「はーい。今からモロッコ雑貨買い漁りますよぉ〜♪」

世界一周516日目(11/26)
【雑貨仕入れ編】

 

 

全国の雑貨好き

レディーーース・

エーーーン・

ジェントルマーーーンッッッ!!!

 

今からモロッコの雑貨を
仕入れに行くぜい!
心してついて参れ!

IMG_1802

 

 

 

いつだって雑貨を買う時は、
どこか「勝負」のように感じる。

そりゃあ僕だってボラれたくないし、
できるだけ安く買いたい。

 

 

そして、
ただ安ければいいってもんじゃない。

当然なことだけど、良い物は高い。

モロッコは安いけど。

 

 

 

 

 

 

昼前、
どこのお店も開き始めたくらいの時間に
僕は仕入れに出発した。

まず向かった先は
キャンドルスタンドが売っている場所。

IMG_1968

 

 

 

これはマラケシュの至る所に売っている
“鉄板”商品みたいなものだけど、
装飾が違ったり、細部が綺麗だったりしたら
それはそれで値段が高くなる。

おととい僕が見つけたのは
雑貨屋というよりは
キャンドルスタンドの工場
のような場所だった。

 

 

ちょっとズルいようだけど、

 

 

 

ここに値段を書くことはしない。

 

IMG_1972

 

 

 

まぁ、雑貨屋(ごっこ)をするって言っても、
今まで仕入れた雑貨にかけたお金の半分以上は
送料で飛んでいってしまっているし、
もともと利益を出すことを
目的に企画したことじゃない。

 

 

が、

(二転三転しますよ)

 

 

 

もし、
もしですよ?

僕が仕入れ値を
このブログ書いたとするじゃない?

僕のブログを見ていて、いつの日か、
相棒と僕が日本のどこかで開く雑貨屋さん
(たぶん、フリーマーケット的な露店になるだろうけど)
に来た人が

 

 

『あれ?
ブログに書いてあった値段と違う。
こんなに利益上乗せしてんの?
ボってんじゃん!』

 

 

みたいに思われるの嫌だもん!

だって、地元の雑貨屋さんとか
行っても仕入れ値は書いてないだろう?

 

 

そりゃ僕たちだって

“少しは”

お金が
欲しい!

 

 

 

利益が出たらチットチャット
(僕と相棒がよく行く地元のバーだ)
「かんぱーーーい!」って酒が飲みたい!

仕入れ値が知りたい方がいらっしゃったら
コメントください(笑)

IMG_1944

 

 

 

仕入れたキャンドルスタンドのひとつは
ガラスに日々が入っていた。

全てが手作りなのでこういうのは
仕方ないのかもしれない。

僕の仕入れたかったのは、
カラフルなガラスがはめ込まれた
キャンドルスタンドだったので、

お店の人(っていうか親方)に
「同じ配色の別のやつはないの?」と訊いてみると、
部下に言いつけてその場で
ガラスを取り替えてくれた。

 

 

こういうのっていいよね。

工場の写真を撮ろうとしたら
「写真はやめてくれ」と親方から言われたので、
素直に写真は諦めることにした。

モロッコに来たらキャンドルスタンド

 

 

 

 

 

 

中には
皮張りのキャンドルスタンド
なんかもある。

中にキャンドルを入れて
火を灯すとなかなか綺麗だ。

これは別の場所で買ったもの。

IMG_1969

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雑貨の入ったビニール袋をぶら下げて
次に向かったのはバブーシュの売っているお店だ。

IMG_1989

 

 

 

これもマラケシュに沢山ある雑貨屋さんで
何回もチェックしてきた。

値段を訊く度に買わされそうになり、
何度架空の妹のお世話になったことか(笑)。

「妹に写真を送る約束なんだよ」
という言い訳は、かなり役に立った。

 

 

バブーシュ自体は
マラケシュ以外でも手に入る
鉄板商品のひとつだ。

たぶん、年々シーズン毎に
デザインが新しくなっていくんだと思う。

昔、誰かのブログで紹介されていた
バブーシュを見つけることはできなかった。

先日の下見の際に
「後で買いに来るから!」
と言っておいたお店に足を運んだ。

 

 

ニコラス・ケイジに似たお店の
おっちゃんはちゃんと僕のことを覚えていてくれた。

 

 

「やー、妹に写真を送ったらさ、
妹の友達も欲しい!って好評みたいでさ、
ここで何足が買わせてもうね」

なんてどうでもいい嘘をつくのは僕は大好きだ♪

 

 

女のコの足のサイズがどれくらいなのかは分からない。

無印良品のMサイズは
「24.5cm~」

 

 

え?女のコの足のサイズってそんなに小さいの?

 

 

 

 

「じゃ、とりあえず26cmで!」

 

 

 

大は小を兼ねるだ(笑)

IMG_1970

※写真に特に意味はありません(笑)

 

 

 

お店の中には沢山のバブーシュがあったが、
メイドイン・モロッコのため、
ストックはほとんどない。

それに皮製品なので、
同じ色であってもひとつひとつが微妙に違う。

最初の一~二足は
26cmで買おうと思っていたのだが、
気に入った色があると、
「うんうん。ちょっとくらい
大きくても気にしないっしょ!」
と購入候補に加えて行った。

IMG_1979

 

 

あ~、なんで自分が履くわけじゃないのに、
バブーシュ仕入れるの楽しいんだろ?

こんなん女のコがルームシューズに履いてたら、
グっとくるわぁ~~~♪

 

 

 

妄想は漫画家の特権だと思う(笑)。

 

 

 

 

お店の名前は
ウェルカムバブーシュ.com」だった。
なかなかご機嫌な名前じゃないか。

ニコラス(お店のおっちゃん)が
「何かおれにプレゼントをくれ!」と言ってきたので、
nudie jeansのキーホルダーをプレゼントしておいた。

IMG_1987

 

 

「これも皮製品で、スウェーデン製なんだぜ?」

きっとニコラスはこの先、
お客さんや友達にそう自慢することだろう(笑)。

スウェーデンのイェーテボリにある
nudie jeansの事務所に遊びに行った時に
もらったものだけど、今の僕には必要ないものだからね。

想いはスウェーデンから僕へ、
そしてニコラスへとドリフト(漂う)するのだ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

手荷物を
増やしても、
まだ雑貨の仕入れは終らない。

IMG_1964

 

 

 

次に向かった先は
昨日ニット帽を仕入れた場所だ。

なんだかんだ、
僕はあのニット帽の魅力に
取り憑かれてしまったようだ。

 

 

あれ被った女のコ
見てぇぇぇえええええ!!!

 

 

くっそ!なんでここに
オナゴおらんのぉぉぉーーーーーっっっ??!!!

 

 

 

 

ニット帽が沢山売られている場所で
昨日と同じおばちゃんを探したが、
日替わりで売り手も変わってしまうのか、
おばちゃんの姿を見つけることはできなかった。

まぁ、値段は知っているし、
声をかけてきたお兄さんに値段を確認して
バババーーーっと仕入れておいた。

中には10倍以上の値段でふっかけてくる
オヤジもいるので注意が必要だけどね。

たっぷり雑貨の入った宿に戻って、
テーブルにさっき仕入れたニット帽を並べた。

IMG_2004

 

 

 

いやーーーー、いい♪

そしてここに女のコがいてくればーー、

 

 

 

てっめ!
何被ってんだよ!

IMG_2002

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕入れ自体は
3時間くらいで終ってしまったが、
一日のメインの活動が終ってしまうと、
もう一日が終りそうに感じた。

IMG_2008

 

 

 

一応、追加の雑貨の仕入れがあるかどうか、
LINEで相棒に確認しておいた。

今の時間は寝てるころか。

日本との時差が9時間もあるから
やり取りがすぐにできないのがもどかしい。

 

 

近くのレストランで7ディルハムのコーヒーを
すすりながら絵を描いていると
あっという間に時間が過ぎた。

IMG_2014

 

 

 

このモチベーションの注ぎ方って
なかなか難しいよなぁ。

もう今日は日記を書く気もしないや。

 

 

遅い時間までフナ広場では音楽が流れ、
子供たちが小さなボールでサッカーをしていた。

キャンドルが灯されたスタンドが綺麗に見えた。

 

 

はーーーー。満足♪

IMG_2017————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しておりやす!

誰か!誰か雑貨男子はいないの??!!

いや、女のコの方が望ましい!
僕と雑貨についてアツく語ってくれる人はいないのかぁ~~~!?

世界一周しながら雑貨を買っている人と言ったら
ツバサさんくらいっきゃ思い浮かばないや。

や、あんまし誰が雑貨買ってるとか知らんのですが。

SLIKO 世界一周お土産図鑑」という
世界中の雑貨を紹介するサイトもあります。

これ見てると、
『あ、買っておけばよかったなぁ』って思う雑貨ばかりです。
アクセサリーとか欲しいなぁ。

 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★Facebookページ「旅する漫画家

★Twitter「Indianlion45」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!