デジタル似顔絵屋 初期イラスト!

漫画家描けていない!

 

やっていることと、言えば、今こうして、自分を発信していくことと、

もうひとつ。

それは、ご縁大使の似顔絵を描くこと。

 

そのご縁大使がなんなのかは、マサトさんのブログにばっちし書いてあるので、説明を省略するが、

今僕は漫画そっちのけで似顔絵に忙殺されているのだ。

 

確かに歩みは遅いかもしれない。

でも、これをやることによって何かが得られるにちがいない!

がっつし似顔絵と向き合うことに決めたのだ。

現時点では30人ほどを書いている。

 

 

使っている道具は、去年の9月に手に入れた新兵器”Wacom Cintiq Pro (13inch)”

最初は、下書きの段階から着色に至るまでを全てデジタルでこなしてきた。

でも、「もっとこうすれば上手くいくんじゃないか?もっと自分のイメージする絵になるんじゃないか?」と試行錯誤を続けていくうちに、じわりじわりと、似顔絵を描くスタイルも変化していった。

 

今回は、僕のデジタル似顔絵を一挙公開しようと思う。

 

 

 

やっぱり最初っから上手くはできない。

最初のデジタルで描いた似顔絵は、世に出すのもはばかれるできだった。なんだか黒い線が不自然。

 

 

輪郭線を若干グレーにすることで、デジタル特有の色味になった。

「よし!これでいってみよう!」と作り出した記念すべき一作。

 

 

 

 

 

 

 

そしてだんだんと今のスタイルへ。

なんだかんだ。イラストの依頼があったときは、いっつも描いているので、この顔が定着してきた。

 

 

そしてここから、イラストのみ掲載(ごめん!)

 

 

「北海道っぽい感じ!」ということで、ご当地キャラを目指したんだけど、かぶりものを着せると、全然似顔絵として昨日しなくって、顔を何度も描き直しさせられる羽目に…。きつかったぁ。

で、落書きしてたら、「こっちの方が似てるじゃん!」」ということになって、落書きをスキャナーで取り込み、それを下書きにして完成。けーすけくん。

 

 

 

養蜂と農家をやっているまーさん。ちょっと線を薄くしすぎたかも。

 

 

日本一高い蕎麦を売る千葉さん。仲間と農家もやっているそう。

 

 

長崎の美容師のお兄さん。名前忘れた。でも、いい感じでまとまっている一作。

 

 

 

こちらも長崎。カフェをやってるもりもりさん。もらった写真がいい顔していた。

 

 

お笑い芸人「ラッキータウン」のおふたり。顔のやりなおし、けっこうさせられました。

 

 

 

 

と、ここまでが前半部。

下書きもデジタルでやっていたんだけど、完成まで大体一時間半〜二時間ってとこ。

これが世界各国分の大使を描かなくちゃいけないなんて、

すげえ依頼を引き受けちまったなと思ったのでした。。。

 

 

続きはまた次回!

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!