「give me response!」

世界一周278日目(4/2)

 

今日中に完成させる!

漫画製作4日目。寝不足だ…。

IMG_4267

 

 

だいたいは深夜2時過ぎまで
僕はみんな寝静まった共有スペースで
一人でパソコンをいじっている。

こんなに毎日毎日日記書いたり、
ブログのアップしているのは
なんのためなんだろう?

そんなことを思わなくもない。

IMG_4272

「いいからその汚い口を閉じろよ!」
「モゴォッ…!!!」

 

 

 

かといって、
いっつもパソコンを広げてるわけではない。

宿に泊まっている人たちのお話を
聞かせていただく時だってもちろんある。

 

 

昨日はカメラや電子機器を一切持たずに
インドを旅している強者のお兄さんのお話を
夜遅くまで聞かせてもらた。

 

「いやぁ、
インドでiPhone使えるなんて
知らなくてさー」

と面倒くさそうに言うお兄さんの旅は、
それはそれで面白そうに思えた。

新しい駅に着いた時はとりあえず笑うらしい。

「どこだよここ?」

って(笑)

まぁ、そうなりますよね。

 

 

 

スマートフォンの登場以来、
情報収集がかなり楽になったことは
間違いないだろう。

僕もiPhoneやパソコンなしで
旅をすることを想像すると、
そうとう苦労すると思う。

「地球の歩き方」やクチコミ情報が大事になり、
ネット屋を探してヒーヒー言ってるはずだ。

時代や技術は進んでいくものだし、
こういう「もしも」を想像するとは意味をなさないけど、

iPhoneやパソコンを持たずに
旅をしている人を見ると、
彼らの旅は
めちゃくちゃ刺激的
だと思えることが多い。

文字通り毎日が冒険だ。

 

 

先日ガンジス川で
一緒に沐浴したユウイチさんは、
カメラはいいものを持っていたが、
iPhoneやパソコンは一切持っていなかった。

 

「高校生の時にバイクで
日本を旅した時の経験が
忘れられないんだよ」

 

だこそ、旅には
必要最低限の物しか持っていかない
ユウイチさんはそう言っていた。

自分のスタンスを
しっかり持った旅は
僕にはとてもかっこよく思えた。

 

 

情報が手に入り過ぎてしまうと
旅の鮮度は損なわれてしまう。

情報を集めなくては
得ることのできない素晴らしい経験もあるし、
治安の悪い場所では
もちろん情報収集は不可欠になる。

 

どういうスタンスで旅をするか?

 

旅の哲学は僕の中でまだまだ続きそうだ。

IMG_4270「かっこつけてんじゃねーよ!」
「でっ!」 

 

 

 

 

 

 

ボヤボヤする
頭を抱えてモナリザ・カフェで
クロワッサンを買って、
作業場所にしているカフェへと向かった。

ここのカフェには看板がない。

IMG_4227

 

 

「ここのカフェって
なんて名前なんですか?」

「「ナイス・カフェ」さ!」

 

そうおっちゃんは言った。

色々なカフェを追い出され、
最終的に辿り着いたこのカフェ。
名前も最高じゃねえかっ!

 

めちゃめちゃ熱い、
20ルピーのブラックコーヒーをお供に、
僕は漫画を描き始めた。

背景は昨日の続きからだったので、
すぐに終わったが、

例のごとくベタの果てしなさに
心が折れそうだった。

マジでベタだけはパソコン編集でやりたいよ…。

ソフトもペンタブもなにも持ってないけど…。

 

 

漫画を完成させた僕は、
モナリザカフェでチョコクロワッサンをほおばった。

甘い物が疲れた脳みそに染み渡る。

ここのスタッフたちは僕が
漫画を描いていることを知っている。

お店にお客さんが半分以上いる時は
スタッフの若いヤツが入店拒否をかましてくるが
(マジウゼェ。もう使ってねえし)、

ヒマな時は店頭にいるおじちゃんが
「3時間でも4時間でもいていいぞ!」
と声をかけてくれる。

 

もうここで漫画を漫画を描くこともないだろう。

たぶんモナリザ・カフェで飼っている
狸のようなワンコは、
どういうわけだか今日は撫でさせてくれた。

 

 

 

 

 

 

 

漫画道具が入った
手提げ袋を持って
相撲のお兄さんたちがパフォーマンスを行う
いつものガートへ。

ガート前の階段には
僕と同じ宿に泊まっている人たちの姿を
3人ほどみかけた。

「メインガートの近くで
相撲が見られるんですよ!」
と宣伝をしてきたのだ。

 

だが、
いつもは16:00過ぎには相撲が始まるのに、
今日は30分以上待っても
お兄さんたちはやってこなかった。

もしかして、今日はないのかなぁ?

いやいや、昨日フナカワさんに会ったとき、
列車のチケットがとれずに
バラナシの滞在が延びたから
明日もやるよと言っていたのだ。

宿の人たちに宣伝してしまったので、少し気まずい。

 

「ちょっと向こうの方見てきますね」

 

僕はそう言って、
ガンジス川の上流の方へと
相撲のお兄さんたちを探しに行った。

途中声をかけてくるインド人たちに

「「すぅ~~もぉ~~!!」
って日本人三人組、
どこいるか知ってる?」

と声をかけるも、
今日は誰も彼らの姿を見かけていないようだった。

 

 

 

半ば諦めかけた時、
少し前の方から見慣れた姿が

「日本人?
あそこにいるヤツらか?」

「あ!あれだよ!」

IMG_4237

 

 

お兄さんの一人が僕に手を振る。

僕は宿の人たちにこのことを伝えようと
足早に戻ったのだが、ガート前の階段には
宿の人たちの姿は見られなかった。

あちゃ~…帰っちゃったか。

 

 

いつもパフォーマンスをやっている場所は
何かの設営が行われていた。

そのため、相撲兄さんたちは
さらに隣りのガートに移動して
パフォーマンスをしなければならなかった。

IMG_4242

 

 

果たして人は集まるのだろうか?

なんたって今日が正真正銘、
最後の最後の取り組みだからだ。

IMG_4239

 

 

 

それは杞憂だった。

IMG_4238

 

 

パフォーマンスが始まるとすぐに人垣ができ、
お兄さんたちは役になり切った。

僕は今回もカメラマンを頼まれたので、
iPhone4Sと5Sを片手に
階段の上の方から撮影に臨んだ。

IMG_4246 IMG_4248

 

 

 

なんだかんだで3回もお兄さんたちの
パフォーマンスを見ているけど、
今回はかなり白熱した取り組みだったと思う。

IMG_4253 IMG_4255

 

 

飛び入り参加のインド人のお兄さんが
体幹の強いヤツで、なかなか決着がつかなかった。

お兄さんたちは取り組みが終わった後、
舞台挨拶の様に周りのインド人に閉幕の挨拶をした。

IMG_4261

 

「これでインドで
尻相撲が流行ったら面白いですね(笑)」

「今度バラナシ来た時に
相撲やってたらビビるよ」

IMG_4275

 

 

iPhoneをお兄さんたちに返して、
僕は周りの観客と同じように階段に座り、
しばらくぼっとお兄さんたちの
後片付けを眺めていた。

IMG_4265

 

 

ここで子供たちがどんなふうにして
遊んでいるのかというと
凧上げやクリケットとかそんなのだ。

 

「子供は飽きっぽいからね」

 

とフナカワさんは言ったが、

連日尻相撲のパフォーマンスを行い、
ここで何かのムーブメントが起こったら
それはすげえことなんだと思う。

 

「じゃあ、そろそろ僕行きますね」

「うん。ありがとね」

「ありがとぉ~!」

 

満面の笑みを浮かべながら
手を振るお兄さんたちの姿は
僕を嬉しい気持ちにさせてくれた。

そんな風にして、
僕は三人の尻相撲取りと別れを告げた。

 

 

 

 

 

 

 

そのままの足で
「ソナの何でも屋」に
できたばかりの漫画を見せに行った。

いつものように向かいにある本屋では
キューさんとアカシが座ってお喋りをしていた。

 

「Is this me? very nice!!!」

「うわぁ~!
これ超凄いね~!
私、お母さんに
漫画デビューしちゃった!て
メールするわ!」

 

僕が完成原稿を見せると
二人はとても喜んでくれた。

キューさんは完成した原稿を
一枚一枚iPhoneで撮影した。

帰ってきたソナさんに見せると言う。

 

 

絵のレベルはまだまだだ。

売り物になるまでには
もっと描かなければならないだろう。

できたばかりの原稿に満足することなんてない。

でも、やっぱり、

こういうレスポンスがあると嬉しいのだ♪

 

「じゃ、続編もよろしく!」

「え…!!?
まぁー、いつか(笑)」

 

思わず苦笑いしてしまう僕。

どういうわけだか、
僕よりも漫画のイメージができているキューさん。

応援してくれる誰かが想像する僕の未来。

旅する漫画家は
僕だけのものじゃないのかもしれない。

IMG_4266

——————————————————
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

というわけで、まもなく閉幕です。
「バラナシ、漫画製作編」

いや~、個人的にはあっという間だったけど。
2週間以上も滞在してるんだよな…?

時間の流れって怖い…。

 

バナーをポチしてページの読み込みが完了すと
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 

★相棒の作ってくれたFacebookページ
旅する漫画家」もよしくね!
アルバムの「Business Card」に今まで描いた名刺と
プレゼントした方の写真を載せております。
 

★Twitterなんぞも…「indianlion45」

 

今日も読んでくれてありがとう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!