「旅に出て二年」

世界一周734日目(7/3)

 

 

窓がひとつ

だけしかない安宿だ。

IMG_6456

 

 

薄いカーテンの間からほんのりと外の光が差し込んでくる。

iPhoneで時刻を確認すると8時半。そろそろ起きるか。

 

 

メキシコヒッチハイクで辿り着いたのは
マサトランという海の見える町

海辺の町というのはどこも独特な空気感を持っている。
歩いているだけでワクワクする。

 

 

僕は着替えると外を少し散歩した。

IMG_6464

 

 

 

海沿いを歩いていてまず始めに見つけたのはを売る屋台だった。

IMG_6465

 

 

きっと獲れたてで新鮮なんだろう。

地元の人に交じっていくらか?と尋ねてみたのだが、
おっちゃんはまとめてでしか蠣を売ってくれないようだった。
その横で客が塩をふって食べているのに。

まぁ、いいさ。一見さんはお断りってことか。
僕は蠣をあきらめて散歩を再開することにした。

特に蠣が好きってわけじゃないもんね。

 

 

 

 

海沿いはわずかに観光地のようにもなっていた。
お洒落なレストランやカフェが数件立ち並んでいた。

IMG_6478

 

 

 

小高い丘の上には発電所だか電波塔のようなものが見えた。
それは前日までいたロス・モッチスと全く同じだった。
中規模の町には必ず存在するのかもしれない。

IMG_6469

 

 

海には小さなコンクリートで
固められたプールのようなものもあった。

朝の時間でも少しじんわりと汗をかくような気候だ。
子供たちが数人そこで遊んでいた。

IMG_6477

 

 

 

海沿いから旧市街に入るようにして僕は町の散策を続けた。

タコスを売る屋台では4人くらい朝からタコスを食べていた。
どこかのコンビニで買ってきたのだろうか?
瓶のコーラを持ち込む人もいた。

IMG_6489

辛え..。

 

 

地元の人に交じって僕もタコスを注文する。
ひとつ12ペソ(94yen)ほど。

僕は外国人なので、まだタコスを新鮮に感じるが、
タコスが身近にある生活とは
一体どんなものなのだろう?と考えてしまう。

そんな毎日タコスばかり食べていて飽きないのだろうか?
日本にもそんなソウル・フードはあるかななと考えた時に、
日本では色々な食べ物で溢れ帰っていることを思い出した。

大阪に住んでいなくたってたこ焼きは食べられるし、
電話一本でピザを食べることもできる。
デパートのフードコートに行けば、手打ちうどんだって食べられるし、
駅前に行けば串焼きだってある。

それでも一番栄養があって美味しいと思えるのは
やはりお母さんの作ってくれる手料理だな僕はそう思った。

 

 

 

 

旧市街で見つけたのは果物屋だった。

IMG_6498

 

 

ここも朝から賑わっていた。
バナナ四本とリンゴ2つ、それにマンゴーをひとつ買って
わずか130円ほどだった。

そういう加工していない新鮮な食べ物は安く手に入る。
あぁ、これ書いていたらフルーツ食べたくなってきちゃったよ。

手をベトベトにしながらマンゴーを食べた。
歯で剥くのだ。食べ終わるとごみ箱に種と皮を捨てて
ペットボトルの水で手を洗った。

IMG_6493

 

 

 

 

 

 

 

 

1時間ほど

マサトランの町を散歩して僕は宿に戻った。

ジーンズで歩き回っていたので、汗をかいていた。

外の共同シャワーで体をさっぱりさせ、
ついでに洗濯物も済ませておいた。

 

 

掃除のおばちゃんたちはおしゃべりをしながら
のんびりと仕事をしていた。

宿の屋上へは上がれるようになっており、
そこに洗濯物を干すことができた。
洗濯物なんてすぐにでも乾いてしまいそうないい天気だった。

上半身裸のまま、宿の敷地内をペタペタと歩き回ったって
誰も文句を行って来ない。

宿の吹き抜けは駐車場になっており、
夕方の時間になると車で一杯になるのだが、
この時間は宿には誰もいないようだった。
みんなビーチにでも出かけているのかもしれない。

 

 

 

自分の部屋に戻ると、備え付けのテーブルを外に運び出し、
作業スペースを作った。

いつものように絵を描き、気が向くとギターを弾いた。
コンクリートに音が反響し、小さな音でもよく響いた。

僕はためしに何曲かiPhoneのレコーダーに弾き語りを
録音してみたのだが、やっぱり自分の声はどこか不自然に聴こえた。

いつか自分の作った曲をこのサイトにもアップしたいと思う。
だけど、アップ出来るような出来じゃなかった。

書きたまっていた日記も何本か書いた。

 

 

 

 

 

集中力が続かなかなくなると、
僕は財布だけ持って外に出た。

宿さえとってしまえば、そこはほとんど日本の生活と変わらない。
コンビニがほんとうにどこにでもあるのだ。

宿をちょうど出たタイミングでバイクに乗ったアイスクリーム屋が
チリンチリンとベルを鳴らしていた。
70円くらいでチョコミントのアイスを買い、
それを食べながらコンビニへと向かった。

IMG_6511

おっちゃん、かわいいな..。

 

 

 

マサトランには
こういう軽食を売る人たちが多くいるようだった。

他にも揚げた生地にマーマレードが入ったお菓子を売る人もいたので、
それも買い求めた。

のんびりとした一日だ。

 

 

日の出ている日中はみんな日陰にいる気がした。

 

 

コンビニの前にドーナツが入ったカゴが置いてあった。
てっきり僕はそれがコンビニの売り物だと思ったのだが、
そうではないらしい。

しばらくするとコンビニの中からよく日に焼けたおっちゃんが出てきて
僕にニコリと笑いかけた。

砂糖のまぶされたシナモンロール。
真ん中に小さなドーナツがついている。
まるでヘソかボタンのようだった。

コンビニの前でドーナツを売るだなんて、
これもメキシコならではだな。

IMG_6516

 

 

15ペソ(118yen)を先払いし、
僕はコンビニでコーヒーを買うことにした。

コンビニのおばちゃんたちはなかなか愛想のいい人たちで
一人は僕が日本人であることを知ると、
両手を合わせペコリと頭を下げて「サヨナラ♪」と言った。

コンビニを出るとシナモンロールを受け取り僕は宿へと引き返した。
シナモンロールにまぶされた砂糖は少しばかり溶けてしまっていた。

 

 

 

 

まったりと一日が過ぎる。まぁそんな日もありだろう。

マサトランはいるだけでリラックスできる町だな、そう僕は思った。

やろうやろうと思っていても、
なかなかまとまった時間が取れないことの方が多い。

 

 

 

誰に頼まれているでもない僕の世界一周の日記。

つい先日、6月28日に旅に出てからちょうど二年が経過した

鳥取の境港からフェリーでロシアに旅だってから
730日を僕は旅してきたのだ。

 

 

出発した時は

「自分が世界一周の旅に出るのだ」

という実感があまり湧かなかった。

いろいろな人の世界一周ブログを読み、
イメージを膨らませてきたわけだが、
それとまったく同じように旅ができるだなんて思わなかった。

よく分からないけど、
これから夢だった世界一周の旅に出るのだという
ワクワク感はそこまでなかったように思える。

最初は誰しもが行くような観光名所や有名な町にしか行かなかったので、
自分の旅ができていないのではないか?と感じることもあった。

 

 

旅が進むにつれ、僕は少しずつ、
少しずつ自分の旅ができるようになっていった。

自分の旅とは自分にしかできない、
人と差異化ができているとかそういう意味じゃない。
自分の旅を楽しめているかどうかだ。

 

 

 

間違いなく今僕は旅を楽しめている。

ブログは僕にとって忘備録と安否確認のツールでしか過ぎないのだが、
(いや、もちろん呼んでくれているわずかな人たちの
暇つぶしくらいになれたらいいなと思っていることもあるさ)

ブログをやっていてよかったなと思うこともある。

 

 

ブログを通して出会えた人たちもいるからだ。

日本に帰ったあともどこかで会えたらいいなと思う人たちだ。

やはり会いたい人、会うべき人に
会えるようになっているのかもしれない。

 

 

こんなマイペースな日記もありさ。

IMG_6512

 

 

 

のんびりと町を歩いて、そして旅を楽しむ。

僕はマサトランをオススメするよ。
メキシコに来た時は立ち寄ってみて欲しい。
きっと君もここのピースフルな空気をすぐに気に入ると思うから。

僕の旅もそろそろ終わりだ。なんせお金がないからね。
空港券だって持ってない。

アルゼンチンから帰ろうかと思っているんだけど13万くらいする。

おおぅ。なかなかデケェ金額だなぁおい。

 

 

 

中米は楽しくて、長居したい気持ちに駆られる。

最初は雑貨が可愛いボリビア・ペルーだけは
必ず行こうと思っていたけど、
今は出来る限りゆっくり旅したいと思うようになった。

メキシコがそう思わせてくれたのだ。

 

 

 

 

 

いつもありがとう。

旅をさせてくれた家族、愚痴を聞いてもらったり、
悪だくみしたり、おれの帰りを待ってくれている相棒。
応援してくれる仲間。

そしてこの個人的な日記を
読んでくれているみんなへ。

 

 

 

僕は今あなたに向けてこの文章を書いています。

コメントお待ちしております♪

ラジオ番組みたいにお気軽にメッセージを送ってくださいな。

————————————————
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

Facebookページ

旅する雑貨屋”Drift”

Twitter

8 件のコメント

    • >まお

      待たせてごめんね。
      思いのほか中南米の居心地がよくてさ。

      まぁ、もうまもなく雑貨がわんさか出て来るから
      Driftも盛り上がってくると思うよ。

      ひとまず中南米第一弾はグアテマラから郵送する予定。
      お楽しみに☆

  • 初めまして。初めて訪問したシミさんのブログ、それがマザトランとは!(マイナーな街なのに)
    10年程前に行った事あるんです。初メキシコでマザトランへね、友達に会いに。思い返せば、海外放浪の第一歩だった気がするなぁ。
    海辺の歩道と、丘のアンテナ・・・なんでもない景色なんだけど、10年前の記憶がよみがえって涙ぐみました。

    私は12月からメキシコインで世界一周予定。ブログ参考にさせてもらいます。

    • >takakoさん

      はじめまして♪それでマサトランの日記だなんて
      メキシコに縁がありますね!

      何年も昔に訪れた場所は大抵の場合、変わっていることがほとんどです。
      ですが反対に全く変わっていない国や場所もあるんですよね。
      インドとか基本的には変わらなさそうです。だから僕はインドが好きなのかも。

      世界一周の旅、素敵な出会いを楽しんでください。
      旅の何が一番楽しいかって
      そこで出会った人たちが僕は大好きです♪

  • 2年おめでとうー!!!
    マサトランて出てくるたびに、自分の名前が呼ばれているみたいでドキドキするわ(笑)
    シミ君は、本当にいつもシミ君らしく旅をしていてすごいと思う!!
    自分を信じて、コツコツと頑張っていれば、出逢うべくして素敵な人が現れ、想像するワクワクした未来が待っているよ^^
    シミ君の今後を楽しみにしてるねー(^O^)/

    • >マサトさん

      だ〜か〜ら〜、
      もう豚なんていいから「どMマインド」で
      さっさか走って巡礼終らせた方がいいですよ!
      僕は今試合を控えたボクサーのコーチの気分ですよ!

      “Masato run!!(マサト走れ!)”

      ってメッセージですよ!きっと(笑)。

      いやぁ〜、不思議な話で
      ブログなんてやってなかったらこんな風にマサトさんとも
      関わり合いになることもなかったのかな?って思います。

      南米で待ってますよ!

      マサト、ラ〜〜〜〜ン!!!

  • はじめましてシミくん♪
    いつも更新を楽しみにしている一読者の一人です!今回頑張って初コメしました!(終盤の今頃w)

    何かシミくんの書く文章って他のブログと一味違って、スーッと頭の中に入って来るんだよね。
    小説読んでるみたいに風景や場面が頭に浮かんできて一緒に旅してる気分にさせてくれるから本当好き!(笑)

    だから後半の旅も安全で、楽しんでね♪
    で、可能な限り長く続けば良いな〜(。 ゝ艸・)
    だってまだまだシミくんの文章読みたいです!w

    またコメしまーす(*≧▽≦)ノシ))

    • >かおリンさん

      ちょっ!ちょっとぉぉぉ〜〜〜〜!!!

      ひな壇からお笑い芸人が立つ勢いですよ!

      そんなツンデレで喀血する勢いです☆

      ん〜〜、僕が旅を始める前に思ったのは
      『可能な限り細部も書き込もう』
      ってことでした。
      尾田栄一郎も「書き込みは伝わる!」って受け売りで
      言ってますし。

      まぁ、僕の場合はコンビニに行ってコーヒー買っただとか
      どーでもいいことばかりなんですけどね。
      お褒めの言葉、ありがたく頂戴しておきます♪

      南米が終ってもちょっと続くーー、かな?

      次回のコメントも楽しみにしております。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です