バラナシで一番美味しいラッシー

やって来ましたマナリ!

 

アムリトサルから十二時間の大移動を経て、

ようやくやって来たのはインド北西部のマナリ

 

ここを訪れた旅人が口々に

「マナリいいよぉ〜…」と言っていた理由が

わかる気がします。

 

そんなわけで、体も疲れていることだし

部屋に篭ってベッドの上で漫画描いてました!

 

 

 

バラナシで一番美味しいラッシー

 

あとがき

 

今回は4ページ。

ボリュームもアップです。

でも、ちょっと下書き入ってますね。

漫画用語でキャラクターの配置や構図を簡単な線で描くことを

「アタリをとる」っていうんですけど、

今回の漫画はそのような配置決めだけをして描きました。

 

 

えっと、何時間かかってるのかな?

地味に文字を打ち込んだりフォントを整えるのにも時間がかかるので

トータル三時間近くかかっていると思います。たぶん。

描いていると時間とか忘れちゃうので、描き終わった時に

「あれ?おれ、何時から作業始めたっけ?」ってなるんです。

楽しめている証拠です。

 

 

バラナシは体調不良で動けない日もありましたが、

一番思い出に残っていたのはタカシさんとの再会でした。

 

 

なんだか今度はネパールに行くとか言ってたっけかな?

ネパールでキーボードの音が聴こえたら、

誰が演奏しているのか、ぜひ確かめに行ってみてくださいね!

 

また、タカシさんからいただいた本、

「旅へ-新放浪記-(野田知佑著)」

を読んで、

 

 

「あぁ、いつの時代も自由を求めて、自分の生き方を確立すべくもがき苦しむ若者がいたのだな」

と妙に納得しました。

それでも、時代はより自由な生き方が確立できるようになっていると思います。

僕は「旅する漫画家」として生きていけるよう、よりクオリティの高い漫画を描けるよう、

精進していきたいと思います!

 

またどこかでお会いしましょう!

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です