方が絶対人生楽しいから。

 

 

しゃーーーー。アップ終り!
ほんじゃ日記書きますか!

 

 

 

 

 

 

 

なんだかんだで
全然眠れなかった。

IMG_0896

 

 

 

ここはスペイン最南端の港町、タリファ

 

 

 

 

なんとここのフェリーターミナルは
24時間オープン。

 

 

ここまで4ヶ月に渡って
野宿してきた。

『最後の最後は楽勝だったな』

そう思っていたわけだけど、
ベンチの角度で体が
背もたれの方にズレてしまうのに加わり、

人の動きに感知して点灯する
自動ライトのせいもあり、
うまく眠ることができなかった。

 

 

 

8時にはベンチ周りの荷物をまとめ、
ターミナル内のカフェで
充電をしながら日記を書いた。

IMG_0899

 

 

 

カフェのお姉さんは僕が昨日もいたのに、
少し驚いていたようだ。

「あなた、私よりも
長くこのターミナルにいるわよ」っていうのは、
まぁ、お世辞と受け取っておこう。違うか。

 

 

フェリーターミナルのスタッフも
僕に何度も
「お前のフェリーの時間は大丈夫なのか?」
と尋ねて来た。

その度に僕は
「うん。明日出発するんだよ」と返した。

 

 

今日はこの小さな
ビーチ沿いの街を歩いてみることにしている。

シェンゲン協定のリミットも3日ある。
なあに、モロッコは逃げやしないさ。

 

 

 

 

 

日記を一本書き終えると、
僕はバックパックを背負ったまま外に出た。

IMG_0905 IMG_0920

 

 

 

今日は日曜日ということもあり、町は静かだ。

今がシーズンオフということもあるかもしれない。

 

 

路地を歩いていて、
たまたま見つけたおもちゃ屋さんを覗いていると、
お店の人が声をかけてきた。

IMG_0904

 

 

 

「あなたギター弾くの?」

「あ、まぁ」

「よかったら今日ライブがあるのよ?
あなたそこで弾かない?」

「いやいや!そんな!
僕のは遊びですって!
って、どこでライブがあるんですか?」

 

 

マップアプリを起動して、
ライブがある場所にピンを打ってもらった。

ふーん。ライブねぇ。
まぁ、行ってみようかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

町の
スーパーでお菓子を買い、
それを食べながらのんびりと歩く。

IMG_0922 IMG_0927

 

 

 

開いているお店を見つけると、
ふらっと立ち寄った。

ビーチの町にはサーフ系のアパレル店が多い。
アクセサリーも雑貨も。

 

 

町のはじっこにあった雑貨屋で
ブリキの缶詰を見つけた。
中にはミントのタブレットが入っている。

携帯灰皿に丁度良いサイズだと思ったのだ。

IMG_0940

 

 

 

この前ヒッチハイクでバルセロナから
セビーリャまで行く際、
最後に乗せてもらった車の中に、

携帯灰皿として使っていた、
スウェーデンで買った噛みタバコの
入れ物を置き忘れてしまったからだ。

 

 

お店の人が「やあ」と声をかけてきてくれたので、
自分が1年5ヶ月旅をしていることや、
漫画家であることを話した。

こういう時に今描いている
手帳サイズの漫画を見せるのは、
手っ取り早い自己紹介になる。

セリフが下手くそな英語で書いてあるけど、
何を言わんとしているか伝わる。

 

 

お店の二人は僕が野宿する話を読んで笑っていた。

 

 

「そうだ!
君にこれをプレゼントするよ!」

もらったのは携帯灰皿。

IMG_0943

 

 

ははは。

携帯灰皿用がふたつになっちまったよい。

 

 

 

 

昨日立ち寄ったカフェで
絵を描いたりしようと思ったのだが、
日曜日は営業時間が14時までらしい。

ここはほんとうにのんびりした町だ。

IMG_0951

 

 

 

コーヒー一杯で一時間じゃあ
元が取れた気がしないなぁ。

カフェを出て、テクテクと
少し遠くまで足を伸ばしてみようかと考えたが、
フェリーターミナルに引き返すことにした。

 

 

フェリーターミナルは僕の部屋の延長だ。

IMG_0953

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20時半に
フェリーターミナルを出た。

IMG_0955 IMG_0982

 

 

 

今日はライブがある

「エコセンター」

と呼ばれる
イベントスペースに立ち寄ると、
バンドがリハーサルをしていた。

IMG_0958

 

 

 

生音だ!

しかもけっこういい音♪

 

 

 

 

1.5ユーロでカップのビールを注文し、
しばらくリハの音に耳を傾けていたが、
お腹がすいたので、
別のケバブ屋にこっそり行くことにした。

 

 

町にある24時間営業らしいケバブ屋では
パキスタン人が働いていた。

「どっから来たんだ?」
「日本。そっちは?」
「パキスタンだぜ」

そういう会話の流れ。

 

 

ケバブ代3.5ユーロの支払いに
今まで邪魔で仕方なかった5セント以下の
コインで支払おうときっちしかっちし
20セント分を小銭でまとめたのにもかかわらず、

お店のスタッフは「いらん」と
僕にその20セント分を突っ返した。

 

 

手渡されたケバブのマヨネーズの量が
少く感じた僕はソースを追加でかけようと思った。

容器を手に取ろうとすると、
スタッフがカウンターの向こう側から
ソースの入った容器を先に取った。

お客がかけ過ぎないようにするためだろうか?

そのくらいいいじゃんね?
なんか考え方がセコイっていうかーーー…

 

 

 

 

「ブピョッ…!!!」

 

赤いソースが服にかかった

 

 

 

瞬間的に頭の中に選択肢がふたつ浮かんだ。

 

 

 

 

①激怒(ケバブをもう一つ要求)

②笑って許す

 

 

 

 

日々心の豊かさを説いている僕が
選んだ選択肢は

②。

 

 

 

「は…、はははは。
ノープロブレム。
ちょっとティッシュくれない?」

ティッシュを20枚くらいもらおうとしたら、
スタッフの野郎は僕が取りすぎないように
牽制してきた。

 

 

て、てんめぇ…!!!

 

 

エコセンターまでの
徒歩3分間の距離で
一瞬でケバブをたいらげた。

 

 

さっきまで上がっていた
テンションはガタ落ち。

 

 

てかアイツら一言も誤ってなかったぞ!
クソヤロぉぉぉぉ…。
ぜってーーー許さねえ!

なっ!
買ったばかりのブーツにまで
ソースがついてんじゃねーかよ!

はぁぁぁーーーーー….。

 

 

 

エコセンターのトイレにすぐさま駆け込み、
ソースのついた部分をすすいだ。

赤いボタンシャツは目立たないとしても、
ジーンズ(しかもどういうわけかこの日は
ロールアップしてた)は薄くソースの跡が残っている。

テンション
さがるぅぅぅぅーーーーー…。

 

 

 

 

 

 

 

そんなことおかまいなしに
ライブが始まった。

ロングヘアーを三つ編みにした
南米に起源のありそうな男性MC。
唄も唄う。

エレアコ、エレキギター、
ドラム、ベースの4人編成。

 

 

そして一番その場を
盛り上げていたのはピエロの男性だった

IMG_0971

 

 

赤いつけ鼻をして、
口の周りを白く塗っているが、
服装はカジュアル。

だが、そのコミカルな動きは
見ていて飽きなかった。

同じ動作がないのだ。

 

 

「ピエロっぽく動く」ことを意識しても、
単なる真似じゃ動きに
パターンができてしまうだろう。

だけど、この男性にはそれがないのだ。

一見アホっぽく見えて、
ライブの邪魔をしているように思えるのだが、
煽るところを抑えているし、
彼がいるかいないかでライブの見栄えも
全然違ってくるだろう。

 

 

 

ライブが進むにしたがって、
どんどん地元の人たちがやって来た。

ノリのいい人が音楽に合わせて急に踊りだすのだ。

見ているこっちが嬉しくなるくらい素敵な笑顔をする。

それを見てピエロのおっちゃんが
「私とダンスしませんか?」とパントマイムで誘う。

それに応えるお客さん。

IMG_0973 IMG_0974 IMG_0975

最後のはお客さん同士だね。

 

 

 

 

二人は顔なじみなのかもしれない。

だけど、日本だったら
少しは恥ずかしいと思ってしまう
シチュエーションでも見事に踊り切ってみせる。

 

 

これだよ!これだよ!
これだって!

 

 

今僕の目の前で
音楽を奏で、煽り、踊っている人たちは、
僕が持っていたスペインの人たちの
イメージそのものだった。

 

 

彼らは一瞬一瞬を
楽しんで生きている。

こっちも嬉しと楽しさで笑顔が止まらない。

 

 

ピエロのおっちゃんが
こっちに来て渋い声で言う。流暢な英語だ。

 

 

「もし、ライブやりたいなら
おれに声をかけてくれ。
向こうと調整するから」

 

 

そう言われたらやるっきゃない!

 

 

 

 

 

 

「それじゃあ2曲だけ」

とステージに上がらせてもらった。

ピエロのおっちゃんの簡単な自己紹介。
いや、おれの名前はジミじゃねーって(笑)

 
「イェ~~~~ァ!!!」

突然のパフォーマーにどこから歓声が上がる。
そういうノリマジでありがてえ♪

 

 

「ども、日本から来ましたシミです。
2曲だけやらせてもらいますね。
一曲目はみんなの知っているヤツだと思います。
知ってたら一緒に唄ってください」

 

 

小声でバックの4人に
「Stand by meやるから」と打ち合わせをする。

簡単なコードだ。

だけど、まるっきし一緒じゃない。

座った状態では
若干高さの合わないマイクに前屈みになり、
借りたエレアコでコードを刻む。

 

 

 

みんなの視線がステージに集まる。

緊張とそれに勝るワクワク。

 

 

自分が映画の主人公になった気分だ。

ははは。

いくつになっても変わらねえな。おれは。

この感覚が好きだ♪

 

 

 

二曲目はオリジナルのヤツ。

Waiting for the rainbow“って曲。

グルジアのホステルでコードを作って、
旅の途中で歌詞を当てて、
今までずっと唄ってきたやつ。

さすがに聴いたこともない曲に
四人が合わせるのは
ちょっと難しかったみようだ。

まー、唄っているこっちは
楽し過ぎて仕方なかった!
ありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

その後も楽しい夜は続いた。

地元の女のコが唄ったり(僕より盛り上がってた)、
ライブに合わせてのダンスがあったり。
ビールをおごってもらったり♪

IMG_0977 IMG_0980

 

 

 

 

明日僕は4ヶ月旅をしたヨーロッパを離れる。

向かうはアフリカ大陸
行き先はモロッコ

 

 

 

 

そうか。

これは僕の壮行会なんだ。

 

 

最近旅が楽しくてしょうがない。

 

 

IMG_0981

——————————————–
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

でも、その日の熱量は
やる気と関係ないですからね。
書いててノる時もある。

なんだかんだで、書いてて楽しかったっす♪

えっ?
マジでこんなおれの日記読んでる人いんの?
いたらありがとうございます!

ケバブ屋でソースかけられたくだりとか
マジどーでもよかったでしょう?

書いてて思ったもん
「これ、読む側にはめっっっちゃ、
どーでもいい話だなー」って(笑)

や、あれ、実際されるとテンション落ちますよ?

 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★Facebookページだニャン♪「旅する漫画家

★ブログよりも頻繁に更新。
Twitter「Indianlion45」がアカウント。探してくれい!

 

 

 

読んでくれてほんとうにありがとう。

やっぱ誰かいるから書けるってのも大きいんだよね。

6 件のコメント

  • はじめまして。シミ
    ずーと、毎日、初めのころからかかさず、くりかえして、読んでみています。
    今日、初めてコメントをしたのは、きっかけがありました。
    初孫のひまわりちゃんが昨日、生まれたから。
    毎日、楽しいお話をきかせてくれるシミさんに、なにかしら、報告したかったんです。
    私の住む屋久島は、今、ある集落一部、ひまわりの花が満開です。
    世界旅のシミさんのお話を、楽しみにしております。
    これから、アフリカ、南米、気をつけてくださいね。

    • >ひまわりさん

      初孫のひまわりちゃんのお誕生日に
      僕からおめでとうを言わせてください。

      そして、
      ひまわりさんのコメントを頂いた時、
      ちょっと幸せな気持になりました。

      (その数秒前まではATMからお金がおろせなくて
      かなりオロオロしてたんですけど…)

      屋久島かーーー…。

      僕は日本は旅をしたことがないので、
      行ってみたい場所のひとつです。
      縄文杉の写真を見ると、
      なんだかパワーをもらえそうな気になります♪

      報告ありがとうございます。

      毎日、楽しい旅の話を
      届けられるかは分かりませんが、

      僕が日本に帰るまで
      世界一周の旅にお付き合いいただけたら
      嬉しいです♪

  • 日記大変かとも思いますが、この日記を楽しみにしている人もたくさんいます!(もちろん僕もその一人です(^-^))
    シミさんの日記すごく面白いですよ*\(^o^)/*

    何故か今までフォローしてなかったTwitterを今日やっとフォローさせて頂きました。
    現在はイスラエルのようですね。危険なイメージのある地域なので気をつけてくださいね。

    • >じゃっきーさん

      はわわわわ…。

      そんなこと言っていただけると、
      パソコンの前でニヤケちゃいますよ!
      回りの人から変な目で見られたらそれは
      じゃっきーさんのせいです!

      Twitterありがとうございます。
      受験勉強の最中、なのかな?

      僕は浪人して人より一年長く勉強したので、
      あの大変さが分かります。
      最後まで走り抜けてください!

  • シミさん

    赤ケチャップ事件・・・災難でしたね。
    この世にはど~にもならんヤツがいるってのはわかってるけど、それにしてもヒドイヤツだ(>_<)

    だけど、そのあとのライブはゴキゲンでしたね!
    読んでる方も実にエキサイティングですワ!

    では元気な旅を続けてください。

    • >ウタさん

      返信遅れました!
      移動やインタビューで
      ブログ書いている時間なかったっす!

      まぁー…、
      キレても面白かったかもしれないです♪

      たぶん、一日経ったら
      『あれ?なんでおれあんなにキレたんだろう?』
      って自分の器がちっちゃく感じちゃうのは
      分かっていました(笑)

      コメントありがとうございます!
      元気でました!

      いつも長ったらしいブログにお付き合いいただき
      ありがとうございます!!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!