▷今は何か書いておきたい

 

 

 

朝5時きっかしに自然に眼が覚めた。外から雨音が聞こえた。

一日一食の食生活をしていると、睡眠時間もタイトになるらしい。

 

 

僕はベッドの上で木村カエラの2014年のライブ映像を見ていた。

あのサイケの服..、いいなぁ。

 

 

彼女は歳をとって衰えるどころか歌唱力は上がっているし、体全体を使った力強いパフォーマンスだった。

それなのに、会場全体としてはいまいちノっているように思えないのはなぜだろう?

曲が若干走っているから?マイクのエコーが今ひとつだから?いや、コーラスがいないから?サポートミュージシャンたちの平均年齢が高いからだろうか?

それでも彼女がパワフルであることには違いなかった。

 

 

4曲くらいライブ映像を見ると僕はベッドから降りた。頭は寝呆けるどころかむしろ冴えていた。睡眠時間4時間もないのにな。不思議だね。

一階のキッチンへ行くとヤカンいっぱいにお湯を沸かした。その間に僕は風呂場へ行き、シャワーで寝癖を直した。鏡を見ると、前髪がいくらか不自然になっていた。

昨日思いつきで前髪を自分で切ったのだ。

セルフカットってやつ。まぁすぐに伸びるだろう。

 

キッチンへ戻ると火にかけたヤカンのふたがカタカタと音を立てていた。

僕は沸騰したお湯をガラス製の魔法瓶に移すと、お気に入りのマグカップに白湯を注いだ。起きがけに食べものはいらない。白湯かコーヒーで十分だ。というか、朝は食欲がないんだよね。

 

 

 

 

ちなみに昨日口にしたのはお手製のスムージー

image

 

 

エクアドルで飲んだニンジンの生絞りジュースが急に恋しくなったのだ。

ニンジンとトマトとリンゴとバナナをミキサーで砕いてドロドロにして、それを大きな計量カップに入れて、スプーンですくって食べた。

めちゃくちゃ美味しかった。文字通り栄養が体に染み渡ったと思う。

僕の晩御飯はそれだけだった。それだけでお腹がすくどろころか、少し満腹感さえ感じた。食欲のギアが切り替わったのだろう。それがローなのか、ハイなのかはわからないけど、睡眠の質は高いし、肌ツヤもよくなっている。今のところ体に異常無しだ。

 

 

 

 

もちろん食後は時間をおいてランニングにも出かけた。

自分が通った高校までの道のり約4km。往復7.5km

日に日に体が長距離を走ることに慣れていっている気がする。足の筋肉痛は三日目にはほぼ解消していたし、走っている最中にときどき感じる内臓の痛みも日をおうごとに和らいでいっているような気がした。

走りだすにはちょうどいい年齢だったのかもしれないな。

 

 

 

 

白湯を入れたマグカップを持った僕は二階の自分の部屋へと戻った。

着替えて自分の部屋の机に着く。部屋のライトはつけずに卓上スタンドだけ灯して僕は文庫本のページを繰った。

1/3くらい開けた窓から雨音と共にほんのりと冷たい風が吹き込んでくる。なんだかこういのって気持ちがいい。

 

 

いつからだっただろう?

僕は雨の日にぴったし合うような音楽を探していたのは

時にはそれはJPOPであったり、ロックであったり、ブックオフでディグってきたCDがたまたまヒットする場合があったが、一番しっくりくるのはやはりジャズを聴いている時だろう。

 

 

今日、頭に浮かんだのはビル・エヴァンスの「Waltz for Dabby」 に収録されている一曲目の曲

 

My Foolish Heart

だ。

 

 

ジャズはこれといって詳しいわけじゃない。超有名な押さえておくべきアーティストのアルバムを何枚か聴いたことのあるだけだ。

ただ、ジャズを聴くと、なんだかその時自分がいる周りの空気が、ちょっとだけその色に染まるような気がするのだ。

 

 

ビル・エヴァンスの曲を聴きながら文字を書いていると、唐突にこんなブログが書きたくなった。

今はそういう気分も大切♪


2 件のコメント

  • 初めまして~
    ちょいちょい見せてもらってます!
    何日か前にFacebookの方で連絡させてもらったんで、また見てください~!

    • >上野さん

      あ!すいません。今しがたFacebookページの方確認しました!

      「何日か前」というか、1月にメッセージくださってましたよね。
      返信できなくてすいませんでした。

      旅をしていた当時はパソコンも盗まれてしまっていたため、
      バックアップの写真もなかったのです。

      ということで、
      お力にはなれそうにありません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「旅する漫画家」を目指す、清水陽介(シミ:24歳)の世界一周ブログです。