「マトリョーシカさんのチェキの使い方」

 

あけましておめでとうございます。
旅する漫画家シミです!

現在は四国の西側沿岸部を積雪に怯えながら旅しております。

 

今回はチェキのお話。

フィルムの写真って独特の味わいがありますよね。

チェキもそうですし、「写ルンです」なんて修学旅行の必須品でした。

今はスマートフォンでいつでもどこでも綺麗な写真が撮れるかわりに、こういったアナログの「物として触れられる思い出」というものが今まで以上に貴重になったように感じます。

アナログカメラなので撮影設定をミスると綺麗に映らなかったりするところもニクいですよね。マトリョーシカさんも旅先でチェキを撮るたび、だんだん上手くなっていきました。

漫画に描いた通り、今のチェキってけっこうすごいんですよね。マトリョーシカさんがチェキを旅に持ってきて、初めて「二枚連続撮影機能」を知りました。しかも最近のチェキはデジタルで印刷する前の状態を確認できるらしいってんだから驚きです!

たしかに日常的にチェキを持ち歩くのは大変ですが、
モバイルハウスで旅するのであればそこまで場所をとるわけでもありません。

バンライファーたちにチェキを!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!