「はいはい。分かってますって。自分がクソヤローだってことは」

世界一周443日目(9/14)

 

 

後ろ髪を
引かれる思いだった。

ドルトムントの街から離れるのが。

IMG_5428

 

 

 

僕はこういう首都よりかも
一回りか、ふたまわり程小さい規模の
街の方が好きかもしれない。

首都特有の人ごみや、ごちゃちゃした感じは
最初のうちは楽しいけど、すぐに疲れてしまうから。

その点、ドルトムントは
普段はそこまでうるさくないけど、
サッカーの試合のある日は盛り上がるし、
カフェやらショッピングストリートだかが
一部に集まっているのも便利だなぁと思った。
街を歩き回らないで済む。

ここに住むという意味では、
また違って来るんだろうけどね。

 

 

次ぎの目的地はケルン。

ここに行くことになったのは、
僕が行きたかったから。

世界史の資料集に必ずと言っていいほど、
「ケルン大聖堂」の写真があった。

あのとてつもなく大きな教会の写真。
確か高校の資料集にはライトアップされた
ケルン大聖堂の写真が載っていたような気がする。

 

 

『ドイツを旅するなら、
あの大聖堂をこの目で見ておきたい』

 

 

そう旅に出るまえから考えていた。

 

 

 

 

公園でテントをたたむと、
まおが「風呂に入りてぇ~!」と言った。

まぁ、僕はこの生活にだいぶ
慣れてしまったけど、
(そして自分でも気づかないうちに
体臭がついてしまったらしい)

まおは初のヨーロッパ旅行でいきなし野宿だ。

日本でもこんなに長い期間風呂なしの
生活が続いたことはなかったんじゃないか?

ちなみにまおは、大学生の時に
カナダとペルー/ボリビアを
それぞれ二週間づつ旅したことがある。

その時はもちろん宿はとっていたそうだ。

 

 

旅そのものは初めてってわけじゃないけど、
こんな貧乏旅をするのは初めて。

僕としては、手頃な個室トイレが
見つかったらすぐにでも髪を洗いたいんだけど、
さすがに日本からわざわざ会いにきてくれた
相棒くんに、洗面台で頭を洗うことを
強要することはできないでいた。

まぁ、サービスエリアには
シャワーがついていることが分かったからさ、
今日も見つかったら使おうぜ?

 

 

 

 

 

 

ドルトムントの中央駅から地下鉄とバスに乗って、
ヒッチハイクポイントまで向かった。

IMG_5431 IMG_5432

 

 

 

ドイツは比較的、一般道から
ハイウェイ沿いのサービスエリアに
アクセスしやすいようだ。

フードチェーン店と併設した
サービスエリアが今回のヒッチハイク場所だ。

そしてここでもトイレでシャワーの
マークを見つけた。

僕たちがシャワーを使ったことは
言うまでもない。

 

 

店員さんにシャワールームの鍵を借りて、
あとは一人ずつ交互にシャワーを浴びた。

シャワーの使用量は5ユーロだったけど、
僕たち二人がシャワーを使っても、
追加料金がかかることはなかった。

まおは一日に10回以上は
「お前、臭うなぁ」とイヤミのように
言ってくるので、バッチし体を洗い、
着ていた服も洗濯しておいた。

 

 

シャワーを浴びて、フードコート内の
テーブルで充電をしながらiPhoneを
いじくっているとまおがボソっと言った。

 

 

「言っちゃ悪いと思うんだけどさ、

やっぱ臭うよ」

 

 

ふぁぁ~~~っく…

 

 

 

 

気を遣ってるんだか
そうじゃないんだかわからないけど、
彼の言うには僕から

「外人の臭い」もしくは
「そろそろウチの犬も洗わなくちゃな」
って臭いがするらしい。

ってなんだよそれ!

日本にいた時の僕は
臭いはしなかったと言っていた。

一年ぶりにドイツのブランデンブルグ門前で
再会した時に
『あ、臭うな』と思ったらしい。

いや、こういうさ、
体のディスアドバンテージ
みたいなことを僕はとやかく言いたくない。

足が短いだの、目が細いだの、
背が低いだのー、
ってすべて僕のことなんだけどさ…。

 

 

痛みを知っているからこそ、

『こういうこと言ったら、
相手は傷つくかもなぁ』

と思うことができる。

 

 

でも、言われないと分からないよね…。

おかげで最近、Wi-Fiが使えてヒマな時に
調べるワードは

「体臭 改善」

とかだ。

体を洗っても臭いが消えないってことは、
たぶん食生活だと思う。

日本人は欧米人に比べて体臭がないらしい。

それは日本人のDNAに由来するところもあれば、
日本食を食べているからだとも言われているそうだ。

ってー、日本でも臭っー、
香る人いるけどね。

 

 

 

そんな感じでサービスエリアで
シャワーを浴びてまったりしていると、
あっという間にお昼前になってしまった。

「ヒッチハイクしますかぁ~…」
「そうだね…」っていうくらいのやる気のなさ。

こんなんで車に乗せてもらうことができるのだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

サービスエリアの

駐車場には先客がいた。

 

IMG_5438

 

 

 

いかにも旅人っぽい
欧米人の女のが控えめに親指を立てていた。

年期の入ったバックパックと
くくりつけられたマットと寝袋。
ブーツカットのコットンパンツは
まさしく彼女だけのものだった。

僕たちとは行き先が反対方向だったので、
気を遣ってくれて場所を譲ってくれた。ありがとう。

 

 

 

さー!なんてったってここは
ドルトムントだぜ?

しかも今、僕たちは
ボルシア・ドルトムントの
ユニフォームを着ている!
さぁ!僕たちを乗せておくれ!

IMG_5439

 

 

 

徐々にテンションを上げて、
ヒッチハイクを開始したが、
「はいそれでは」みたいに
すぐには捕まらないかった。

場所を移ってくれた
バックパッカーの女のコは
僕たちより早く車を見つけて
その場から去っていった。

やっぱ女のコは有利だよなぁ。
危険も多そうだけどね。

 

 

 

 

 

二人旅最後のヒッチハイクは
30分ほどで成功した。

IMG_5441

 

 

ご主人と奥さんが運転する車。

ケルンの中心地から少し離れた
ところまで乗せていってくれるらしい。

いつものように会話をするのは僕の役目でだ。
(まおくんはいつものようにー…)

 

 

 

 

 

 

15時には
ケルンに到着した。

IMG_5443

 

 

 

なんだか今日は朝からスロースタートで
頭がボヤボヤする。

降ろしてもらったガソリンスタンドで
コーヒーを飲んで、中心地へと向かうことに。

トラムで中心地まで行けそうだったが、
どのトラムに乗ればいいのか
分からないところはやっぱりドイツだ。

まおは近くにいた人に積極的に声をかけ、
どのトラムが中心地まで行くのかを訊きだしてくれた。

 

 

前回の罰金のこともあるので、
しっかりとチケットを買ってトラムに乗り込む。

IMG_5447

 

 

 

あいかわらずトラムは
無賃乗車できそうだなぁと思った。
おっといかんいかん。

DSC_0887

 

 

 

街の中心地に着くと、
今日はマラソン大会が行われていたようだった。

IMG_5448

 

 

 

大会もほとんど終わったばかりのようで、
公園ではさまざまな露店が出ていた。

ミニライブみたいなのも行われており、
地元のおっちゃんバンドみたいなのが
ボブ・マーリーをやっている。

なんだかケルンは
そこまで食べ物が高くないのかなぁ?

 

 

大きな菓子パンが
2ユーロで買えるのに少し驚いた。

あぁ、こういうのばっか
食べてるから臭うのかなぁ?

IMG_5449

ここしばらくは「体臭ネタ」から
離れられそうにないや…。

 

 

 

 

僕たちは大聖堂のある方角に向かって
ショッピングストリートを抜けた。

日曜日のショッピングストリートは
ほとんど人がおらずゴーストタウンと
言ってもいいほどだった。

IMG_5452

 

 

 

とりあえず
ケルン大聖堂へ行くのは明日にしようと、
ショッピングストリートが
二股に別れる地点でウダウダしていると、

まおは
「じゃあおれ、散歩行ってくるわ」
とバックパックを置いて
一人でどこかに行ってしまった。

IMG_5451

 

 

 

 

 

僕はベンチに腰掛け、
巻きタバコを一本吸った。

街にはほんとうに誰もいない。

ただ、こういう寂れた場所でギターを弾いたら、
声がいい感じに響いて気持ちが
いいだろうなと思った。

 

 

まおのバックパックがある以上、
ここで待ってないといけない。
まぁ、時間もあるしいいだろ。

吸い終わった煙草を
足下に擦り付けて火を消した。

相変わらずヨーロッパの路上は
吸い殻があちこちに落ちている。

まぁ、郷にいってはなんてやらです。

僕はご存知の通りクソヤローなので、
吸い殻はごみ箱に捨てずにそのままにしておいた。

 

 

 

「さてとー、
人もいないけど、唄ってみるかな」

 

 

重い腰を持ち上げて、
チューニングを済ませて、
CARAVANを唄った。

思った通り、誰もいない通りに
声が響いて気持ちよかった。

 

 

一曲唄い終わったと同時に、
警官二人組が僕の前にやって来て止まった。
男性、女性のツーマンセルだ。

別に方向を向いていたから、
近づいて来たことがわからなかった。

まぁ、ここではバスキングしちゃ
ダメだよっていういつものあれだろ。

 

 

 

 

「君、今ポイ捨てしただろ?
35ユーロ。罰金だ」

 

 

はあっっっっ!!??

 

 

「えっ?何言ってるんですか?
どれが僕の吸ったタバコだと言うんですか?
こんなに吸い殻が落ちているのに!」

「これだろ」

 

 

と言って、
一発で僕が吸っていた煙草を当てる警官。

 

 

「で、でもー、」

「ほらパスポート見せて。
日本かー。君の国ではどうかは知らないが。
ここはドイツだ。ドイツではこうなんだ。
35ユーロ
(4,893yen)
罰金を払ってもらうよ」

「えぇぇぇーーーーーー…」

「嫌ならいいよ?
署まで来てもらっても、
こちらとしては構わないよ?」

 

 

そう言って男性警官は
腰につけた手錠をちらつかせた。

 

 

もう払うしかない。

サブバッグの中から
35ユーロを取り出し、払うほかなかった。

警官は領収書を切って僕に渡した。

「Yosuke Shimizu」と
しっかり僕の名前が手書きで書かれている。

 

 

「ああ、それと、
バスキングのルールがあるんだ。
知っているかい?」

「(知るわけねーだろ!)
…知りません」

「一時間のうちはじめの
30分はやっていいけど、
残りの30分はやってはいけない。

それと、続けて同じ場所でやるのもダメ。
200m以上離れること。
それと、病院と教会の近くはやってはダメ。
わかるね?」

IMG_5425

 

 

 

 

 

 

ドイツで
二度目の罰金。

もうどんだけドイツ経済の
発展に貢献してるんだよ、おれ?

てか、アイツらずっとおれのこと
チェックしてたのか…。
マジ根性ひんまがってるな。

 

 

『おい、アイツタバコ吸ってるぞ』

って僕がタバコ吸い終わるまで監視して、
バスキング始めてから声をかけるっていう。
罰金までのプロセス。

一応バスキング始めた時に辺りを見渡したけど、
警官の姿なんてどこにも見当たらなかったのにな。

一体どこから僕のことを監視してたんだろう?

 

 

一刻も罰金をくらった場所から離れたかったけど、
まおがバックパックを置いて一人で
散歩なんぞに行ってしまった以上、
ここでアイツの帰りを待っていなくてはならなかった。

呑気に散歩から帰って来たまおに対して

『お前がバックパックを
押し付けなければ
僕は罰金くらうことなんて
なかったんだぞ!』

と思ったことは、ここだけに留めておこう。

わかってますって。
八つ当たりだって。くそっ…。

IMG_5454

 

 

 

 

もう、腹の虫がおさまらなかった僕は、
バスキングが可能になった時間ジャストに
バスキングをしたが、
30分で稼げたのはわずかに4ユーロくらい。

あぁーーーーー…35ユーロ。
マジ痛ぇ…。

 

 

 

 

 

ケルン大聖堂はもったいつけもしないで、
そこにどんと建っていた。

IMG_5464

 

 

 

迫力はあるけど、
僕が日本にいた頃に
イメージしていたものよりかは
いくぶん小さい気がした。

それでも、二人してカメラに
納まらないくらいの大きさの大聖堂に
「スゲェ~」を連発してた。

DSC_0889

 

 

 

そんなケルン大聖堂だったが、
ど真ん前ではセロの二人組がバスキングしてるし、
さっきの警官は時間外にバスキングしていた
じいさんに罰金かましてたし、

てかなんだかんだ言って、
この街けっこう汚ねえぞ?

IMG_5462

 

 

まおが調べた情報に寄ると、
ケルン大聖堂は一応、
現在は世界遺産ということになっているが、
景観を損なう近隣開発から、
一度は世界遺産からはずれたらしい。

 

 

 

 

 

時間つぶしにスターバックスで2時間ほど作業し、
落ち込んだテンションを戻すために
今日はちょっとした贅沢だ。

IMG_5472

 

 

まぁ、こういう時もあるよね。

IMG_5478 IMG_5479 IMG_5480 IMG_5475 IMG_5476

コースターの上に落書き五連発。

 

 

 

 

ワインで気持ちよく酔っぱらうと、
僕たちはケルン大聖堂の見える川の対岸に
テントを張った。

ライトアップされたケルン大聖堂が
暗闇に浮かび上がった。

DSC_0926

 

——————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

まぁ、そういう人間できてないヤツが僕です。

赤信号とかもニューヨーカースタイルです。
車来なければガンガン無視します。
だって何もしてない時間もったいないもん。

でもさ、ここがそういう風に
ポイ捨てに厳しい場所だって知ってたならー…

「たら・れば」言ってもしょうがねえかー。はぁ…。

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★Facebookページ「旅する漫画家

★Twitter「Indianlion45」で検索かけてね。

今日も読んでくれてありがとさーん♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!