One Love Jamaicaとごみゼロ。

いさっ!

シミです。

シミです。

 

 

5月19日に代々木公園で開催された

“One Love Jamaica”

ボランティアとして参加してきました。

活動内容は「ごみ資源の分別ナビゲート」「エコアクションキャンペーン」の2つ。

IMG_3559

 

 

ごみゼロナビゲーションとの出会いは2009年の秋。

一体何がやりたいのかわからず、悶々としている時に

地元でたまたま出会った中学の同級生のまおに声をかけられたのがきっかけでした。

 

 

それまでボランティアに対して持つイメージは

「クソまじめ」「お固い」

のような偏見の固まりでしたが、

 

ごみゼロの活動は、自分の今まで持っていた「ボランティア」のイメージを

180°ひっくり返しました。

 

 

 

いつものようにまどろっこしいですね。

今、amebloとこの新しいブログの文書のスタイルに慣れていないのな。

どういう文体で書けばいいのかわからない…

 

 

 

何が言いたいかというと

「ボランティアって楽しいじゃん!」

って発見があったんだよね。

点数稼ぎとか体裁とか関係なしに。

 

今まで自分の知らなかった世界が「うわぁ〜」っと広がるような感じ。

 

初めての活動も、出会う人も、見る事、聴く事、そして感じる事も。

 

全てが新鮮で前にちょっとだけ進めた気がした。

そんな活動を与えてくれるのが

ごみゼロナビゲーションなんです。

 

 

 

すいません。また話が長くなっちゃいました。

で、One Love Jamaicaはどうだったの?っていうと、

イベントがカオス!

その一言に尽きます。

IMG_3661 IMG_3681

 

『日本のどこに、こんなラスタマンたちがいたの!?』

ってくらい、その日の代々木公園にはボブ・マーリーみたいな髪の毛モジャモジャなヤツらや、露出度の高いおねーさんたちが

「ここは俺たちの庭だぜ!」

とでも言うようにワイワイ自由に楽しんでました。

IMG_3637 IMG_3642 IMG_3693

 

ジャマイカ出身の方々(?)もチラホラ見受けられて、身長167㎝のシミに威圧感を与えてきます。南米を旅したらおれ、どうなっちゃうんだろうか?

世界一周を控えた僕は不安でたまりません。これじゃあ現代版「ガリバーと巨人」じゃねえか。そんくらい黒人はでけえです。

 

 

 

そんなラスタマン(ウーマン)のフリーダム、One Love Jamaicaでのボランティア活動内容は超濃厚でした。

 

 

レゲエなどがガンガン大音量で流れる中、声を張り上げて

ごみを捨てにきたお客さんに資源分別を促します。

IMG_3603

 

分別を来場者に向けてナビゲートするってのは、一見簡単そうに思えるのですが、

周りは飲食店で溢れかえり、昼飯/夕飯時のごみ捨てラッシュがはんぱない。

 

お客さんの分別を「いかに捌くか」が重要になってきます。

前方3メートルから近づいてきたお客さんの手に持ってるごみを目視し、ごみ箱に到達する前に声で誘導する。

「はい、カップはこっちですよー!」

的な。

 

 

ラッシュ意外は丁寧に分別を促す事ができるのですが、

混み合ってきて、ごみが沢山出てしまったら、人はめんどくさがるのがフツーですよね。

ビニール袋にまとめたごみをそのまま「燃やせるごみ」にシュートしようとするお客さんを必死にくいとめます。

 

「分別お願いしてまーす!

…えっ!あっ、

ちょっと!まとめて捨てないで…!!!」

 

同時に3人とか捌くのは至難の業ですね。

 

 

 

それでも、

僕たちボランティアがごみの分別を促すと、だいたいの人は素直にやってくれました。

やっぱり日本人のそういうところって素敵だな。

 

確かにめんどくさいし、意識は人にそれぞれですが、

言えばやってくれるもん。

 

 

 

ここからシミが考えたことは、

やぱっり、今回みたいなごみの分別にしてもだけど、環境に対する活動を発信していくのと同時に

まずはやってもらう

ことがけっこう大切なんじゃないかな?ということです。

 

発信しただけじゃ伝わんないよね。

実行、アクションに移してもらった方がより伝わる。

THE 習うより慣れろ。

 

それを提供できた活動なんじゃないかなと思います。

 

 

 

 

何のごみが一番出るかっていったら飲食のごみなんだよ。

使い捨ての食器とかビールの缶とか。

 

「マイ食器!マイ食器!」って声高にアピールするけど、

ぶっちゃけ、渡される使い捨て食器の方がいらないと思う。

 

それでも、僕たちが自分の食器を持たないのはずばり、

 

めんどくさいから。

 

 

徐々に環境に対する意識が高まってきてはいるものの

その普及率はイマイチな気がします。

 

 

こんな事言っといて

おれも自分の食器、持ってないんだよね。

 

使う機会がないからってものあるんだけど、

まずは自分でお金を出して持ってみるてところから始めたいと思います。

 

それっきり使わないのはダメだけど、

自分の食器を持つ事で野外フェスなんかでごはんを食べるのが楽しくなるんじゃないかな?

心が豊かな生活のヒントが隠れていそうですね♪

 

 

 

 

 

 

最後に撮った集合写真。

IMG_3698

 

ほんとは雨が降ってきて帰りの会が終わったら、とっとと帰ろうと思ってたんだけど、

「シミ、写真とってよ!」

って一言が嬉しかった。

 

 

ごみゼロの活動そのものも楽しいけど、

それは、この活動を作ってくれてるコアスタッフみんなのおかげだったり、

一緒に活動したみんながいてくれたからなんだよな。

IMG_3584

 

さんきゅーごみゼロ!

 

久しぶりのボランティアでくたくたになったけど、楽しい活動でした。日本に帰ってきてからもまた参加させてもらいますね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

世界一周ブログランキングに参加してます。

まだ、旅に出てないけど、世界一周の約1ヶ月前ってことで

日本を出るまえのシミの日常でした。

よかったらクリックして応援してくださいな。

パソコン用
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯用
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日も読んでくれてありがとう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」を目指す、清水陽介(シミ:24歳)の世界一周ブログです。