「ショッピングモールに失望する」

世界一周626日目(3/17)

 

 

朝に

書く日記もいい。

IMG_8174

 

 

どこか時間を有意義に使えている気がする。

反対に夜は、睡魔と戦ったり、
翌日の出発のせいで時間が気になったりすることが多い。

IMG_8175

 

 

 

ここはザンビア、首都のルサカ
泊まっている宿はキャンプサイトのある”KULULU Backpacker’s”。

宿にはウサギが三羽放し飼いにされている。
宿のオーナーがウサギ好きらしい。

IMG_8172

 

 

 

 

 

この街にはいくつかショッピングモールがある。

テントのポールが手に入るかもと、
そのうち一番大きなモールに行ってみることにした。

キャンプ用品が売られているショッピングモールを
宿のお姉さんが教えてくれた。

 

 

 

 

MANDA MALL“は
宿から歩いて15分ほどの場所にある
この街で一番デカいショッピングモールだ。

IMG_8186

 

 

 

中には”games”とか言う名前の、
食品から電化製品まで売っているスーパーとホームセンターを
いっしょにしたようなお店がある。

海外のショッピングモールに来ると僕はワクワクする。

日本でも同じ様なモールは山ほどあるし、
日本のモールに足を運ぶのも楽しいのだが、海外ならなおさらだ♪

 

 

 

山のような商品と陳列棚の林を抜け、
僕はキャンプコーナーを探し当てた。

IMG_8190

食品もすごい量。

 

 

 

リーズナブルなテントや寝袋、ガスバーナーやカトラリー。
キャンプに必要な道具はここであらかた手に入る。

だがそこにはポールのスペアというものは存在しなかった。

なぜポールのスペアの販売はしないのだろかと僕は考える。
だって必要でしょう?

これでもし、ここで買ったテントのポールが折れたら
一体全体その人はどうするんだろうか?

『安物だから仕方ないよね』

で諦めるのか?

 

 

うーん。有名なアウトドアメーカーのテントじゃないと、
ポールの替えというものは手に入らないのかもしれないなぁ。

ドイツではあったんだけどなぁ。なんでねーのさ?

 

 

 

 

ポールの代用になるものはないか?
とgames内をぐるぐると歩き回ってみたのだが、
代用品すら見つけることはできなかった。

朝からバナナ二本しか食べていなかったので、
腹が減り体に力が入らなくなってきたのでパンを一斤買った。

 

 

『僕はわざわざここにパンを買いに来たのか?』

そう思うと、無駄骨を追ったことで腹立たしさえ感じた。

 

 

 

せめてどこかのカフェで作業しようと、
Wi-Fiのあるカフェを探したのだが、

35クワチャ以上の注文をしないと
Wi-Fiは使わせないというルールを設けたカフェか、
もしくはWi-Fi自体ないカフェのどちらかだった。
ここもアフリカだ。くそぅ…。

 

 

ルサカの街を昨日訪れた際に、
ショッピングモールの多さから僕はこの街に期待を抱いていた。

 

 

『モールが僕を飽きさせないでいてくれるかも!』

そう思っていたのだ。
ショッピングモールを巡り歩くことを考えていたのだ。

だが、街で一番大きいとされるショッピングモールに
がっかりさせられた僕は、同時にルサカの街にもがっかりしていた。

宿も宿泊代が安いことには安いのだが、
テーブルは絵を描くのには適しておらず、Wi-Fiも有料だった。
それもポイントだった。

もう明日には別の街に移動しちまおう。
そんな気分任せな旅が僕の旅なのだ。

IMG_8196

 

 

 

宿に戻る道の途中にある小さな売店で
500gのパスタを二袋買って、
日本のプライベート・ブランドのような
ローカルなコーラを飲んで一息つき、そのまま宿に戻った。

宿に戻ると、ハーフパンツに穿き替えてプールで泳いだ。

ここのプールで泳いでいる人間は僕しかしなかった。

他の宿泊客はどちらかと言えば
一日中ビリヤードをしているヤツらの方が多い。

ちなみに僕はビリヤードなんてほとんどやらない
(ていうかルールよくわかんね)

 

 

プールは水温は冷たく、最初は気持よかった。

だが、何往復かしてプールの隅でじっとしているとすぐに体温は奪われた。

泳ぎ終わってホットシャワーを浴びると一気に疲れを感じた。

IMG_8178

 

 

 

 

 

 

 

 

テント

で昼寝をして目が冷めると時刻は14時を回っていた。

 

 

僕はこの街を出るためのチケットを買いに
バスターミナルまで向かった。

バスターミナルでは客引きたちが、
あっちこっちと僕を連れ回した。頼んでもいないのに。

こういう時はたとえ二度手間だと分かっていても
自分で確認する方が納得できる。

僕は朝イチの便で出発したかったので、
6時発のバスを扱うバス会社のチケットを買った。
112クワチャ(1,733yen)。次の目的はリビングストンという町だ。

IMG_8203

なんかタブレットで管理して、ちゃんとプリンタで発見してくれる。

 

 

バスターミナル内はマーケットの用になっており、
キオスクのような売店から、石鹸などの生活雑貨を売る露店や
アフリカ布を売っているお店まであった。

よく冷えたスプライトを飲むと気分もいくらかすっきりした。

まぁ、そんなもんですね。

IMG_8206 IMG_8212

 

 

 

特に用もなかったのだが、
帰り道にあるショッピングモールのLEVYにもう一度立ち寄った。

IMG_8214

 

 

 

スーパーに併設されているカフェには
なぜか小さな回転寿司があり、そこではWi-Fiも使うことができた。

午前中に行ったマンダモールのような金額の縛りもない。
店員さんは日本人に慣れており、「コンニチハ~!」なんて
日本語の挨拶を知っていたのもまた、気分が良い♪

だって大抵の場合は中国人扱いですからね。

 

 

僕はコーヒーを飲みながら久しぶりのWi-Fiにありつき、
日が暮れるまで作業していた。

なんだか海外に来てまで、
やっていることは日本とあまり変わらないような気がする。

まぁでも、これでいいのだ。
僕はアフリカを散歩するように旅をするって決めたのだから。

だってお金ないもの。

 

 

 

好きなことができると気分はかなりスッキリした。

(あれ?これってあまり健全じゃない?)

 

 

宿に戻ってトマトパスタを作り、日記を書く。

明日は4時起き。

 

 

あれ?もう三時間しか寝れないぞ?

—————————————–
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

カフェ、Wi-Fi、絵を描くのに適したテーブル。
この条件さえ整っていれば僕はごきげんです。

でもなぁ~~~、室内にいると、気分もどこかノらないんだけど、
外に描きに行くとはかどったりするんですよね。

僕は外で作業するのが好きなのかもしれない。

コーヒーを飲みながら、ね♪

 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★Facebookページ「旅する漫画家」只今205人いいね!っす!

★相棒のまおくんが手がけている
旅する雑貨屋”Drift”」もよろしくお願いします♪

★Twitter「Indianlion45」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!