「たぶんね、きっと僕はあなたに会うためにあそこで2時間もヒッチハイクしてたんだと思います」

世界一周385日目(7/18)

 

尾てい骨が

ちょうどベンチの板の間にくるそんなベンチだった。

 

 

僕はキャンプで使うマットを持っていない。

だから直に固いベンチに横になる。

人間の体は背中から腰、
お尻にかけて曲線があるので、
真っ平らな場所に寝るのには
向かないんじゃないかと思う。

そう言えば背骨ってS字になってるんだっけ?

 

 

 

 

野宿を始めて最初は全然眠れなかった。

片足を折り曲げたり。ちょっと横向きになってみたり。

だけど、今は割とすんなり眠ることができている。

腰がバッキバキになるようなこともー、あまりない。

たぶん、平面でも寝れる技術を
知らないうちに体得したのかもしれない。

トルコのパムッカレで買ったタオルも
今では枕として大活躍してくれている。

よくわからないけど、
サブバッグも枕として頭にフィットするようになった。

 

 

だんだんとバックパックが
キャンプ仕様になってきている。

カフェでコンセントを確保しやすいように、
電源プラグなどはフロントの部分に。

サイド部分は今はめっきり使わなくなった
パックセーフと洗濯の時に使っているScrubba。

逆側は洗面用品やらスイムタオル、
歯みがきセットが入っている。

 

今日も元気にキャンプしています♪

 

 

 

 

 

さて、これから向かう場所は
パトラという港街だ。

そこから向かうのはイタリア。

 

 

そう。

僕は船でイタリアに
向かおうと考えているのだ。

いや、だって
ロマンあるじゃないっすか???
船っすよ!船!

 

 

よくわかんねー港街で

「ふっ…、
とうとうイタリアに来ちまったぜ…」

なんてそんなシチュエーションに
酔いたいじゃないですかっ!

あー、フェリーっていくらするんだろう?

2万とかだったら辞めてアルバニア行こうかな?

 

 

 

 

前日しっかりパトラへの行き方もしらべておいた。

iPhoneのリーディングリストに
データを残しておいているので、
オフラインでもチェックできるぜ。

今回は街の外まで行くのは簡単そうだ。

メトロと電車を乗り継げば
簡単に郊外のヒッチハイクできるポイントまで出られるらしい。

しかもうまく行けば
タダ乗りできるのだとか!

バレても罰金が発生しないというおおらかさ!

じゃあいっちょチャレンジしてみましょうかねと
僕は一本目のメトロを無賃乗車し、
二本目の郊外へと向かう電車へ。

話によると、駅員が切符を確認しに来る駅は
決まっているらしい。

5両ある車両のうちの
2番目か3番目にいれば
チェックを逃れることができるのだとか。

 

 

そして、ドンピシャのタイミングで
駅員らしき人が僕に切符の提示を求めた。

 

 

 

 

 

 

 

「あ、僕ここの駅なんで降ります」

IMG_2571

 

 

 

IMG_2572

 

 

 

 

ビビって降りちまった。

降りた駅はほんとうに何も無いローカルな場所。

海が見え、後ろのハイウェイでは
車の走行音が途切れること無く聞こえていた。

駅の反対側のホームでは
野良犬が掃除のおばちゃんにじゃれついていた。

 

 

そんなのどかな駅だった。

待っていれば次の電車が来るだろうと考えたが、
ここが郊外だったと思い出す。

次の電車は一体いつ来るんだろう?

 

 

素直に3ユーロ払っておけばよかったのかもしれない。

たった3ユーロでよかったのだ。400円ちょっと。

ヒッチハイクポイントは次の駅だった。
だが、歩いていける距離ではない。

どうするここでヒッチハイクするか?
いやいや、ギリシャがヒッチハイクしにくいって
分かってるじゃないか。

待つしかない。

 

 

 

 

駅のホームでやることなしに、
ただただぼっと電車を待った。

お金をケチったばっかしに
時間を無駄に過ごしてしまう。

 

 

 

ようやく来た電車に乗り込む。

 

 

目の前には駅員のおばちゃん。

 

 

「切符を見せて」

「あ、すんません。いくらですか?」

「あなた歳は?」

「25歳っす」

「2ユーロ」

 

 

僕は素直に2ユーロ払った。

僕はこういうことに向いてない。

くっそ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メガラ
という駅で降り、

ヒッチハイクポイントを目指した。

 

 

近くのガソリンスタンドとレストランが目印で、

僕はそこで朝食を食べ、
Tシャツを洗濯して濡れたままで着た。

外は暑いからすぐ乾くだろう。

 

 

サイトには「under way」と書かれていて、
地下道かなにかだと思ったが、
上にも車道が走っている場所のことを
言っているらしかった。

ハイウェイに入る前の道で、
車はそこまで速度を出していない。

でも、こんな場所に
車が止まってくれるのだろうか?

 

 

 

 

とりあえず笑顔で親指を立てる。

運転席からレスポンスはある。

だけど、止まってくれそうにない。

 

 

ヒッチハイクをしながら頭の中では葛藤があった。

あのサイトの情報を鵜呑みにしていいのだろうか?

さっきの電車はもっと遠くまで走った。

そこからヒッチハイクすればよかったかも…。

 

 

 

 

 

一時間過ぎた頃、一台の車が止まってくれた。

 

「どこまで行くの?」

「パトラです」

「コリントスまでだったら行くけど」

「う~、お願いします!」

 

 

ここで考えていてもしかたない。
ここは少しでも前に進みたい!

 

 

 

 

乗っていたのはお母さんと二人の娘と一匹の子犬。

IMG_2575

 

 

 

アテネ在住で他にも別荘があるらしい。

今日はそちらに向かうのだとか。

子供たちは夏休みの真っ最中だそうだ。

「宿題はもうやった?
早めにやんなきゃダメだよ?」
と言ったが、女のコはきょとんとしていた。

そらそうだ。

僕も5日前から焦りだすそんな子供だった。

 

 

お母さんは若い頃ドイツに留学経験もあったそうで、
英語も喋れる方だった。

日本人の女のコとルームシェアをしていたようで、
こうしてヒッチハイクしている外国人に
理解があるそうだ。

 

 

「それでも前回ヒッチハイク
している人を見たのは一年前ね。
それに子供がいるじゃない?
だから最初はあなたを乗せるかどうか迷ったの」

 

 

そうですよねー。

知らない外国人を車に乗せるわけだから。

乗せる側にもそういう考えもあるのはよく分かる。

 

 

「最初あなたのことを女のコだと思ってたの。
声を聞いて男なんだって分かったわ」

 

 

伸びた髪を頭の後ろで二つに折って結んでいる
この髪型も役に立つのだ。
前回かなり嫌な目にあったけどね笑。

 

 

 

 

「あの、ヒッチハイクできそうな場所って知ってます?」

「大丈夫よ。ここには観光地があって、
車やトラックが近くのレストランに止まるわ。
そこで降ろしてあげる」

「ありがとうございます!」

 

 

最後の別れ際に
「ここがコリントスで一番
おいしいピタの食べられるお店よ」
と僕にピタをごちそうしてくれた。

IMG_2584

 

 

 

厚手の皮にトマトやレタス、
チキンにフライドポテトが挟まった
ボリューム満点のピタだった。

それにお母さんは僕に1リットルの水まで買ってくれた。

ありがとうございます。

なんだかおもうんですよ。

僕があんな場所でヒッチハイクしていたのは、
あなたに会うためだったんじゃないかって。

IMG_2581 IMG_2583 IMG_2582

 

 

 

 

 

 

次なるヒッチハイクポイントで降ろしてもらい、
僕は車を探そうとした

IMG_2576

 

 

 

のだがー…

 

 

 

タイミングが掴みきれない。

車やトラックは数台停まっているのだが、
みんな目の前のレストランで食事をとっているらしく、
なかなか戻って来ない。

ダメもとでトラックの運転手に声をかけたが、
「行かない」と言われてしまった。

ここでパトラ行きの車を
つかまえることができるのだろうか?

 

 

 

待っていてもしかたない。

僕はやってくる車に向かって親指を立て、
レストランの駐車場に停まったトラックに
声をかける2重の作戦でいくことにした。

 

 

 

そんな簡単に車は停まらない。

トルコがいかにヒッチハイクに
寛容だったのかが分かる。

何度もそのことを考えてしまう。

 

 

 

 

 

2時間が経過した。

 

ずっと日差しの中。

さっき僕を乗せてくれたお母さんから
もらった水はもうほとんど残っていなかった。

『まだこれだけ残っている!』とも思えなかった。

IMG_2586

 

 

 

 

一旦休憩を挟むべく、
レストラン内にある売店でクソ高いアイスを買い、
近くの売店でスプライトを買った。

 

 

気持ちを切り替えよう。

焦ってヒッチハイクしたところで
何も状況は改善されやしない。

きっとそういうのは
ドライバーさんに伝わっちまうもんなんだ。

ヒッチハイクを
楽しむくらいの気持ちでいうこう。

 

 

 

僕はヒッチハイクがどこか
「釣り」に通ずるようなものがある気がした。

どこが釣れる場所なのかよく考え、
魚が食い付くように身ぶり手ぶりでアピールしたり、
静かに親指を立てるだけだったり。

何より忍耐力が必要なのだ。

次の街に向かう車が止まってくれる
チャンスを待つ忍耐力が。

そこには運が必要だし、
ドライバーさんとの相性もあるだろう。

アジア人の僕でも乗せてもいいなって
思ってくれるドライバーさんが。

 

 

 

場所をずれして親指を立てると、
さっきよりも明らかに
運転席からレスポンスがくるようになった。

頑張れよ!と親指を立ててサインしてくれる人には
見送って手を振った。

2台ほど止まって行き先を尋ねてくれた。

逆方向だったので、
お礼を言ってヒッチハイクを続けた。

一応駐車場に新しく止まった
トラックにも行き先を尋ねておく。

 

 

 

「あの、パトラまで行きます?」

「行くけど?」

「の、乗せてもらっていいですか?」

「いくらだ?」

「お金ないんで5ユーロでいいですか?」

「パスポート見せてくれ?
お前もしかして問題があるんじゃないのか?」

「いやいや嫌だなぁ~、大丈夫っすよ」

「ちょっと待ってろ。
お前、コーヒーいるか?」

「いや。大丈夫っす。
ノーセンキュー(
ほんとは欲しかったけど)

 

 

 

乗せてくれたのはアルバニア人の
アリスという運ちゃんだった。

IMG_2592

 

 

 

なんだかヨーロッパの人は
どんどん日本のそれに近づいてきた気がする。

なんだかプライベートの領域が大きくて、
他人にそこまで心を開こうとしない。

ガードが固い印象を受ける。

そりゃ、変な外国人が親指立ててるんだもん。

乗せる人がどんだけ心がデケえんだよって話だ。

 

 

 

アリスと僕を乗せたトラックは海沿いをずっと走った。

IMG_2597

 

 

 

僕が眠気と戦って
ウトウトしているのを見るとアリスは
「寝てもいいんだぜ?」と言ってくれた。
けっこういいヤツだった。

頑張って起きてたさ。
だって、悪いじゃないか。

IMG_2598 IMG_2599

 

 

 

 

 

降りる時に5ユーロを渡した。

「じゃあな」とアリスは
特にお金をそれ以上要求する様なこともなく、
ふつうに去っていった。

 

 

 

 

来たぞ。パトラだ。

 

 

時刻は17:30。

もしかしたらフェリーに乗れるかもしれない。

 

 

歩いてフェリー乗り場まで向かう。

地味に遠い6km。ひたすら一本道を歩いた。

パトラの街を抜け、
ヘロヘロになって到着したフェリー乗り場へ到着。

窓口を探して出発の時間とチケットの値段を訊いた。

 

 

チケットを扱う会社は2つあった。

イタリアのバリーという港まで
100ドルちょっとが明日の出発。

ビリンディシという港が
あさって出発の約50ドル。

どうする?

 

 

どっちにしたって、今日出発はできない。

考えますと言ってあてもなく街へと戻った。

 

 

 

 

このままここに滞在しても、
お金を使ってしまう。

ここで節約できるかがポイントだ。

 

 

アパレル店や雑貨屋やレストランが並ぶ通りで
僕はギターを構えた。ダメもとで。

だが、ここでどういうわけだか
ギリシャで一番のレスポンスを得ることができた。

特に子連れのお父さんお母さんが
笑顔で小銭をジャラジャラと入れてくれる。

なんだよ!この街は稼げる街だったのか!

これだったら明日もバスキングして
フェリー代を稼いじまおう!

 

 

 

 

24時間営業のエベレストカフェで
僕は明け方5時過ぎまで作業していた。ネットも良好♪

ギリシャ最後の港町、パトラ。

そして次の目的地イタリアはもうすぐそこだ。

———————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

無理だ。ダメだ。うまくいかない。
って思っていても、なにか
「その出会い」に会うための時間だったように感じます。
『ああ、この人に会うためにおれは待っていたのか』
って思ってしまうくらい。

つくづく自分は運がいいなと思う。

 

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★Facebookページ「旅する漫画家」もよろしくお願いします。

★Twitterもね!「Indianlion45」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!