「まるで“合宿”みたいだな」

世界一周616日目(3/7)

 

 

どうやら

Wi-Fiが使えたのは初日だけだったようだ。

IMG_7589

 

 

 

ここはマラウィ、ンカタン・ベイ。
泊まっている宿は”BIG BLUE”。

僕はそこにテントを立てている。

 

 

キャンプサイトのすぐ目の前には海のような巨大な湖があり、
朝も早くから木製の手漕ぎボートに乗った地元の人たちが見えた。

IMG_7622

 

 

 

iPhoneはWi-Fiを探知しているのだが、
ちっともネットに接続できない。

宿のスタッフに訊ねてみても
「10分かそこら繋がらない時があるんだよ」
とそのことが日常茶飯事のように言うが、

その”10分”が一日に何度も訪れるのだ。
Wi-Fiが使えない時間の方が長いくらいだ。

 

 

自分が贅沢なことを言っているのは分かっている。

だが、僕はここにWi-Fiを求めてやって来たのだ。
ブログだって更新したいし、
連絡を取らなくちゃいけない人たちもいる。

外に出てバナナとクッキーを買うと、
あとは宿に戻って一日中漫画を描いていた。

IMG_7635

 

 

 

 

 

『まるで合宿みたいだな…』

 

 

 

宿の外に一歩も出ずに漫画製作に打ち込む
今の自分を言い表すのであれば
「合宿」ということばが一番しっくりする。

 

 

ちっとも動かないWi-Fiにヤキモキしながら
YouTubeをラジオ代わりに聴いていた。

「合宿」という言葉は実はそこから出来てた言葉だ。
YES!僕は影響されやすい。

 

 

僕の中でひそかなブームである、
日本のスリーピース・バンド「SHISYAMO」がつい先日、
二枚目のアルバムをリリースしたことを知った。

日本にいたら渋谷のタワーレコードに買いに走っただろう。
後日見たタワーレコードのウィークリー・チャートでは
5位圏内に入っていたと思う。けっこう人気だ。

 

 

 

僕はYouTubeの公式映像を観ていた。

ギター/ボーカルの女のコの描いたイラストで語られる
ニューアルバムの楽曲紹介映像に始まり、
新メンバー加入の際の裏話なんてものまで僕は観ていた。

https://youtu.be/JanejzsIkr0

 

 

僕は興味が湧くとあれこれと深入りして調べてしまうタチなのだ
(そしてそのままグダグダと時間を過ごしてしまうのだ…)

 

 

新メンバーが加入したタイミングは毎年夏に大阪で行われる
ラッシュボール」という野外音楽イベントが
きっかけだったようだ。

搬入の仕事でたまたま来ていた女のコが、
ベースとしてスカウトされたらしい。

 

 

僕はこのフェスに一度だけボランティアスタッフとして
参加したことがある。2010年だったかな?

ステージの横にあるブースで
ワークショップみたいなことをやっていた。
あぁ懐かしいな。

 

 

記憶として残っているのは
ステージに上がったアーティストたちよりも、
フェスが終った後の”残汁”(捨てられた飲食物の汁)を
他のボランティアスタッフと一緒にポリバケツに移す作業の方が
印象に残っていた。

 

 

 

あの一年。

僕はボランティアスタッフとして
日本中のフェスに行かせてもらった。

 

 

あれは僕の中での「旅」だった。

IMG_7604

 

 

 

そして、あの一年で学んだことは当時の自分は気づいていなくても、
振り返ってみると大きかったことが分かる。

今の僕のライフスタイルに対する考えの
出発点でもあることは間違いない。

 

 

 

 

話をSISYAMOに戻そう。

(世界一周ブログ?!知ったことか!
僕の活動記録だっつーの!)

 

 

 

スカウトされた女のコは
演奏技術も追いついていなかったばかりか、
ワンマンライブが迫っていたため、
急遽どこかの山奥で合宿が行われたらしい。

その話はまるで青春映画のワンシーンのようで
聴いていてワクワクした。

(しかも合宿を終えた時点で、
合わせられるようになった曲は一曲もなかった
というオチまでついていた!)

 

 

 

それからワンマンライブの直前まで、
一日10時間スタジオに籠っていたらしい。

僕はついついそれらのイメージに脚色を加えて、
スポ根青春ロードムービー
みたいなのを脳内で作り上げてしまう。

そして、こうして漫画を描いている今の自分の状況も、
僕にとっては別の映画のワンシーンなのだ。

やっぱプロになるんだったら
そのくらいのがむしゃらさが必要だ。

うんうん。いいのいいの♪おれは。こうして描いていて。

IMG_7630

 

 

 

時々彼女たちのような
僕のテンションを上げてくれる人たちが登場する。

それは成功者の美談のようにも聞こえる。
ずっと努力をしていても報われないヤツらなんて
ごまんといるだろう。

だけど、その泥臭い美談は僕を熱くしてくれる。

辛く、自分の進む道に自信が持てなくなった時も、
その美談が自分の気持を定めてくれる場合もある。

お前はこれでいいんだ。あとはやるしかないのだ、

とでも言うように。

IMG_7629うむ! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テーブルで

黙々と絵を描いてる横では、
ドイツ人(だと思う)の若者三人が

 

 

ずぅ~~~~~~~~~っっっっと

トランプをしていた。

 

 

 

 

マジで信じられない。

インクレディブルだ!

 

 

いや、彼らが自分たちの時間を
どのように使おうと彼らの勝手ですけどね。

よくあれだけダラダラと時間を使えるなぁと僕は感心してしう。

自分だったらすぐに飽きて、
ゲームにつきあわなくちゃいけない時間苦痛に感じだろうから
(とか言っておいて一番はしゃぐのはおれなんだろうけどさ。
調子いいヤツなのだ僕は)

 

 

ドイツ三人組はやっとテーブルから離れたと思ったら、
湖に泳ぎに行き、そして帰ってきてまたトランプを興じる。

 

 

 

「おっひょっっう!!!」

「ビクッッッ!!!」

 

 

感極まった彼らの一人が突然叫びだすのには
度々驚かされたし、僕をイラつかせた。

 

 

 

 

 

 

16時を過ぎ、辺りが薄暗くなり始めると、
僕は外に夕食を取りにでかけた。

 

 

“H&M’s RESTAURANT”という名前の
ひっそとした食堂が僕の行きつけだ。

IMG_7638

 

 

 

ここでは450クワチャ(119yen)で茹でた野菜が
たっぷりと炊きたてのご飯のセットが食べられる。
追加で150クワチャを支払えば茹でた豆もついてくる。

マラウィにしてはこの価格は少し高いのだが、
昼ご飯を食べない僕にとってはベストなエネルギー補給源だ♪

 

 

最近野菜が美味しく感じられるように
なってきたような気がする。

昔はあんなに野菜嫌いだったのに…。
歳をとるというのは不思議なことだと思う。

 

 

 

 

 

食堂の小さなモニターではDVDの映画が放映されていた。

台湾だか香港だか中国だかの映画のようだった。

僕は後半だけ観たのだが、その内容というのは

 

 

見かけは普通の人間だが正義のミュータントと、
筋肉ムキムキの悪のミュータントが戦う
という、勧善懲悪物の陳腐なものだった。

 

 

 

観ていても

『それはいくらなんでもねぇだろう?』

という

ツッコミどころが満載なのだ。

 

 

まず、なんでアジア圏でミュータントって設定なんだ???
アジア人が使うと(もちろん日本人でも)
かなりギャグ路線に行ってしまうと思うのは
僕だけだろうか?

俳優さんたちもよくこんな子供だましの映画に出られるなと、
別の意味で尊敬の念を送ってしまった。

いや、俳優や女優さんはどこの国でもそうなのかもしれない。
オファーが来たらその要求通りに演技する。
たとえ観ている方が思わず吹き出してしまうような話でも。

 

 

夕食を済ませると、
“peoples”というスーパーでクッキーと石鹸を買って宿に戻った。

 

 

相変わらず宿のWi-Fiは遅く、ちっとも作業が進まなかった。

まぁ、仕方ない。

 

 

 

仕方な…、

くっ…、おせぇ~~~…。

IMG_7620
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

旅する雑貨屋”Drift”

★「旅する漫画家

★Twitter「Indianlion45」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!